change   作:小麦 こな

12 / 43
雨のち、芽生え⑤

ライブハウス内は、外の寒い空気とは裏腹に熱狂に包まれていた。

しっかりとみんなの中に入ってギターをかき鳴らしているモカの姿は、俺が今まで見てきた中で一番輝いていた。

 

夕焼けの後には夜空が来る。真っ暗な空が明けたら朝の始まり。

そんな事を曲を通じて感じることが出来た。今のモカが演奏するにはうってつけの選曲じゃないかって心の中で思う。

 

 

彼女らは最高の形でライブを終えることが出来たらしい。

観客たちの興奮がしばらく冷めることが無かった、と言うのがその証拠だ。

 

ライブハウスのスタッフの誘導により、徐々に観客は外に出ていく。

もちろん中にはまだ残って余韻に慕っている奴らもいるが。

 

ステージの上では、幼馴染たち5人が真ん中に集まっている。

笑顔に包まれているところ、水を差して悪いんだけどあいつには一言言っておかないと俺の気が済まないんでね……。

 

「……おい」

 

俺はステージ袖からある人物の方向に一直線に向かって歩を進めた。

 

幼馴染たちは、俺に視線を集める。

モカは小さい声で「そっくん……」と言っていたけど、悪いな。今はお前にかまってやってる暇はないんだ。

 

「……あたしに何か用?今良いところなんだけど」

「そうだな。だったら簡潔に分からせてやるよ」

 

 

 

バチーン、と大きな音がホール中に響き渡った。

 

ここのスタッフが誤って機材を落としてしまった音ではない。

急に停電が起きて電気がショートした音でもない。

 

俺が、メッシュ女の左頬に力いっぱい平手打ちをした音だ。

余りの突然の出来事に幼馴染たちだけでなく、余韻に浸っていた観客たちも唖然とした顔をこちらに向けていた。

 

「……これが今まで我慢してた青葉の『気持ち』だ。お前が誰よりもいち早く気づいてやれよ、くそ野郎が」

 

俺はメッシュ女にビンタした後は用が済んだので住んでいる場所へと帰るためにライブハウスを後にする。

 

 

お前がしっかりしていたらモカも泣かずに済んだだろ。

なに全員そろってないのに曲を始めているんだよ。

 

そんな感情を込めてやった。

たしかに女の子を思いっきりビンタする男なんて最低だと思う。だけど俺は自分がとった行動に後悔はないし、正しいことだって思ってる。

例え、だれに理解されなくてもな。

 

 

 

予想通り、俺を批難する複数の言葉が背中を突き刺した。

でもそんな言葉が刺さったまま、ライブハウスを後にした。

 

 

 

 

 

「こんなめんどくさい事、もうこりごりだぞ……」

 

夜、仕事場の事務所の2階。

俺の住居スペースのベランダでタバコを吸っていた。こんな内容が濃い一日を送って置いて、明日は仕事だとか勘弁してほしい。

 

そんな想いが心を支配していたからなのか、普段よりも多くのタバコをふかしている。

具体的な数を言うならば、これで家に帰ってきてから4本目。

 

空は暗いけど、モカを止めた時のような雨は止んでいて空もどんよりとしたものではなくすっきりしている。

きっと明日は元気な太陽が姿を見せてくれるはずだ。

 

 

俺はベランダの外に予め置いてある灰皿で、吸っていたタバコをゴシゴシと擦る。

すると、突然視界が真っ暗になった。

 

 

「……だーれだ」

「誰でもいいから帰ってくれねぇかな」

「む~……そんな答えはメッだからね」

 

そう言って、さっきより一層目に当てている手の力を強める誰かさん。

ちなみに言わないけど、俺の背中にお前の胸が当たっているんだけどそこは気にならねぇのかな……。

 

まぁ、そんなことを言ったら言ったで話がややこしくなるからわざわざ口にはしない。

思っているだけだ。それだけでいい。

 

