ダンジョンで誓いを果たすのは間違っているだろうか   作:匿名

5 / 12
前章譚Ⅴ”二つの炎”

 

 

 

 

 

「ベル君は、ゼウス様が?」

 

 アルの腕の中の温もりが目を開き言葉を漏らす。

 その声に力はなく、消え入りそうであったが込められた意志は本物でアルはそっと頷いた。

 

「そう、ならベル君は大丈夫そうね......」

 

 ベルは。そう言ったアリアの言葉に込められた言葉がアルも最後の心残りだった。

 

「大丈夫さ......もしも、アイズが……道を迷ったなら、きっとベルが手を伸ばしてくれる」

 

 腰にも力が入らなくなったアルはアリアを抱きしめたまま仰向けに倒れる。

 二人が見上げる夜空には星々が輝き、不謹慎にも笑っている家族(ファミリア)に見えた。

 

「アイズには、何か残してあげられたのかしら」

 

「……さぁな、それを決めるのはアイズだ」

 

 ただ、とアルは目を瞑りながらそっとつぶやく。

 

「それが、呪いにだけは……ならないといいぜ」

 

「そう……ね」

 

 アリアの手がアルの胸元に添えられる。

 力ない体でアルの胸元に体を預けて胸元で最後に囁く。

 

 

 

「ねぇアル……愛していたわ」

 

 

 

「……俺も、愛していた」

 

 

 

 

 自分の胸の中で一足先に力が抜けていく女性を強く抱きしめながら、薄れゆく意識の中、お互いのぬくもりを感じアルたちは自分たちを呼ぶ可愛らしい声が聞こえたような気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「――おとーさん?」

 

 大鐘楼(グランドベル)の音が鳴り響くキャラバンの荷台でアイズは目を覚ました。

 金色の瞳はまるで寝起き、家で起きたかのように寝ぼけ眼で辺りを見渡す。そこはいつものように柔らかいベッドも、温かく自分を抱きしめてくれているアリアもいない。木の床は固く揺れている。開いた後の荷口から見える空はまだ暗い。

 

「どうやら目が覚めたみたいだね」

 

 柔らかい声が聞こえる。気が付けばアイズの後ろに同じく荷台に乗っている3人の影があった。

 小柄な金髪の小人族の少年に、緑髪の美しいエルフの女性、茶髪の髭を蓄えたドワーフの男性。三者三葉の特徴を持つ者たちにアイズは若干の警戒を持ちつつも話しかける。

 

「ここは……?」

 

「ここはあの村から逃げる人々のキャラバンだよ。そして僕たちはその護衛を任せられたロキファミリアの団員のフィンさ」

 

「リヴェリアだ」

 

「儂はガレスだ」

 

「逃げる……ッ!」

 

 アイズはその言葉を聞き、完全に覚醒する。

 無意識のうちに顔を強張らせ、涙を溢れさせながら叫ぶ。悪夢だと思っていた、そんなことないと自分に言い聞かせていた。けれど夢ではなかったと、はっきりとわかってしまったあの光景を。

 炎燃え盛る家の前でドラゴンたちに囲まれ倒れていた少年名前。

 

「ベル!ベルベルベルベルベルベルベル!!いやあああああああああ!!!」

 

 跳ね起きたアイズはそのまま荷口から飛び降り、転がりながらも立ち上がり村へと戻ろうと走り出す。

 

「「「なっ!?」」」

 

 急に涙を流し叫び出したアイズの行動に不意を突かれたフィン達だったがさすがの第一級冒険者、すぐさま追いかけるように荷台から飛び降りアイズを捕まえる。

 

「放して!ベルが!ベルがあああッ!」

 

「一体どうしたというんじゃ」

 

「恐らく、あの襲撃で大切な人をモンスターに……」

 

 ガレスの腕の中で必死に村の方向に手を伸ばしもがくアイズを冷静に分析し出す3人。

 そうしてやがて叫び疲れたのか、先ほどとは一転して黙り込んでしまうアイズにフィンが話しかける。

 

