四肢人類の悩み【完結】   作:佐藤東沙
<< 前の話 次の話 >>

6 / 30
06話 なんで勉強しなくちゃいけないんだろう、って誰でも一度は考えたよね

「ああもう、わっかんねー!!」

 

 獄楽が叫び声をあげ、大の字で後ろ向きに倒れ込む。机の上には、使用者のいなくなったシャーペンとノートに教科書が残された。

 

「コラ希! まだ30分も経ってないぞ!」

 

「んな事言われたって、わかんねーモンはわかんねーんだよ!」

 

 うがぁぁぁ、とゴロゴロ転がり、馬の足にぶつかって止まる。そのままもそもそと膝枕の態勢に移行し、そっぽを向いて動かなくなった。

 

「お前なあ、なんでわざわざ日曜に勉強会やってるのか分かってんのか。次のテストで二連続赤点取らないためだろ」

 

「わーってるよ。でもんなコト言ってもよ、こんな公式なんか頭に入んねえよ」

 

 どうやら獄楽は、数字とアルファベットの羅列を見ると目が滑るタイプのようだ。確かに数学には向き不向きがある。あるがしかし、高校一年生、それも基礎的な公式程度なら、努力次第で何とでもなるはずである。

 

「お前なぁ、その考え方からしておかしいだろ。一応これでも『数学』なんだぞ、学問なんだぞ。パズルじゃないんだから、公式丸暗記しても仕方ないだろ」

 

 半ば呆れたように言い聞かせるように名楽が言う。

 

「ちゃんと考え方あるんだからそれを理解しろよ。そしたら公式なんて忘れても、試験中に導き出せばいいんだから」

 

「頭のいい人の理屈ねえ……」

 

 それが出来る人は公式そのものを忘れないし、忘れるような人はそれを出来ないと思われる。忘れた上で、試験中という限られた時間内に公式を導き出せ、それを使って試験問題を解けるのならば、数学者になれるであろう。

 

「それが出来れば苦労しねーよ……なぁ、菖蒲はどうなんだ?」

 

「どうって?」

 

「どうやってこんなややこしいの覚えて解いてんだ?」

 

「と言われても……気合入れて覚えれば忘れないからねえ」

 

「参考になんねえ……」

 

 首だけを180度回し、皐月から顔を背ける獄楽。それを見た名楽は呆れ顔であった。

 

「お前なあ……こん中で一番成績いいのは菖蒲なんだぞ」

 

「地頭がいいのは羌子と姫だと思うけど」

 

「えー、そんな事ないよぉ」

 

「んじゃ私らに勝ってる菖蒲はなんなんだよ」

 

「私がいいのは記憶力と要領。地頭とはまたちょっと違う分野」

 

 それを聞いた極楽の耳がぴくりと動き、皐月の方へと再度顔を向けた。

 

「要領がよくなれば勉強が出来るようになるのか? どうやったらよくなるんだ?」

 

「うーん…………小さい頃から差別主義者と鬼ごっこに勤しむとか? 命懸けだから嫌でも要領はよくなるわよ?」

 

 予想斜め上な答えに固まる三人。だがさすがに慣れて来たのか、今回は解凍までの時間は短かった。

 

「それ、要領悪い奴は生き残れねえだけじゃね?」

 

「そうとも言うわね」

 

「今時そんなのまだいるんか」

 

「ちょっと前だとたまーにいたわねえ。どいつもこいつも『お前の存在は形態間平等を侵害している!』とかほざいて襲い掛かって来たわ。ああいうのってどっかで情報が回ってるのかしら」

 

「形態間平等をはき違えてるとしか思えんな」

 

「だから皆捕まってたわ。ひょっとしたら同じ組織のメンバーだったのかも」

 

 中には『捕まる事も出来なかった』者もいたが、それは口にしない。雄弁は銀で、沈黙は金なのだ。

 

「どっちにしても参考になんねえ……」

 

