とある師弟の成層圏   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

42 / 51
別室に集められたエリート達。
非常事態の内容は知らないが、何があっても
良いように戦意を研ぎ澄ませているのです!

オリ設定!
オリ展開!

ツッコミどころのバーゲンセール!

嫌いな人は読み飛ばし!



第42話

う~む。空気が悪い。ギスギスして

さらにピリピリしてる気がする。

 

これはハウスダストと静電気の夢の共演

か?それともアスベストが肺に侵入して

ピリピリしてるのかね?

 

ん~エアコンは・・・効いてるな。

換気扇も・・・大丈夫。

窓は・・・開けない方が良いよな。

 

うむ。現実逃避はこの辺にしておこう

 

「専用機持ちとはいえ第二世代型。

訓練機と同じなのだからお前はほかの

生徒と同じように自室で待機していた

方が良いのではないか?」

 

この空気の元凶は間違いなくコイツラだ!

 

これはアレだろ?言葉だけ聞けば気遣って

るようだけど「邪魔だからどっか行け」って

言ってるんだろ?

 

て言うかさ、今まで訓練機すらマトモに使え

なかった箒が言うセリフじゃねーよな?

 

さっきはソコソコ動けてたけど、束さんの

説明を聞いた感じだと機体性能のおかげだろ?

 

しかもかなりフォローしてもらってるみたい

じゃねーか。

 

それで一人前の顔されてもなぁ。

俺だって面白くはないぞ。

 

「まぁ、一理ありますわね」

 

いや、有るか?そもそも非常事態の内容が

わからないんだから、自分の機体性能を

理解してて使いこなしてるシャルの方が

事故もないだろうし汎用性は高いと思うん

だけどなぁ。

 

「いや、未熟な君が第四世代型っていう

高性能な貴重品を使っても絶対事故るよ。

簡単に修理とかメンテ出来ないんだから

今は大事に飾ってた方が良いと思うよ?」

 

まぁ確かに。修理のことを考えたらなぁ。

常に束さんが居るワケじゃないし。

 

「私が未熟だと?!」

 

いや、未熟だろ?15か16でISの

操作を極めてるヤツなんかいないんだから。

 

極めてないなら総じて未熟だよな。

 

つーか自分からケンカ売っておきながら

言い返されたら怒るって・・・子供かよ。

 

「まぁ、一理ありますわね」

 

うん。コレは確かに一理あるんだよ。

 

いくら展開装甲って言うのが万能型でも

使い手が未熟な箒だから、近接戦闘

だけだろ?束さんも剣と剣からビーム

出るヤツしか用意してないし。

 

箒も射撃については壊滅的だったもんな。

 

学習型AIがオートで狙いをつけてくれる

かもしれないけど、ソレだけに頼るのは

やっぱり未熟だよなぁ。

 

「さっきから『一理ある』しか言ってないが、

貴様とて間合いを詰められたら何も出来ない

タダの的だろうが」

 

ん~確かにソレはあるけど、フェアじゃ

無いよなぁ。箒は俺がそうやって戦ってた

のを見てるから言えるんだし?

 

いや、情報戦も立派な戦いだから卑怯とか

言うつもりは無いんだけど、せめて自分で

ヤってから言うべきじゃないか?

 

まぁ第四世代型の性能が有れば間合いを

詰めるのも簡単だろうし、一方的に情報を

持ってるから、最初のウチはみんなに勝てる

と思うけどさ。

 

肝心の箒に基礎も何も無いから対策取られ

たら終わりそうだぞ。

 

機体の性能の差が戦力の決定的違いじゃ

無いって言う言葉もあるし。

 

「だね。誰かの影に隠れて遠距離から

射撃するのが英国紳士のやり口だろ。

自分一人じゃ何も出来ないんだから

偉そうにしないで欲しいんだけど」

 

そうなのか?まぁ二枚舌外交と、

ブラックジョークがジョンブル魂?

の証って言うのは聞いたけど。

 

バカみたい熱い紅茶で舌が火傷しても

良いように、英国紳士には舌が二枚ある

って言うのは面白いと思ったもんだ。

 

「ふっ。新型の専用機を貰ってはしゃい

でるだけの未熟者と型落ちの第二世代型

が何を言うかと思えば・・・

物事には何をするにも連携が必要なのです。

未熟な第四世代型で一夏さんと満足な

連携が取れますか?

