俺は君のちっぽけな守り神   作:時雨。

3 / 10
無色な私と極彩色なあなた

朝。

昼間より涼しい冷やされた空気を肺いっぱいに吸い込む。

真新しい制服に身を包んだ俺の心は軽い。

それはもうこの往来で今にでも踊りだしてしまいそうなくらいだ。

数日前、俺の家に雄英高校から封筒が届いた。

その中に入っていたのは未確認飛行物体の親戚のような形をした謎の円盤。

どこをどうすれば良いのかわからないままとりあえず机に置いてみると、大音量で『私がーー、投影されたぁ!!』という言葉に椅子からひっくり返った。

それはもう手に持ってた紅茶を頭から被るという盛大なやらかしっぷり。

しかもどうやら大音量だったのは俺が上にして置いた面がスピーカーの付いている裏側だったようで、本来表になる筈であった映像が投影されている方は机に押し付けられていた。

そのせいで一番迫力のあるシーンが見られなかった事に若干しょんぼりしつつ、オールマイトの説明を聞いた。

どうやら俺はなんとかギリギリ合格に滑り込んだらしい。

数学は特に本当にギリッギリだったようで『四ツ神少年は高校に入ったらまず数学を頑張る必要がありそうだな!HAHAHA!』と笑っていた。

何わろとんねん。

俺としては大変苦笑いモノだ馬鹿野郎。

俺だって割と精一杯やったんだよ……!

まぁ、結果が伴っていないので是非もなし。

ともあれ俺も無事轟が進学する雄英高校ヒーロー科に合格できた。

その喜びを噛み締め、目出度く本日は入学式である。

 

「♪~~」

 

最近動画投稿サイトで見つけたお気に入りの曲を口遊みながら考えるのはあの無表情な友人が俺の顔を見てどんな反応をするか、だ。

驚くだろうか。

喜んでくれるだろうか。

あの顔が俺の行動に対して表情を変えてくれるのが嬉しくてたまらない。

小走りで歩道橋を登りきったとこでふと頭の中に一つの考えがぽつんと浮かび上がった。

 

 

 

なんだかこれってまるで――俺が轟のこと――――。

 

 

 

「いやぁ、無いな!ただ俺があいつのことからかいたいだけだし」

 

再び轟の反応に心を踊らせながら道路を上を伸びる歩道橋を歩く。

ああ、まだ登校もしていないのに学校が楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的地に到着し、そのバリアフリーでユニバーサルデザインなデカイ扉の前に立つ。

ここで一度深呼吸。

吸って―、吐いてー。

っしゃオラ行くぞテメェら!!

と言っても今俺一人なんだけど。

やばい緊張とワクワクのせいで頭おかしくなってんな。

落ち着け、なんのために深呼吸したと思ってる。

もう一回しとこう。

すぅ、はぁ。

よし、今度こそ大丈夫。

意を決して扉に手を掛ける。

掛けた手をゆっくり引くと、扉は静かに横へスライドして行った。

彼女は、同じクラスに居るだろうか。

俺はここに来るまで知らなかったが、どうやらヒーロー科はもう一クラスあるようで、もし轟がBクラスだった場合は大変悲しいことになる。

まぁ、その時はきっとあいつじゃあ高校生に成っても口下手で天然でぼっち飯だろうから、昼飯ぐらいは一緒に食ってやってもいいな。

教壇の前で足を止めて、クラス全体をぐるりと見回す。

そして、見つけた。

クラスの端っこ。

見覚えの有りすぎる紅白饅頭みたいなカラーリングのロングヘアー。

顔を俯かせて何やら震えている。

どうしたんだろうか。

腹でも痛いのか??

