change   作:小麦 こな

10 / 52
雨のち、芽生え③

「お電話ありがとうございます。Nextmusic株式会社です」

「良いギタリストがいるんだけど、目を付けてるか?」

「……申し訳ございません。そのような情報は……」

「他の事務所が動いてるらしいけど?そんなので良いの?」

「少々お待ちくださいっ!」

 

 

「お電話変わりました。それで、良いギタリストって言うのは?」

「Aftergrowってバンドのギター担当の青葉です」

「あぁ、彼女なら3か月前からアプローチをかけてますよ!あのバンドではあの子が一番上手い。あともう一押しであの子を引き抜ける……」

「そうかい。じゃあ用はない」

 

 

向こうが得意げに話している途中で電話を一方的に切ってやった。音楽関係者を装って電話をかけてみたが、案外成功するもんだな。

お前らがモカを引き抜こうなんて考えていることはお見通しなんだよ、くそったれが。

 

俺は手帳を確認する。明後日がモカたちのライブ日で、モカは表情には出していないつもりかもしれないけど、俺にだって分かるような悪い顔色をしていた。

 

さっき電話で得た「あともう一押しで引き抜ける」と言う言葉。きっとモカの携帯にひっきりなしに電話がかかってきているんだろう。

モカも自分の夢を思い出すことが出来たら、そんなに悩む必要は無いだろう。

 

まぁ、モカの忘れかけている「夢」を思い出させるのが今回の俺の役目ってやつかもしれない。

 

 

「はぁ……面倒ごとは嫌いなんだけどな」

 

そんな言葉とは裏腹に、口角をグイッと上げながら昼下がりのオフィス街を颯爽と歩く。

もう3月下旬。モカが言う「出会いと別れの季節」が近づいている。

 

初春の冷たい風が、ソワソワと静かに騒ぎながら俺の肌をかすめていった。

 

 

 

 

その日の夜。俺はいつものように事務所の二階でくつろいでいた。

といってもベランダに出てたばこを2本吸った程度のくつろぎ。寝ころびながらテレビを見るだとか、そういうくつろぎでは無かったりする。

 

そんな時を過ごしている俺に邪魔が入った。

普段ならない俺の格安携帯が着信が来たことを知らせてきた。

 

こんな時間に電話してくるのは京華さんからの仕事依頼以外考えられなかった俺は、いやそうな雰囲気をこれでもかと醸し出しながら携帯を手に取る。

 

でも、着信をしてきたのは京華さんでは無かった。

俺は電話を取る。

 

「……なんだ?」

「かわいい女の子からの電話だよ?そっくん、喜びたまえ~」

「……で?要件は?」

「特になし!えへへ~」

「切るぞ」

「うえ~ん、そっくんがいじめる~」

 

白々しいウソ泣きを電話の向こう側でするモカ。

普段の俺だったら無表情で通話を終了していたはずだ。だけど今回はそんなことはしなかった。

 

こんな夜遅くに電話をかけてくるっていう事は、モカにもモカなりに不安があるんじゃないだろうか。

それに、悩みながらも懸命に問題を解決しようともがく彼女を羨ましく感じた。

 

俺は、もう何をやっても認められないから。

 

「……ライブ直前で落ち着かないのか?」

「……ううん、違うよ?だけどね?」

「なんだ?」

「あたしの決心が、整理できてない感じがする」

 

俺は静かに、集中してモカの話す声に耳を傾けた。

モカの息遣いが聞こえるぐらい彼女の声をしっかりと咀嚼した。

 

 

その決心が揺らいでしまっている理由、お前なら分かるはずだぞ?

