フォフォイのフォイ   作:Dacla

4 / 31
空の蟻・1

 芝生が足裏から離れていった。

 跨っている箒が勢いよく飛び上がり、視界が一気に上昇する。

 握った柄の角度を変えれば、箒は思うままに宙を滑った。

 林の上を軽く流していると、屋敷からドラコの両親が出てくるのが見えた。俺はそちらへ飛んでいった。

 二人の驚く顔が早く見たかった。

 

          ◇

 

 湖水地方への旅行を経て、ドラコの両親と家族でいることに抵抗はなくなった。今のところ二人も、息子の中身を疑う様子はない。今の状況を客観的に見ると、少年の体を生き霊が乗っ取ったようなものだが、これが夢であることを踏まえれば、何も奇妙な点はない。俺自身が物語の登場人物になったとしても、他人の人生を生きることになったとしても、深く悩む必要はない。

 

 それはさておき、重大な問題が片付いていなかった。

 魔法学校で主人公に張り合う役柄なのに、魔法が使えない問題だ。

 

 ホームヒーラーのカンフォラ氏は、その原因を「杖を握って倒れた時のショックを体が覚えていて、魔法を使うことを無意識に避けているから」だと推測している。身に覚えのない恐怖が原因だと言われても、俺には対処のしようがない。

 母上が魔法の使いかたを熱心に教えてくれているが、こつは掴めないままだ。一方、父上は「無理に覚えようとして覚えられるものでもないだろう」と長期戦の構えだ。ハウスエルフの態度は変わらない。ただ何となく、微妙に腫れ物扱いを受けている気がする。

 

 八月中旬になると、魔法の練習は中断された。更に、俺はまだ魔法使いの杖を持ったことがないことにされた。

 マルフォイ邸にクィディッチのスリザリンチームが滞在するからだ。

 

 クィディッチは言わずと知れた『ハリー・ポッター』作中のスポーツ。この夢の中でも人気がある。ホグワーツでも学生の課外活動として取り組まれ、学生寮ごとに編成される四チームが競い合う。そして愛寮心を煽る寮対抗戦には、卒業後も関心を持ち続ける者が多い。

 スリザリン寮出身の父上も、チームの後援活動の一環として、数年前から夏期合宿に屋敷を提供していた。なお、普通は学外でチームとして集まることはない。練習やメンバー選抜は新学期になってから始めるものだ。

 

 そもそもクィディッチは広いコートで行われる空中競技だ。練習場所の確保が難しかった。箒で空を飛び回っても周囲に迷惑が掛からず、非魔法使いに目撃されない場所。それが一番の条件だ。

 その点、マルフォイ邸の敷地は東京ドーム単位で数えられるほどに広い。芝生の庭の周辺には森が広がり、その敷地には非魔法使いの認識を逸らす「マグル除け」の魔法が掛かっている。空を飛ぶ姿を森の向こうから目撃されても、鳥と誤認されるだけ。十分なスペースのある練習場所としても、部屋数の多い合宿所としても最適だった。

 

 若者たちは、大きな荷物と競技用箒を抱えてやって来た。それをマルフォイ家の三人は玄関ホールで迎えた。

「ようこそ」と、父上は後輩たちに鷹揚に挨拶した。

「今年もご好意に甘えさせてもらいます」キャプテンだろう。体格の良い男子学生が代表して挨拶した。

 彼以外の学生たちも想像より行儀が良かった。学生たちはキャプテンの配った部屋割り表に従い、静かに二階の客室に分かれていった。ミーティングをしたら、早速練習に入るそうだ。

 

 階段の手すりに凭りかかっていた俺に、何人かは「久しぶり」と声を掛けてくれた。ホストファミリーの一員として、俺も愛想良く挨拶を返しておいた。

 母上はというと、学生たちが消えた途端に無表情になった。本音では学生たちを受け入れたくないのだ。屋敷が汗臭く泥だらけになるのが嫌だそうだ。自宅を部活帰りのサッカー部の溜まり場にされることを喜ぶ女性はいないだろう。しかし父上の手前、我慢している。

 

 父上が学生チームを後援するのは、愛寮心や学閥内での人脈強化だけが理由ではない。マルフォイ家に対する世間のイメージが良くないので、それを回復するためには慈善活動や社会奉仕が不可欠なのだという。

 イメージが良くない最大の理由は、ルシウス・マルフォイ自身がヴォルデモートの部下だった過去にあるだろう。ただしこれは原作知識による推測だ。「なぜ印象が良くないのですか」と聞いたら、「子供は知らなくていい」というお決まりの台詞で打ち切られた。

 

 ミーティングが終わっただろう頃に、庭に出てみた。

 芝生に人の影はあったが姿はない。

 チームは空中を飛んでいた。かなりの高所だ。青空に点在した黒い影がちょこまかと動いて、蟻のようだ。

 

「おまえもあれくらい飛べたら良かったな」

と、俺は傍らの白孔雀に話しかけた。

 

 この家では真っ白な孔雀を放し飼いにしている。初めて目にした時は、思わず二度見してしまったものだ。

 白孔雀は俺を無視して地面を啄んでいた。羽根を持たない生き物が自分たちの領域を飛び回っていることなど、気にしていなかった。

 

