ダンジョンで誓いを果たすのは間違っているだろうか   作:ミキサ

3 / 12
前章譚Ⅲ“絶望の夜”

 目の前で倒れている少年をアイズは信じたくなかった。その光景を否定するようにアリアの腕からもがき降り、ベルの元へと駆けていこうとする。アリアはまずいと思いつつも声が出なかった。大好きな人が目の前で倒れているとき、ただじっとしていられないその気持ちが痛いほどわかるから。

 ただ、駆けだそうとするアイズはそれ(それ)のせいで足を止めてしまう。そしてその瞳を恐怖に染まる。

 

「どらごん……!?」

 

 荒々しい咆哮とともにその赤色の翼をはばたかせ空から現れる複数の影。本来であればダンジョンの下層にしか出ない推定レベル5のモンスター。赤黒い鱗に覆われたその巨体のドラゴンが4体。燃え盛る家を目印に集まっていた。そのドラゴンの名はインペリングドラゴン、黒龍の眷属のドラゴンである。

 そしてそこに降り立ったというのは玄関先に倒れているベルを囲んでいるのと同義。

 アイズは初めて見たドラゴンに足がすくみ、腰を抜かせて動けなくなった。アリアは急いでアイズを庇うように力強く抱き寄せる。

 

「おかーさん、ベルが!……ベルが!!」

 

 アイズは悲痛な叫び声とともに必死にベルのいる方向に手を伸ばす。しかしアリアは血が出るほどに唇を噛み締めそれを許さない。

 インぺリングドラゴン自体のレベルはアリアよりも劣る。しかし目の前にはそれが4体。魔法剣士であるアリアが武器も持たずにガードナーなしで戦うには厳しい状況である。しかも動けないアイズを抱えて逃げるだけならまだしも、意識を失っている、もしかしたら……のベルをあの群れの中に助けに行ったら逃げることすらできず戦闘になるだろう。そして二人を守りながらアリアが勝利する可能性はゼロに等しい。確実に二人は戦闘の余波には耐えられないだろう。

 

「ベル!ベル!!」

 

 必死に手を伸ばすアイズを見て、アリアはもしここにいるのがアルならと自分の無力さと心臓が張り裂けそうな思いに襲われながら決断する。

 

 それは冒険者としては、相手の力量を見極めた正しい行動である。しかし母としては、娘に死ぬことよりも苦しいことを味合わせることになる。

 

 そしてなにより自分自身もそんな選択は取りたくはないと心が叫んでいる。

 

 それでもアリア()アイズ()に死んでほしくなかった。

 

「おかーさん……?」

 

 

 

 

「アイズ……ごめんなさい」

 

 

 

 

 アイズの首元に軽く振り下ろされる手刀。

 アイズが薄れゆく意識の中最後に見たのは、ドラゴンたちが少年を囲むように降りてくる姿だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 先ほどから嫌な予感が首元を刺す。だが、今ばかりはそれを気にすることはできない。

 何故なら今、アルト団員の目の前にはやつがいるからだ。

 

 その巨体は30mにも及び、体中は漆黒の強固な鱗で包まれ、その瞳はまるで呪いでも発しているかのように禍々しい紅紫。

 その身にまとう覇気は、アルと同等以上のものだろうか。

 

「団長、こいつぁ他の2匹よりもやべぇんじゃないか?」

 

「あぁ、だがそれより気になるのはこいつが一人でいることだ」

 

「そ、そうです!あいつは配下を連れていたはずなのに!!」

 

 団員たちの間に緊張が走る。つまり黒龍の配下は黒龍とは別の方向。避難している村人たちを追っている可能性があると。

 

『小サキ者タチヨ』

 

 轟くような声が目の前から発せられる。体中の神経が騒めき鳥肌が立つ。それは間違いなく黒龍の声だった。

 

「さすが黒龍、まさか人の言葉をしゃべるなんてな」

 

 その衝撃に団員たちは固まりいち早く反応したのはアル。

 

『ナゼ抗オウトスル』

 

「逆に聞く。何でお前はこの村を襲う!」

 

『我ハタダ縄張リヲ広ゲヨウトシテイルダケダ』

 

「ならこの村のないところで広げろ!わざわざこの村を襲うな!!」

 

『我ラハ襲ッテイルツモリハナイ』

 

「何をぬけぬけと!」

 

 黒龍の表情はわからない。ただその言葉からなんとも不思議そうに言ってることだけは理解できた。

 

 

『貴様ラハ畑ヲ開拓スルノニソノ土ニ巣クウ虫タチノコトヲ考エルノカ?』

 

 

 黒龍のその言葉が全てを物語っていた。それが種族の壁。価値観の違い。

 人間から見たら絶対悪の価値観なのだと。

 

 ならばこれ以上の言葉のやり取りはいらない。

 

「エルマ、お前は今すぐに避難メンバーに追いつき護衛についてこい」

 

「アル!」

 

