萌え声クソザコ装者の話   作:青川トーン

44 / 147
萌え声クソザコ装者の話

 

 退院後、司令に許可を貰って「新イカロス」のテスト稼動時の映像の使用許可を問うとOKを貰えた。

 と言ってもぶっちゃけると見た目だと色が赤くなって動きがよくなっただけなので、イグナイトの事だとかは秘密とする。

 

 なので「世界初・パワーアップシンフォギア先行公開」を今日の配信の告知とした。

 

 政府のお金で手に入れた動画編集ソフトで一時停止とエフェクト、そして武器の説明を簡単に入れて、放送用の1分動画が完成。

 

 政府の「最新版特異災害対策・情報」へのリンクをクリップし、「広報アカウント」でログインする。

 

 日本国内ではまだ公式見解としての「特異災害」の「終息宣言」は出されていない、しかし「アルカノイズ」の情報もあくまで「ノイズ残党」の様なモノとして認識されている、なので今日の配信に合わせて世間に発表する事を「政府」に問い合わせたら「公式会見」の許可を貰えた……というか「押し付けられた」。

 

 という事なので、今日の発表で公開するのは。

 

『アルカノイズがこれまでのノイズと特性が違う』

『その為、シンフォギアを改修する必要が出た』

『一応の発生源は絶ったが、まだどの程度残ってるかは不明』

『これまで通り発生した場合はきちんと避難をする事』

 などである。

 

 今日の配信スケジュールを組む。

 

 ただ悪いニュースだけではなく良いニュースも入れる事にする。

 

 特に新型シンフォギアの情報は『「櫻井理論」解明への一歩を踏み出した』という意味でも良いニュースになる。

 それに「1/12の私フィギュア」の発売が決定した事も良い?ニュースだ、売り上げの一部は特異災害被災者などへの義捐金になるチャリティグッズだ、私には1銭も入ってこないけど。

 

 …………実は、ただの政府広報として活動してた「シンフォギア装者」としての知名度が上がってきて、今「イカロス/詩織」グッズが微妙に流行になってる。

 ちなみに企業から出ているモノは全部政府を通しているので売り上げは国家予算になったり、防衛費に充てられてる、おかげで付いたあだ名は「国防ヒロイン」。

 

 …………おまけに、子供達にはまるでテレビの中の正義の味方が現実に現れたかの様に映るのだろうか、最近では公園で「歌いながら戦う」ごっこ遊びする子供をよく見かける………ちょっと恥ずかしくて死にそうな気分になる。

 

 実は「朝のヒーロー番組」からのオファーも来ている、当然ながらイカロスの衣装を纏って戦う「ノンフィクション系番組」としての番組である。

 

 これはまだ平和には少し程遠いが故に断らせていただいて「演者」さんに託したけれど、いつかまた平和になったらそんな仕事を請けても………いややっぱ無理だわ!

 

 

 

 でも。

 

 翼さんも、こんな気持ちなんだろうか?世界の傷を癒していくあの美しい歌とは少し違うかもしれないけれど、世界に平和を届けていく、そんな役目を背負う気持ちが少しだけ分かった気がした。

 

 

 

 さて、とそろそろ配信である。

 政府広報チャンネルは国内外含めれば5000万人もの人がチャンネル登録する巨大なチャンネルです、ぶっちゃけ視聴者数は目に入らないようにしている。

 幾分か図太くなったつもりではあるが恥ずかしいものは恥ずかしいのだ。

 

 

 スイッチを切り替えよう。

 

 配信スタートの許可が下りた、さあ行きましょう「加賀美詩織」。

 

『こんばんは、皆さん。政府広報でありシンフォギア装者の加賀美詩織です。もうこのチャンネルで配信する事はない、と思っていましたがやはり現実はそうそう簡単にはいかないモノで活動を再開させていただきました』

 「ウワッ!広報おりんだ!」「政府広報に返り咲いた女」「発生件数減ったけどノイズはまだ根絶できてなかったか……」「政府公式も一時間前に更新されているので要チェック」配信開始と共に沢山のコメントが激流の如く流れる。

 

 やっぱり緊張しますね、こういう所は。

 

『今日の報告ではまず、新種のノイズ「アルカノイズ」と呼ばれるモノについて報告させて頂きます』

 「まさか吹き飛ばそうとしたのが不味かったんじゃ……」「新種!?」「ただでさえ種類が多いのにまた増えたの!?」「ノイズって不定形だからぶっちゃけ種類分けしても無駄じゃ……」新種という言葉に困惑のコメントが多いです。

 

『既存のノイズと違い「錬金術」と呼ばれる「異端技術」によって「作られた」ノイズです、これは国連に所属する事になった協力者の「錬金術師」によってもたらされたモノであり、まだ未解明の部分もありますがこれまでの戦闘によって判明した部分を説明していきます』「錬金術!?」「錬金術ってなんだ!?」「魔術と科学が同一視されていた時代の遺物が!?」「異端技術やべえな……」「錬金術に詳しい人を募集してたのはそれが理由だったのか……」

 

『アルカノイズの最大の特徴は防御性能を捨てて「分解」に特化している事です。この分解は人体だけでなくあらゆる物質を分解します。「解剖器官」と呼ばれる発光する部位は特にその特性が強く、その破壊力はシンフォギアのバリアコーティングすら「分解」します』「えっ」「シンフォギアってノイズに防御力あったんじゃないの!?」「それってマズくない!?」「まさか最近配信が無かったのって……」戸惑いやその危険性に対するコメント、きちんとそのヤバさに気付いてくれて嬉しいです。

 

