ゴブリンスレイヤー ―灰色の狼―   作:渡り烏

12 / 22
作者「ちょっと早いけどクリスマスプレゼントを用意したゾイ」

真実「お、見た目は良い感じのじゃん……ってなんじゃこりゃ!」

幻想「ふええ……黒いし硬いし大きいよぉ……」


地下に潜むもの

 地上に戻ったゴブリンスレイヤー達は、休息と剣狼の紹介をするために水の街の冒険者ギルドへ向かう事となった。

 

『ほほう、辺境の街とは違い、ここのギルドは建物が大きいな』

 

「ええ、ここが交通の要衝なのもあって、この街に常駐している冒険者も多いとか」

 

『そうか』

 

 女戦士と剣狼が言葉を交わしながらギルドの扉を開ける。

 この街の冒険者達は昨日知った顔が返ってきたのかと一瞬見た後、剣を背負った大きな狼に気が付き二度見する。

 

「でも剣狼が良いタイミングで来てくれて助かったわ。

 あのままだったらじり貧だったもの」

 

「そうですな。

 あのままでは遠くないうちに、前衛が瓦解していた可能性もありますからな」

 

「女戦士にゴブリンが投げつけられて、石櫃に叩きつけられた時はさすがに焦ったがの」

 

「背中は大丈夫か?」

 

「何処か違和感があったら、すぐに言ってくださいね?」

 

「朝起きて気持ち悪かったら≪小癒≫《ヒール》かけてもらうのよ?」

 

『頭は打って無い様だが、背中の傷も馬鹿にできんぞ』

 

「あ、あの……」

 

「過保護か!」

 

「ふふふ」

 

 今回の探索で一番の『重傷』だった女戦士に一党が各々心配するが、槍使いに一喝され魔女に笑われる。

 そんな中、彼等に接近する勇者が居た。

 

「な、なあ、その狼って……」

 

「……師父が何か?」

 

 女戦士が訝しみながら、声を掛けて来たスキンヘッドの冒険者にそう返す。

 1歩間違えば瓦解するような死線を掻い潜った後と言う事と、戦闘後の疲労もあってその目つきは、そこらの新人冒険者には出せない凄味があった。

 

「う……い、いや、もしかしたら噂の灰色の剣狼なんじゃないかって思って」

 

「……そう言えば灰色もこの街で歌われていたわね」

 

「うむ、そうでしたな」

 

「かみきり丸と一緒に山塞へ出向く歌じゃったな」

 

『ああ、何時ぞやのゴブリン退治か』

 

「あれは後味最悪だったわね……」

 

「ゴブリンを相手にしているのだ。

 そう言う事もある」

 

 質問してきた冒険者そっちのけで昔話に花を咲かせる一行。

 一方槍使いと魔女は、依頼書の張り出し場に行って余っている依頼がないか値踏みしている。

 

『まあそれはそれとして、吾輩がそう呼ばれているのは相違ない』

 

 剣狼がそう言うと周りのざわめきが一層強くなる。

 狼が魔道具越しとはいえ、平然と喋っているのだから余計に視線の数が増える。

 受付のカウンターにいるギルド職員ですら、呆けた顔でこちらを見ている。

 

『しかし吾輩は歌の様に高貴な思想を持っていない。

 この身が刻んできたのは深淵の魔物どもの討伐と、長年に渡って親友の墓守をしながら守り続けた使命だけだ』

 

「使命……ですか?」

 

『ああ……生憎と、死にそびれ、先に逝った親友の元へは行けなかったがな』

 

「「「!!」」」

 

 弟子の台詞に続いて出たのはそんな驚きの言葉。

 

「死に……って」

 

『なに、老いぼれの与太話だ。

 まともに受け取る事もあるまい』

 

「老いぼれって……あんた一体いくつなのよ」

 

 妖精弓手の声を聞いて剣狼は彼女へ顔を向ける。

 

「っ」

 

 言葉を聞けるようになったせいか、剣狼の目には今まで以上の眼力が発せられているのを感じ、息を飲む妖精弓手に剣狼はこう答えた。

 

『女魔術師に、槍使いと魔女にはもう言ったことだが、百から先は数えておらんよ』

 

 

 

 夕食を取った後、剣狼と女戦士は部屋に戻ったが、それ以外の面子は机を挟んで座っていた。

 

「百から先は数えておらん……か」

 

 鉱人道士の呟きが沈黙を破る。

 

「まさにただの狼ではなかったと言う事ですな」

 

「……猟師から聞いたことだが、狼は犬と同じで寿命は5年から10年ほどだと言う。

 まれに10年以上生きる個体も居るようだが、百は流石に居ないだろう」

 

「狼系の幻獣って線もあるわね。

 それにしては剣のみで戦うってのも変だけど」

 

