ヒロアカ世界に吉良吉影が来たら   作: 両儀
<< 前の話 次の話 >>

11 / 15
はい!今回から原作に入りたいと思います!って言ってもまずは原作主人公の幼少期を書きます!ここで吉良吉影と会わせたかったんです...


原作開始
しみったれたガキとの遭遇


緑谷 出久 side

ぼくは、みどりやいずく!よんさい!ヒーローをめざしてるんだ!でも、この前、こせいしんだん?っていうので「無個性」って言われたの!それはすっごく悲しかったし、なにより今まで兄貴分だったかっちゃんが、ぼくをいじめてくるようになったんだ...ともだちもみんなぼくとは遊んでくれないし、もう何も楽しくないや...

最近はずっとこの公園で1人でブランコをこいでるんだ!

 

「やぁ、ぼく、こんな所で何してるんだい?」

 

え?この金髪のおじさん誰だろう?

 

出久 side out

 

吉影 side

 

私が雄英高校ヒーロー科を卒業して、早五年近くの月日が経った...私はヒーロー名「クィーン」として密かに活動している...偶然社員を募集していた「マイツプロ」とやらの入社試験に無事合格し、そこの一従業員としての活動だがね...何とこの事務所、あの筋肉ダルマこと「オールマイト」の事務所だった...それを知ったのは、入社してからの事だった...この時は、失敗したと思ったよ...めんどくさいが睡の事務所の方が良かったとも思ったね。しかし、自分から仕事を辞めるのは私のプライドが許さない...!そこで、ここでも私は可も無く不可もなくな実績を重ねている...時々ヒーロー活動をしないといけないのが憂鬱だがね。

だが、最近悩み事ができてしまった...私の家は、事務所からかなり離れた位置にある...その帰り道に通る公園でずっと1人でブランコに乗っているガキがいる...!こいつは全てを諦めたかのような目をしていやがる...私はその姿を見ると無性にイライラしてしまう...これが最近の悩みだ...だめだ、これでは安眠出来ない...早く処理せねば...

仕事の帰り道、またあのガキがいた...もう、限界だ!

「やぁ、ぼく、こんな所で何してるんだい?」

そう私が尋ねると、

「おじさんだれ?まさか!?ゔぃらんなの!?」

などと言ってきやがった...

「違うよ、私はこう見えて一応ヒーローを名乗らせてもらっているよ」

私がそう言うと、そのガキは異様に興奮して私に質問してきたり、自分の名前を教えてきたりしたが、私はそんな事がしたいのでない...!

「ねぇ、出久くん?どうして君はそんなに諦めた顔をしてるんだい?まだ君みたいな子供がそんな顔をするのは早いんじゃないのかい?」

と言うと、

「ぼく...ヒーローを目指してるんだ...だけど「無個性」で、みんなにばかにされるんだ...ぼく...ヒーローになれないのかな...」

などとほざいてきた...私からすれば、そんな事で悩むなど愚の骨頂であるが、私の安眠のためだ...仕方ない...少しだけアドバイスとやらをしてやろう...

「あのね、出久くん、君はヒーローになりたい、と言うけれど、それを目指して何がしたいんだい?目立ちたいのかい?お金が欲しいのかい?それなら、ヒーローは目指さなくていいと思わないかい?」

私がそういうと、ガキは少し涙目になってしまった...!まずい!ここで泣かれたら目立ってしまう...!最悪警察を呼ばれる可能性が出てくる...!何とかせねば...

「.........だけどね、そうじゃなくて、人を救けたい...そう思ってヒーローを目指しているんなら、それは素晴らしい事だ...『無個性』?そんなの関係ない、大事なのは君がいかに自分が目指すヒーロー像に向かって努力できるかなんだよ...個性がないなら、鍛えれば良いじゃないか、言われているだろ?個性は身体機能の1つだと...その1つが無くても、人は生きていけるし、補う事だって出来る。そうは思わないかい?」

まぁ、こんなに難しい事を言っても、殆ど理解はできないだろうがね...だが、このガキは私の話を聞いて、目を輝かせた...

「おじさんは!ぼくでもヒーローになれるって言ってくれるんですか!?」

何を当たり前な事を...私でさえ仮初めのヒーローになれたんだ、たかが個性がない程度でなれないわけがない。

「もちろんだよ、私は努力さえすれば誰だってヒーローになれると思っているよ」

私だって、『性』を抑えるようにしているんだ...抑えきれない時はあるがね...

 

「おじさん!ありがとう!ぼく!これから頑張るよ!」

 

それから、私はこの公園でこのガキを見る事は無くなった...ふう、これで安心して熟睡出来る...

 

吉影 side out




吉影君はヒーローになりました!が、どうやら『性』は抑えきれないようですね笑
ヒーロー名である『クィーン』の意味の1つはチェスの駒です!
チェスの中では、最強の駒である、クィーンと、もう1つはトランプのカードを掛けています!常に3番や4番に位置するが、本来の能力は最強に近い吉良吉影に相応しいと思ってつけました!まぁ他にもあるんですけどね..,
納得がいかない方がいると思いますが、これから吉良吉影らしさを出すのでご了承ください!







感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。