『なので、シンフォギアを「強化改修」する事でアルカノイズへの対策を施しました。これは同時に「櫻井理論」解明への一歩にもなりました』「おおお!!」「安心した」「有能組織」「これがシンフォギア強化の理由だったのか」「どう強化したんだ……」歓声と驚きの声が多い、がまだ疑問の声もありますね、ここから説明していきましょう。

 

『まず、シンフォギアのバリア機能を純粋に強化しました。これによってアルカノイズに触れられても「分解」されなくなりました。次に新しい聖遺物を搭載する事で「出力」の上昇を施しました……ここで、その戦闘の様子を、私のモノですが公開いたしましょう』「イカロスがパワーアップしたのか!」「これが世界初公開か!」「進化したシンフォギアの力を見せてもらう」

 

 

 キーボードを操作し、画面を切り替える。

 

 協力・国連タスクフォース「SONG」の文字と共に関係各所のロゴを映した後、BGMと共に私の「戦闘テスト」の映像が始まる。

 

 それはイカロスを改修した最初のテスト稼動時の映像を切り貼りしたもので「高機動による回避力」「パワーアップした武装」などをピックアップしたものになる。

 

 コメントとしては「赤い」「前より速くなったけど編集じゃないの?」「茹でたカニ」「茹でイカロス」「ファイヤーおりん」「すごいパワーだ」「純粋なパワーアップ」「でもデザイン変わってない……」「カラバリ商法が捗るな」「機銃は実弾の方がすき」「ミサイルを搭載しろ」「格闘戦をしろ」「ビームとレーザーばっかりじゃないか!」「相変わらずフェザークロークの使い捨て加減で草」「カットインの技名がダサい」「質量を持った残像とでもいうのか!」………。

 

 …………。

 

 ………クソ!!!!散々な言われようだよ!!!

 

『ご覧頂いたように、私のイカロスは改修にあたりカラーが赤に変わっています。他のギアに関してはそこまで変化はありませんでしたが一撃の破壊力が今までより遥かに上昇しています。私のギアの特性上あまり防御する場面は見せられませんでしたが、強化によって防御力も皆上がっているのでご安心ください』「イカロスが一番最初に改修されてそう」「もしや実験体じゃな?」「おりんの長期休業はテスト時の墜落」「おりんならやる」「テスト時にイキって負傷する女」「強化されたギアにおりんがついていけてない」………。

 

 ………。

 

 憶測でそういう事を決め付ける奴らなんなの!?

 

 別に私の負傷はテスト時の事故じゃないし!!!ちゃんと戦っての負傷だし!!

 墜落だって仲間を守る事を優先した結果だし!

 

 ………とはいえ、皆を心配させる必要はないし。

 

『えっとですね、私の長期の休業の理由はですね、強化されたギアへの慣熟訓練がありました。確かに実動班の方々に比べれば私はそこまで強くないので……それに他のギアの改修完了までやはり戦闘できるのが「私」しか居ない時間もありました。ですのでその間の待機業務もありました。ですが現在は全員分のギアの改修が完了したのでご安心ください』「おりん……」「やっぱりついていけてないんじゃ……」「そりゃ広報は最弱って相場は決まってるし」「強けりゃ実動班で引っ張りだこよ」「クソザコ装者」「クソザコおりん」「萌え声クソザコ装者」「萌え声クソザコ装者とかいうひどすぎるあだ名」「萌え声クソザコ装者で定着しよう!」

 

 なんなん!?

 お前ら!私を何だと思ってるの!?

 

 最高出力では確かに最弱ですけど!私は弱く……弱いわ……。

 

『………それはさておき、現在の所「アルカノイズ」は「自然発生」する事はなく、何者かによって操られたモノだけと思われています。もしもノイズ出現などの警報が出た場合はこれまで通り落ち着いて避難する様にお願いします。現在、製造元は絶ったと思われていますが、やはり完全に根絶したとは確信できていないので、引き続き国連や各国政府は対策を行っていく予定です』「この先ノイズを使ったテロだとかが現れるかもしれないかも」「今後タスクフォースは災害だけじゃなくてテロ鎮圧なども仕事として入ってくるかもしれない」「でも子供に人間相手に戦えってのもひどいよな……」「それでもノイズが相手な以上シンフォギア装者が出張らないといけない現実」……やはり、不安の声は多いです。

 

 それもそうです、人の手で、悪意を持ったノイズが運用される。

 不安に思うのも仕方ありません……。

 

 でもただ不安で終わらせるのは3流配信者です、一流なら。

 

『私も含め、装者全員、今後も特異災害と戦っていきます。それだけでなく「通常災害」においても装者による救助活動の試験運用も行われています、実際にニュースで救助現場に響く「歌」を聞いた方もいますでしょう。彼女達の……私達の歌はただ戦う為のモノだけではない、平和の為にあるモノです。そこで、ここで初告知となるのですが私「加賀美詩織・シンフォギア/イカロス」のフィギュアが発売となります。これは売り上げが特異災害被災者などへの義捐金となるチャリティ商品となります、私には1銭も入らないので安心して買ってください』「人間の加賀美」「国防ヒロイン」「平和の為の礎」「予約する」「金を払わせろ」「俺達の金で飯を食え」とりあえず不安感に満ちたコメントは一瞬で拭えましたのでヨシとしましょう。

 

 

『今日も最後までご覧頂きありがとうございました。今日公開した映像や情報は政府公式のサイトでも公開・更新される予定ですのでそちらも合わせてご覧ください。それでは、ごきげんよう』

 

 

 無事、配信を終えて一息。

 

 司令と担当者の方からは「お疲れ様」の労いのメッセージが届いた。

 

 

 そして「特訓」の予定のメールも届いた。

 

 え、私も参加ですか……?

 

 

 …………。

 

 ちょっと傷がまだ………。

 ダメですか?

 ダメですか………。

 

 はい……。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。