萌え声クソザコ装者の話   作:青川トーン

18 / 147
ひだまりとひかげ

「加賀美さん、こんにちは」

 放課後、そろそろ装者特権の免除もヤバくなって補講を受けた帰り、翼さんに余計な事を教えまくる例のあの子に遭遇した。

 

「ああ、小日向さんですか…………今日は一人で?」

「はい、響を待ってて」

「立花さん、私以上に補講あるって言ってましたしね……」

 

 ルナアタック後、置いてけぼりを食らった私と違い事後処理の為にしばらく学校にこれなかった立花さんは事件前のも含めて補講が凄い量になってました。

 

 そういえば小日向さんと知り合ったのもルナアタック後でしたね。

 

 あの頃の小日向さんはまさに全てを失った様な感じでした、私以上の「虚無」を感じましたね。

 それで結局一ヶ月ぐらいでもうこれはヤバそうだってなって司令に報告して立花さんと再会させましたが。

 

 出会った当時は「陰キャを超えた虚無キャ」みたいなイメージでしたが、立花さんと再会した瞬間に「陽キャリア充」に変身してビビりましたよ、キャラ変わりすぎですよ。

 

 人ってやっぱり「大切なモノ」を失うと誰しも「虚無」に包まれるんだと思った、それは闇とはまた違う。

 闇はあくまで暗いだけのもの、虚無は本当になにもない、希望も絶望も感じないそんなものです。

 

 本当に「死んでるように生きている」って感じでした。

 

 私は闇ですけど、死んでる様には生きたくありません。

 闇は闇なりに、影は影なりに生きたいと思うのです。

 同時に私は陽キャのノリや空気にこそついていけないから避けていますけど、決して陽キャに不幸になって欲しいとも思いません。

 

 陽キャは陽キャらしく、陰キャは陰キャらしく「好き」に生きればいいのです。

 

 

 

「……やっぱり、加賀美さんって変わった人よね……ラジオの時と普段で雰囲気が随分違うというか」

「当然ですよ、それは。素面で日の当たる場所に自分を曝け出すなんてとてもやってられませんよ」

「でもクリスや響はそれを望んでますよ」

「……二人とも勘違いしてるんですよ、私は好きで一人日陰にいるのに……」

「翼さんとは大丈夫なのにですか?」

 

 あっそうだ。

 

「そうですよ、翼さんになんてもの教えてるんですか!!!あんなの他の人に見られたらスキャンダルですよ!?私も学校に来れなくなりますよ!」

「えっ……あれ翼さん本当にやったんですか!?」

「えっじゃありませんよ!!翼さんに顎クイだとか壁ドンだとか!!」

「……ごめんなさい」

 翼さん、変な所で思い切りがいいから!本気で私を堕としに来てたし!

 

「とりあえず、翼さんにはですね、そういうヤバなのは教えないでくださいね!何故だか全部私相手に実行してくるんで!」

 というか何で小日向さんそういう知識集めてるんだ?……ああ……そっかぁ。

 

「もし次やったら、やられた事、あなたに仕返しますからね、具体的には立花さんにやって貰いますから!あの人滅茶苦茶純真だからきっと私が唆せばごく普通に実行しますよ」

 

 つまり小日向さんは「むっつり」だ。

 

「そ……それはぁ……ちょっと嬉しいけど……恥ずかし……」

 

 顔を赤らめて逸らす小日向さん、やっぱりなぁ。

 

「あなたがやってるのはそういう事です!私もですね、翼さんの友…だち……ですけどそれ以前に一人のファンでもあるんです!本当に心臓がもたないんですよ!」

 

 小日向さんは基本陽キャだけど、やっぱり心に「闇」を飼っている。

 それは私が翼さんに向けるモノに似ているようで少し違うもの。

 

 友情・親愛、それに関わる闇。

 

 だからでしょうか、比較的、ですが小日向さんとは話がしやすいです。

 

 ああ、でも。

 基本的に立花さんとセットなのでこういう機会でもなければ話す事もないでしょうけど。

 

 

「さて、私はこの辺りで失礼させて貰いますよ。立花さんに絡まれるとまた疲れるので……」

 

 未だちょっと妄想から戻ってきてない小日向さんを放置し、帰路につく。

 

 

 はぁ。

 

 

 

 

 かつて私が翼さんに抱いていたのは「憧憬」崇拝や讃美と言った、理解・親愛から最も遠い感情でした。

 

 私にとって翼さんは神様の様なものでした。

 

 なのに、彼女は私の側に降りてきて来てしまった。

 