ああ、もしかして女の子のアレか。

とりあえず何にせよ俺に気がついていないようなので、声を掛けてみる。

 

「おーい、轟ー!」

 

ビクッと大きく肩を跳ねさせ、それから一瞬固まった轟はゆっくりと顔を上げる。

そしてその左右で色の違う綺麗な瞳と目が合った。

酷く驚いた様子で、口をパクパクさせて居る轟。

驚きのあまり声も出ないというやつか。

そこまで良いリアクションしてくれると俺も頑張ったかいがあるというもの。

未だに口をパクパクしてる轟にニッコリと笑いかけてやる。

おいおい、そんなパクパク言ってると金魚になっちまうぞ、と中学の卒業式振りにちょっとからかってやろうと俺が口を開いた瞬間。

最後尾の席に居たとは思えない速力で突っ込んできた轟の拳が俺の顔面にめり込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまらない。

まったくもって興味がわかない。

今日から新しい生活が始まるというのに、私には目には映る世界が全て灰色に見えた。

今朝家を出る時に父に駆けられた言葉が脳内に反響する。

 

『世界にお前の価値を示せ。別に結婚相手はあの男だけとは限らん。お前と相性の良い強力な個性ならばな。俺が以前お前にあの男の話をしたのは現状で最もベストだと俺が思った相手が奴だからだ。より上が居るならばそれに越したことはない』

 

父の言葉に顔を歪めて無意識に拳に力が籠もる。

そんなの、知らないよと言いたかった。

それでも私の口から出てきたのは『はい』という肯定の言葉。

父の命令に対して私はずっと『はい』とだけ答えてきた。

昔からずっと父に反抗なんてしてこなかった。

そんな事出来なかった。

怖い父に睨まれて、お母さんと二人で震えている。

そしてそのお母さんはずっと私に謝り続けていた。

 

『ごめんね、焦華。私があなたに2つとも個性を受け継がせて産んでしまったせいであなたは……』

 

ごめんなさい、許して、とお母さんは私にいつも言うのだ。

縁談の話が持ち上がってからはその頻度はさらに増したように思う。

本当に初めの頃は自分を道具のように扱う父に周囲の家庭との違いを感じてなにか言っていた気がするけれど、いつからか何もかも諦めて私は『はい』とだけ言う人形になっていた。

ただ父の言葉の通りに生きるだけの、まるで中身のない人形。

ああ、気持ち悪い。

何もかも思い通りになると思ってる父も、それに黙って従う自分自身も。

吐き気を催す程に醜悪な親子だ。

ここまで来ると自嘲すら浮かばない。

家に居たくなくて他より早めに席についていたから教室に登校してきたクラスメイトが何か声を掛けてくれた。

今まで私に声を掛ける物好きな人なんてあの人くらいだったから、なんて返して良いのかわからなくて自分でもよくわかんないことを言った気がする。

それから私が周りと関わりたがっていないと分かると、みんな私から離れるようにしてグループを作っていた。

どうせ三年間が終わればどこかの知らない人と結婚させられるんだ。

別に、今ここで一人ぼっちでも構わない。

 

 

一人、ぼっち。

 

 

そう思うと途端にあの人の顔が見たくなった。

どうしてか分からないけれど、心臓がどくどく言って目から涙が零れそうになる。

胸がきゅっと苦しくて、誰かに弱音を、嫌なことを全部吐き出してしまいたい。

本当にどうしてか分からない、分からないけど、とにかく周りに泣きそうなのがばれないようにぐっと下を向いた。

だからだろう。

教室の前の方で声を発した人物が誰か理解するのに数秒かかってしまったのは。

 

「おーい、轟ー!」

 

一瞬ついに自分は幻聴が聞こえるようになってしまったのかと思った。

まるで壊れかけのロボットのようにギシギシと音がなりそうなぎこちない動きで顔を上げると、そこにはついさっき会いたいと願った人が居た。

彼の瞳と目が合う。

何か言葉を発そうと思ったが、驚きのあまりというか、何を言って良いのかわからず口を開けてはみたものの言葉は一向に出てこなかった。

すると彼は無邪気な笑顔で私に笑いかけてくれた。

胸の中にあったかい何かが溢れてくるのを感じる。

今まで白黒だった世界が、彼を中心にして色づいていくのが分かった。

そして私は―――

 

 

 

 

気がつくと彼を思いっ切り殴り倒していた。

鼻血を流しながら気を失う四ツ神四方。

しかし、私は悪くない。

お前が悪い。

眼の前に倒れる彼の口癖を少し真似して心の中で自分が今行った行為の正当化を図る。

ふぅ、と一つため息をついて、彼を見た。

どうやら同じ制服を着てこのクラスにいるということはまた三年間クラスメイトになるらしい。

それが嬉しくてか、それともこの訳の分からない異様な状況にかは分からないが、思わず私は吹き出すように笑いをこぼしてしまったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。