 

「そりゃあ、悩むことぐらいあるだろ」

「そっくんには分からないかもだけどね?今のあたしの頭の中は、チョココロネみたいにグルグルなんだよ~」

「お前の頭がパンなら、頭の中で菌でも湧いてんのか?」

「ひどい~。ママに言いつけるよ~?」

 

そして電話越しで「ママ~、そっくんがいじめてくる~」とか言っている。

流石の俺も苦笑いをしてしまった。京華さんらしき人の声がモカの上げた声に反応していたから。

 

「苦」笑いではあったが、他人のやり取りで笑ってしまったのは随分と久しぶりだ。

それまでの俺は一切表情を変えない、いわば機械のような感情だったから。

 

 

心臓がぽかっとした気がした。

 

 

「そっくん、起きてるー?」

「あぁ、もう眠たいから早く通話が終わらねぇかなって思ってる」

「ヨヨヨ~……可憐な美少女のモカちゃんがこんな扱いを受けるなんて……しくしく」

「電話、切るからな」

 

明後日、お前の晴れ舞台を楽しみにしてるから。

 

そう言ってから通話を中断した。

モカからはかすかに「えっ?」と言う声が聞こえたように感じたが、真相は闇の中。

 

そんな真相とは真逆に、明るい光に満たされた部屋で横に寝転がった俺は、頭の中でスケジュール帳をぼんやりと想像した。

ライブまであと1日と22時間。どのようなやり方をすればモカは……。

 

「そんな事を考えても、一緒か」

 

俺は電気を消した。

蛍光灯は徐々に光を失っていく。そして俺は辺りを支配した闇の中に意識を放り投げることにした。

 

 

 

 

その日から2日が経って、モカの晴れ舞台であるライブ当日の今日。

 

今日と言う一日は、まるで高校生の平日の朝のような目覚めだった。

簡単に言えば朝になると自然と目が覚めるが、怠さが身体全体に染み渡っていてベッドから抜け出せないような、そんな目覚め。

 

 

現在時刻が10時を少し回ったくらいの時間帯だったから、寝すぎの原因からくる怠さと言う理由もあると思う。

もちろん、それが一番の理由では無い事を自分が一番分かっている。

 

気怠く、重たい身体を起こしてベランダに向かう。

そして朝のタバコを一本、口に銜える。

携帯が伝えてきた天気予報によると、今日は午後から大粒の雨が降るらしい。天気予報なんて外れるものだが、朝の段階で空はどんよりと曇っている。

 

確か、あの日もこんな天気だったっけな。

 

「まぁ、今から心配しても仕方ねぇよな」

 

ベランダに置いてある安物の灰皿にタバコをグリグリと押し付ける。

タバコのように、不安な火種は小さいうちにこうやって消しておくのがいいもんだ。

 

小さな火種は、放っておくと手が付けられないぐらいに大きな炎になる時だってあるからな。

 

俺は背伸びをしてから部屋に入る。

そしてそのまま服を適当に着替えてから外の街に繰り出すことにした。

 

自分らしくないと思っている。こんな風になってからは他人に干渉するような、そんなおせっかいはしないようになっていたのに。

そんな自分に舌打ちをした後、事務所から出ていった。

 

 

 

 

大粒の雨が、小さな傘を容赦なくたたきつける午後の6時。

俺はまるで、今の天候がモカと音楽事務所の関係性みたいなもんだな、と深いため息をついた。

 

モカたちのライブまであと1時間と迫ったこの時間に、俺はライブハウスにいた。

さしていた傘を閉じてから、さっきまでたたきつけていた雨を振り払う。モカも、この傘についた雨粒のように不安が飛び散ってしまう事を心の片隅で想いながら綺麗にたたんでカバンの中に入れる。

 

俺の肩はぐっしょりと濡れてはいるが、多少の犠牲は仕方が無いだろうと目をつむる。

 

開始の一時間前だというにも関わらず、たくさんの人間がライブハウスに来ていた。客層は意外と女性が多くいる印象を受けた。

 

モカたちのバンドは最後を飾るらしいから今日帰れるのは一体いつになるのだろうか。

そんなしょうもない事を考えながらモカから貰ったライブチケットを女に手渡す。

 

