強キャラ東雲さん   作:佐遊樹
<< 前の話 次の話 >>

12 / 70
EX.姉弟

 織斑一夏の指導役として改めて東雲令が認められ。

 彼が決然と、目指すべき頂の高さを踏まえた上で、それでもと宣言した後。

 

 

 

「――少し、考えさせて欲しい」

 

 

 

 東雲令は無表情のままそんなことを言って、そそくさとどこかへ行ってしまった。

 

「……考えさせてって、何をだ?」

「恐らくは、具体的にどうやってあの領域……自分と同じ高みにお前を至らせるか、だろうな」

 

 彼女の背中を見ながら、箒はそう言った。

 きっとその過程で、自分にもできること、やるべきことがあるだろう。

 道の険しさを知った後だからこそ、箒は身の引き締まる思いだった。

 

「極めて困難な道です。ええ。わたくし……先ほどは驚愕のあまり言葉を失ってしまいましたが、貴方が本気であることだけは理解できます」

「ああ、本気だよ。俺は……やっぱり、誰にも負けたくない」

「ふふ……男の子、ですわね。ですが再三申し上げます、極めて困難であり、また目的を達成できる可能性も低い道です。それでも?」

「――進みたいと、思った。だから俺は進むよ……大体、やること自体は変わらないんだ。俺は俺にできることを、一つ一つ積み上げる。それしかできないからな」

 

 回答は満足のいくものだった。セシリアはフッとクールに笑みを浮かべる。

 改めてゴールを意識し、そこに至るまでの道程を確認して、三人の間でそこはかとなく引き締まった空気が出来上がる。

 

「あらあらまあまあ。さながら、一夏君応援団って感じね」

「やめてくださいよ、そんな。俺だけじゃない……箒も、セシリアも、それぞれにやりたいことがある。そのためにこそ、協力してるんですから」

「ふーん、じゃあチームってことね」

 

 楯無の言葉に、一夏は確かにそうだなと納得感を抱いた。

 チーム。四人で協力し合いながら、目的のために邁進する。

 

「いいですね、チームって響き。俺、好きですよ、そういうの」

「思ってたより体育会系なのかしら、君。気に入ったのなら好きに使いなさいな」

「チーム『アベンジャーズ』とかどうですかね」

「怒られるわよ君」

 

 結構いい名前だと思ったんだけどな、と一夏は頭をかきながらぼやいた。

 

「じゃ、私はここらで退散するわ。余計なちょっかいをかけちゃった、ごめんなさいね」

 

 立ち去り際、彼女はそう告げた。

 

「いえ。おかげで俺は、色んなものが見えてきました。正直言うと、楯無さんには感謝してます」

「……感謝、ね。ふふ」

 

 最後に笑みを見せて――我知らず、何故か一夏は背筋がサッと冷たくなったような気がした――楯無は軽い足取りで去って行く。

 それを見送って、一夏は大きく息を吐いた。

 ドッと疲れたのもまた、事実だった。自分が動いているわけでもないのに、あの一戦を見ていただけで、訓練と同じぐらいの疲労を感じていた。

 

「最後の最後にとんでもない事態になりましたが、これがあの『モトサヤ』というものですか」

「それ間違ってるぞ。これから先絶対に使うんじゃないぞ」

 

 箒は半眼でセシリアを見た。

 

「とにかく、収穫が多かったのは事実だ。だからまあいいんじゃねえかな」

 

 思い返す、彼女の剣戟。

 眼前で振るわれたら、きっとなすすべなく八つ裂きにされるであろう閃き。

 

「……セシリアは、戦ったことがあるんだったな」

 

 考え込み始めた一夏の思考を悟って、箒はそれとなくセシリアに話しかけた。

 

「お前の時は、どうだったんだ」

「そうですわね……二手、あるいは三手でしたわ。基本的にビットは無視されましたわね」

「え? 無視しようと思って無視できるのかあれって」

「はい。無視しようと思ったら無視できるらしいですわよ」

 

 もはやセシリアの声色には呆れさえ含まれていた。

 

「死に物狂いで、彼女が突破できないようなパターンを構築しようと思っておりますが……六戦全てで結局、読み切ったとか底は知れたとか言った直後にわたくしに直進してくるのですから、最悪ですわよ本当に」