 狼系で有名なのはワーグだが、大物になるとケルベロスやフェンリルなど、勇者が相手をする様な物までいる。

 だが剣狼は一般の狼に比べれば大柄ではあるものの、魔法の類は使わない。

 しかし一度その口に愛剣を咥えれば、ギルドに報告があった様に一騎当千の剣聖として、己に害をなす輩を屠るのだ。

 

「正直初見殺しにもほどがあると思うぜ。

 今回初めて見たが、ありゃ銀等級が束になってやっと拮抗するか、少し力が足りないくらいだろう」

 

「お前がそう言うとは珍しいな」

 

「っは、相手の戦力をしっかり見極めるのは基本だ。

 正直、殺し合いになったときは真正面に立ちたくないね」

 

 地下水道での戦いを槍使いは振り返る。

 組んだばかりで連携も何もない状態だと言うのに、剣狼は槍使いの槍捌きに合わせて剣を振っていた。

 槍の穂先が引っ込めば、そこへ間断なく大剣の刃が振るわれる。

 それを後ろから見ていた魔女と女魔術師も、槍使いの意見に頷いて答える。

 

「でも、死にそびれただなんて……」

 

「大方、課せられた使命を全うしたのでしょうな。

 そして詳細は不明ではあるものの、自らは生きていた……と」

 

「その辺りはちょいと気になるところじゃが、あやつが自分から言うのを待つしかないじゃろうなぁ」

 

「だけど、今の今まで剣狼の事は話にも聞いたことは無かったわ」

 

 女魔術師の言葉に全員が考え込む。

 そしてゴブリンスレイヤーも珍しく、本当に珍しく剣狼の事を考えていた。

 

(確かに、姉からも、先生からも剣狼の事は聞いたことがない。

 話が届かないほど遠方に居たのか、それとも……)

 

 ゴブリンスレイヤーの脳裏に、かつて一党を組んでいた孤電の術師の姿が浮かぶ。

 

(盤の外……)

 

「しかし、剣狼の事については今は諦めるしかなかろう。

 今は討ち漏らしが居ないか探してみんとな」

 

「あー俺達は外れるぜ。

 もともと剣狼の剣術を見たかったのが理由だったからな」

 

 麦酒を一口含んでから槍使いは言う。

 

「なにか依頼を受けたの?」

 

「亡者……の、討伐依頼、よ」

 

「どうも廃棄された古い神殿に巣くっているみたいでな。

 別段何かをしているわけじゃないんだが、気持ち悪いってんで退治の依頼が出てたのさ」

 

「とか何とか言いながら、実はあの黒い石が目当てなんでしょ?」

 

「ま、出るか出ないかは運次第だけどな。

 出たらあの女戦士用に取っておくように言っとくが」

 

「それは……良いのか?」

 

「ま、他の奴等には言わねぇようにしとくよ」

 

 槍使いはそう言いながら麦酒の残りを一気に呷り、じゃあなと言い魔女と一緒に席を立ち去って行く。

 

「……助かる」

 

 ゴブリンスレイヤーの声を聞き、槍使いは手を振りながら宿へと去っていき、一行は破損した女戦士の鎧を修理に出し、明日は1日休息する事となった。

 

 

 

 

 

 地下水道の奥深く、混沌の勢力に呼び出された魔物は鏡の前に鎮座していた。

 

 ズズズ

 

 そんな音が響き……そして。

 

 ゴォッ

 

 魔物はその音を知覚したが、攻撃をする前に叩き潰され絶命する。

 魔物を一撃のもとに倒したソレの後ろから、さらに1体ソレと同じものが這いずりながら現れる。

 そして手に持つ大きな鉾を携えたそれらはしばらく鏡を見やり、興味を失ったように2体はその場に鎮座した。

 

 

 

 

 

 女戦士の鎧の修理を終えた翌日、一行は地下水道の入り口へと戻ってきた。

 

「さてさて、ゴブリンは粗方片づけたし、ここからは遺跡探索の時間ね」

 

「確かに、ここの長はあのチャンピオンのはずだ。

 だがシャーマンが長を引き継いでいる可能性もある。油断はするな」

 

「あい分かった」

 

『元より油断するつもりはない』

 

「師父の手前、同じ手にはかかりません」

 

 1日休息を取ったことで、一党の士気は高い。

 だが冒険者ギルドの誰かから噂が流れたのか、剣狼を一目見ようと周りに野次馬が出来ているが、さしたる問題ではなかった。

 

「大分注目を集めてしまいましたね」

 

「見世物じゃないのよ全く」

 

「まあ珍しいのは間違いないわな」

 

「関係ない、ゴブリンは全て殺す」

 

 野次馬に見送られ一行は地下水道へと再び侵入した。

 やはり汚物が流れる影響で臭いがきついが、只人の4人以外は夜目が利く。

 

