天の道を往き、総てを司る撃槍   作:通りすがりの錬金術師

1 / 25
天ノ初道:ルナアタック
天の道を往き、総てを司る撃槍


 転生:生まれ変わること。輪廻。

 

 

 私は最初から気づいていた。あ、転生してる、と。なぜそう思ったか?所謂前世の記憶とやらがあるから。

 前世の名前や職業、交友関係などは思い出せないけど、これだけは覚えている。

 

『仮面ライダーカブト』主人公、天道総司。私は彼が大好きだった。天道語録が好きだ。彼に憧れた。絶滅危惧種の俺様系主人公。圧倒的な強さ。様々な要因が重なることでドストライクだった。

 そして転生したに辺り、両親の見ている新聞を覗き見することやテレビを一緒に見ること等で情報を集めた結果、この生まれ変わった世界にはカブトどころか、仮面ライダーが存在しないことがわかった。

 あの人が存在しない。その事実に絶望しかけたが、ここで私は思った。ならば私が彼のようになればいいと。

 

 まずは料理(特に麻婆豆腐)を極めて、武術も習おうか。……その前に女児向けアニメを見せてきたり、やたらとヒラヒラした服を着せてくる両親(と祖母)をなんとかするのが先か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それでは次の人、お願いするわね」

 

 

 私があの子を知ったのは幼稚園の時。だけど、その時はほとんど話さなかった。どんな子か知れたのは小学校の入学式の日。自己紹介の時間で、みんなその場で立って名前と好きなものとかを言っていたけど、あの子は違った。教卓まで歩いていったのだ。

 

 

「えっと……自分の席で」

 

 

 席に戻らせようとする先生の言葉を無視して、右手を天に突きだす。

 

 

「私は、天の道を往き、総てを司る女。立花 響だ」

 

 

 そうとだけあの子は言い放った。最初は変わった子だなって思っていた。なんか一人でいるのが普通っていう感じがしていた。実際にしばらくはあの子はずっと一人だった。それが変わったのはあの日……。

 

 

 

 

「返して!返してよ!」

 

「やーなこった!」

 

 

 二・三年が経ったある日、私の大切な物を男子にとられた。涙も零れかけてとても困っていた時。

 

 

「やめろ」

 

「あ゛?なんだよ、お前」

 

「やめろと言っている」

 

 

 クラス替えで違うクラスになったはずのあの子が現れて、男子から取り返してくれた。男子は怒ったのか拳を握って暴力に走ろうとしたけど、あの子はそれを簡単にいなした。

 

 

「あの人が言っていた……男がやってはいけない事が二つある。女の子を泣かせる事と食べ物を粗末にする事だ」

 

「てめぇ、何を言って……」

 

「あなたたち!何してるの!」

 

 

 そこに騒ぎを聞き付けた先生が来て、見ていたクラスの子の報告を聞いて男子たちを連れていった。

 

 

「えっと、ありがとう……」

 

「気にするな。当然の事だ」

 

 

 女の子なのに女の子らしくない喋り方をするあの子と仲良くなりたいっと思ったのはこの時なんだろう。自分の教室に戻ろうとするあの子を呼び止める。

 

 

「私は小日向 未来。えっと……」

 

「私は、天の道を往き、総てを司る女、立花 響」

 

 

 入学式の日のように、そしてさっきのように右手を天に突きだしながらあの子……響はそう言った。

 

 

「響。私と、友達になろう?」

 

「……好きにしろ」

 

「じゃあ好きにする。私と響は今日から友達ね」

 

 

 そこから始まった私と響の日常。驚いたのは響が町のおじいちゃん、おばあちゃんたちととても仲が良かったこと。困っていたら助けてるし、休みの日には一緒に掃除してたり、将棋や囲碁をしていた。さらにおじいちゃん、おばあちゃん以外にも困ってる人がいたら助けて周っていたからか、それを見た人や助けられた子にだんだんと好かれていき、中学生になる頃には響の事を『御姉様』と呼ぶ女の子が続出。その中に上級生も入っていたのはちょっと予想外だったけど。

 

 それでも相変わらず響の友達は少ない……というか、周りは尊敬の視線を向けるだけなので私しか友達いないんじゃないだろうか。響がそういうのを全く気にしてないってのもあるんだろうけど。

 

 

「ねぇ、響。ここって?」

 

「この公式を使えばいい」

 

「あ、そっか。ありがと」

 

 