「だ、だが、一夏もお前に突撃しようとして、しかし距離をキープされていたではないか」

「あのですね箒さん。IS乗りとして、はっきり言って東雲令と比較されるというのは絶対にされたくないことでしてよ。というか普通は一夏さんのように止まるのです。攻撃が来るのが分かっているように包囲網を一直線ですり抜ける方がおかしいのです! というか直線加速なのに当たらないってどういうことですかアレ!」

 

 段々と――彼女は屈辱的な敗北を思い出してヒートアップしているようだった。

 頬に朱が差し、ああもう! と地団駄を踏んでいる。

 

「なるほどな。東雲は相手の戦いを把握してから、必勝パターンをそこから組み上げるということか」

「ちょ、ちょっと待ってくれ」

 

 思わず一夏は声を上げた。

 さすがに聞き流せない、何か、自分の知っている情報と致命的に食い違う話が出てきている。

 

「俺、理論派のIS乗りは勝ちパターンを持ってるって話を聞いたんだけど……セシリアは分かるぜ、いくつも用意してる感じだ。で、東雲さんはどうなんだよ」

「どう、と言われましても」

 

 セシリアは眉を下げ、困ったような表情になる。

 

「あの人のパターンというのは要するに……『相手の動きを見切って、勝利への最短行動を定めて、実行する』ですわよ」

 

 しばしの沈黙が流れた。重苦しい空気だった。

 箒は冷や汗を垂らし、セシリアは唇をとがらせ、一夏は半眼で天井を睨みつけた。

 

「…………なあセシリア」

「…………分かっています。わたくしも、これをパターンと呼ぶのには著しい抵抗がありますわ」

 

 想起されるは彼女の教え。

 

『感覚派はその場その場で自分に最適な行動パターンを構築し、常に変化を止めない』

『当方は理論派である。ただ勝ちパターンは一種類しかない』

 

 そして彼女の唯一の勝ちパターン(?)。

 並べれば結論は容易に出た。

 

 

「いや感覚派じゃねえか」

 

 

 一夏は愕然とした。

 初めての、師の裏切りであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ぐへへへへへへへ告白された告白された告白された告白されたァ! あの真剣な顔で隣に至りたいとかもうこれは完全に告白頂きましたわ! うわーやっばいな初めてじゃんというか異性とここまで長く定期的に顔合わせてる時点で生まれて初めてなのにトントン拍子で告白まで到達するとか完全に天が味方している、今世界の中心だという実感を強く得てるわドゥフフェフェフェフェ)

 

 東雲令は怪文書製造機と化しながらふらふら歩いていた。

 

(いやだが――まあ待て。はっきり言って経験がなさすぎてどうしたらいいのか分からん。付き合って何するのかとか全然だし。それで退屈な思いをさせても悪い……むむむ、考えどころだな)

 

 表情こそ動いていないが、彼女はうんうんと苦悩している。

 

(しょうがねえ、恋バナしに行くか)

 

 こういう時は、気軽に話せる相手に相談するのが一番である。

 そう結論を出した東雲は、さくっと方向転換して歩き出した。

 

 

 

 

 

「こんばんは織斑先生」

 

 迷うことなく到達したのは職員室であった。

 この女、世界最強のことを恋バナ相手だと認識しているらしい。

 

「ああ、どうかしたのか」

 

 職員室のデスクで何やらウィンドウをいくつか開いていた千冬は、それを素早く消して、席に座ったまま東雲に手招きする。

 他に教員の姿はない。夜のとばりが下りてから時間も経っており、どうやら一人で残業をしているようだ。

 隣に立てば、千冬の全身からどんよりとしたオーラが出ているのが分かった。

 これはかなり疲労している。

 

「お疲れのようですね」

「いや、慣れたものさ。大して疲労を感じてはいない」

「……当方の目がおかしくなったのでなければ、はっきりと目の下にクマがありますが」

「気のせいだ。光の加減だろう」

「それならいいのですが」

「ああ。今となってはデスクワークの方がよくなじむよ。ところでアーマードコアⅧの発売日はいつだったか

「先生疲れていますよね?」

 

 千冬はフロム・ソフトウェアを過剰に信頼していた。

 

「まあいい。雑務も終わった。ちょうど……第三アリーナで二機のISが暴れ回り、気化爆弾にも等しい火力で地面を吹っ飛ばした痕跡を消すよう指示したところだ」

「お手数をおかけいたしました」

 