「アリアだけじゃ不安だ。だからお前も行ってくれ」

 

 エルマと呼ばれた蒼いローブを着こなすエルフはヘラファミリアの団長(もっともゼウスとヘラファミリアは合同ファミリアのようなものなので実質副団長だが)。レベルはアルよりも一つ下。先ほど見えた配下のドラゴンなら相手にならないだろう。

 

「くっ、私がいないで死んだら容赦はしないぞ!!」

 

 エルマは配下のドラゴンをすべて倒し再び戻ってくると宣言し、疾風のごとく走り出す。

 

「さぁお前らエルマは行っちまったが、まさかそれだけで不安になるやつはいないよな?」

 

 アルはゆっくりとその腰に携えられた鞘から一振りの剣を抜き出す。

 銀色に輝くそれは、異様なまでの迫力と美しさを持っていた。

 

 神ヘファイストス直々に鍛えられ上げたその剣の名前は”白銀の聖剣”。勝利を約束する英雄の剣だ。

 

 その問いに答える者はいない。

 もはや言葉などいらなかった。

 アルが剣を抜いた。たったそれだけのことが彼らに道を示す。

 

 

「“剣神”の名においてお前らに託す。命を懸けろ。けれど命は捨てるな」

 

 

 剣を黒龍に向け、高らかに叫ぶ。

 

 

「俺がこの戦いの勝利を約束する!!」

 

 

「「「「「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」」」」」

 

 

 今この時、ゼウスファミリアの冒険譚の最終章が刻まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 意識を失わせたアイズを抱え走り切ったアリアは何とか、他団員が先導するキャラバンに追いつくことができた。そして同タイミングで到着したエルフから声がかかる。

 

「ここに居たかアリア!よかった、まだキャラバンは襲われていないようだな!」

 

「エルマ!何でここに!?」

 

「アルからの命令だ。黒龍の配下がこちらを狙っている可能性がある……」

 

 エルマはアリアに抱きかかえられているアイズに気が付いた。

 アイズの頬には意識を失ってもなお涙が流れて、とても苦しそうな表情だった。

 

「意識を失っているのか、大丈夫か?」

 

「…………ッ!」

 

 アリアのこれ以上ない痛々しい表情に、エルマは驚く。そしてアリアの次の行動に目を見開く。

 

「エルマ、アイズをお願い」

 

 アリアは抱きかかえていたアイズをエルマに差し渡してきた。

 

「何を?」

 

「ごめんなさい、私にはやらないといけないことがあるの」

 

 アリアの視線は自分が逃げ出してきた北東の方へと集中された。

 そして走り出す。後ろからエルマの声が聞こえるが、今は一分一秒が惜しい。

 

 枷はなくなった。

 もしかしたらまだ間に合うかもしれない。

 今ならばベルを助け、再び戻ってくることができるかもしれない。

 そうすればアイズだって…………

 

 

 

 

 

 

 違う!

 わかっているはずだ!

 あいつらはすでにベルを見つけ囲い込もうとしていたことを!

 それは今更戻ってきたって、ベルの髪の毛一本する残っていないこと現している!!

 それどころか骸となり、ボロボロにその原型すらとどめていないドラゴンたちの食い残しと化した少年がいるかもしれないだろ!

 

 ならば、何でアリアは走っている。

 簡単だ。憎悪と悲嘆の間で暴れまわる自分を納得づけるための自己満足の闘いをしに行くのだ。

 大切な息子(ベル)を殺したモンスターを今度はアリアが殺すのだ。

 

(私は最低だ。。。一度は見捨ててしまった命に執着しているのだから)

 

 アリアは視界を遮る雫を拭い走る。

 

(捨てたくせに、もしかしたらまだあの場所に残ってるんじゃないかって、そんな都合のいいことを願っているんだから!)

 

目覚めよ(テンペスト)

 

 口から紡がれる歌は、アリアの体に風を纏わせる。

 さらに速度を上げたアリアの速度は常人では追い見ることができないほど。

 けれどアリアは満足しない。むしろ体感時間は遅くなっていくばかりだ。

 もっと、もっと早く。

 アリアは更に貪欲に速さを求め、村をかけていく。それは疾風という言葉では足りない程に。

 

 

「ベル!!」

 

 

 ようやく辿りついた北東の家。

 いや、家というにはそこにはもう家の原型はなかった。

 未だ燃え盛る炎は健在。けれど、家は燃え崩れただの大きな焚火のようになっている。

 

 ベルの生存は皆無だろう。

 なのに、アリアは目の前の光景が信じられないとばかりに絶望はなかった。

 むしろあるのは純粋な驚愕のみ。

 

「何が、あったの?」

 

 その問いに答える者はいない。

 ただ、アリアの目は4体のインペリングドラゴンの死体(・・・・・・・・・・・・・・・・)に釘付けになった。

 

 

 

 そして、玄関先にはベルの姿はすでになかった。

 

 

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。