型落ちの第二世代型で全力の一夏さんに

ついていけますか?」

 

なるほどなー。連携って言う意味なら

近接戦闘特化の俺と遠距離特化の

セシリアは相性が良いのかも・・・

 

それに同じ第三世代型だから速度的

にも合うだろうし。

 

まぁリンと組んだ方が絶対に楽できるけど、

俺が楽をするってことはリンに苦労を

掛けてるってことだからなぁ。

 

鍛えなきゃ(小並感)

 

「私なら出来る!」

 

いや無理だから。箒の専用機のスペックが

イマイチわからんし。

近接戦同士ならよっぽど鍛えてないと

確実にお互いの間合いを潰すことになる

んだそ?

 

いやはや、あの乱入事件のときの俺は

本当にリンの邪魔をしてたんだって

実感したよ。

 

ソレを謝っただけで許してくれて、今も俺を

鍛えてくれるリンには感謝しかないな。

 

「状況によるかな?少なくとも僕には

タッグトーナメントで優勝した実績があるし」

 

シャルは不敵に笑ってるけど、セシリアが

言うようにそもそもの機体の速度がまるで

違うからなぁ。

 

確かにシャルは器用だけど、今の俺の

近接戦闘にアノ機体で併せるのは難しいと

思うんだが・・・

 

それに実績ってあの弱い者イジメか?

アレを実績って言われてもなぁ。

 

「「ぐぬぬっ!」」

 

なんか悔しがってるし。

 

セシリアから振っておきながら自爆って

箒と同レベルかよ。

・・・初対面の時もこんな感じだったけど、

やっぱり人間根っこは変わらないモンだな。

 

まぁ少なくとも俺はシャルの立場を安定

させる為の種馬でもなければ、セシリア

の失点をカバーするための種馬でも無いぞ。

 

箒は友達を取られたくないのか何なのか

知らないけど、正直友達だと思ってくれる

なら空気の悪化と事故への巻き添えは

勘弁して欲しいんだけどなぁ。

 

「お待たせ~って。ん?一夏?なんか背中が

煤けてるけど体調でも悪いの(ΦωΦ)?」

 

「「「ちっ!」」」

 

リン!やっと来た!これで勝つる!!

 

「いや、体調は悪くないんだが

場の空気がなぁ」

 

お、コレは上手いこと言ったんじゃないか?

 

「ふぅん。まぁ何となくわかったけど、

ほっとけば?とりあえずお茶でも飲んで

ゆっくりしてましょ。

どーせ呼ばれるまで待機してないといけ

ないんだし、まさか勝手に出て行くわけ

にも行かないからねぇ」

 

だよな。邪魔だとか他の部屋に行け

とか言ってるけど、そもそも俺らは

千冬姉からココに集まって待機してる

ように言われてるんだからさ。

 

勝手な判断はダメだよなぁ。

 

でもリン一人っておかしくないか?

 

「ちなみにラウラとサラシキさんは

一緒じゃないのか?さっきまで一緒に

兵装の試験してたよな?」

 

ラウラもサラシキさんも自分の

機体は展開して無かったけどさ。

 

そもそもラウラはコアをドイツに返したけど

新しく専用機もらったんだろ?

それにサラシキさんは専用機を持ってるって

前の乱入事件のとき千冬姉が言ってたよな?

 

兵装の試験とかしなくて良かったのか?

 

それに専用機持ちならコッチじゃないのか?

 

「あぁ、あの二人は司馬様の護衛

だからね。コッチには来ないんだって」

 

・・・なるほどなー。

 

司馬さんクラスになれば護衛は必要

だろうし、ラウラも冬林技研に所属

したんだもんな。

サラシキさんは元々護衛みたいだし。

 

さらに司馬さんは専用機を持ってない

から向こうに行くし、司馬さんが向こうに

いくなら護衛のラウラとサラシキさんも

向こうだよな。

 

でもってリンは中国の国家代表候補生として

コッチに来たわけか。うん納得した。

 

「はぁ?何を勝手な事を言っているっ!」

 

箒?さっきお前は何を言ってた?