「落ち着いたようだね。それじゃ先に行ったキャラバンに戻ろうか」

 

「……お母さん」

 

 アイズの手を引いて先に進もうとするフィンの手を逆に引っ張ってアイズはアリアのことを尋ねる。

 

「お母さんは?」

 

 あの時自分を抱きしめて逃げてくれた母の温もりとともにアリアが消えていることにようやく気が付いたアイズがフィン達を問い詰めるように聞く。

 

「アリアさんなら恐らく、君をこのキャラバンに預けた後アルさんたちの援護に向かったんじゃないかな?」

 

「なら、私もおとーさんたちのとこ連れてって!」

 

 あまりにも突拍子もないお願い。

 6歳の子供が頼むには何ともバカげた望み。

 しかしその瞳にはしっかりとした意思があった。

 

「悪いけどそれは聞けない。僕たちは尊敬するお二人の娘を危険場所には連れていけない」

 

「危険じゃない!」

 

「アイズ、お前まさか私たちに守ってもらうから危険じゃないとでもいうのか?」

 

 アイズの我がままにリヴェリアは目を細め叱責するように見つめる。

 アイズはその瞳に少しだけ気まずそうな顔をしつつ共小さな声で言った。

 

「音が」

 

「音?」

 

「お父さんの鐘の音が聞こえなくなった」

 

 フィン達はアイズの言葉にそういえばと耳を澄ませた。アイズに気を取られて意識から外してしまっていたが、確かに先ほどまでかすかに聞こえていたアルのスキルによる大鐘楼(グランドベル)の音がなくなっていた。

 

「お父さんの鐘の音は最強なの!あの音が消えたらいつもお父さん笑って帰って来てくれるの!!」

 

 それは今までがそうだったように、父親に対する絶対的な信頼を寄せる言葉。

 フィン達とてそれには言葉が詰まる。確かにあの英雄(アル)の一撃を受けていても生きているモンスターがいるとは考えられない。いや、考えたくない。もしそんなものがいるなら間違いなく化け物。倒せるものはいない。

 

「だから今日は私が迎えに行くの!迎えに行って、それで……それで!」

 

 アイズはあの白髪の少年のことを思い出し、再び涙をその目に溜める。

 父親と母親の胸で目一杯泣きたかった。とは言え、それを許可で気はしないとフィン達が押し黙っているとひょうきんな声が介入する。

 

「連れて行ってやってええんやないか?」

 

「ロキ……」

 

「ロキ、悪いがいつもの悪ふざけなら状況が悪いぞ」

 

「いややなぁ、うちはただこんな幼気な女の子のお願いくらい聞いてやってもええんやない?って思っただけやで」

 

「残念だけど、僕たちもあちらの状況がわかっていない今むやみやたらに向かうことはできない」

 

「なんや、黒龍のことを言ってるなら安心せい。あの馬鹿みたいに禍々しい魔力ならもうあそこにはあらへんぞ」

(消滅したわけでもあらへんけどな)

 

「ほら!やっぱりおとーさんたちが倒してくれたんだ!!」

 

「ロキの言葉を信じないわけじゃないけど……何とも言えない」

 

 とはいえ、しっかりとロキの言葉を踏まえて考えてくれているフィン達を温かい目で見守っていたロキだったが、突然感じた力に目を見開き空を見上げる。

 

「何やってんねんあのドアホは!?」

 

 ロキの行動に驚きその場の全員が空を見上げるのが、あるのは皮肉にも満天の夜空だけ。

 

「フィン命令や。わいとアイズたん連れて急いで村に行くで!」

 

「ちょ、ちょっとロキどういことだい!?」

 

「何かあったのか?」

 

「どうもこうもあるか!ゼウスのあのバカ神、神の力(アルカナム)を使いおったんや!!」

 

「「「なっ!?」」」

 

「何考えてんねんあのドアホ!!」

 

 真意はどうであれ、主神(ロキ)の命令はフィン達を動かし、ついでにアイズも抱き上げゼウスが向かった。決戦の跡地へとフィン達は走った。

 

