妹と風呂で遭遇するというタイトル通りの話です。

 差等キダイ名義で『小説家になろう』で投稿しています。

1 / 1
最近、妹と風呂で遭遇するんですが……

 最近、我が家ではおかしな事が起きている。

 

「どしたの、お兄ちゃん?」

「いや、何でもないよ」

 

 妹の奏の声と、それに応える僕の声が、風呂場に反響する。そう、風呂場に。

 目の前にいる奏は、当たり前だが裸で湯船に浸かっていて、僕と向かい合う形で座っている。

 そんな彼女は、濡れた長い黒髪をかき分け、小悪魔めいた笑みを向けてきた。

 

「もしかして妹の体に興奮してんの?」

「してない。するわけない」

「してる。この変態。ロリコン、シスコン」

「……いや、お前が間違って入ってきたんだろ。嫌なら少しくらい隠せよ。まったく……」

 

 そう。最近風呂に入ってると、奏が間違って入ってくるのだ。しかも、慌てて引き返すような慎ましさはなく、そのまま体を洗い、湯船に入ってくる。

 この事に関して、「まあ、兄妹なんだから別にいいじゃない」と母さんは言う。確かに僕は高校1年で奏は中学に上がったばかりだ。別に気にすることでもないかもしれない。でも……

 

「やっぱ見てんじゃん。エロ兄貴」

「違う。まったく興味ない」

 

 我が妹は何というか……同級生の中ではそこそこスタイルがいいというか……あ、別に見てないよ?念のために反論しておきます。

 とにかく、一緒に風呂に入るのはたまに気恥ずかしくなるというか、うっかり体が反応しちゃったら、この毒舌の妹から何を言われるかわからないとか……とにかく勘弁して欲しい。

 

「ふう……」

「お、おい……」

 

 奏は何故かこっちに寄ってきて、僕の足の間に座り、体にもたれかかる。それと同時に、甘い香りが入浴剤の香りと混じり、心地良い気分に……じゃなくて!

 さすがにこの態勢は色々まずい。

 

「ほら、邪魔だよ。あっち行った。しっ、しっ」

「ふんっ、嬉しいクセに。このムッツリスケベ」

 

 小柄な体を押し返そうとすると、ざばっと奏が立ち上がる。すると位置関係のせいで、小降りながらも肉付きのいい尻が目の前に来た。

 べ、別に見たかった訳じゃない。

 すると、奏がさっきよりも小悪魔の成分の増した笑みと共に、振り向きざまにこちらを見下ろしていた。

 

「変態。やっぱり見てんじゃん」

「う、うるさいよ!僕もう上がるからな!」

 

 これはもう自分が出て行くしかない。圧倒的に分が悪い。いや、気にしなければいいだけの話なんだけど。

 僕は奏の視線を背中に感じながら、急いで風呂から退散した。

 

 *******

 

 次の日……。

 

「よし、奏が部屋で音楽聴いてるのは確認したし、母さんにもアイツが入ってこないように止めるよう頼んだし」

 

 今日はしっかりと事前チェックをしたから大丈夫だろう。ようやく一人で風呂に入れる安心感を噛みしめながら、僕は浴室の扉を開いた……

 

「っ……だ、誰もいないよな、うん」

 

 誰かいるような気配を感じたが、ただの疑心暗鬼だろう。そもそも漫画のキャラみたいに、気配を読む力とかないんだけど。家で一人きりの時に『出てこい』とか言って、一人で恥ずかしい思いをしたくらいだし。

 さっさと髪や体を洗い、湯船に浸かり、脚を伸ば……せない。あれ、何だ?これ……柔らかい何かが湯船の中に……。

 すると、湯船から我が妹がざばっと顔を出した。

 当たり前のように、小悪魔めいた笑みと共に。

 

「はあっ!?お、お前、いつの間に……!」

「湯船で潜水してたら、お兄ちゃんが入ってきたんだけど。妹の入浴中に入ってくるとか、どんだけ変態なの?最低」

「いやいやいやいや、お前、さっき部屋で音楽聴いてたじゃんか!」

「ああ、あれはダミー人形だから」

「何でそんなの持ってんだよ!」

「私の外出中や入浴中にお兄ちゃんが部屋に侵入して、下着を漁ったりしないように」

「しねえよ!妹の下着なんか興味ねえよ!」

「でも、ダミーちゃんを見たってことは、部屋に入ったんだよね」

「あ……いや、入ってないけど……こっそり確認しただけで……」

「ふぅん……妹の部屋、こっそり覗いたんだぁ?」

「え、いや……」

 