少なくともリンが言ってることには

筋が通ってるし、IS学園も認めるだろ?

 

「そうですわ!専用機持ちはコチラに

集合するように命令が出たのですから、

コチラに来てアイサツするのが筋と

言うものではなくて?!」

 

セシリア?アイサツって言われてもな。

 

普通なら散々お世話になった俺がアイサツに

行かないとダメなんだけど、下手に司馬さんに

接触したらキサラギさんに連れていかれる

ことになるんだよなぁ・・・。

 

リンからも「司馬様へのアイサツは

必要ないって言うか止めた方が良い」って

言われてるし。

 

まさか司馬さんをこの場に呼ぶわけには

いかないし、司馬さんの護衛を無理やり

引き離すなんて有り得ないんだけど。

 

もしかしてセシリアはイギリス人だから

司馬さんがどんだけ偉い人か正しく理解

出来て無いのか?

 

それにそもそも司馬さんはIS学園には

監査員として来たんだぞ。

 

その監査対象であるIS学園の教師の命令に

従うわけ無いってわかりそうなもんだけどなー。

 

もしかしたらその事すら知らないとか?

いや、有り得ないよな。もしそうなら、

どんだけイギリスから干されてるんだって

話になるし。

 

「そうだよ。緊急事態だって言われて

るんだから、連携を乱すような真似を

されたら困るんだけど?」

 

シャル。さっきまで喧嘩してたお前らが

言う台詞じゃねーぞ。

 

それにむしろ俺たちが居た方があの人たち

の連携を乱すことになるんじゃないか?

 

何せラウラもサラシキさんも司馬さんも、

負けず嫌いのリンが自分より上って素直に

認めてる程の実力者だ。

 

本当にヤバくなったら動くだろうし、

その時に足手まといは居ない方が良い

と思うんだが・・・

 

まぁコイツらはリンの強さすら知らないし。

 

て言うか、あんだけ世話になった人達に

言うことじゃないよな?

 

リンに相談して、司馬さんが即座に動いて

くれたからフランスを追い込めたし、

向こうからの反撃も無いんだろ?

 

俺が一人でフランスやデュノア社を訴えて

も、普通に意見を封殺されてシャルを回収

されて何も無かったことにされてたと思うぞ。

 

つまりこうして普通に学生でいれるのも

司馬さん達のおかげだろ?

 

少なくともリンを睨み付けるのは違う

だろう。

 

リンは・・・良かった。気にしてない。

 

とりあえずコイツらの言うことは筋とか

そーゆーのは全く関係ないみたいだから、

話し半分に聞いた方が良さそうだ。

 

何かあったらまずはリンか千冬姉に相談だな。

 

「文句が有るなら自分で言えば?

今から殴り込みをすれば直接殺して

貰えるかもしれないわよ?」

 

ある意味慈悲だよなー。捕まって生きたまま

奇跡の部屋に送られるよりはマシかも。

 

「ほう?大きな口を叩くが、この私をそう

簡単に殺せるとでも思っているのか?」

 

いや、箒って専用機を持ってから少ししか

経ってないけど、随分偉そうな事を言うよう

になったよなぁ。

 

元々上から目線で口調は厳しかったけど、

これは自信を得たと言うよりは増長してる

んだろ?

 

専用機が有るから代表候補生と同格って

考えてるかも知れないけど・・・リンは

専用機頼りの半端者とは違うし、何より

代表候補生は基礎をしっかり修めてるから

こそ強いんだ。

 

基礎も何も無い箒じゃ、生身でもISでも

リンには勝てないだろうな。

 

それに箒の場合は実力とか第四世代機云々

よりも、束さんの存在が有るからちょっかい

をかけられないってだけだろ?

 

だけど司馬さんは冬林技研の人だぞ?

 

「出来るに決まってるじゃない。「この私」

とか何を偉そうに。

普段は姉は関係ない!とか言ってる癖に、

今回お姉さんに泣きついて造って貰った

新型はそんなに使い心地良かったの?

