神々に育てられた人の子は最強です   作:こむん

5 / 5
訓練

 

 俺たちは今皇帝の前にいる。

 

「ではもう一度いう。お主らに魔王を倒してほしいのだ」

「それはどうしてでしょうか?」

 

 質問を出したのは秋山光輝だ。

 

「それは今わしらの国は魔王軍に攻められているのだ。このままだと小さな村や町が魔王軍に人々が殺されてしまうのだ」

「わかりました!!俺が人々を助けます」

「おお、本当か!」

「はい!」

 

 秋山光輝はそう言うと俺たちの方へ振り返って頭を下げてきた。

 

「みんな、すまない俺はこの国の人達を助けたいと思っている。その為にはみんな力が必要だ。お願いだ、手伝ってくれ」

「お前が人助けをするなんて言うのは今更だろ」

「そうね、私は光輝君を手伝うわ」

 

 徐々にクラスメイトは秋山の言葉を聞き手を上げて賛成していった。先生は沈めるように動いているが誰も話を聞こうとしない。

 そのまま勢いに乗って魔王討伐に決まった。

 

「では決まったようだな。ならばステータスと言ってみよ、称号に勇者と書かれてるはずだ」

 

 皇帝の言葉を聞きクラスメイトは続々とステータスと呟き始めた。

 

「あっ、俺でした!」

 

 勇者の称号が書かれていたのはやはり秋山光輝だった。

 

「さっさすが光輝だな!」

「でも、俺でいいのかな」

「光輝以外に誰が勇者に適任なんだよ!」

「そうだよ!光輝くん以外にいないよ!」

 

 少し心配気味になっていた秋山をクラスメイトは励まし、その言葉を聞き秋山は徐々にやる気に満ちた顔になった。

 

 俺は秋山のステータスを鑑定してみた。

 

【名前】秋山光輝

【種族】人族

【性別】男【年齢】18歳

【レベル】1

【称号】勇者 異世界人

【HP】200

【MP】200

【攻撃力】200

【魔攻力】200

【防御力】200

【魔防力】200

【俊敏力】200

 

固有スキル:限界突破 聖剣召喚

 

スキル

身体強化 剣術Lv1 鑑定 アイテムボックス 異世界言語

 

魔法

火魔法Lv1 水魔法Lv1 土魔法Lv1 光魔法Lv1

 

【加護】 剣神の加護

 

 だった。

 

 まぁ強いかどうかはよく知らん。俺の初めのステータスも知らないし。

 そしてクラスメイトが騒いでいるとき一人の女性が声を上げた。

 

「ちょっ、ちょっと待ってください!」

 

 その声の主は俺らの教師、日下部花蓮だ。

 

「何を勝手に決めているんですか!皇帝様はこの子達に戦争をやらせるということですか!!」

 

 いつもはおどおどしていて周りからは可愛いと思われていた先生が大きな声上げたのでクラスメイトは驚きの表情を見せていた。

 

「なっ!貴様!それはどういうことだ!!」

 

 その言葉を聞き昨日注意していた貴族が怒りをあらわにした。

 

「そのままの意味です!この子達に戦争をやらせるなんて危ないことはさせません!」

「日下部殿、これは勇者たちが決めたことなのです」

 

 皇帝にそう断られながらも話をするが全て断られていた。

 そしてクラスメイトが静まった中俺は誰も聞かなかったことを聞いた。

 

「すみません、皇帝様。一つ聞いてもいいですか?」

「む、なんだ」

「俺たちは元の世界に帰れるんですか?」

 

 俺の言葉を聞きクラスメイトのハッとしと表情をした。

 

「そ、そう言えばそうだよ!俺たち帰れるのかよ!」

「そうよ!そこはどうなのよ!!」

 

 クラスメイトの声を聞き皇帝や貴族たちは少し顔が暗くなり、その表情を見た瞬間みんなが不安を抱き始めた。

 

「すまない、帰還が出来るのは魔王を倒したらなのだ」

 

 皇帝の言葉で帰れると知ったクラスメイトは希望を持った顔をした。

 

「ではこれから勇者たちには訓練をしてもらう!強くなって魔王を討伐してくれ!」

『はい!』

 

 とクラスメイトは元気よく返事をし兵士に連れられ訓練場に行った。

 訓練場には一人の男が立っていた。

 

「俺の名前はクラウス・レフト。この帝国の騎士団長をしていてお前たちを強くするものだ!ではさっそくこの訓練場を20周だ!」

 

 一周500mはしそうな訓練場を俺たちは20周走らされた。

 俺は余裕が全然あったが余り目立ちたくなかったので終了は真ん中ぐらいにした。一位はもちろん秋山だ。

 その後も木剣を持たされ1000回素振りと終わったあとは腕立て伏せと腹筋を二百回と言われた時はみんなが絶望のような顔をしていた。

 訓練が終わり残りは自主練と言われたのがクラスメイトはみんなヘロヘロで帰って行き、太陽はまだ空の上にあったので俺は一人でこの広い空間でいつものメニューの二倍の量をしていた。

 修行が終わったあと部屋に戻り中でも出来る修行を行った。

 翌日俺たちは魔法の練習をやりにまた訓練場に来た。

 

「これからあなた達の魔法の先生をやらせて頂きますルーチェス・クロールと言います」

 

 彼女は自己紹介を終えたあと魔法の使い方の説明に入った。

 内容は魔力が体の中にあるということを感じとりそれを動かすのが魔力操作だということで、魔力操作ができるようになると魔法が使えるという。

 そこでルーチェス先生は俺たちの前でお手本として魔法を使った。

 

『我が魔力よ、火の姿となりて、我が手に集え、火球(ファイアボール)!』

 

 すると先生の手のひらから火の玉が現れた。

 

「うわぁ〜」

「綺麗だな」

「私も使ってみたい!」

 

 初めての魔法を見たクラスメイトは感動していた。

 まぁ、俺も初めて魔法を見せられた時は同じように感じたな。

 

「この程度のことならすぐにあなた達も使えるわよ」

 

 先生の言葉を聞きクラスメイトはすぐに魔力操作の練習をするため集中し始めた。

 俺はもう出来るので練習をしているふりをした。

 それから数十分後、一人が詠唱を始めるとその者の手のひらから火の玉が現れた。

 

「うわぁ!」

「さすが光輝くんだね!」

「あぁ、やっぱり勇者はすげぇな!」

 

 と初めての魔法を成功させた秋山をクラスメイトは羨ましそうに見て練習に励んでいた。

 翌日もそのまた翌日も魔法と接近戦の訓練を二週間行いどっちに向いているか先生達に教えられ言われた方に練習を重ねていった。

 そんなある日俺たちは王様に呼ばれ王のいる間に行きこう言われた。

 

「お主たちには明日ダンジョンに向かってもらう」

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。