手には弓を 頭には冠を   作:鷹雪

12 / 50
我らは違う

 今朝の化粧は何やらノリが違った。

 メアリーから譲られたジャケットにシャツ、ジーパンは驚いたがぴったりだった。彼女、見た目と違って着やせするのだろうか。肉付きも似たものがあるらしくきついと感じる部分が全く、ない。

 

 最後にハンガーに残されていたカウボーイブーツと帽子を手に取ると、鏡の中には立派な田舎のカウガールが立っている。中身は保安官なのに?これは笑える。バイトと称して、この姿でスプレッドイーグルでウェイトレスをすれば良かっただろうか。

 

 だがこのカウガールがこれから向かう先は教会である――。

 

「どうやら前線に復帰、ということかな。保安官」

「カウガールとして気分を一新してね――それで、ジェローム神父。なにかあるの?」

 

 会話が交わされる間も、床の上では怪我人たちが横になり。痛みにうめき声をあげ、忙しく患者たちの間を行き来する女たちに助けを求めて手を伸ばし、慈悲を乞うていた。

 

 私がひっくり返っている間にも敵と味方の怪我人たちはここに運ばれ、平等に治療を受けている。

 賢いやり方とは全く思わないが、だからといって皆に自分を見習ってペギーは降伏を許さずに殺せと強要するわけにもいかない。私だって実のところ、そこまで血に飢えているわけでもない。

 

「ジョンに動きはないが、ペギーは今もホワイトバレーでの人や資産の回収を進めている。こちらはといえば、彼らとはまだ戦うことはできない。

 我々はプレッパー探索の任務を続けているが、それとは別にある計画を用意しているんだ。保安官、あんたにはこれを手伝ってもらいたい」

「いいわ。説明して」

「うん、話はこうだ。ペギーから抜けたいと連絡が家族に入った。彼らは自分たちの手に余ると考えてレジスタンスに協力を願い出た」

 

 いきなりこれか……。

 思わず大きく息を吸ってから吐き出す。冷静になる必要があった。

 

「――罠じゃないの?悪いけど素直にそんなことを信じる気にはならないわ」

「まぁ、確かにそう思うのもしょうがないだろうね。だが、許しを求めるものに助けの手をさし伸ばすことは決して悪いことではない。ジェシカ保安官、これは私の敬愛する神の言葉でもある」

「善人でいたいというあなたの意志は理解するけど、甘いんじゃないの?

 例の一件を蒸し返すわけでも、あなたを責めるつもりはないけど。ペギーは敵よ、そしてそれに関わるってことは血が流れるわ」

「嫌なら――」

「そうじゃないけど、話を簡単にしすぎやしないかって疑問があるのよ」

 

 こちらの慎重さを、余計な考えで否定されていると思われているのではないかという苛立ちに、言葉尻が荒くなる。

 すると待ってましたとばかりに神父の顔に笑みが広がった。

 

「それが逃げ出した彼の理由は実に簡単だから、信じる気になった。あんただよ、保安官」

「私?」

「ジョン・シードを苛立たせ、怒らせた君を見て考えを変えたんだそうだよ。言ってみれば、君のファンになった」

「あー、なんてこと。悪夢を見てるみたい」

「そこまで嘆くものでもないさ。こっちへ」

 

 教会の入り口からグレースが荷物を持って入ってくる。

 

「元気そうじゃない、保安官」

「ありがと、グレース。なにか持ってるみたいだけど?」

「あなたの新しい武器よ。ジョンにすべて奪われてしまったでしょ」

 

 そうだった。

 ジョンの支配するバンカーに引きずり込まれた私は、持っていた武器をすべてそこに置いてきてしまった。

 シャベルもう貴重品になりかけていて、代わりに木製バットを渡される。これでペギーと戦いに行くというのは無茶に過ぎるか。

 

「こっちは私の射撃場から拐取してきた武器よ。使ってちょうだい」

「助かるわ」

「私も使っているMAC10。マシンピストルだけど、使い方はわかるわよね?」

「使ったことはあるわ」

「次はこれ、MP5よ。SMGだけど、大丈夫でしょ」

「――ちょっとこれ、ひょっとして?」

「ええ、そう。民生品じゃない非売品よ。どこで手に入れたかなんて聞かないで、私だってアフガンに送られた兵士なんだから。武器に関してはそれなりにコネがあるのよ」

「軍人は社会悪の温床ね」

「銃規制のクソッタレがすべて悪いのよ。で、それで最後なんだけど。どっちを使う?」

「……ワオ」

 

 最後は2つ差し出されたが、どっちもおいそれと手を伸ばすことにためらいを覚える。

 片方はスリングショット――つまりパチンコだ。石をぶつけて、あたりどころがよっぽど悪くなければそれだけのもの。でも、気を引くことくらいはできるか?

