萌え声クソザコ装者の話   作:青川トーン

20 / 147
私の還る場所は

 二課到着後、特別室で一夜を明かし。

 

 今、拘束具を着せられ、面接室に私は居る。

 対面には司令、後ろには黒服の方が二人。

 

「何故こうして拘束されているかはわかるな」

「……はい」

 

 一時の怒りに任せイカロスを使った事、考え無しに飛び出した事。

 

「加賀美くんが思っている以上に事態は深刻だ、確かに君が行った事は「救助活動」であり、最善であったかもしれない。しかし、観客を安心させる為とは言っても名乗ったのは不味かった」

 

 日本政府はシンフォギアそのものの情報は開示した、けれど装者に関しては別だ。

 

「すみません……」

 

「確かに大勢の人間を救った事は賞賛されるだろう、現に日本政府に感謝や賞賛の言葉が届いている。だが同時に君にとって本当にマズい事になった」

 

 私にとってマズい事?

 

「君が、加賀美詩織が装者である事と同時に配信者「おりん」である事が世間に知られてしまった」

 

 は?

 なんで?

 

「……情報の出所は翼のファンだ、主要メディアは既にこれをニュースとして取り上げてしまった」

 

 ………あぁ……そっかぁ……。

 

「コラボラジオよくやってましたからね……声でバレましたか」

 

「現在、君のチャンネルの登録者数が凄まじい勢いで増えている」

 

「いっそ殺せ!?」

 

「そう言うと思って、この拘束をさせて貰った」

 

 これは、本格的に終わりましたね……。

 ちょっと好き勝手やったツケが回ってきたという奴ですか。

 

「いっそ殺してくださいよぉ……」

 

「更に君にとって悪いニュースがある」

 

「まだあるんですかぁ……?」

 

 というかおりん身バレ+装者身バレ以外に何かありましたっけ?

 

「内閣が君に会見配信を求めている」

「は?なんでですか……」

 

「……賞賛と感謝と同時に君の安否を問うコメントが世界中から来ている」

「?なんでですか普通に公表すればいいだけじゃないですか?」

 

 

「……つい先程、政府は君を「特異災害対策機動部」の公式広報として使う事を決定した」

「え」

「君は否応が無く、表に立たなければならなくなったという事だ」

 

 なんで……

 

 なんで?

 

「政府の一部では最初から「戦力として使えない」君を「広告」として利用するという声があった、それが今回の件で正体を明かしてしまったが故にその声が再び上がり、高度な政治的判断でそれが採用されてしまった」

 

 はぁ……確かに、そうですよね。

 イカロスと融合した貴重な「検体」でこそあれど、私に払われているお金はそこそこの額になるし、ぶっちゃけると貴重なシンフォギアを一個無駄に遊ばせているようなもの。

 使わない手はないといった所か。

 

「で、何時何処でやるんですか、配信」

「今日の正午、政府の公式チャンネルでやる事になった、配信機材は既に用意されている所だ」

 

 ……ダメですね、一時の怒りに任せて行動するのは。

 

「で、何を発信すれば?」

「記者会見の様なモノだ、現在まとめている最中ではあるが、寄せられている質問に答えていく形になる。他に質問はあるか?無ければ拘束を解いてすぐさま準備に向かってもらう事になるが」

 

 これも私のやらかした事、責任は取らなければなりません。

 

「他に私への罰は?」

「安心しろそんなものはない、強いて言うならこれから忙しくなる、それだけだ」

 

 ……そんなバカな、それだけで済む筈が。

 

「そんなバカなと思っているだろうが、安心しろ。俺達は何があっても君を守る、だから君は安心して配信に臨んでくれ」

 

 は?

 え?

 

「強いて言うなら「広報」となる事が君への罰になる、世間からの悪意、他国の思惑、そんなものには君を巻き込ませてたまるか」

 

 ……はぁ。

 

「手ひどくやらかしたというのに、私は守ってもらえるんですか?」

「当然だ」

 

 困りましたね。

 こうまで言われると、私もやるべき事を果たさねばいけません。

 

 

「わかりました、では……それと最後に」

「なんだね?」

「給料は出ますか」

「当然」

 

 

 

 私も覚悟を決める。

 

 

 

 

 最後の晩餐、いえ朝餉ですね、カツサンドと麦茶を胃に入れて、車でスタジオへ向かう。

 

 今までと大きく違うのはカメラがある事。

 

