しまりんの幼馴染は、なでしこの飼い主になりました   作:通りすがりのキャンパー

4 / 4
現れるはなでしこ

「お待たせ」

 

「ああ」

 

週末、俺はまたしてもリンとキャンプに来ていた。

 

今日こそは積み本を消化しようとコーヒーを準備していたら、今度は玄関から大声で呼ばれた。

 

そして、結局キャンプに付いて行くことになった。

 

管理場で、リンが諸々の手続きを終えると、俺たちはキャンプ場に向かう。

 

「しかし、2千円か」

 

「学生の身で、2千円は結構な出費だな」

 

「そう思うと、リンは凄いよな。キャンプに掛かる費用、全部自腹だもんな。俺なんか、小遣いから出してるだけだし」

 

「いや、月の小遣い3千円で、一ヵ月どころか三ヵ月やり繰り出来るカイも相当だからな」

 

「小遣いなんて、殆ど自分のためでしか使わないし、あまり使う機会がないだけだ。まぁ、俺もそろそろバイト始めるかな……」

 

そんな話をしながら、キャンプ場につくと、ちらほらと人がいた。

 

「へ~、シーズンオフでも、意外といるもんだな」

 

「まぁ、有名キャンプ場だからな。さて、この辺に張るか」

 

前回と同じ手順でテントを張り、準備を終える。

 

「さて、それでは今日のキャンプご飯ですが、インスタントではない、アウトドアご飯を作る!」

 

「おお……そりゃスゲェ」

 

「…………と思っていたが」

 

そこで言葉を切り、リンが袋から出したのは、前回と同じカップ麺だった。

 

「途中でスーパーがなかったので、結局コレですわ」

 

「………まぁ、うまいからいいだろ?」

 

「次から本気だーす」

 

「それ、本気出さない奴のセリフだから」

 

椅子に座り、本を読もうとしたその時、スマホが鳴り、取り出す。

 

見ると、斎藤からのメッセージだった。

 

ただし前回と違い、俺個人のトークではなく、俺とリン、斎藤の三人で作ったグループトークにだ。

 

斎藤『リン、カイ、今週はどこ行ってんの?』

 

リン『富士山の目の前の麓キャンプ場ってとこ』

 

『てか、なんで俺がリンに同行していること前提なんだ?』

 

斎藤『なんかそんな感じがして』

 

斎藤『それより、写真撮ったら送ってねー』

 

リン『うぃ』

 

斎藤『ついでにお昼ゴハンも買ってきてねー』

 

リン『くたばれ』

 

『買ってやる義理はない』

 

斎藤『辛辣すぎるぜ、ダチ公共』

 

斎藤『仕返しだ。貴様らのいるキャンプ場に熊と虎とチワワ100匹放った』

 

リン『うわっ、何をするくぁwせdrftgyふじこlp』

 

『俺の喉元をチワワが!?』

 

リン『死んじまったじゃねーかバカヤロー』

 

『チワワに食い殺されるとは思わなかったぞバカヤロー』

 

斎藤『こっちも空腹で死んじまったぞこのやろー』

 

そこでメッセージ遊びをやめ、スマホを仕舞う。

 

「なんでチワワに殺されてんだよ?」

 

「そっちこそ、なんでスマホでよく、くぁwせdrftgyふじこlpって打てるんだよ」

 

「なんで発音できてんだよ」

 

そこで一息入れ、リンがキャンプ場の地図を出す。

 

「薪は一束500円。ここ直火NGだから、やるなら焚火台も借りなきゃな」

 

「焚火台?」

 

「うん。こう言う芝生のキャンプ場だと、火が燃え移るから、台でやらないとダメなんだ。一日で薪三束は使うし、台もレンタルすると合わせて2500円」

 

「利用料と合わせると4500円か」

 

かなりの出費だ。

 

「………寒くなったら寝袋被るか」

 

「だったら、今日は本じゃなくて散歩でもしたらどうだ?」

 

「散歩?」

 

「歩けば温まるだろうし、それに、斎藤に写真送らなきゃだろ?」

 

「ん~………そうだな。初めて来た所だし、2000円も払ったし」

 

「じゃ、行くか」

 

立ち上がり、リンと並んでキャンプ場を散歩する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ、犬だ」

 

「お、犬だな」

 

写真を撮りつつ、散策していると、犬を見つけた。

 

二匹の犬は、俺たちを見るや否や、元気に走ってきた。

 

だが、残念ながら、俺にタックルしようとした犬は首輪に繋がれており、俺にぶつかる直前で進めなくなった。

 

その光景に、俺は思わずドヤ顔をした。

 

そして、リンに向かって走ってきた犬も、首輪に繋がれていた。

 

だが、縄がもう一匹のより長く、進める範囲も伸びており、その犬のタックルを、リンは正面から受けた。

 

「ぐふっ!?」

 

「……大丈夫か?」

 

「あ、あんまり………」

 

腹を抑えながら立ち上がろうとするリンに手を貸し、その後で犬を撫で繰り回した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、俺たちが見つけたのはキャンプ場、入り口にある二体の動物の像だ。

 

片方は色的に虎だとわかるが、もう片方はよくわからなかった。

 

何故かこっちだけ塗装されていなかった。

 

ライオンっぽくも見えるが、どうなんだろう?

 

「あ~……」

 

リンはと言うと、そのライオンっぽい像の前に立ち、像と同じように口を開けていた。

 

何してんだ?

 

取り敢えず、可愛かったので正面から、素早く写真を撮った。

 

「おい!なんで今撮った!?」

 

「悪い。可愛かったからつい」

 

「か、かわっ!?」

 

「折角だし、俺のスマホの待ち受けにしてやる」

 

「やめろー!」

 

俺のスマホを取ろうと、手を伸ばしてくるリン。

 

そんなリンにスマホを取られないように手を高く上げる。

 

身長のせいで、リンの手は俺の手に届かず、ずっとぴょんぴょんとジャンプするだけだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り見回った後、テントまで戻り、本を読み始める。

 

流石に散歩だけじゃ時間は潰せなかった。

 

「クシュン!」

 

リンのくしゃみで俺は本から目を離した。

 

気が付けば、もう夕方だった。

 

時間は16:30か。

 

「リン、ちょっとトイレ行ってくる」

 

「いってらー」

 

リンに見送られ、トイレに向かう。

 

用を足し終え、ハンカチで手をふきながら、トイレから出る。

 

「さて、戻るか」

 

カイくーん!

 

「………ん?なんか、各務原の声が聞こえた様な………気のせいか」

 

カイくーん!

 

「いや、気のせいじゃないな」

 

確信を持ち、振り返る。

 

「カイ君!」

 

「うおっ!?」

 

振り向くと、そこには目の前いっぱいに広がる各務原の笑顔があった。

 

まさか、こんな至近距離にいるとは思わなくて、驚いた。

 

「やっぱりカイ君だった!」

 

「各務原、お前、どうしてここに?てか、その大量の荷物どうしたんだ?」

 

各務原の腕には何故か野菜の入った袋があった。

 

「斎藤さんが教えてくれたんだ。後これは、この前のお礼だよ」

 

「お礼?」

 

「リンちゃんも一緒だよね。カイ君、三人でお鍋しよ!」

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。