 

 

 

 

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

 

 アイズを背負い村へと走るフィンはどうしてこうなったのだろうと頭を悩ませていた。

 本来のフィン達ロキファミリアの任務は、ゼウスファミリアが黒龍を討伐しに行っている間、周辺のモンスターが混乱し近隣の村を襲う可能性があったためその警護役として呼ばれたのだ。

 ロキもダンジョン外のモンスターであればさほどの脅威にはならないだろうと面白半分でついてきたのだ。

 しかし実際に来てみればどうだい。すでにゼウスファミリアと黒龍との戦いは始まっており、ゼウスファミリアが拠点としていた村が襲われ村人たちが逃げてきているではないか。

 

「そこにいるのはロキファミリアの”勇者”か!」

 

 驚くフィン達を見つけたゼウスファミリアの副団長エルマはその手に抱きかかえていた少女をフィンに預ける。

 

「ちょ、ちょっとエルマさん!この子は一体!?」

 

「この子の名はアイズ。アルとアリアの娘だ。頼む!このキャラバンを連れてオラリオまで護衛してやってくれ!」

 

「エルマ、少し落ち着け。一体何があったんだ」

 

「リ、リヴェリア様!申し訳ありません、私はこれから行かねばならないところがあります。詳しい話は村の村長から聞いてください!」

 

 エルマはそう言い、ローブを翻し再び村へと駆けて行こうとする。

 しかしその足を一瞬、背後からかけられた神の言葉で止められる。

 

「自分、今から行ってどうするつもりや?」

 

「決まってます!」

 

 エルマはフィン達に顔だけ振り返り笑顔で、これから未知なる者を見に行く冒険者の顔で言い切った。

 

 

 

「英雄の偉業をこの目で見るため、助けるため!最後の唄を歌いに行くのです!!」

 

 

 

 あまりに眩しい。まるで夢見る少年のような眼差しで村へと走っていくエルマを止められる者などいなかった。そうしてフィン達は図らずしも村人たちの護衛という任務を完遂すべくオラリオへととんぼ返りするはずだったのだが……。

 

「なんでこうなってるのかなぁ」

 

「こらぁフィン!しゃべってる暇があったら足を動かさんかい!」

 

 一歩後ろでガレスにしがみ付きながらついてくる主神のヤジを軽く流しながらフィン達はそこに着いた。

 その地獄の跡地へ。

 

 

「何があったんだ一体……」

 

 

 確かにロキの言った通り、その場所には既に黒龍の姿はなく。大量の竜種の切り捨てられた死骸が転がっていた。

 しかし転がっているのはモンスターだけではない。

 

「ゼウスファミリアの団員たちが壊滅状態……だと!」

 

 黒龍の魔力暴発(イグニスファトゥス)を喰らい倒れた冒険者たちの死体がそこら中に転がっていることにフィン達は動揺する。当然だ。

 ここに居る人たちは誰もがLv5の自分たちと同等。もしかそれ以上の実力を持っている者たちなのだ。そのような第一級冒険者たちが壊滅するような状態に、どのような戦闘が起こっていたのか見当もつかない。

 リヴェリアの視界には、黒焦げになりながらもその頬は緩み安心したように眠るゼウスファミリアの副団長が映った。

 

(お前はここで本懐を果たしたのだな……)

 

 そして決戦の地の中央、広場の真ん中に彼らは倒れていた。

 フィンの背中に蹴られる衝撃が走り、背負っていたものが地面に足をつき、そして走っていく音が響く。

 フィンは呆然とするしかなかった。彼はフィンの知る限り最強の冒険者で、フィンの中で誰よりも英雄で、決して折れることのない神剣なのだ。

 

 

 アイズは泣きながら、重なり合い倒れている大好きな人たちを呼んだ。

 

 

「おとーさんおかーさん!!!!!」

 

 

 体中から血を流し、肉の焼けるような異臭を放ちながら倒れているアルとアリアにアイズは縋るように抱き着く。

 

