私が歌う理由   作:リュグナー

1 / 1
私が歌う理由

まんまるお山に彩りを!丸山彩です♪

私には好きな人がいます。アイドルだからダメなのはわかってるんだけど……。少しもどかしく感じるなー。

でも、彼は突然倒れてしまいました。急いで病院に駆けつけた私に彼はこう告げました。

 

「がんなんだって。心臓がん。……助かる見込みはあるから心配しないで」

 

助かる見込みはある、私はその言葉を信じました。彼は普段から嘘をつかないことを知っていたから……。

私は次の日から毎日のように通い詰めた。流石に一日中お仕事の日は無理だったけど……。いつ行っても彼は元気そうでした。

 

「今日はイヴちゃんがね………」

「そっか、大変そうだな」

 

そう言って微笑みながら私の頭を優しく撫でる。私もつい笑顔になっちゃう。

 

(いつまでも続けばいいのに……)

 

でも私は気付いていた。彼が少しずつ痩せていることを。

日に日に彼は痩せこけていった。でも私の前では笑顔が絶えない。

彼は助かる、そんな微かな希望……願望を持っていた。

ある日彼とこう話した。

 

「明日、手術なんだ。成功するば退院できるんだって」

「明日、なんだね。……私はライブがあって」

「知ってる。応援してるよ、いつまでも。彩が頑張ってる限り」

「うん!私、頑張るね!……退院したらライブ見に来てね」

「……。ああ、必ず行く」

 

その日のライブはいつも以上に気合いを入れた。MCもちゃんとできて、歌も上手く歌えたと思う。歌っている途中に手術中のはずの彼がいたような気がした。いるはずがないのに、確か聞こえた。「応援してる」という彼の声が……。

 

ライブは大成功で終わった。千聖ちゃんや日菜ちゃんには「本当に彩ちゃん?」と言われたし、麻耶ちゃんは「彩さん、どうしたんですか?」と言われ、イヴちゃんはいつも通り「彩さん、すごくブシドーでした!」……ちょっとショックだった。イヴちゃんはいつも通りわかんないし…….。

はやく、病院に行かなきゃ。そして彼に今日のことを話したい。

 

病院に着いた私を待っていたのはいつもの彼じゃなかった。血の気のない顔、体は痩せこけて角ばってみえる。女の子の私より細い手足。

ずっと……気付かないフリをしてた部分が私に主張してくる。

ピーという電子音。0という数字。微動だにしない直線。

彼はもう死んでいた。私は受け入れたくなかった。ツー、と頬を涙が伝う。そして止まらなくなった。声を上げて泣いた。

 

 

 

微笑んでくれていた彼はもういない。

 

 

 

頭を優しく撫でてくれていた彼はもういない。

 

 

 

私が好きだった彼はもういない。

 

 

「泣くなって」

そう聞こえた。彼の声が聞こえる。

「ライブ見に行ったよ。退院したら行くって約束だったもんな」

あれは私の気のせいじゃなかった……?

「応援してる、彩が頑張ってる限り。いつまでも」

本当に?

「ああ、だから泣くな。前を向け。いつでもライブ見に行ってやる」

約束だよ?私、頑張るから。絶対来てね!

「おう、約束だ」

うん!約束。

 

 

 

彼は死んだ。でも私の中で生きてる。

 

 

 

 

 

「みんな!来てくれてありがとう!まんまるお山に彩りを!ふわふわピンク担当、丸山彩です♪」

 

 

だから私は歌い続ける。

 

 

彼との約束のために。

 

 

だから私は頑張り続ける。

 

 

彼との約束のために。

 

 

 

だから。

 

 

 

だから。

 

 

 

私は歌い続ける。

 

 

 

彼に私の歌が届きますように。

 

 

 

 

「ちゃんと届いてるよ」

 

 

 

 

今日も彼は来てくれた。

 

 

 

 

私は……あなたの為に歌い続けます。

 

 

 

ずっと、ずっと………君のことが好きだったよ。

 



▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。