「今日の演奏、最後しか聞いてねぇけど良かったんじゃねぇの?」

「褒めるなら、ちゃんと褒めてほしいな~」

「お前、褒めたら調子に乗るだろ?それといい加減離れろ」

「だめだよ~、まだあたしが誰か当ててないじゃん?」

「……美竹か?」

「お仕置きじゃ~」

「痛い痛い!」

 

俺の後ろで目隠しをしている女の子、青葉モカは本気で目を指で押さえつけてきた。

モカの指圧から離れるために咄嗟に離れた。目は今もチカチカとしていて時々見える背景がぐにゃん、と曲がっているかのような錯覚を覚える。

 

少しきつめにモカを睨みつけたが、当の本人はニヤ~ッとした顔をしながら俺の方を見ていた。

彼女はパジャマを着ていて、上着は羽織っていない。寒くないのだろうか。

 

「ちょっとだけ、隣にいてもいい~?モカちゃんは少し人と話したい気分なのです」

「あっそ……明日仕事だから早めに要件は済ませてくれ」

 

俺はモカが隣に入れるようなスペースを開けるために少し右側に寄った。彼女はその空いたスペースに入ってきて、ベランダの柵に手を置きながら外を見ていた。

 

雨上がりの身体を冷やす風が、今だけは心地の良い風に思えた。

 

モカは少し真面目な顔をした。

そしてだんだん俺のそばに近寄ってくる。残念だけど、付き合いたての若いカップルや初々しい両想い幼馴染のような甘い空気は出せない。

彼女は俺の近くに寄って……

 

 

 

俺の左頬を摘んできた。地味に力がこもっていて頬がヒリヒリとする。

摘んでいる本人は「むに~」とか言いながら摘んでいる。

 

「地味にいふぁいんだけど」

「蘭に乱暴しちゃった男の子を成敗!って事?」

 

自分で摘まんできておいて、最後を疑問形にする辺りモカらしい。

モカに左頬を摘まれているから痛いがいふぁい、になってしまった。

 

俺だってやられっぱなしは嫌いだ。

そもそも美竹を叩かざるを得ない原因を作ったのは誰だったかを目の前の、楽しそうに他人の頬を(つね)っている女の子に問いただしてやろうか。

 

「ごめんなさいは~?」

「そもそも……」

「言い訳はダメだよ?」

「お前がオファーを断っていたら俺が出る幕なんてなかっただろ!」

 

負けじと俺もモカのほっぺたを摘む。しかも両頬。

親指と人差し指で彼女の柔らかい頬をむに~っと、ゆっくりと伸ばしていく。どんどんモカの口角が広がっていくのが地味に面白い。

 

 

お互い、頬を抓られた状態で目が合う。

 

 

そんな状態で夜なのに大声で笑ってしまった。もちろんモカも控えめに、だけど笑い声をあげている。こりゃ明日、ご近所さんに怒られるな。

ただイチャイチャするな、みたいな注意だったら全力で否定させてもらおう。

 

「でも、君のおかげであたしは大切な場所を失わずに済んだんだよね~」

「俺はただチャンスを与えただけだ。そのチャンスをモノにしたのは青葉だ。俺は何もしてないだろ?」

「モカちゃんがナデナデしてあげようか?」

「反吐がでるからやめろ」

「うぅ~ショック~」

 

俺はモカにナデナデしてほしくて、こんなにめんどくさい事をしたわけじゃないんだからそこのところは理解していて欲しい。

大切な人を失う、って事がどれほど辛い事なのか。そしてそんな経験をモカにしてほしくない。

そんな一心で動いただけだ。

 

まぁ、リターンのある行動を起こせば必ずリスクが付きまとうのが世の中の道理だ。

 

俺がモカに「居場所を確保」してもらうというリターンに対して、今まで以上にメッシュ女や巴などのバンドメンバー、そしてまだあの場にいた観客からは「最低の人間」として見られてしまうというリスクを得た。

 

もちろん、俺はそんなリスクよりリターンの方が大きいと睨んだから行動に移したのだけどな。

 