 もうひとつは狙撃スコープのついたライフル。

 

「骨とう品ね」

「ええ、M1ガーランド。歴史ある銃だけど、これはそもそも状態が良くなかったわ。だいぶ前にうちに客としてきた老人が処分してくれと言って置いていったものよ。捨てるのは忍びなかったから、使えるようにはしてある。暴発はしないと思うけど、弾詰まりがおきないとは保証できないわね」

「ありがとう、贅沢はいえないわよね」

「何回か狩猟に使ってみたことがあるわ。パワーが落ちているのか、思ってるほど貫通力はないみたい。ごめんなさいね、こんなものしかないわ」

「クマや狼を相手に使わない。約束する」

「そうね、そうしたほうがいいかも」

 

 軽口をたたきながらも、グレースには感謝しきれない。

 そもそも武器の足りないレジスタンスで、これでもなんとかそろえて貰えたのは彼女の好意に他ならない。ダッチとの会話が思い出された。自分で口にしたことだが、このままでは一方的な防戦のスパイラルへと落ちていく。そうなったらここも終わりだ。

 

 だからこそ今はロイドを待つしかないのだ――。

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 ジェローム神父の計画というものは、実際に参加してみるとかなり雑でひどいものだと言うことはよくわかった。

 ペギーから逃げてきたという男はすっかり薬物中毒になっており、衰弱もして動けない状態にあった。

 

 それでも彼をこのホランドバレーから出そうと船を待つ直前でついに、ペギーの捜索部隊に追いつかれ。レジスタンスは人の消えた集落で衝突する――。

 

 

 住人のいなくなった居住地にペギーの車両が次々と突入してきていた。

 同時にレジスタンスの攻撃の声と共に、あたりが急に騒がしくなってくる。

 

『保安官、指示を!』

「グレース、川へ向かうルートを確保して。神父の乗った船が見えたら、知らせて頂戴!」

 

 無線に簡単に指示を出し終えると。道の角に隠れていた私は、続いて飛び出してくるペギー達の背中に向けて投げナイフを握りながら走り出した。

 走りながらナイフを投げるモーションに入ると、そこでいきなり足を止める。狙いは一瞬、すぐに腕は振り切られた。

 ペギーのひとりは後頭部にナイフを受けてそのまま崩れ落ち。その隣で後ろから攻撃されたと知った2人目が、ひきつった表情でこちらを確認するが。すでにMAC10を構えた私はピストル弾をそいつめがけてばらまいてやった。

 

 悲鳴が上がって男はひっくり返る。だが、あれでは死なないだろう。

 どれだけ命中したのかわからなかったものの、そんな確信は間違いなくあった。

 私はそいつらにとどめをささずに家の中に飛び込むと、背中に背負ったザックからダイナマイトを取り出し。ライターで導火線に火をつける。

 

「吹っ飛ぶわよ!」

 

 一応はレジスタンスの位置を確認してから、警告を改めて発した。

 火をつけた2本は、片方はまだ鳴き声が聞こえる通りのペギー達に。残りは集まっている乱暴に停車されたペギーの車両群にむけて放り込む。

 爆発と炎があがり、飛び上がった車はひっくり返って地面に着陸する。それを見て悲鳴と歓声が、そこかしこから聞こえてくる。

 

(復活か、これが)

 

 ライフルを構え、銃弾を装填する。

 手近な窓から爆発の衝撃と炎で混乱しているペギー達……と、レジスタンスをスコープで狙い。顔を判別してから、引き金を引いていく。

 

 

 その頃、居住地の外側からペギーを撃ち倒していたグレースは。

 自分の背後にある水辺に近づいてくるエンジン音を確認していた。

 

「ジェシカ、ジェーローム神父よ!」

 