 興味を失った極楽の首が、再びぐりんと反対側を向く。彼女には喧嘩の経験はあるが、さすがにテロリストに襲われた経験はない。今から同じことをするのは不可能だし、そもそも試験には間に合わない。

 

「ほら希ちゃん、頑張ろ?」

 

「ウボァー」

 

「変な声出してないで。とりあえず公式を丸暗記しちゃいなさいよ、そうすれば何とかなるから」

 

「あんまいい方法とは言えんが、この際仕方ないな。ほらやるぞ希!」

 

「くっそー、しょうがねえな……。やったろーじゃねーか!」

 

 半ばヤケでやる気を捻り出した獄楽が、ガバリと身体を起こす。それを見た名楽が、定規を持って片手をペシペシと叩きながら、鬼軍曹の如き笑みを浮かべて宣言した。

 

「いい覚悟だ。安心しろ、この私が数学と古典と英語と化学と物理を骨身に叩き込んでやる!」

 

「ウボァー」

 

「ウボァーじゃない! このままだとマジで小守一直線だぞ!」

 

「……うし、数学でも英語でも何でもかかって来いや!」

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆

 

 

 

「ウボァー」

 

 駄目でした。

 

「希、生きてる?」

 

「目があやちゃんみたいになってる……」

 

 仰向けで大の字に倒れ伏す獄楽。その目は死んだ魚の目であった。数学と古典と英語と化学と物理には勝てなかったよ……。

 

「しぬ……」

 

「はい、あーん」

 

 君原が獄楽の口に、雛鳥にエサを運ぶ親鳥の如くチョコを入れる。獄楽は死んだ目のまま、それをもそもそと咀嚼した。

 

「おいしい?」

 

「あめぇ……」

 

「脳は器官の中でも一番エネルギーを使うからね。しっかし、このペースだと試験に間に合わんなー」

 

「復習に意外と時間取られたわね……」

 

「最初からその予定だったが、歴史とかの暗記は自分でやってもらうしかないな」

 

「うあ゛ー…………暗記とかやってらんねー…………」

 

「一応覚えやすくする方法はあるけど、聞く?」

 

 皐月のその言葉に、獄楽が勢いよくガバっと起き上がる。現金な事に、死んだ魚の目は生き返っていた。

 

「マジ!? どうやんだ!?」

 

 その勢いに若干押されつつ、こちらは変わらぬ死んだ目で答えた。

 

「因果関係を覚えればいいのよ」

 

「因果関係?」

 

「原因と結果と言い換えてもいいけど……そうね、例を挙げるなら……」

 

 そこで泳いだ皐月の目が、本棚に収められている『鎌倉歴史紀行』という本に留まった。

 

「そうね、これで行きましょう。鎌倉幕府が滅亡したのは何故か」

 

「何故ってそりゃ……元寇のせいじゃねーのか?」

 

「完全に間違ってはいないけど。元軍は九州に上陸する事も碌に出来なかったし、当然鎌倉や京都が直接攻められた訳でもないのよ。それでどうやって幕府を滅ぼせるの?」

 

「分からん!」

 

「自信満々に言うこっちゃないね。てか中学でやっただろ」

 

「そんな昔の事なんて忘れたぜ」

 

「一年も経ってないだろーが!」

 

「はいはいそこまで。本題に戻るわよ」

 

 パンパンと手を打ち鳴らした皐月に注目が戻る。

 

「まあ一言で言うなら、御家人……部下に給料を払えなくなったせいでそっぽを向かれたからなんだけど」

 

「資金繰りミスって倒産した会社みてーだな」

 

「お、希にしちゃ良い例えだね」

 

「一言多いぞキョーコ」

 

「すまんすまん、でもホントに例えとしては適切だよ」

 

「どういうこった?」

 

「こういうことね」

 

 先程から器用にも、口と同時にシャーペンを動かしていた皐月がノートを見せる。そこには滑らかな字で、『鎌倉幕府給与システム 御恩と奉公』と書かれていた。

 