「しかし前々から思っとるがの、人族7人のうち4人が女とは、とてもゴブリン退治に行く構成ではないの」

 

「ちょっと、昨日のは私達が原因って言いたいんじゃないでしょうね?」

 

「ですが確かに、女性を優先的に狙うゴブリンを相手にするには、少々女性の数が多いですね」

 

「むぅ……」

 

 ゴブリンスレイヤーも薄々気にしてはいたが、こうも言われると流石に一昨日の失態も重なって反論ができず唸る。

 

『なに、この一党の女性陣がそう簡単に倒れるものではあるまい。

 そろそろ鋼鉄等級も見えて来たのではないか?』

 

「いや、まだ経験点が足らん……が、確かに実力では既に鋼鉄に届いている」

 

「……」

 

 ゴブリンスレイヤーの言葉を女魔術師は一人黙って聞いていた。

 女神官は日に3回奇跡を行使でき、奇跡の数も4つと多い。

 そして女戦士は術の行使こそできないが、女騎士と剣狼の手解きで、その戦闘能力は鋼鉄を越えている可能性もある。

 対する自分は、魔女と鉱人道士の教えで行使できる術は増えたものの、未だに術の行使回数は2回しかない。

 

「はぁ……」

 

 同期の中で落ちこぼれている自分を再確認して一人小さく溜息を吐く。

 幸いにもその溜め息は一党の誰にも聞こえなかった。

 

「さて、一昨日はここからでしたな」

 

 そうこうしている内に小鬼の死骸が散らばる石櫃の間に到着した。

 ここまで来る間に小鬼の襲撃もなく、さして疲労はしていない。

 

「しかし、本当に一昨日ので打ち止めみたいじゃの」

 

「念の為にも隅々まで調べつくす、ここは水上都市だ。

 ゴブリンが泳いで渡ってくるには遠すぎる」

 

『と言う事は、昨今慌ただしく暗躍していると言う混沌の勢力の仕業か?』

 

「確かに、彼奴等が小鬼を手引きしたとするならば合点がいきまするが、あのチャンピオンはどのようにして忍び込ませたのか」

 

「小早では小さすぎるし、かといって馬車でも検問で見つかってしまうわね」

 

『だとすれば術の類か?』

 

「でも転移の呪文は失われているわ。

 巻物(スクロール)でもあれだけの数は……」

 

「まぁ、無理じゃの」

 

 巻物の中でも転移の巻物はその希少さと緊急脱出に使える用途から、めったに市場に出回らないのが一般的だ。

 闇ルートで手に入れたにしても、ゴブリンごときの為に使うのは非現実的だろう。

 ああでもないこうでもないと議論を重ねながら一行は先へと進む。

 景観と臭いこそ最悪だが、軽いピクニックの様になってしまっていた。

 そして最後の探索場所へと辿り着く。

 

『む……』

 

「師父?どうしました?」

 

 剣狼が鼻をひくつかせて呻くと、女戦士が剣狼にそう聞いた。

 周りもそれを見る。

 

『嗅ぎなれた輩が居るな』

 

「嗅ぎなれた……剣狼の故郷の魔物って事?」

 

『そうだ。

 ……名は何だったか忘れたが、人よりも大きな魔物で大きな鉾を持っていたのは覚えている。

 元々は魔女たちの儀式の失敗から生まれた……と言うよりも、その周囲に居たものたちが変異して生まれたものだ』

 

「そいつの特徴などは分かるか?」

 

 ゴブリンスレイヤーが聞く。

 

『硬い表皮を持っていてな。

 吾輩の剣を受けても耐える頑強さを持っている上に、遠距離では電撃の呪文を放てた筈だ』

 

「うげ、なによそれ」

 

『だが吾輩の勘違いの可能性もある。

 ともかく確認するのが肝要だろう』

 

 剣狼が率先して前に出て歩を進め、その後ろにゴブリンスレイヤー達が続く。

 全く未知の敵と遭遇するよりも、少しでも敵の事が分かる者が前に出た方が安全だからだ。

 

『ふむ……ああ、やはりな』

 

 そこに居たのは片方の足と首が無く、途切れた円環を背負った屈強な上半身を左手と右足で支え、右手に大きな鉾を携えた黒い魔性の生き物が2体居た。

 

『ああ、思い出した。

 奴は楔のデーモンだ』

 

 剣狼がその正体を言い当てた。




はい、と言うわけで楔のデーモンを参戦させていただきました。

やっぱり行き成りボスデーモン(山羊単体は除く)はキツイと思うんだ。
と言うわけで予行演習を兼ねてゴブスレさん達には楔のデーモン×2を相手にしていただく。
体力点三桁行ってそうだけど大丈夫だって、しっかり準備してればヘーキヘーキ。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。