黒死牟殿の弟子   作:かいな

2 / 19
第二話

「黒死牟先生! 黒死牟先生のお住まいはどちらでしょうか!? お供いたします!」

 

「…ついて…くる…つもりか…?」

 

「勿論! 地獄のそこまでお供いたします!」

 

「……」

 

 夜の帳も下りた頃。月明かりが差す夜道を騒がしい二人が歩いていた。

 一人は一見只人のように見えるが、その顔には六つの目が引っ付いていた。異形の存在、黒死牟である。

 もう一人は、特にこれといった特徴のない少年……のように見える人物である。性別は定かではない。

 腕から夥しい量の血を流していると言うのに、これを気にする事なく騒がしくしゃべり続けている。

 

「……」

 

 黒死牟は今も考え続けている。自身の存在に何ら驚く事も慄くこともせず、ただただしゃべり続けながら付いてくる少年のことを。

 はっきり言って異常事態である。黒死牟が出会った事のある反応はおよそ二種類。反抗するか、首を垂れるか。後者に対しては慈悲を与える事も有ったが、しかし殆どの相手を地面のシミに変えてきた。

 だがこの少年は違った。

 黒死牟としても、反抗するでも、首を垂れる訳でもなく、教えを請われたことは初めての事であった。

 

「……」

 

 故に考える。この少年の処遇を。

 と、じろりと少年の身体を一睨みして黒死牟はある事に気付いた。そして、これは使えるとも考えた。

 

「…貴様…」

 

「はい! 何でしょうか!」

 

「…我が剣技…その神髄を…学びたいか…?」

 

「はい! あれ!? もしかして何か試験のようなものがあるのでしょうか!? 私は既に黒死牟先生の弟子ですので、そんなものは必要ないかと!」

 

「…む…?」

 

「え!?」

 

「……まぁ…よい…」

 

 どこか意識の差を感じた黒死牟であったが、これを軽く流すことにした。

 

「…であれば…」

 

 黒死牟は瞬時に少年の背後へと回る。そしてそのまま目にもとまらぬ速さで少年の首に手刀を打ち込んだ。

 

「がっ!?」

 

 黒死牟の攻撃に少年は思わず足をつく。

 一体何を……? 少年は黒死牟の動きをしっかりと把握していたため、何をされたか、よりもなぜ攻撃されたのかに疑問を抱いた。

 そしてその疑問の答えを、少年はすぐに導き出した。

 

「…やはり…貴様には光る物が…ある…貴様は…鬼に」

 

「そ、そう言う事なのですね! 分かりました! これから試験が始まるのですね!」

 

「…いや…」

 

「い、意識が遠のいてます! 人を気絶させる程の一撃をこうも容易く放てるなんて! 流石です黒死牟先生!」

 

「……」

 

 黒死牟は内心慄いた。彼の長い長い人生の中でも、ここまで人の話を聞かない人間に初めて出会ったからだ。しかも悪意ではなく純粋に好意というのが質が悪い。

 

「あっ、意識が……では……また……後で……」

 

「……」

 

 黒死牟は別に試験などするつもりは無かった。

 この少年は、自身の傷の具合がどれ程のものか理解していない上に、手当もせずぺちゃくちゃと喋りながらずっとついて回った。少年は気づいていなかったが、彼の体はとても消耗していた。このままでは少年は死ぬだろう。

 故にとりあえずの手当と、朝日が上がっても問題のない場所まで移動しようと考えていた。

 

 だというのに、何かしなくちゃならない空気になっている。

 何故だ。黒死牟は困惑していた。

 

「……止血を…しておこう…人は…脆い…」

 

 しょうがないので一旦止血をして、これ以上血が体の外に漏れ出ないようにする。

 そして少年を担ぎ、人を超えた速度で疾走する。

 そしてしばらく走り、人里の近くまで出る。

 

「……」

 

 そこでしばらく考えたのち、少年をその場に寝かせる。そして懐から紙を取り出し、人差し指に傷を入れ、血で滲んだ指先で指示を書く。

 書き終えた黒死牟は、少年の横に紙を置き、どこへなりとも消えた。

 有る筈の無い試験を行うために。

 

 

「黒死牟先生!」

 

 叫びながら、飛び跳ねるように起床する。

 朝日が既に昇っている。だいぶ長い時間眠っていたようだ。

 

「あ、あれ? 黒死牟先生?」

 

 と、辺りを見渡して状況を確認してみると、しかし近くに誰も居なかった。

 ま、まさか黒死牟先生……私を置いてどこかに行ってしまわれたのか!? そう思った次第であったが、手元からかさりと音が聞こえてきた。

 

「? これは──」

 

 紙を開くと、血で書かれたおどろおどろしい文字があった。

 

 曰く、日食山と呼ばれる山のどこかに居を構えているので、そこまで自力で来い、と。そして読み終えた後は、手紙は日光にさらしてほしいとも。

 言われるがままに日光にさらすと、何故か紙にかかれた内容がきれいさっぱり消えていった。どうも日に当たると消えるらしい。

 何とも不思議な墨汁だ、流石は黒死牟先生。そう言った不思議な物にも精通していらっしゃる。

 

「──よし! 行くか! 日食山へ!」

 

 日食山に行くのも、恐らくは試験の一環。人に聞くことなども極力せずに、自力のみで到達してみせる。

 ふと手元に目を向けると、包丁で傷つけていた筈の腕が治療されていた。これは黒死牟先生がやった事だろう。すんすんと腕のにおいを嗅いでみると、やはりほのかに黒死牟先生の匂いがした。

 

 そしてバッと地面に這いつくばり、地面の匂いを嗅ぎまくる。

 ほうほう、これは……。

 

「──そちらに行かれたのですね! 先生!」

 

 私は人里には一切寄り付かず、一直線に黒死牟先生の許へと向かった。

 

 

「……」

 

「ぜぇっ、はぁっ……こ、黒死牟先生! つ、着きましたよ!」

 

 黒死牟は困惑していた。人里の近くに置いてきたので、少しは休憩したり、何らかの用意をしてくると踏んでいたからだ。

 だと言うのに、少年の姿は明らかに着の身着のまま。会った時よりなにも変わらぬ格好だ。

 

「さ、流石に二週間走り続けるのは疲れました!」

 

「…そうか…」

 

 普通の人間なら走っても一か月くらいはかかるのだが。

 そんな心持ちが喉まで出かかったところで、それを抑える。

 そして黒死牟は口を開いた。

 

「…貴様…」

 

「はい! 何でしょうか!」

 

「…まずは…風呂に入れ…」

 

 黒死牟は泥だらけの姿を指して、そう呟いた。

 

「あ、これは失敬! 申し訳ないです!」

 

「…水場を…案内する…」

 

 黒死牟は色々と思う所があったものの、取り敢えずこの少年……少年? を受け入れることにした。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。