見た感じ明らかにあんたの未熟さが機体の

足を引っ張ってるけど・・・

まぁあんな欠陥機どーでも良いわ。

とりあえず司馬様にあんたのお姉さんの

威光が通じると思ったら大間違いよ?」

 

「な、な、なっ!」

 

だよな。束さんの技術を特許申請して、

束さん本人にISに使われてる技術の特許

使用料を払わせるくらいだしなぁ。

 

本人に容赦しないんだから、妹にだって

容赦はしないだろう。

 

て言うか箒から束さんに新型をくれって

頼んだのか?

 

その結果が第四世代機かよ。

 

なんてゆーか、そりゃ周りの連中もズルい

って言うよなぁ。

あの人は純粋に箒が好きだから箒から

頼まれたら喜んで専用機を造るだろうし、

コネも立派な力ではあるけど・・・

せめて自分の身に合った機体なら文句も

少なかったろうに。

 

けど欠陥機?アレに何か欠陥があるのか?

 

・・・そう言えば束さんが第四世代機の説明

をしてるときも、リン達は特に箒や束さんに

注意を向けて無かったよな?

 

欠陥を見抜いて興味を無くしたのか?

いや、それでも第四世代型は存在だけ

でもかなりの意味を持つんじゃないのか?

 

ん~わからん。

 

箒はまさしく返す言葉も無いって状態だから、

とりあえず箒から売った喧嘩はリンが上手く

捌いて終わりみたいだな。

 

他の二人もこんな風にスパッと終わって

くれればなぁ。

 

「なるほど、未熟者が分不相応に篠ノ之束

博士に専用機を下さいと泣きついた結果が

アレですか。確かに誰かさんが普段から

言ってる事とまるで違いますわね?」

 

イギリス人もビックリするくらいの

二枚舌ってか。やるな箒。

 

て言うかセシリアは箒の味方じゃないのか?

てっきり次はセシリアが論破されるもんだと

思ってたんだが・・・

 

「あ~僕もデュノア社の関係者だからって

散々言われてきたけど、流石にコネクション

じゃ篠ノ之さんには敵わないな~」

 

おぉう。シャルも便乗してきた。いやはや

さっきまで一致団結してリンを攻め立てて

たのに、コイツらいきなり裏切ったぞ。

 

まさしく死体蹴り。コレが女ってヤツか

・・・恐ろしいもんだなぁ。

 

「はぁ。なんて言うか・・・醜いわねぇ」

 

けどリンは何か違うよな?

なんつーか、ドロドロしてないって言うか。

 

「まぁ、否定はしない」

 

とりあえず曖昧に肯定しとくか。リンなら気付く

だろうし。それに下手になんか言ったら、

また纏まってコッチに噛みついて来そうだし。

 

「ん~まぁコレも勉強か(;・ω・)」

 

む?勉強?

 

「あのね一夏。良い機会だから教えておくけど

・・・あいつらはね?自分に芯が無いから

口喧嘩もまともに出来ないのよ。

ちゃんとした目的があるわけじゃなく、感情を

優先して周りの評価を落とそうとしてるだけ。

そんなんだから、目の前に餌を差し出されたら

罠も疑わずに食い付くのよ」

 

・・・なるほどなー。箒は話題を逸らして

仲間割れさせる為の餌なのか。

確かに二人は第四世代型を貰った箒に嫉妬

してるところも有るからなぁ。

 

ふむふむ。言われて見れば確かに芯が無い。

 

箒は束さんが嫌いとか言ってた癖に専用機を

ねだるし、セシリアはイギリスでの自分の

立場がヤバイから、相手のミスに便乗して

少しでもマウントを取ろうと必死だし。

 

シャルに至っては完全な根なし草だもんな。

 

自分の評価を上げるのは実績が必要だけど、

実績なんてそう簡単に作れないから周りの

評価を落とそうとしてるわけか。

 

対してリンは中国の国家代表候補生で

しっかり実績も上げてて、さらに冬林技研

所属で給料とかも貰ってる。

 

箒達が学生だとすればリンは社会人みたい

なもんだよな。だから言動に余裕が有る。

 

箒達に何を言われても子供の戯言って

割りきってるのか・・・

 

それで言ったらセシリアは色んな会社を

経営してるって話だけど、あんな感情的

で良いのか?

 

普通はそう言うのは隠すもんだろ?