 マイクと共に渡されたのは一枚の紙、それに目を通す。

 報告は2つ答えるべき質問は3つ。

 

 

「もうすぐ開始ですが、大丈夫ですか?」

 オペレーターのあおいさんが一応の同行者として来てくれて、私の隣に座ってくれる。

 私はこの人とは殆ど話した事がないが主に戦闘に出る装者のサポートをしてくれているらしい。

 

「大丈夫です、配信は慣れているので」

 

 大丈夫だ、加賀美詩織、うまくやれ。

 

「開始2分前!」

 

 もうすぐ全てが始まり、全てが終わる。

 

 3……2……1

 

『こんにちは、皆さん。私は特異災害対策機動部に所属するシンフォギア「イカロス」の装者、加賀美詩織と申します』

 「やっぱりおりんだ!」「無事でよかった」「助けてくれてありがとう」「こんな若い子が戦ってるのか」「広報担当じゃないの?」最近の会見はコメントを採用しているのか、なんかダンゴムシが何匹か交じってるのが見えますね。

 

『まず昨日のライブでの事件の報告です。「QUEENS of MUSIC」で突如発生したノイズを利用したテロ、主犯と見られる「武装組織フィーネ」およびマリア・カデンツァヴナ・イヴの身柄はまだ確保できていません』

 「取り逃がしたのか」「税金泥棒」「でも死人を出さなかったのは凄いよ」「人質を助ける事を優先してたから仕方ない」「翼さんも無事でよかった」多少心無い言葉も見えるが、まぁそんなものでしょう、実際仕留められなかったのは痛手です。

 

『またマリア・カデンツァヴナ・イヴが言った「ノイズを操る力」ですが、実在します。同日、ノイズ研究の為に岩国の米軍基地へ護送された「ノイズを制御する道具」が奪われ、基地もまた壊滅しています。政府はこれを武装組織フィーネの仕業と見ています。』

 「そんなものがあるのか」「マズくないそれ」「とんでもない事になったな」確かにとんでもない事です、あのクソッタレのフィーネが再びソロモンの杖を手にしたという事はまた月を穿つ様な事を考えているのでしょう。

 

『現在、国連と協力し、この事件に対応していく事が決定した所で、私からの報告は以上となります。ここからは多く寄せられた3つの質問に関して答えていきます』

 「ついに明かされるのか」「おりん……」「これマジ?」「声からしてもう……」

 

 さよなら、配信者としての「おりん」。

 これからの私は装者「加賀美詩織」です。

 

『私個人の事になるのですが、私は配信者「おりん」としてネット上で活動していました。これは事実です。昨日の事件の現場にも風鳴翼の一人のファンとして居合わせていました』

 「うわああああおりんだぁああ!!!」「おりんはかわいいぞ!!」「翼さんのライブを守ろうとしたのなら泣ける」「本当におりんだった」「おりんの仕事ってこれだったのか……」「ありがとうおりん」全く不思議な事に私に対する罵倒の様な言葉は見当たりませんでした、フィルターでもされているのでしょうか。

 

『次に、装者としての活動ですが。これは今年の4月からです、適性によるスカウトです。本来はデータ取りの為でしたが、緊急時などには対ノイズ戦も経験しています』

 「命を大事にして」「あなた達がもっと早く動けば、死なずに済んだ人がいる」「おりんに救われた命があるのか」「ありがとう」「ノイズを滅ぼせ」コメントの中には、やはりノイズへの憎しみや、ノイズに大事な人を奪われその行き場のない怒りを私へ向けようとしている人も見受けられた。

 

 これは私の背負うべき十字架なのかもしれない、ただ適合して、ただデータを取るだけの簡単な仕事だと、装者である事に責任を持とうとしなかった私への。

 

『最後に、今後の「おりん」としての活動ですが……』

 「やめないで」「やめるな」「程々にやれ」

 

 …………なんですか、あなた達は。

 

 「お前の戦場はネットだぞ」「闇の中で待ってる」「おりんのラジオで救われた人間もいる事を忘れるな」

 

 無責任な事を言いますね。

 

 「自分の清楚さは捨てられる癖に命は見捨てられない女」「暗黒の聖女」「陰キャ救世主伝説」

 

 それにこのカンペも無責任ですよ。

 

――この回答は本人の意思を尊重する。

 

『……私が望むので、まだしばらくは続けたいと思います』

 

 

 私の還る場所は、ここにあったんですね。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。