「あたしはどうして今ここにいるのか、君には分かる?」

「さぁな、他人の考えなんか分かるわけねぇだろ」

「本当は分かってるくせに~」

「知るか」

 

いや、本当は薄々とだけど勘づいてきている。

どうせ「今日はありがとう、そっくん」って言うんだろ、って。

 

「あたしは、君にどうしても言いたいことがあるんだよね~」

 

ここまでは俺の予想通りだった。

でも、ここから先は俺の予想を上回ってきて思わず頭の中が真っ白になった。

 

新雪が降り積もって、誰も足を踏み入れていない場所のような一面真っ白な頭の中。

そんな場所に一人の女の子が踏み入れてくる。

 

彼女の口は、声は、こう俺に聞き取らせた。

 

「これからもよろしくね!貴博君(・・・)っ!」

 

 

モカは、俺の事を「そっくん」じゃなくて「貴博君」と呼んだ。

しかも、夜のまっくらな夜景に溶け込んでいるにも関わらず、彼女の頬はほんのりと赤く染まっていた。

 

モカはん~、と少し難しい顔でうなりながら顔を少し傾ける。

俺が難しい顔をしていたからかもしれない。でも彼女の頬は赤いままだった。

 

「やっぱり貴博君よりも~……たっくんとか、たかくんの方が良い?」

「っ!……勝手にしろ」

「じゃあ、貴博君!」

 

俺の呼び方が決まったらしい。

モカはそれを言い終えた後「また明日ね」といって部屋から出ていった。彼女の手は、彼女の顔の近くで小さく左右に揺らされていた。

 

俺の事を犯罪者と知っていながら、俺の事を名前で呼んでくれた人間は初めてだった。

そんな初めての感情が、俺の心臓をキリキリと締めていく。

モカの事が好き、と言う感情ではない。素直に嬉しいんだ。

 

俺は寝る前に最後の一本、たばこに火を灯した。

 

煙を肺に目いっぱい吸い込んでから、口から副流煙を出す。

その時にふと、左手で持っていたたばこの先端を見た。

 

チリチリとだけど、しっかりと燃えているたばこ。

火が灯るという事はいつか消えてしまうっていう事。でもそれと同時に、火が灯るという事は何かが始まるっていう事でもある。

始まりがあれば終わりがあるんだから。

 

「……でもさ、消えない火があっても良いよな」

 

 

始まりがあって、終わりがない事があってもいいじゃないか。「油断大敵」という四字熟語の語源となった寺の炎も千年は燃えているって言うから夢物語と言うわけでもないだろう。

 

そしてふと、我に返る。

自分らしくない事を言っている自分は相当疲れているらしい。

 

たばこの火をそっと、優しく消した。

本当は消したくなかったけど。

 

 

 




@komugikonana

次話は9月24日(火)の22:00に公開します。
誠に勝手ながら一週間の休みを頂きます。ご了承ください。

新しくこの小説をお気に入りにしてくださった方々、ありがとうございます!
Twitterもやっています。良かったら覗いてあげてください。作者ページからサクッと飛べますよ!

~新しく評価を付けてくださった方々をご紹介~
評価9という高評価をつけて頂きました どっへーいさん!
評価8という高評価をつけて頂きました そこら辺のAC乗りさん!

この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとう!
これからも応援よろしくお願いします!


~次回予告~
「佐東君、うちの娘と何をやったの?」
「あなたの娘が勝手に俺のところに来るんですよ。どんな教育したんですかね」
「なるほど、勝手に来たうちの娘を抱いたのね……」

こんな会話で始まる一日は憂鬱だ。
あの場面を京華さんに見られたのが間違いなんだよな。

そんな会話の原因でもある彼女はこんなことを言うのだ。

「明日、あたしとデートしよ?貴博君」


~お知らせ~
次話まで一週間の休暇を挟みます。理由は簡単で執筆する時間を設けるためです。
ストックが残り15話くらいしかないので、作者はその間に頑張って書きますので許してくださいお願いします。

では、次話までまったり待ってあげてください。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。