 ぺこりと東雲は頭を下げる。

 

「こればかりはお前を責めても仕方あるまいよ。それに私が残っていたのは別件……転入生の事務手続きだ」

「なるほど」

「中国の代表候補生だ。お前は……いや、戦ったことはなかったな」

「『甲龍』を受領した子なら、噂だけはかねがね」

「かなりのじゃじゃ馬というか暴れ馬だ。手乗りドラゴンなどと呼ばれていたらしいぞ」

 

 なるほど、と東雲は頷いた。

 クラスは違うがいずれ指導する機会があるかもしれんな、と千冬は補足する。

 

 それから数秒の沈黙。

 

()()()()()()()

「はい」

 

 言葉は少なくとも意見は共通していた。

 ロシア国家代表――更識楯無からの挑戦。

 

 一夏たちが知るよしもない。楯無のもう一つの姿を、千冬は念頭においていた。

 

「以前から忠告はしているが……そのスタイルを崩すつもりはないんだな」

「無論です」

 

 基本装備として十三振りの太刀を用意し、それを使い潰していく一対一特化の戦闘スタイル。

 もちろん東雲の技量があれば、並大抵の相手ならば一刀一殺をこなし1:13という非現実的なキルレシオを叩き出すことは可能である。

 だが。

 

「……実力としては申し分ないと私は思っているが……やはり反発する者は多いか」

「いえ、当方は未だ鍛錬の必要な、未熟な身です」

「はははは、お前それ代表には言うなよ」

 

 東雲令は現在の日本代表に模擬戦で八割の勝率を叩き出している。

 だが高校生という身分もあって、協議の結果、卒業までは代表候補生として扱われることになった。

 

 そう――協議の結果。

 

 国家代表とは、国家の最強戦力である。

 それは即ち、有事の際には軍と協力して戦闘を行う可能性を指している。

 

「根が軍人であればあるほどに、お前の戦闘スタイルは理解しがたいだろう。汎用性がないと思うだろう。だからこそこうして妨害される」

「そうですね。ですが、織斑一夏を引き合いに出してくるとは思いませんでした」

 

 ロシア国家代表として織斑一夏とのパイプを構築しつつ。

 さらにもう一つの裏の顔として、()()()()()()()()()。あわよくば勝利し()()()()()()()()()()()()()()()()()

 

「楯無のやつも板挟みになって苦労しているな」

 

 千冬はぼやいた。

 国家を運営する上では、光の当たらない暗がりが存在する。

 端的に言えば東雲令は、そういった暗がりからすれば邪魔なのだ。

 

 二人の人間が『日本』という国名を口にした時に。

 果たして――()()()()()()()()()()

 

「当方も何か力になれることがあれば、協力したいと思っております」

「なんだ。あいつのこと、気に入ったのか」

「ええ」

 

 それはともかく、と東雲は会話を切り出す。

 

「当方が今回ここに来たのは……織斑一夏のことです」

「ほう」

 

 千冬は机に置いていたコーヒーカップを手に取った。

 東雲はしばし逡巡するかのような沈黙を挟んだ。

 何か、これを千冬相手に言うのに、すさまじい葛藤があるかのような空気。

 

「アレは『当方の隣に至りたい』と語りました」

 

 言葉を聞いて、千冬は目を見開いた。

 

「…………そう、か、そんなことを」

「当方は、悪い気はしませんでした。ですが戸惑いも感じています」

「ああ……そうだろうな。お前相手にそんなことを言う奴はめったにいない」

「なんと、応えるべきか。なにをすれば、いいのか。当方には分からないのです」

 

 そう語る姿は。

 戦場でISを身に纏い絶技を振るう姿とはかけ離れた、迷子の子供のようで。

 

「お前が答えを出すしかあるまいよ」

 

 だが千冬は一刀に斬り捨てた。

 

「時間がかかってもいいんだ。お前自身が答えを出してやることを、一夏も求めているはずだろう」

「……当方が」

「ああ。奴は単純で馬鹿で単細胞だが、いい男だ。待ってくれるさ……そうだろう?」

 

 顎に指を当てて考え込み、東雲ははっきりと頷いた。

 

「分かりました」

 