 無線に向かってそれだけの報告を終えると、グレースは走り出す。ライフルから今はマシンピストルへと持ち変えることも忘れない。

 数十秒後、弱った男を肩の上に担いだグレースを。ジェシカが守るようにして、水辺へと戻ってきた。

 

「距離は?重くない?大丈夫?」

「50メートルもないわ。運ぶのは問題ないけど。コイツ、何の匂い?こっちが問題よ」

「援護する。そのまま進んで」

 

 すでに状況はレジスタンスに優勢となっているが。

 ペギーは執念深く、逃亡した仲間を渡すまいと散らされては戻ってきて追いすがろうとしている。

 

「まったく、こんな出鱈目な作戦。付き合うんじゃなかった」

 

 そう口では嘆いて見せはしたものの、ジェシカはペギーを決してグレースたちに近づけさせはしなかった――。

 

 

 作戦はこの後、水辺に到着していた船に男を下ろし。出発させたことでレジスタンスの勝利に終わる。

 ペギーの追跡部隊は2人を捕虜にして殲滅、脱走者は予定通りジェローム神父の手にゆだねられ、レンジャーステーションへと運び込まれた。

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 夕刻のレンジャーステーションは、苦痛と悔恨ですすり泣く男の嘆きが静かな林の中へと流れていく。

 そこにいるレジスタンスの兵士たちには表情はなく、ただ淡々と求められる仕事をこなすだけ。

 

 そのうち一台の大型SUVが到着すると、車から老人などの一家と思われる男女が下りると。それを迎えるジェローム神父と抱き合っては小さな声で何かを交わしあい。到着したばかりの彼らからはレジスタンスと違ってなにかに耐えるような深い悲しみを感じることができた。

 

「この機会を作っていただき、感謝します。神父様」

「ではこちらへ」

 

 神父に導かれた喪服姿の一族は、そうして倉庫の床の上ですすり泣く男を取り囲んで見下ろした。

 光量のやわらかいライトをつけたジェローム神父は、聖書を手に厳かに語り始めた。

 

「聖書は教えてくれます。我々、人は間違いを犯すと。皆が迷い、己の欲望に従って道を歩き続けてしまうと。

 そうして欲望は間違いを起こし、間違いは罪となって己へと戻ってきます。さらにそれが続けば、この世界は混乱し、良き人々は絶望と孤独に悩むようになる――これは悲劇です」

 

 弱った男と、不気味な一家を前にしてそんなことが必要なのか理解できないが。ジェローム神父は、感情のないまなざしのまま語りを続ける。

 それでも視線は決して床に這いつくばるだけの男に向けられることはなく。彼を取り囲む家族に対してのみ、語りかけていた。

 

「だからこそ、希望はまだ失われていないのだと知るために。私たちは再び正しい神の教えに従うのです。家に家族を招き、隣人も招きます。共に喜びを分かち合い、悲しみは泣いて、耐えるのです。

 小さなことですが。しかしこうしたことが、我々にとってよき人となり得る道だと神はおっしゃっています」

 

 動けない男は、自分の周囲に立つのが自分の家族であり。彼らが一様に喪服姿であることを知って恐怖を感じた。

 これはどういうことなんだ?

 ペギーを裏切り、ジョセフ・シードは詐欺師だと言って逃げてきた。彼らはこんな状態になって、動けない自分でも助けてくれると確かに言った。なのに駆けつけた家族の子の姿、まるで自分の葬式をやっているかのようだ。

 悲しみをたたえても、決してむき出しになることはない囲んでいる家族の顔を見回し。その中の一組の男女で目を止めた。

 

「か、かぁさん、父さん?」

「――触らないでもらおう。お前はもう、誰でもないんだ」

 

 震えながら伸びるその手を、老夫婦は冷たく振り払い。

 だがその目からあふれ出る悲しみの涙が、拭われることなく次々と床に零れ落ちていった。

 

「え?」

「お前はおろかな息子だった。あんなジョセフだのいう詐欺師の口車に乗せられ。奴の歪んだ信仰を信じてしまった。

 それでも私たちはそれを許した。お前は苦しんでいたし、国はお前を救おうとはしてくれなかった。我々も努力したが、お前を慰めることで精いっぱいだった。

 