 やばい。そんな意図は欠片もないのだが、状況だけ考えてみると、反論のしようがない。

 しどろもどろになった僕を見た奏は、長い髪を湯船にふわふわ浮かせながら、さらに笑みを深めた。

 

「部屋の中こっそり見るなんて、どんだけ妹好きなの?シスコンなの?嬉し……じゃなくて、キモいよ」

「ん?今何か言い間違えなかったか?」

「気のせいでしょ。お兄ちゃんに部屋覗かれて嬉しいとかなるわけないじゃん」

「そ、そうか……確かに」

 

 すると、いきなり勢いよく立ち上がった奏は、恥ずかしがる素振りも見せず、椅子を指さした。

 その表情は、どこか焦っているようにも見えた。

 

「ああ、もう!さっさと背中流すからそこに座って!」

「い、いや、いいよ……ていうか、いきなり何?」

「い・い・か・ら!部屋覗いたこと、お母さんに言うよ?」

「あ、うん。わかった……」

 

 本当に何故このタイミングで背中を?いや、今は黙って従おう。今の僕に拒否権などないのだから。

 椅子に座ると、奏はボディウォッシュを使い、優しく背中をこすり始める。普段の言葉遣いの割に、こういった事は丁寧にやる奴だ。

 ゴシゴシという小さな音以外、静寂の保たれた浴室。目を閉じ、心地よさに目を閉じていると、奏が声をかけてきた。 

 

「ねえ、お兄ちゃん……」

「ん?」

「最近、彼女できた?」

「……いや、何で?」

「だって、女の子と一緒に帰ってるの何度か見たし」

「いや、あれはそんなんじゃないよ……」

「じゃあ、どんなの?」

「あの子、僕の友達が好きなんだよ。それで……」

「ふ~ん、よかったね」

「何が!?」

「だって、あの女の人……あんまお兄ちゃんに似合ってなかったし」

「…………」

「もしかして、気になってた?」

「別に……」

「ふぅ~ん」

 

 いや、ぶっちゃけると……好きになりかけてました。思い出させないでくれよ……よかった、背中向けてる状態で。  

 

「お兄ちゃん、今度の日曜日……デ……荷物持ちしてよ」

「何でだよ」

「失恋祝いにパフェ奢るよ?」

「祝うな。悲しめ」

「まあまあ、それに……」

「っ!?」

 

 奏が背後からそっと抱きついてくる。

 直に胸が当たる感触に、危うく変な声が出そうになったが、何とか持ちこたえた。

 

「まあ、その……焦らなくていいじゃん?」

 

 奏はこちらの心情などお構いなしに、甘えるような声音で話を続ける。

 そこには何処か気遣うような優しさが滲んでいた。

 

「彼女できちゃったら、こうして一緒にお風呂入れなくなるよ?」

「いや、別に入らなくてもいいんだけど……」

「うっさい。はい終わり」

 

 奏は僕の背中にお湯をかけ、自分はさっさと湯船に入る。

 その顔は、早くものぼせたのか、火照って見えた。

 

「……ありがとう」

「べ、別に……お礼なんていらないし!約束忘れないでよ!」

「はいはい。それともう風呂場で潜水すんなよ。紛らわしいから」

「は~い」

 

 この日のお風呂は、何がどうとかはわからないけど、何となく優しく感じられた。

 この後二人で、小っちゃい頃のように100まで数えて、僕から先に上がった。

 

 *******

 

 次の日の夜……

 

「お前……入浴中の札かけてたのに入ってきたんだよ」

「見えなかったから」

「い、いや、そんな問題じゃ……」

 

 見えないはずがない。しっかりとドアノブにかけたはずだ。

 しかし、奏はいつも通り、俺の疑問などどうでもよさそうに椅子に座る。

 

「はいはい。じゃ、お兄ちゃん背中よろしく~♪」

「は?」

「昨日洗ってあげたでしょ?」

「あれは……」

「それとも、前も洗いたいの?この変態」

「……んなわけあるか!」

「顔真っ赤だよ」

「うるさいよ。やるからこっち向くな」

 

 これ以上反論しても仕方ないので、奏の背中を流してやることにする。うっかり変な所に手が触れないよう、細心の注意を払わねば……。

 まあ、こいつと話してると気が楽になるから、その辺はいいんだけど……最近、やけに本や映画や音楽の趣味も合うし。

 てか、僕に彼女ができるまでこうするつもりなんだろうか。本気なんだろうか。

 だとしたら……どうやらしばらくこんな日々が続きそうだ。

 

 *******

 

「よし、お兄ちゃんの部屋の小説はこれで全部読んだ♪」

 

「……また胸が大っきい人のグラビア……うん、頑張ろう」

 

 

 

 



▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。