グラブルかと思ったらバハラグだった   作:緑茶わいん

1 / 1
グラブルかと思ったらバハラグだった

「大人になるって悲しいことなの」

 

 目の前が真っ暗になった。

 がっくりと膝をついた俺は、遠ざかっていく二つの足音を聞きながら、これまでのことを走馬灯のように思い出していた。

 

 そう、全ての始まりは俺が死に、新たにこの世界で生まれたところからだ――。

 

 

  ☆   ☆   ☆

 

 

 前略、普通の中学生だった俺は一度、死んだ。

 

『手違いだったから好きな世界に転生させてやろう』

 

 神様の甘言に乗せられ、俺は希望を口にした。

 行ってみたい世界といって最初に思いついた世界は、そう。

 

『グラブル? 何だそれは?』

『あー、えっと……空に浮かぶ島がいっぱいあって、俺は空を駆ける戦士なわけよ。で、召喚獣を操る美少女と仲良くなったり……』

『なるほど。だいたいわかった』

 

 ひゃっほう! さすが神様、話がわかるぜ!

 

 というわけで、目の前が真っ暗になったかと思ったら、次の時には俺は「この世界」に転生していた。

 

 

  ☆   ☆   ☆

 

 

 あれ、ちょっと違くね? と気づいたのは十歳の頃だった。

 

「星晶獣? 何だそれは?」

 

 とある国で騎士をしていた親父に尋ねても、返ってきたのは素っ気ない言葉だった。

 

「え? でもここって空の上なんだよな?」

「だからどうした?」

 

 いや、だからどうしたと言われても。

 

「じゃあ、エルーンとか、ドラフとか、ハーヴィンとか……!」

「何だそれは?」

 

 ……あれえ? 神様間違えてね?

 いや、まあね? 生まれた土地がザンクティンゼルじゃなかった時点で「おかしいな?」とは思ったんだよ? どこだよカーナ王国って。知らねえよそんな国。

 

「ビュウ、そんなことより剣の稽古はどうした。ここのところサボりがちだろう」

「あー、うん。まあ、そのうち?」

「そんなことでどうする。お前もいずれは騎士になって、王様や姫様をお守りせねばならんというのに」

 

 ん? 姫? 姫って言いました?

 

「詳しく」

「お、おう」

 

 何でも、王家には俺と同い年の姫様がいるらしい。

 名前はヨヨ。お后様に似た美少女で、成長すればかなりの美女になると言われているらしい。なんていうか、そういうことはもっと早く言ってほしかった。

 

「親父、俺、もっと修行を頑張るよ」

「お、おう」

 

 その日から俺は心を入れ替えて頑張った。

 頑張ったんだけど、何故か両親の反応は心なしか冷たくなった気がした。

 

 

  ☆   ☆   ☆

 

 

「ビュウ、こっちに来て」

「はい、ヨヨ様」

 

 二年が過ぎ、十二になる頃には王宮への出入りを許されるようになっていた。

 もちろん親父と一緒なのが条件だったけど、いったん入ってしまえば子供同士で話もできる。最初に会った頃は警戒されていたけど、話すうちに打ち解けることができた。

 

 仮にも王女とサシで話せるんだから破格の待遇ではある。

 騎士団長に理由を聞いたら、親父の信用を挙げられると同時に、「お前は嘘がつけるように見えない」と言われた。よくわからないが褒められたので「ありがとうございます」と返しておいた。

 ともあれ、重要なのはヨヨと仲良くなれたことだ。

 

 王女である彼女の傍には歳の近い者が殆どいない。

 つまり、俺は数少ない幼馴染! これはもう、この娘がヒロインと見て間違いないだろ?

 

「ねえ、ビュウ。私ね、一度でいいから空を飛んでみたいの」

「空、ですか?」

「ええ。それでね、あなたはサラマンダーに懐かれていたでしょう?」

「ええ、まあ」

 

 サラマンダーとは王家所有の竜の名だ。

 カーナ王家には戦竜隊という特殊な部隊があり、サラマンダーはその象徴。竜を駆り、乗ることができるのは限られた精鋭だけなのだが、俺はどういうわけかこいつに懐かれていた。

 最初の頃は会うたびにビビってたので、舐められてるだけかもしれないが。

 

「だから、私たち二人だけで……ね?」

「え、ですが、竜の飛ばし方なんて殆ど素人ですし、何より許可が」

「お願い」

「かしこまりました!」

 

 で、折を見て決行。

 ヨヨと協力して「二人だけにしても危ないことはしない」という実績を重ね、十分信頼させたところで俺がサラマンダーの檻へ。

 こいつと遊ぶのはもういつものことだったので、鍵を貰うのは訳なく。

 

「よし、サラマンダー、飛べ!」

 

 どういうわけかサラマンダーも素直に言うことを聞いてくれ、強く羽ばたいた。

 

「おい、お前! 勝手に何してる!?」

「すみません! 後で必ず返しますので!」

 

 で、隠れて待っていたヨヨと合流、彼女を乗せて離陸。

 

「凄い……凄いわビュウ。私、飛んでるのね!?」

「ええ。よろしければこのまま、どこまでも行きましょう」

 

 なんて、気障なセリフが洩れたのは気が大きくなっていたせいだろう。

 しかしまさか、俺もこの後、あんな風に返されるとは思っていなくて。

 

「うん。私、遠くに行きたい。ビュウ、連れて行ってくれる?」

 

 飛行するドラゴンの背中はオープンカーなんて目じゃないくらい危ない。

 ぎゅっと俺にしがみついたヨヨの身体は柔らかくて、温かくて。

 

「喜んで!」

 

 俺はそう答え、サラマンダーに命じた。

 そうして二人で長い、長い飛行を楽しんだ。戦竜隊の他の竜を駆った騎士たちに連れ戻されるまで、ずっと。

 

 そのときのことは今でも鮮明に思い出せる。

 そう、きっとあの時、俺は本気で彼女に惚れて。

 

 絶対に守ると空に誓って。

 誓いを違えたつもりはなかったのに!

 

 

  ☆   ☆   ☆

 

 

「最近、姫様の部屋から苦しそうな声が聞こえてくるの。何かしら……?」

「ああああああああぁぁぁぁっ!!」

 

 俺は叫び、子供のように泣き喚き、暴れだした。

 騒ぎを聞きつけた仲間達がすぐに駆けつけ、俺を三人がかりで羽交い絞めにする。

 

「止めるなラッシュ! トゥルース! ビッケバッケ! 俺は死ぬ、ここで死ぬんだ!」

「落ち着けビュウ! 死んで何になる!?」

「そうですよ隊長!」

「そうだよ!」

 

 こいつらは俺の頼れる仲間達。

 苦しい時、ずっと助け合ってきた、大切な仲間……仲間、なか……。

 

「ああああああっ、ビッケバッケェ! この裏切り者がぁ!? 一人だけ大人になりやがって!」

 

 結局俺は荒れに荒れ、気づいたらベッドに寝かされていた。

 

「大丈夫、ビュウ? ビュウが死んだらワシ、悲しい」

 

 看病してくれているのはジジイだった。死にたい。

 でも死ねない。

 いつの間にかカーナ戦竜隊の隊長となった俺は、王家のために戦い続けなければならないのだ。

 

 大事なヨヨ、姫様は寝取られたけど!

 寝取られたけど!

 

 ……いっそ殺せよ畜生。神様なんてもう信じないからな。 




的な作品が読みたいです。
誰か続きを書いてください。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。