「なんじゃこりゃ」

 

「鎌倉幕府滅亡を理解するために必要な前提知識」

 

「うげ」

 

「柔道だって受け身も出来ないのに一本背負いを教えたりしないでしょうが。いいから読みなさい、分かりやすくしといたから」

 

「俺がやってんのは空手なんだけど……」

 

 ぶちぶち言いながらも、案外素直に獄楽はノートに目を通す。確かにそれは分かりやすかった。

 

 

†鎌倉幕府給与システム 御恩と奉公† ~~土地のためなら死ねる~~

 

    ― 御恩 →

 幕府        御家人

    ← 奉公 ―

 

〇御恩

 将軍が、『御家人が土地を持つ事』を認め、功績に応じて新しい土地を渡す事!

 土地を持てば、その土地から得られる収入は全部自分の物!

 『新しい土地』、即ち恩賞は、ぶっ殺した敵が持ってた土地を奪うのが基本だぞ!

 土地の開墾はとっても大変だからね! 略奪こそがジャスティスだ!

 

〇奉公

 御恩の対価として、御家人が将軍に忠誠を誓い、戦いの時は一族を率いて戦う!

 つまり『いざ鎌倉』! 誰でも一度は聞いた事くらいあるよね!

 武士の忠誠は土地で買え、って意味だ! 土地=給料、と言い換えてもいいよ!

 土地を持ってないすかんぴんには誰もついて来ないんだ! ここ重要!

 

※土地所有について

 本来なら、『土地を所有する事』を承認できるのは朝廷だけだったんだ!

 でも当時の朝廷は貧乏で権力もなく、落ちぶれていたんだね!

 代わって『土地の所有』を認めさせることが出来る『力』を持つようになったのが幕府!

 一応『幕府が認めたものを朝廷が認める』という形を取ってはいたけど形だけだね!

 『土地の所有』を認めてくれるからこそ、武士は皆幕府についていったんだ!

 

 こういう、土地を仲立ちにした主従制度を『封建制度』というよ!

 別にヨーロッパの専売特許じゃないから勘違いしないでよね!

 

 

 分かりやすかったが、何というかこう、形容しがたい悪意と稚気が感じられる代物だった。それを見た獄楽が何とも言えない顔になっていた。

 

「何よその顔。分かりにくかった?」

 

「いや、んな事ねーけどさ……」

 

「おぉう……」

 

「た、確かに分かりやすいよね」

 

「分かりやすいがこれはなぁ……」

 

 横からノートを覗き込んだ名楽と君原にも、何とも言えない顔が伝染している。だが皐月はそれに構う事なく話を続けた。

 

「分かったんならいいわ。で、元寇なんだけどその前に」

 

「あ、あぁ」

 

「当時の御家人は基本的に、出陣の前に商人に借金して、その金で軍備を整えてたの。勝って恩賞をもらったらそれで返す、って約束でね」

 

「なんでだ? 貯金とかなかったんか?」

 

「土地からの収入って要するに米だから、秋になんないとまとまった収入にならないのよ。大身ならともかく、零細御家人なら日頃からカツカツだったでしょうね。当然、元寇の前も借金した訳」

 

「んで?」

 

「奮闘の甲斐あって元軍そのものには勝った。でも防衛戦だから、勝っても土地を奪えた訳じゃあない。当然恩賞はもらえないから、借金だって返せない」

 

「じゃあどうすんだ? 一人二人じゃなくて、元寇に参加したヤツ全員の話だろ?」

 

「なので幕府は徳政令を出して、借金を帳消しにした」

 

「それ、商人の方が困るんじゃねーか」

 

「そうね。だから怒った商人たちは、次に金を借りに来た御家人たちには貸さなくなった。出陣以外でも借金する事はあるからね」

 

「そらそーだ」

 