なぜかこの女は俺を見て、少し不思議そうな顔をしていた。

そんなに俺と服が被ったのが嫌なのか?と言う訳の分からない気持ちが心から浮かび上がった。

でも、この女の俺を見る目はそんな感情を持っていないことは女の目を見たら分かった。

 

ジーパンのポケットに入れてあった500円を女に手渡す。

分からない事を考えていても仕方がない。

 

 

「音楽……か」

 

俺はさっき買ったコーラを壁にもたれながら飲んでいた。

口の中がしゅわしゅわと弾けながら、その刺激をそのまま喉に流す時がコーラと言う飲み物の醍醐味だと思う。

 

俺の頭の中には懐かしくて、へたくそなりにも一生懸命アコースティックギターをかき鳴らしていた音が鳴り響いた。

簡単なコードで弾けて、尚且つ「好き」と言う気持ちを込めて弾いていた、そんな音。

その音に合わせてかわいらしい女の子の声が合わさる。

 

ささやかなこんな日常を抱きしめておきたいって決めていた日だったらしい。

そんな日常は。

 

「えっ!?……もしかして」

 

俺の目の前から、俺に話しかける物好きな人間がいるもんだって思った。

もちろん、そんなことを思ったのは一瞬だけ。

 

声を聞いただけで誰かが分かった俺は、一瞬だけ目を背ける。

 

なるほど、チケットを渡したときにあの女が不思議そうな顔をしたのかが分かった。

そりゃあ、顔がそっくりな人間が現れるんだから不思議にもなる。当たり前だ。

 

 

俺の目の前に現れた人物は、俺にそっくりな顔に同じくらいの背丈。

俺の日常をそいつの一存でぶっ壊されたのに、どうしても憎むことが出来なくてどうしても気にかけてしまう厄介な存在。

 

「どうしてここにいるの!?」

 

そんな大きな声を出さないでくれ。俺がどこにいても不思議じゃないだろう。

 

それに不思議とこいつからは俺を邪険に扱うような目では無くて、まるで親友と久しぶりに会ったかのような表情をしながら見てくる。

ちょっと前にはお前に辛い思いをさせた人間なんだからもっと嫌われていると思っていた。

 

 

ふと、昔の思い出と被った。

小学生になるかならないか分からないくらいの、まだ世の中の右も左も分からねぇぐらいのガキだった頃。

その時のお前の顔が、今のお前の顔とダブって頭から離れない。

おまけに言ってくる言葉まで似てるから困ったもんだ。

 

 

「兄さん!」

 

 




@komugikonana

次話は9月10日(火)の22:00に公開します。

新しくお気に入りにしてくださった方々、ありがとうございます!
Twitterもやっています。良かったら覗いてあげてください。作者ページからサクッと飛べますよ!

~高評価を付けてくださった方々のご紹介~
評価9という高評価をつけて頂きました キャンディーさん!
同じく評価9という高評価をつけて頂きました キズカナさん!

この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとう!
これからも応援、よろしくお願いします!

~次回予告~

ライブが始まってもう2時間が経過した。
残すバンドは1組となり、観客のボルテージが徐々に上がっていく。

そんな盛り上がりを見て、モカたちがどれくらいの人気があるのかなんて手に取るように分かった。


彼女らの登場が待ちきれずペンライトを振り回す人。
メンバーの名前を叫びだす人。
まだ始まってもいないのに飛び跳ねる人。



そして、ライブの最後を締めるにふさわしいバンドが姿を現した。
でも、周りの観客はみんな少し不思議そうな顔をした。

そして俺も、すぐにライブが行われる会場を走って離れた。

なぜなら、ステージに立ったバンドの人数は4人(・・)で、ギターをかき鳴らすであろう彼女の姿が無かったのだから。

~ファンアート~
前回に引き続き、伊咲濤さんが書いてくださったモカちゃんを公開!
ファンアートは随時募集しています。ドシドシご応募ください!


【挿絵表示】


【挿絵表示】


では、次話までまったり待ってあげてください。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。