それ以前に俺ならあんな上司はゴメンだけど。

 

「まぁ、とりあえず一夏はアイツらの

アレを良く見ておきなさい」

 

えぇー。アレって、アレを?

 

「・・・正直関わりたく無いんだけど」

 

醜いって言うか酷いって言うか・・・

 

「関わりたくないのはわかるけどね。

口上戦とか舌戦って言う言葉も有るように、

アレだって一つの戦いよ?

何せこれからの一夏には沢山のイチャモン

だとか意地の悪い質問が向けられるわ。

ソレに対してイチイチ感情的になっちゃ

ダメなの、あんな風になりたい?」

 

「・・・なるほど」

 

コッチが避けて通ろうとしても、向こうから

俺を挑発してきて、自分達に有利なコメント

を引き出したりするってことか?

 

「まず何をするにしても、目的をキチンと

持つことね。例えば私を挑発したいなら、

最後まで私を狙うこと。

次に誰が敵で誰が味方かの把握も大事よね。

それに、頼りにならない味方は味方としてカウ

ントしちゃ駄目よ。あぁなるから(ФωФ)σ」

 

す、凄くわかりやすいな!

 

人の振り見て我が振り直せってのは

こういうことか。

 

「だまれだまれだまれっ!こんなのは

きっかけに過ぎん!」

 

こんなのって。束さんも浮かばれないなぁ。

 

「ご自分で頼んだ癖に良く言いますわね」

 

「ほんと便利な言葉だよねぇ」

 

全くだ。まぁ箒が自分から束さんに

連絡を取って何かを頼んだって言うのは、

確かに前進したとも言えるかも知れないけど。

 

それにしたってあんまりにもあんまりな

戦いだよなぁ。

 

うん。俺も下手に千冬姉や束さんに何かを

頼むのは止めておこう。

 

・・・練習メニューは大丈夫だよな?

 

―――――――――――――――――――――――

 

「無理ですね」

 

出来るわけ無いだろう。

 

『・・・やりもしないで決めつけるのかね?』

 

いや、馬鹿か?

 

「やって失敗した場合のリカバリーが効きま

せんからね。何度でも試せることだったり

生徒の成長に繋がることなら、当たって

砕けると言う経験を積ませるのも良いかも

知れません。

ですがこの場合の『砕ける』は死亡ですよ?

教師としては到底認められませんよ」

 

普通に考えたらわかるだろうが。

 

『・・・日本がどうなっても良いと?』

 

話をすり替えるな。

 

「では担当員殿は日本の為なら学園の生徒が

どうなっても良いと?」

 

『・・・いや、そうは言ってない』

 

心の中でどう思ってるかは知らんが、この場で

どうなっても良いとは言えんだろう?なんと

言っても貴様らが使おうとしている生徒たち

の中には国家代表候補生も居るんだからな。

 

日本の国防の為に命を懸ける必要が無いし、

命を懸けろと命令する権限も学園にはない。

 

出来るのはあくまで協力要請だ。

まぁ正式な採決によるモノなら別だが・・・

 

「大体いつからIS学園の生徒が日本の国防

を担うことになったんですか?日本には

日本のIS部隊が居るでしょう?

それにIS学園は完全中立。どこの国の内部

事情にも関わることは有りません」

 

ハワイ沖から日本まで6400キロ。

最高速度がマッハ2の時速2450キロで

巡航速度は早くても時速2000キロには

ならんだろう?。

 

『・・・』

 

ならば三時間近い猶予があるんだぞ。

 

情報が秘匿されていて暴走が一時間前の

ことと言っても、今現在で残り二時間有る。

 

日本とて無能では無いから、ハワイ沖での

第七艦隊が起こした事故についての情報は

掴んでいるはずだし、その事故現場から

ナニかがマッハ1から2の速度で向かって

来ていることだって知って居るはず。

 

ソレだけの情報と時間が有ってスクランブル

発進も出来んならただの無能だろうが。

 

「そもそもがアメリカとイスラエルが

アラスカ条約に違反した軍事用の機体を造り、

実験していたのが元凶です。

ソレが暴走したからと言って学生が命懸けで

ソレを止める理由にはなりません」

 

一番近くに居る我々が対処すれば良い?