 だから、たとえ偽物の神であっても。

 それでお前が救われるのならばと思い、あえてお前をとがめることなく自由にさせていた。

 お前は、お前はその間違いを理解しないまま、間違った道を歩き続けてしまった。お前は――」

 

 父の厳しい言葉に息子は震えるが。それを口にするほうも顔をゆがめて苦しそうだった。

 ここでジェロームは横から口を挟む。

 

「神は罪人でも許すべきだといいます。ここに苦しむ若者を、彼の家族も許そうとしました。

 しかし、若者はそのことを全く理解しようとはしていません。彼の罪はあまりに深く、家族は彼の罪にすでに涙は枯れ果てました」

「ど、どういうことだい?僕を、助けてくれるんだろ、神父?

 ペギーから逃げてきたんだ。ジョセフの教えには背を向けた。僕は戻ってきたんだ、家族のもとに帰ってきた」

 

 弱弱しい声で自分の考えを家族に聞かせるが、聞かされたほうからはそれで何の感銘も受けないのか。反応が全くない。

 こうなるとそれが恐ろしいことのように思えてきて、何を間違えたのかと必死に何かを思い出そうとする。だが、わかるわけがない。思い浮かぶ記憶()はない。

 

「我々は神を愛し、良き人々として生きたかった。だが愚かな子よ、お前がそれをすべて台無しにした。

 お前の母の妹はこの騒ぎでペギーに殺された。私の弟は幼い兄弟を抱えて必死で『お前たちの両親はお前たちを守るために立派に戦ったのだ』と悲しみに身を狂わせて嘆いている。お前の妹たちも、ここにはいない。ペギーが採取すると言って連れていってしまった」

「し、しらない。僕は何もやっていない」

「だがペギーは家族の前に現れた。家族の多くは彼らに苦しめられた。

 周囲が彼らを危険だとののしるときにも、ただ沈黙を守ってペギーどもの邪魔はしなかったのに。お前を愛していたから見て見ぬふりをしたのに――」

 

 輪を作る人々の間からも嗚咽の声が漏れ始める。

 身内に愚かな罪人を作ったばかりに、家族に降りかかった理不尽なこれまでの多くの災難を思い出してしまったのだ。それはただ悲しく、そしてどうしようもなく許すことはできないという報復心が立ちのぼる合図でもあった。

 

「今、家族は苦しんでいます。ペギーの悪行によって、理不尽な暴力によって。愛する罪人となってしまった息子を許せないのだと、苦しんでいる。

 皆さんはよき人ではないということでしょうか?私はそうは思いません。神はいつでも、我々に進むべき道を教えてくれるのです」

 

 これは儀式だった。

 政府に見捨てられ、人々が守るべき法の精神はペギーの王国の中では無意味なものとなってしまった。家族の悲しみを慰めるものはどこにもない。であるならば”正しい神”の言葉に従って、”正しい決着”をのぞむしかない。そうでなければこの家族は前に進めない。暗い夜に、明るい朝は来ることはない。

 

「神は罪をお許しになられます。罪を犯した愚かな子を、どうしても許せない、傷ついた皆さんの罪を許されます」

「神父?ジェローム神父様?」

「愚かな子よ。お前も、もう苦しむ必要はない」

 

 聖書の中からM29マグナムを取り出すと、神父は祈りの言葉をつぶやき始める。

 銃はそうやって、ひとつの悲しい物語を終わらせた。




(設定・人物紹介)
・MAC10
一般ではイングラムMAC10と呼ばれている。
活躍は映画、ドラマ、ゲームによく登場するので「ああ、あれか」と分かってしまうくらい有名なSMGである。

フルオートでは2秒もかからずに30発以上を発射する暴れん坊だが。グレースは平然と使いこなす熟練者らしく、サプレッサーもつけずに平然としたものである。


・M1ガーランド
一般ではスプリングフィールドM1と呼ばれている。
WWⅡと朝鮮戦争で大活躍(?)した。ファークライ5では登場しない銃だが、ソフトのつながりを大事にするグレースならば持ってるのでは?と思ったので。


・こんな出鱈目な作戦
ゲームでは実際にあるクエスト。
ただ、この転向者がその後どうなったのかは不明である。なので、どうなったのか作者が決めてあげました・・・。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。