 

 ……直接聞いた話じゃないけれど、あのフィーネもその「愛」が行動の原因だったらしいです。

 

 

 愛とは厄介なものです。

 

 あれも、これも愛、傷つける事も癒す事も、不定形で不安定、憎しみに裏返る事もある。

 

 

 私が翼さんを独り占めしているような事は許せない気分になる。

 翼さんが本当に輝いてるのは彼女が自分の夢を追って、ステージの上で歌っている時。

 

 ああ、ダメですね……愛を身近に感じると私の闇が強くなります。

 

 

 街を行く。

 

 今話題のマリア・カデンツァヴナ・イヴのポスターが目に入る、確か近々来日して翼さんと一緒にライブをするんでしたっけ。

 

 翼さんが世界に羽ばたく為の第一歩はもう直ぐ、翼さんは学校を卒業したなら海外へ行ったりで忙しくなって、私は翼さんとの距離が開く。

 

 それでいい、そうして翼さんは世界を輝きで照らしてくれればいい。

 私は闇の中でそれを見ていて、かつての様な憧れで見ていられる。

 

 だというのに、寂しさと、胸の苦しさを覚えるのは……本当に厄介です。

 

 

 愛を知らなければこんな想いをする事なんてなかった、でも愛を知ったから私は今ここに居る。

 

 世界とは不思議なものです。

 

 

 

『――今日はお歌配信です』

 緒川さん経由で作曲家さんに発注してた「ポストロック」の「曲」が届いたので今日はこれを歌いたいと思う。

 

 ポストロックとはロックのようで一言でロックとは言い切れないとてもめんどくさいジャンルの曲である。

 とにかく定義付けが結局歌う側の私にすら出来ないモノなんですけど。

 

 それでも大好きなんですよね。

 

 演奏は苦手で、作詞とボーカルだけやる形なんですが、とにかく綺麗な曲に仕上がってるので。

 楽しみにしてたんですよね、これ。

 

『ポストロックで作曲・演奏は翼さんとこのマネージャーさん経由で紹介してもらった「ナイトクラウド」さんで、ボーカルと作詞は私おりん。「影月」』

 「夜雲まじか」「おりんガチ曲マジ!?」「カラオケじゃない……だと……!?」騒然とするコメント、それもそうだ「夜雲」さんはマジのプロである、依頼も次々入ってて忙しい中、私の声のサンプルだけで凄まじくエモい曲を作ってくださった、本当に感謝しかない。

 

『ハロー ハロー 夜が来た 灰色の月が昇って来た 夜の影月が

 太陽(あなた)の居ない夜が来た 薄暗い穏やかな夜 静かな闇に包まれた部屋で

 未完成な夜空に 星を描いていく』

 「エモさが尋常でない」「歌詞おりんってマ?」「おりんにそんな才能があったのか」「おりんポエムが曲になった……」「イケボおりん」今日は萌え声じゃない、少年ボイスである。

 

『ハロー ハロー 太陽(あなた)が昇る 輝くあなたの側に 影の様に 僕はいる

 それでいい あなたが輝いているなら 僕はそれでいい 青空に溶けていく』

 「888888」「いい曲だった」「さすが夜雲さんだ」「CD発売まだ!?」無事歌い終えると拍手喝采が飛び交う。

 

『CDは発売予定ないですけど、今後収録したバージョンを私のページで無料でダウンロード可能にする予定はあります』

 「タダでいいの!?」「金を払わせろ」とてもじゃないが私の歌じゃ、まだお金を取れる「自信」がない。

 だから今回はタダだ。

 

『だったら来月の夜雲さんとこのアルバム買ってどうぞ、オフボーカル版のインストアレンジ「影月」が入りますんで』

 「買うわ」「あの、予約終わってるんですがそれは」あ、しまったなぁ。準備始めたのが結構早かったからなぁ……。

 

『まぁ、これから先またオリジナルのお歌が溜まったらCD出すかもね』

 「メジャーデビューか!!!!」「嗚呼、おりんが行く……」「おりん、舞台に立てるの?」いや、舞台に立つつもりはないのでもしも仮にメジャーデビューしても収録したものの販売だけに留めるつもりだ。

 私は翼さんと違って舞台に立つ勇気なんてないのですよ。

 

 

 配信を終了し、新しい曲の作詞をする。

 

 なんだかんだこうやって新しい創作活動に手を出すのも楽しいものだ。

 聞いてくれる人がいるからだろうか。

 

 

 そんな夜にも月は浮かんでいた。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。