 響は完璧超人と言うべき能力も持っている。学校の勉強は完璧だし、色々と武術を使えるし、料理もプロ並み(響は自分でプロ以上と言ってる)だし、3つ下の妹の世話もやってるし、出来ない事ってないんじゃないってくらい凄い。いや、まあ実際には欠点もあるけど響の名誉の為にここでは言わないでおく。

 

 

 

 

 

 そんな中、一つの大きな事件が起きた。それは大人気ユニット・ツヴァイウイングのライブ中での事だった。

 

 全くと言っていいほど響は年頃の女子が夢中になるような事に興味がない。アイドルや化粧品とかに関してもニュースとかで軽く触れられた程度の事しか知らない。だから少しは話題の種になるように、そして私以外の友達が出来るようにと、このライブに半ば無理矢理連れてきた。私はもちろん、予想以上に響もライブを楽しんでいた。

 だけど、ライブも盛り上がってきた所でノイズが現れた。ノイズというのは、数年前に国連で認定された特異災害。人に触れると炭化させる上、通常は別次元に体を置いてるとかでこちらからは干渉できない性質を持っている。だから必死に逃げた。

 結果的に私たちは生き延びる事が出来た。でも、逃げる最中に起きたある事が原因で響が大怪我を負ってしまった。それに、ライブ事故の生き残りに対する風当たりが強くなっているとニュースで言っていた。何故ならライブ事故での死因の大半がノイズではなく、人為的なものだったから。生き残りは殺人犯だ、とか言われてる始末。

 

 私と響の家にも変な手紙が来たり、物が投げ入れられたりした。だけど、それも割りとすぐに収まった。『響御姉様親衛隊』なる、響に惹かれた女の子の集団が響を迫害しようとする人たちに抵抗を始めたからだ。その親衛隊の内、何人かは『ひびみくこそ至高!守るわよ!』『キマシタワー!』とか言ってて若干引いたけど。でも、響のお父さんは耐えられなかったのか、親衛隊が活動を起こす前に響たちを置いて何処かへ行ってしまった。まあ、響はと言うと、本来何日もかけてやるリハビリをたった1日で終わらせて、周りの迫害すら全く気にしてないようだった。流石にお父さんがいなくなった時は動揺していたけど。

 

 

 

 

 ライブ事故から二年。私たちは高校生になった。学校の名前はリディアン音楽院。あのツヴァイウイングの出身校であり、今もその一人である翼さんが通っている学校だ。高校生活を楽しみにしてる私だけど、まさか予想も出来ない事に巻き込まれるなんて思いもしなかった。

 例えば、そう。

 

 

「変身」

 

『HENSIN』

 

 

 ノイズに襲われてる所に現れた響が、赤いカブトムシを掴んでオレンジと銀の鎧姿に変身するなんて事とか。

 

 

 

 

 

――――――――――――――――――――――

以下、予告?

 

 

「あの人が言っていた。私が望みさえすれば、運命は絶えず私に味方すると」

 

 

 

「ただいま、ひより」

 

「お姉ちゃん、おかえり!」

 

 

 

 

「未熟な果物は酸っぱい。未熟者ほど喧嘩をする」

 

「お前、アタシに喧嘩売ってんのか?」

 

「防人として、剣として鍛えたこの身が未熟だと?ふざけるな!」

 

「お、おい!落ち着け、翼!そっちのも!」

 

「「戦場で何を馬鹿な事を!」」

 

 

 

 

「キャストオフ」

 

『cast off』

 

『change beetle』

 

「お前は……あの時の!?」

 

「ガングニールだとぉ!?」

 

 

 

 

『1・2・3』

 

「ライダー……キック」

 

『Rider Kick』

 

 

 

(※嘘予告)

 

「もうこれ以上響に戦わせない。どうしてもと言うなら、私を倒してからにして!」

 

「未来……」

 

「変身!」

 

『change stag beetle』

 

 

(※嘘予告その2)

 

「……ねぇ、今誰か、私たちを笑った?」

 

「そこのお前、笑ったデスよね。……やるデスよ、調」

 

「……うん、切ちゃん。変身」

 

「変身」

 

 




続かない可能性大。

補足:
奏さんは生きてます。
カブト(マスクドフォーム)の赤の部分がオレンジ(ビッキー'sガングニールカラー)に変更。
タグの通り立花家に次女います。
最後の方の予告は嘘。ただのノリと勢いで書いた、あり得ない未来。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。