 しばらくすると母上と、ワゴンを押したハウスエルフがテラスに出てきた。ワゴンには氷で覆われた幾つかの水差しと、沢山のグラス。運動部への差し入れだ。

「まあ、こんな暑い所で見ているのですか」と母上は声を上げた。「湖で真っ赤に日焼けしてひいひい言っていたのに、もう忘れたの?」

「忘れましたね。夏は暑いものです」

「呆れた子ね」

「坊ちゃま、お飲み物をどうぞ」

 

 会話の合間に、コビーがグラスを差し出してくれた。コビーはマルフォイ家に仕えるハウスエルフのまとめ役だ。普段は父上の身の回りの世話や、家全体の管理を統括している。いわば執事のポジションにいるが、料理人でもある。

 夢の最初に俺と遭遇したアビーは、洗濯や母上の身の回りの世話を中心に行うメイド。原作にも登場するドビーは、その他雑多な仕事を請け負う下男という分担だ。その三人で、リゾートホテル並に広い屋敷の環境を維持しているのだから、大したものだ。

 

「このレモン水、塩を入れたんだな」

「お気に召しませんでしたか」

「いや、汗を掻いた人たちへの差し入れとしては正解だよ。あの人たちこそ、ずっと日向で動いているから」

 

 練習を眩しそうに見上げていた母上が、

「ドラコもクィディッチに興味があるのですか」

と尋ねてきた。

「そうですね。今はクィディッチよりも、空を飛ぶこと自体に関心があります」

 空を飛ぶ。いかにも夢らしい行為だ。箒に跨ると股間に全体重が掛かって痛そうだが、それでも空中を移動するのは楽しいだろう。

 

 母上は俺の返事に相槌を打つと、「日向にいるのも程ほどにしなさいね」と言い置いて屋敷に戻っていった。

 

 やがて学生たちは地上に休憩しに戻ってきた。レモン水をふるまいながら、ドラコの年齢でも不自然でない話題を振ってみた。

「チームに監督はいらっしゃらないのですか」

 丸々とした体格の学生が答えてくれた。

「いるけど合宿には来ないよ。寮監が――ああ、分からないか――学校の先生が名前だけ貸してくれてるんだ。指導までしてくれるわけじゃないから、いつも自分たちだけで練習しているんだよ」

 

「他のチームも条件は同じだから、そこに文句を付ける訳にはいかないね」横から別の学生が話に加わった。「だから経験者が指導してくれるこの合宿は、貴重な機会なのさ」

「おまえ、おっさんたちにああだこうだ言われてうざいって、この前」

 言いかけた丸っこい学生は、肩口を殴られて黙った。

 合宿には、チームを引退した卒業直後の若者だけでなく、クィディッチに一家言を持つ二十代、三十代のOBも顔を出す。

 

「本当に、屋敷を貸してくれるマルフォイさんには感謝だよ。他の寮の連中に知られたら、スリザリンだけずるいって絶対に言われるな」

「言われる言われる。スネイプ教授が合宿に顔を出さないのだって、他寮に文句を言わせないための予防線だからな。あの人ああ見えて心配性だから」

「ああ、監督が関わってないから合宿じゃなくてただの自主トレだっていう、例の論法ね。いても役に立たないからいいけどさ」

「それ今度チクったろ。フリント、五点減点!」

「まじかよざけんなおまえ」

 学生たちの会話は果てしなく脱線していった。いいなあ青春。

 

 その後、彼らは合宿を有意義に過ごした。帰る時には、日焼けした顔を意気揚々と輝かせていた。

 

          ◇

 

 夏が過ぎると、再び家庭教師たちを相手にする日々が戻ってきた。

 

 ある日、グラブラ夫人が一人の男性を連れてきた。男性は玄関ホールで夫人と分かれ、父上のいる書斎に案内されていった。

 ロンドンから離れたウィルトシャー州の田舎屋敷でも、意外と来客は多い。この時の男性も、仕事のための口利きか投資を頼みに来たのだろうと思った。

 

 男性が新たに雇われた家庭教師だと分かったのは、その翌週のことだ。

「ドラコ。今日からこちらの先生に飛行術を教われ」

「イースカラス・タービネイト。よろしく」

 

 父上に紹介された彼は、堅苦しい雰囲気を放っていた。年の頃は二十代前半くらい。黒っぽい髪を短く刈り込み、体格の良さも相まって軍人めいている。カーキ色のローブは丈が短く、軍用のレインポンチョに見えた。後ろ手に構えている長物が、小銃ではなく箒なのが不思議なくらいだ。

 

 父上が書斎に引き上げると、タービネイトは庭に続くフランス窓に近づいた。

「早速始めよう。外へ」

 壁際に用意してあった箒を取りに行こうとしたら、「まだいい」と言われた。

 手ぶらでどうしろと。

 困惑したが、口答えするのが怖かったので素直に従った。

 

 庭に下りて、かなり屋敷から離れた所まで連れて行かれた。タービネイト軍曹はようやく立ち止まった。

「この辺りでいいか」

と呟き、自分の箒を振り回す。フォームは完全に野球の素振りである。風切り音が凄い。

 

 ――まさか、ケツバット。

 

 強張った俺の顔を見て、軍曹はにやりと笑った。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。