起きたらゴリラ顔だった   作:mi-ta

45 / 330
番外編に関して

あっちの世界線のクリークは10歳で海に飛び出して人攫いに捕まった挙句ヒューマンショップに出品されて海賊に買われてこき使われていたところを数年を経てやっとの思いで逃げ出し魚人島に流れ着いた所を幼女シャーリーに助けられたそうです(脳内設定)

そしてぶっちゃけ今回の話は説明会

クリークvsバレット、ネタバレは抑えて次かその次あたりで書く予定です


なおこの主人公の原作知識はビッグマム編あたりまで、ただし頂上決戦以降はその前と比べてコミックを一回しか読んでないので超曖昧にしか覚えてません。(というか作者がそうなのです)

ついでに覚えてる部分も間違って覚えてたり抜けてたり、ようするに原作知識ガバである


海軍大佐 ドンクリーク

 

「おい、なんか海兵が巡回に来てるらしいぞ。

なんか1番GRから順番に回ってるらしい」

 

明けて翌日シャボンディ諸島12番GR

 

「げ、ここ一年ほど無かったのに・・・

何処の誰か知らんがまた面倒な事を・・・」

 

無法地帯に分類される此処はあまり海兵の手が入らない、まず捕まえてもキリが無いしよっぽどの事があれば別だが巡回など入るのは久し振りの事であった。

 

やがて噂していた男達が目にしていたのは海軍コートを羽織った巨漢の姿と後ろに続く数名の海兵。

先頭の筋骨隆々とした男は短く刈り上げられた薄紫の髪に黒鉄の額当て、目つきは鋭く黒と青の虎柄シャツの間からは鈍色の鎧が見えており下は黒のタクティカルパンツにコンバットブーツ。

そして、重厚なガントレットを装着した手には一本の棍が握られていた。

 

「げぇ!あの鎧と棍!ありゃ"鈍熊"じゃねぇか!!戻ってきてたのかよ!」

 

「ん?有名なのか?なんか海兵ってより海賊みてぇな顔してるけど」

 

「有名も何もお前……あぁ、お前こっちに来てまだ日が浅かったな。いいか彼奴は海軍の"鈍熊"ことクリークだ。確かに悪人ヅラかもしれんがあれでも本部大佐だぜ?」

 

「どんぐま・・・なんか鈍そうだな、でかいし。

というか本部大佐くらいならそこまで警戒しなくてもいいだろ、確かに大佐クラスなら億越えを相手にするとは聞くがそんなの一握りじゃねぇかよ」

 

 

「馬鹿野郎!あいつはその一握りなんだよ!自分の部隊を設立して他の海に行ってると聞いてたんだがなぁ・・・」

 

「あ、それはなんか聞いたな、有望な若手が部隊組んで別の海に出たってのは。

確か"カモメの水兵団"だったか?赤い海軍旗掲げてるとかなんとか」

 

「あぁ、それの事だ。

幸いにも悪魔の実の能力者では無いが二年前くらいの話だが奴がこの近海でやった"暁の海事件"位は聞いたことあるだろうが!?」

 

「あー、確か海軍の少数精鋭による圧倒的火力を用いての海賊の一斉検挙だったか。確かに聞いた事はあるが別に悪魔の実の能力者じゃないんだろ?警戒しすぎだろ」

 

「奴の真骨頂は大量の武器を用いての海賊の殲滅だ、ここだけの話例の一斉検挙はほとんど奴一人の仕業だよ。検挙された奴は数十にも登り中には億越えも数人いたらしい」

 

「いや、そうは言うけど今のあいつ武器は棍しか持ってないぜ?」

 

「・・・いや、今でこそ纏ってないがあの時奴は黄金の鎧を纏っててな、全身のあちこちに大量の武器を仕込んでやがったんだ。

付いたあだ名が"歩く武器庫"、"海賊喰らい"、"火力主義"、"一人軍隊"今でもその姿を夢に見て魘される奴もいるって話だ、見た目が簡素でも山ほど武器を仕込んでるに違いねぇ」

 

「はー、そんなもんかねぇ?」

 

「とにかく触らぬ神に何とやら、だよ。

さっさとここを離れるぞ」

 

 

なにやらコソコソと言われてるドンクリークです。

 

昨日はテゾーロとの手合わせを済ませた後今後についての話し合いと帰ってから船のみんな+ロビンとの食事を終えて明けて翌日、昨日テゾーロから受け取っていた無法地帯に潜んでいる賞金首リストを元に海賊達の捕縛に来たところである。

前は数ヶ月単位で巡回してたが一年も放っておくとやっぱり増えるな。

お陰で一番GRから順番に回る羽目になってしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




海賊から見た主人公、誰もが知っていると言うレベルではないがそこそこ名は通っている。

現在小説の改訂を進める予定ですが数話程を纏める形で考えています。詳しくは作者報告の方にご意見お願いします。

  • 纏めて良し
  • 改訂は問題ないが纏める必要は無い

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。