それいけポンコツ指揮官とM1895おばあちゃん!!   作:焔薙
次の話 >>

1 / 274
追記及び修正の可能性あり


番外資料
人物資料~指揮官~


指揮官

 

年齢 17(しかし、これは推定であり実際の年齢は不明)

 

身長 ちっさい(148㎝)

 

体重 軽い

 

バスト 壁

 

性別 女

 

鉄血製の特殊人工眼を移植、適合した少女。しかしその後遺症で価値観は人形寄りであり、また彼女から見えてる世界は人はマネキンのようなものであり人形が人間という世界になっている。そのため、人形の負傷は人間の負傷と大差がないので腕が吹き飛んで帰ってこようものなら血相変えて治療室に打ち込むように指示される、逆に人間の負傷はマネキンが破損したのと大差がない認識である

 

例外としてヘリアントス、カリーナ、ペルシカリアの三名は人間として認識されており、二者は比較的に相性がよく、積極的に関わったからと推測されるがペルシカリアは初対面から認識されたが原因は不明(余談ではあるがクルーガーは熊と認識されヘリアンが危うく吹き出すところだった)

 

このように一応、時間を掛ければ一個人として認識されることはあるが相性次第と思われる。合わなければどれだけ時間を掛けてもマネキン止まりの可能性が高い

 

鉄血製の人工眼の適合後は経過観察としてとある家庭の養子として送られるが価値観の異常性から隔離、または虐待を受け唯一味方であったのが自律人形であった、しかしその自律人形が追い出された後は人間不信となり孤独に耐え続け保護された頃には虚無のような表情の少女に変わり果てていた

 

グリフィンに保護された後もその異常性の検査のために一室に閉じ込められ、ペルシカが指揮官にするまでは自由というものがなかった。ペルシカが彼女の保護者のような立ち位置になってからは感情を再度表し始め指揮官になる頃には今の彼女が出来上がっていた

 

彼女が人形に絶対の信頼を置くのは養子時代の味方が人形だけだったから

 

彼女が人間に対してあそこまで不信、そして最大限改善されてもマネキンなのは養子時代に唯一の味方を追い出した挙げ句、虐待を受け続けたから

 

彼女が何時も笑っているのはやっと得た平穏だから

 

彼女が年齢より幼い言動や行動、または妙にテンションが高いのは自由を得たのが指揮官になってからだから

 

彼女が虫嫌いなのは養子時代に虫関連で碌な目に合わなかった所為でトラウマとなっているから

 

彼女の容姿が年齢より小さく、そして胸も嘆きの壁なのは養子時代に禄に食料を貰えなかったから

 

彼女が家事炊事何でもこなせるのは養子時代に全てを押し付けられたから

 

と彼女を形成するものは大体が養子時代が主な原因となっている

 

容姿は年齢に対してかなり小柄で細身で髪は白、しかし地毛ではなく脱色したかのような白であり資料の写真を見る限りは元々の髪色は茶髪だったと思われる。長さは大体セミロング、普段は服で隠れているが身体中には虐待の跡が多数残っている

 

性格は天真爛漫で好奇心旺盛、平時は喜怒哀楽が割りと顔に出やすくノリもよく会話好きなのだが周りに知らない人間が居たりすると別人レベルで大人しくなり笑顔も消え、会話も一言二言が限界になってしまう、一応人形が居ればある程度の緩和は可能、それでも平時の彼女を知ってるものから見れば心配になるレベルで人が違う

 

『目』について

 

鉄血が上位AIが万が一に暴走、人形全てが敵となった際の切り札として鉄血人形のコアに反応、及びハイエンドの機能を全て無力化する特殊人工眼のこと、また完全同調の折には何かしらの機能が備わっていたらしいが資料消失により不明

 

集めた孤児に対して実験は行われ、適合者は彼女のみ、その後は経過観察の後に再度回収し調整を施した上で自我のない完全なる道具として利用するはずが蝶事件で鉄血は壊滅

 

本来であれば調整され完全同調となるのだが現在は目に備わっている自動調整で現状維持の状態になっている、が指揮官の感情次第で同調が進んでしまう可能性があるとペルシカは404が回収した資料から読み取っている

 

その感情次第というのが厄介であり、彼女が無意識に負としている、『憎悪』がトリガーであり、それによって目が完全同調になるとどうなるかはペルシカですら分からない。救いなのは彼女が人形たちとペルシカ達が居れば幸せを感じる少女であった事か

 

また射撃時のアシスト機能も目に備わっているがこれも本来は人間用に調整ないしオミットの計画であったが壊滅した為にそのままになっており、人形の出力で射撃時にアシストが入るためハンドガンであれば一発だけでも本編の症状、二発目は昏睡、もしくはギリギリ耐えるかもしれないが三発目を撃てば脳が焼き切れることが確実と言われている。ハンドガンでこれなのでライフル等になればどうなるかは不明、以降この司令部では指揮官に銃を撃たすことは全面的に禁止になっている

 

以上、現在の指揮官のデータである




あ、一応これ設定用意しておきました、と言ってもあんまり当てにならないけど……大体こんなキャラだよってことで

こういった設定書くのは苦手だったりする。なので副官とかはまた時間かけて書きます、何時上がるかは分からないです(白目

書いておいてなんだがよく歪みきらずに生きていけたなこの指揮官(他人事


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。