寝惚けるな。

一番近くに居るのは米軍だろうが。

 

屋外でのISの起動試験の場に他のISが居ない

など有り得んだろう。

そいつらが負けたと言うなら半人前以下の

学生に勝ち目など無い。

 

しかも何故我々教師ではなく学生限定

で当たらねばならんのだ。

 

第三世代型の専用機が有る?一夏と

オルコットは2対1で山田君に軽く

あしらわれるレベルだぞ?

 

どうせ第三世代型同士の全力戦闘のデータ

取りか、他国の第三世代型を潰し合わせたい

などと考えた連中が居るんだろうがな。

 

『しかしコレはIS委員会の決定だぞ!』

 

見え透いた嘘をつくなよ。

 

「IS委員会がアメリカとイスラエルのアラスカ

条約違反を咎めたと言う情報は有りません。

司馬監査員に確認をとりますので今作戦に

対しての採決の流れを教えて貰えますか?」

 

どーせ正式な採決なんか取ってないんだろ?

あやふやに暈して伝えて、IS学園にやらせる

と言った内諾を取っただけだろうが。

 

『・・・ソレが君の意見かね?この緊急

事態を前にしてそんな形式に拘っている場合

では無いっ!そんなこともわからんのか!』

 

はっ馬脚を表したな。

 

「私の個人的な意見と言うよりは、常識の

問題でしょうか。

緊急時だからこそ我々は規律を守り、正しく

戦力を運用しなくてはなりません。

そもそも正式な命令系統を通さない命令を

受け付ける訳にはいきませんね。

更にその命令が生徒の命を危険に晒すと

なれば尚更です」

 

感情的にさせてこちらのミスを煽る

気かも知れんがな。誰が乗るかよ。

 

IS学園の戦力を使うためにはIS委員会での

正式な採択が必要。

さらに命令を出す場合はIS委員会から

IS学園に対してその決議を伝え、IS学園から

我々に命令が出るんだ。

 

一人の担当員が緊急時だからと騒いだ程度で

誤魔化せると思うな?

 

『・・・そうか。後悔するなよ?』

 

後悔、後悔ねぇ。

 

「こちらは音声データも映像データも

録っているので、いつでも公開出来ますが?」

 

どんな歪曲をする気か知らんが・・・

少なくともここに司馬監査員が居る以上、

一方的にやり込められると言うことはない。

 

中国にしても、司馬監査員を無駄に危険に

晒したアメリカやイスラエルに譲歩を迫れる

だろうし、自分の在学中にIS学園に干渉しよう

とする無能な担当員の排除は司馬監査員とて

望むところのはず。

 

政治を絡ませればいつでもヤれると思ったら

大間違いだぞ。

 

虎の威を借るようで微妙ではあるが、

政治って言うのは基本的にそーゆーモノ

だからな。割りきらねばならんだろうよ。

 

『なっ!』

 

なんだ?私が貴様らの言いなりにならな

かっただけでなく、こういった予防線を

張ったことがそんなに意外か?

 

「お話は終わったようですね?では私はコレ

から司馬監査員と今後についての

打ち合わせが有りますので・・・これにて

失礼します。山田君後は頼む」

 

「は、はいっ!」

 

さて、突っ込まれる前に行くとするか。

 

『ま、待てっ!』

 

聞く耳持たん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く下らん茶番だ。どうせアレも誰かの

手先なのだろう?

 

日本の紐付きである理事長や更識がどう動くか

知らんが、私がいつまでも貴様らの思い通りに

動く人形だと思うなよ。

 




研ぎ澄ました戦意を敵()に向けるエリート達!

字面では間違ってないんですけどねぇ。

原作でも専用機持ち達を別室に集めて
時間をやったら、絶対こんな感じになると
思います。

まさか弟魂がツッコミに回ることになる
なんてっ!

そもそも誰が弟魂に命令を出したんで
しょうね?
まさか有能な轡木十蔵がこんなアホな
命令を受けるはず無いし。

個人が決定出来ることじゃない筈だし、
IS委員会の決定ならアメリカとイスラエルに
何か罰則が有るはずですよね?
銀の福音のコア凍結で済む話か?
ソレこそISコアの所有権剥奪案件じゃ
無いんですか?ってお話

デデーン!

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。