「起きて!起きてよ!!」

 

 母の手を握り、父の胸の中で泣き叫ぶ少女は何とも痛ましかった。

 

「あのアホ神はもういなくなっってるやないか!神の力(アルカナム)の形跡もここで無くなっとるし」

 

 ロキもお目当てのゼウス(じじい)がいないことに憤慨しつつも、アルとアイズに称賛の視線を向ける。

 

「やだ、やだよぉ……ベルだけじゃなくておとーさんもおかーさんもいなくなった私……私は!」

 

 ポフ、そんな音がアイズの頭からした。

 

「おとーさん……ッ!」

 

 既に目は見えなかった。手の感触もほとんどない。だけど声が聞こえた。愛する娘(アイズ)の声が。勘頼りに手を挙げてみれば運よくアイズの頭を撫でることができたようだ。

 アリアに似て細く長く柔らかい髪だ。

 

 

「アイ……ズ」

 

 

「おとーさん!死んじゃやだよ!!」

 

 

「ごめん……な。俺は、やっぱり……お前の英雄には……なれ、なかった」

 

 

「いい!いらない!!私にもう英雄なんていらない!だから!!!」

 

 

「だが……」

 

 

 

 

”きっと、彼がお前の英雄に。最後の英雄(ラストヒーロー)になってくれるはず”

 

 

 

 

 その言葉が最後まで紡がれていたならば、アイズの心は少しでも救われていたのかもしれない。アイズの未来がほんの少しだけ変わっていたかもしれない。

 だけど、時は待ってはくれなかった。

 アルの中にギリギリまで燃え続けていた英雄の火は、風に攫われかき消えた。

 

 

「いや、いやあああああああああああああああああああああ!!!」

 

 

 悲痛な少女の叫び声は天に響き。英雄の火は二つに分かれ受け継がれる。

 一つは彼の遺志を継ぎて、少女の英雄になるべくして。

 もう一つは、彼の死を憎み、モンスターを殺す憎悪の炎として。

 

 

 

 

 

「……ロキ」

 

 徐々に温もりが失われていく二人の手を握りながらアイズは自分の後ろにいるだろう神の名前を呼んだ。

 

「なんやアイズ?」

 

「私を、あなたの眷属(ファミリア)にいれて」

 

 なんとなく予想していたのだろう。ロキは目を瞑る。

 

「フィンいいのか?このまま口を出さなくて」

 

「……今回ばかりは、ロキの意思に従うよ」

 

 後ろでリヴェリアがフィンに止めなくていいのかと暗に聞くが、フィンは首を横に振る。フィンも確かめたかったか。この状態の少女に神はいったい何を問うのか。

 

「何のために眷属(ファミリア)に入りたいんや?」

 

「力が……欲しいから。モンスターを倒すための」

 

「オトンとオカンの仇が取りたいならうちらが代わりに倒してきてやるで?」

 

「いい、いらない」

 

「どうして、自分のような幼女がそこまで自分で倒したがる?」

 

「私に……私に、英雄はいない」

 

 アイズは目を見開きロキの瞳を真正面から見て言う。

 

 

 

 

「……そうじゃない!」

 

 

 

 

「私に、英雄はいらない!私の中の英雄はあの二人だけ!!」

 

 

 

 

「だから私が強くなるの!私がすべてやるの!!」

 

 

 

 

 なんとも哀れで、脆い人形のよう。

 自分をかわいそうな目で見る3人と1柱の視線など関係ない、私が成し遂げなければいけないのは。私の悲願の前では!

 

「わかった、恩恵を与えるのはオラリオに戻ってからやけど、アイズを眷属(ファミリア)に入れたろう」

 

 

 溜息を吐くロキの言葉とともに、アイズのロキファミリア入りが決まる。そして――

 

 

 

 涙は枯れた。たった一夜で全てを出し尽くした。

 ならば私はこの枯れた大地から一振りの剣を抜き出そう。

 

 

 

 そして、今この時が【剣姫】アイズ・ヴァレンシュタインが生まれた瞬間だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。