「そうすると御家人は困るから、幕府に何とかしろと訴える。そこで幕府は、たくさん土地を持っていた御家人に言いがかりをつけて潰したの」

 

「あー、何となく分かったぜ。そいつの土地を他の連中に配ったんだろ」

 

「その通り、でもそんな程度じゃ到底足りない。取り潰しは無理筋だから何度も使えない。徳政令を乱発しても全く意味がない。どうしようもなくなった幕府はあえなく滅びましたとさ」

 

「あっさりだな」

 

「他にも色々あるし、詳しくやり始めると本が書けるけど、流れとしてはこんな感じね。で、肝心なとこなんだけど」

 

 そう言って先ほどのノートを手元に戻し、何かを書いていく。今度はすぐに書き上がったそれを獄楽に見せた。

 

 

  元寇

   ↓

  御家人に褒賞(土地)を払えず

   ↓

  徳政令・一部御家人の取り潰し等で対処

   ↓

  全ての御家人に褒賞を払うには至らず

   ↓

  御家人の離反を招き、幕府滅亡

 

 

 簡潔に書かれたそれに目を通した事を確認して、皐月は説明を続ける。

 

「重要なのは何が書かれてるかじゃなくて、この流れそのもの。もっと言うなら原因と過程と結果、つまり因果関係。それが分かれば何でも自然に覚えられるわ」

 

「流れ……んー、空手の演舞みてーなもんか?」

 

「理解しやすいんならそれでもいいけど……逆に分かりにくくない?」

 

「いや、んなコトねーぜ。演舞ってのは敵がこう攻撃してくるからこう捌く、この場合はこう動けば攻撃されずこっちは攻撃出来るとか、そういうのが元になってるんだ」

 

「言われてみれば、まあそうでしょうね」

 

「その『流れ』を、分かりやすいよう基本交互に繰り返すのが演舞で、覚える時も『流れ』を意識すれば自然に頭に入るもんだ。それをさっきの話に当てはめるんなら――――」

 

 今度は獄楽がシャーペンを手に取り、ノートに書き込んでいく。

 

 

  原因:敵から右拳中段で攻撃された

 

  過程:その拳を、自分の左手で内側から外側に払いのけた

 

  結果:相手の攻撃を逸らし、防御する事に成功した

 

 

「――――こうだろ!」

 

「おー」

 

 そこには見事に原因・過程・結果、即ち因果関係が説明されていた。なんだかんだで頭は悪くないのが獄楽希という女である。

 

「やれば出来るんじゃない」

 

「まぁな!」

 

「よし、じゃあその勢いに乗って第二ラウンドだな」

 

「うぉい!」

 

 流れを見て横から入って来た鬼軍曹名楽に、流れるようにツッコミを入れる新兵獄楽。実際この流れでそれは割と鬼である。

 

「ちったあ休ませろよ……さすがに疲れたわ」

 

「きゃっ」

 

 倒れ込むように君原の脚にダイブをかます獄楽。そのまま再び膝枕モードに突入した。

 

「しっかし意外だな」

 

「何が?」

 

「いや菖蒲が。あんな分かりやすく人に教えられるとは思ってなかったよ。あの説明はちょっとどうかと思うけどさ」

 

「施設の子供に勉強を教える事もあるからね」

 

「あやちゃん、教師に向いてるんじゃない? でもあの説明はもうちょっと他のに変えた方がいいかなって思うな」

 

「いやどうかしら、教師は逆に成績が悪い方が向いてるって言うし……」

 

 勉強の出来なかった教師には、勉強の出来ない子供の気持ちが分かるという事である。向き不向きや良し悪しはともかくとして、教師の一つの形ではあるだろう。

 

「そんなん人それぞれだろ。少なくとも私なら、出来ないより出来る教師に教えて欲しいね」

 

「そりゃまあ進学校ならそうでしょうけど」

 

「何か将来やりたい事があるの?」

 