 少し迷いの晴れたような表情で、東雲は一礼する。

 それから職員室の出口に向かって歩き出して。

 

「一つ、疑問が」

「言ってみろ」

「織斑先生が織斑一夏に稽古を付けることはないのですか」

「あいつには悪いが、私もそう暇じゃない。優先順位というものがあるからな……それにお前ならば……任せてもいい。そう、思ったんだ」

「了解しました。期待には応えてみせます」

 

 それきり会話はなくなった。

 ドアの閉まる音が響いた。

 千冬は職員室に一人になった。

 

「……ふん。暇じゃない、か」

 

 転校生の事務処理。

 終わっていた。

 東雲が来た段階で、既に残っている理由などなかった。

 

 残っていた理由は一つ。

 消していたウィンドウを再度立ち上げる。アリーナの映像。

 他ならぬ、東雲令と更識楯無の戦い。

 

 深紅の閃きが空間を断ち、水のヴェールを斬り捨てる。

 相も変わらずでたらめなことをしているな、と千冬は自分のことを棚に上げて思った。

 

「若造め」

 

 からかうような言葉。本人がいれば――顔には出ないものの――ムッとしていただろう。

 しかしその言葉に込められた意思は、他ならぬ彼女の顔を見れば分かる。

 

「……若造め」

 

 揶揄など一ミリもない。

 表情に一片たりとも感情はない。

 培った感覚をフルに使って、千冬は試合映像を分析している。

 主題はただ一つ。

 

(――私なら、どうした?)

 

 対東雲令。

 直近の模擬戦。

 忘れるはずもない。

 

(あの時、私は――()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()カウンターで勝利した)

 

 めまぐるしい防戦だった。

 超高速の連撃を打ち払い、叩き落とし、かわし、いなし、食らい、耐え、防ぎ、吹き飛ばし、回避し、反撃し、攻め込み、交錯し――勝利した。

 

(この私が、勝利に直進するのではなく、敗北を予期して慌てて攻め込み、なんとか削りきった)

 

 千冬はカップをソーサーにおいた。固い音が静かな職員室に響いた。

 

 

(――冗談じゃない

 

 

 最初、東雲はひよっこだった。

 筋はいいと思った。期待できると思った。成長が楽しみな人材だった。

 

 楽しみ、どころではなかった。今や自分に迫る剣を以て、確実に世界最強の座を狙っている。

 

(すまないな、一夏。あいつの隣に、それほどの強さに至りたいという気持ちはくんでやりたいが、私はお前を鍛えてやることができん)

 

 両眼に宿る、燃えさかる焔。

 それを見れば、きっと誰もが理解する。

 織斑千冬は織斑一夏の姉であり、織斑一夏は織斑千冬の弟なのだと。

 

(暇がない。余裕がない。私は、私のことだけで、手がいっぱいで、高揚してしまっていて――楽しくて楽しくて楽しくて仕方がないんだ)

 

 映像に食い入るように見入る。

 そこに指導者の顔はない。

 今のこの瞬間、彼女は一人の戦士であった。

 

(そう簡単にこの名を譲り渡すと思うなよ、東雲)

 

 獰猛な笑みを浮かべて、千冬は拳を握る。

 

(私はお前に――負けたくないのだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さすが織斑先生、的確なラブラブアドバイスだったわ)

 

 ラブラブアドバイスって何だよ。

 

(そうだよね。即座に結論を出す必要もないもんね。しばらく考えさせてもらお、それで……デートとか重ねて……ちゃんとお互いのことを知っていって……それから、それから……! キャ~~~~~~~~~~!!)

 

 もしも内心がそのまま現実に投影されていたら、東雲は両手に頬を当ててヤンヤンと頭を振っているだろう。

 とんだマヌケな絵面である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして力を求める少年は、力しかない少女と出会い。

 遙かなる高みを目指す、茨の道に一歩踏み入った。

 

 その出会いは偶然か、それとも――

 

 

(もうこれは完全に運命です! フンス! もう幸せバージンロードまっしぐらしか見えない! 東雲令……幸せになります!)

 

 

 ――運命ではなさそうだ。

 

 

 

 

 

 







第一部完ッッッ!!
ストックやばいんで多分少し休み入れます
ゆるして

第二部『Grievous Setback』開始時追加予定タグ
生意気妹鈴 宿敵オータム


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。