 小首をかしげて君原が訊く。こういう仕草がやたらと自然で似合う女である。

 

「やりたい……というか、興味があるのは生物学なのよね」

 

「生物学?」

 

「なんで?」

 

 その言葉に、目線を君原に合わせ、続けて膝枕されている獄楽に落とした。

 

「同種なのに姿が違い過ぎる。不思議には思わないの?」

 

「ええっと、六肢生物から進化したから、って授業では言ってたよね」

 

「だとしても耳の位置まで変わる必要性はないでしょうに」

 

 長耳人・角人・牧神人・人馬は、頭の上に獣に似た耳が付いている。他の形態では顔の横に付いているのに、だ。

 

「考えてみれば確かに不思議ではあるな」

 

「生物学を学べば、その辺の事も何か分かるのかなって思ってね。でもねえ、ぶっちゃけ儲かんなさそうだし、興味本位で専攻するには難しいところね」

 

「ここでも金かー。鎌倉時代から変わらんな」

 

「多ければいいとは限らないけど、少ないと確実に破綻するからねえ」

 

 金はまっこと魔物である。人間の生活は魔物の背の上で営まれている、とはよく言ったものである。

 

「色々考えてるんだね」

 

「まーね。さて、それより今は試験でしょ。希、そろそろ再開するわよ」

 

「あと五分……」

 

「それ絶対五分じゃすまないだろ。いいから起きろよ希」

 

「なんつーかさぁ、数学とかやっても、将来何に使うんだとか思わなくね?」

 

「使うかもしれんだろ」

 

「そうね、差し当たっては試験で確実に使うわね」

 

「そーゆートンチを聞きたい訳じゃねーよ」

 

「いーからやんなさい、世の企業は大抵『勉強も出来ない奴が仕事を出来るはずがない』って考えるのよ。道場を継ぐならともかく、迷ってるんなら勉強はしておくに越したことはないわ」

 

「ウボァー」

 

「それはもういいから」

 

 君原の膝に頭をうずめて動かなくなる獄楽。どうやら相当疲れた、というか集中が切れてしまったようだ。

 

「しょーがないなー……」

 

「え? 私?」

 

 名楽が君原に目配せする。それで察した彼女は、少しだけ顔を赤くしつつ獄楽に語りかけた。

 

「あのね希ちゃん、あんまり赤点ばっかりとってると落第しちゃうでしょ」

 

 以前のような点数を取り続けるのならば、決してあり得ない未来ではない。同級生が進級しているのに自分だけは一年生のまま、となれば気まずいでは済まないだろう。

 

「私、希ちゃんと一緒に進学できないと嫌だなー。修学旅行とかも一緒に行きたいなー。希ちゃんいないと寂しくて泣いちゃうかも」

 

「しょーがねーなー、やってやるよ」

 

 ガバっと勢いよく起き上がる獄楽。怒涛の攻勢、と言うには微妙に棒読みだったが、それでもあっさり陥落した。ちょろい。

 

「お前のためなんだぞ」

 

「わーってるよ」

 

「希ちゃん、ガンバ!」

 

「ん――――ん!?」

 

 シャーペンを手に取り、いざ始めんとした獄楽の目が窓の外に吸い寄せられる。精々鳥か飛行機くらいしか見えるはずがなかったのに、あり得ないものが見えたのだ。

 

「あ、あれ!」

 

「ん?」

 

 獄楽の声と窓を指した指に三人が振り向くが、そこには何もなかった。強いて言うなら雲一つない青空くらいである。

 

「……何?」

 

「い、いや、UFOが」

 

「はい?」

 

「お前なぁ」

 

「マ、マジだって!」

 

 名楽は全く信じていない。勉強から逃げる口実だと思っている。皐月は信じる信じない以前に、何言ってんだこいつという顔だ。

 

「はい、これ飲んで」

 

 そして君原は、無言でコーヒーを淹れて獄楽に差し出した。気遣いの女である。

 

「一息入れたらまた集中しよーね」

 

「姫も信用してねーな」

 

「え、でも見なかったし。うん、でもきっと宇宙人はいるよ!」

 

「いや、そーゆーコトじゃねえんだ」

 

「UFOって未確認飛行物体って意味だから、別に宇宙人の乗り物って決まった訳じゃないけど」

 

「いや、そーゆーコトでもねえんだ」

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆

 

 

 

 次の日、学校にて。月曜日から元気な朱池(あけち)が、珍しくも真面目な顔で言った。

 

「昨日、見た?」

 

「えっと、何を?」

 

「UFO」

 

「マジで?」

 

「マジマジ」

 

「私も見たよー」

 

「ホント?」

 

 朱池のみならず、犬養も一緒に見たらしい。これで朱池だけなら疑われもしたが、犬養はそういう事はしない。ゆえにその信用度は高く、少なくとも何かを見たという事は信じられた。

 

「だからー、言ったろー」

 

 なので昨日全く信用されなかった獄楽は、唇を尖らせぶーたれている。まあ仕方ない、たとえ真実であっても、タイミングが悪すぎた。

 

「ゴメンゴメン」

 

「と言ってもねえ。今の希には、UFOより試験の方が大切なんじゃないの」

 

「だな。UFOが何だったのかは分からんが、テスト勉強は続けんとな」

 

「しばらく数式とアルファベットは見たくねーよ……」

 

 現実に撃墜され、ごとんと頭を机に乗せる獄楽。と言ってもテストはまだ先なので、今はどうにもならないのだが。

 

「呑気ねえ、地球が侵略されちゃうかもしんないのに」

 

「え、侵略されちゃうの!?」

 

 朱池が適当に放った戯言を、君原が半ば本気で受け取っている。適当に流せばいいものを、そこで何故か皐月が食いついた。

 

「いや、宇宙人が存在したとしても、わざわざ地球に来るものかしら」

 

「いやいや分っかんないよー、原住民を捕らえて売っ払ってやるんだー、って感じかもしれないじゃん!」

 

「いやいやいや、そんな事で採算がとれるとは思えないわ。そもそもそれが上手く行くんなら、とっくの昔に大規模にやってるはずよ。バレたところで、地球の科学力じゃ太刀打ち出来ないんだから」

 

「いやいやいやいや」

 

「いやいやいやいやいや」

 

「…………何やってんだお前ら?」

 

 よく分からないノリになって来た二人を、獄楽が呆れ顔で見る。朱池が思案顔で大真面目に宣った。

 

「何やってたんだっけ?」

 

「UFOで宇宙人がどうとかこうとか」

 

「そうそうUFO。あれ何だったんだろーね」

 

「どんな感じだったの?」

 

「そらもうUFOよ。いかにもな空飛ぶ円盤」

 

「へえ……宇宙人よりは南極蛇人の超科学だー、とでも言った方がまだ説得力あるわねえ」

 

 南極蛇人。二足歩行だが蛇そっくりの頭と尻尾を持つ、ホモサピエンスではない知的種族である。見た目は爬虫類なのだが、驚くべき事に南極に棲んでいる。ちなみに蛇人は蔑称に当たるので、正式には南極人だ。

 

「いや南極人っても、UFO作れるくらいの科学力があるんならアメリカと揉めてないだろ」

 

「まあ羌子の言う通りではあるんだけどさ、宇宙人よりかは現実的じゃない?」

 

「UFOなんて何かの見間違いかヤラセだろ」

 

「もー、羌子ちゃんはロマンがないなぁ」

 

 腰に手を当てた朱池が何かを言い募ろうとしたその時、この世界でもビッグベンを元にしたあのチャイム音が響き渡り、一日の始まりを告げたのだった。

 




 原作だと鎌倉幕府じゃなくて神倉幕府で地名も違いますが、その辺は分かりやすさ重点。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。