change   作:小麦 こな

3 / 4
新たな変化と一筋の赤色①

腰の痛みと、疲れが完全に取れていないのか分からないが身体の節々が痛んでくる。

俺こと、佐東貴博は我が子とは到底思えないような振る舞いをする両親がいる実家では無く、ネットカフェで一夜を過ごした。

 

あの家に一日帰らなかっただけでガミガミとうるさく言ってくるのが悩みの種だが、今日ぐらいは良いだろう。

 

背中が妙に疼くのは仕方がない事だ。

 

昨日、棚から牡丹餅みたいな感じで正社員として働くことになった。

そうなんだけど、出勤時間とか聞くのを忘れていた。

まぁ大体9時、早くても8時30分くらいから始業ってところが多いから若干早めに行けば問題ないだろう。

 

ネットカフェから出て、昨日面接を受けたあの事務所に向かう。時刻は7時30分。

モカの母親は俺をどの程度の戦力として考えているのかなんて知らない。まぁそれなりにやっていけばいいだろう。

 

もし犯罪者とばれたらクビにされてしまうのだから。

 

そんな事を思っていると、なぜか頭の片隅からモカのニヤニヤ顔が浮かび上がってきた。

どうしてこんな時に彼女の顔が浮かんできたのか分からない。朝からあんなニヤニヤ顔で近寄られたら面倒極まりない。

 

俺は頭を勢いよく掻いて、モカのニヤニヤ顔を記憶の果てに飛ばすことにした。

 

「あら、早いのね佐東君」

「おはようございます。青葉さん」

 

事務所に着いてドアをじれったく開けると、すでにモカの母親がいた。

小さな事務所ではあるものの代表者としての自覚があるのだろう、誰よりも早くに来て作業に取り組んでいるらしい。

 

こんなしっかりした母親で、どうやったらあんなフワフワした娘(モカ)が生まれるんだ……父親がモカみたいな雰囲気なのかもしれない。

それはそれでキツイな。

 

「貴方、実家から通ってるのよね?」

「ちょっと訳アリなんですよ。なので今日はネットカフェで一夜を過ごしました」

「ふーん、そうなの」

 

そんな会話で今日一日が始まるらしい。

モカの母親は俺の言ったことを深堀もせずに、あっさりと流してパソコンを打ち始めた。

 

俺からすれば深堀されるのは嫌なタイプなので、こういう対応はかなり嬉しい。

チラッとモカの母親と俺の目が合った時も、何かを見透かしているような瞳だった。

 

「……と思うそっくんなのであった」

「なんでお前がいんの?」

 

すぐ後ろから聞き覚えのある声がしたから振り向くと、そこにはモカがニヤ~ッとしながら立っていた。

もしかしてモカもここで働いているのか?いや、もしそうなら昨日モカが事務所の外を歩いていた時点でおかしい。

 

まぁモカに聞いても仕方がないし、興味も無いから聞かないでおく。

そう心で思っているのに感情は正直なもので、気づけば言葉を紡いでいた。

 

「大学に行くの、めんどくさいからここにいるんだよ?」

「大学に行きたくても行けない奴らに聞かせてやりたいな」

「せっかくこのかわいいモカちゃんが会いに来てあげたのに」

「頼んでねぇよ、そんな事」

「辛辣~」

 

言っている言葉の割にはニコニコしているモカは、ひょこっと俺の隣に出てきた。

朝早くからモカは一体何をしているんだ。

 

まだ何も仕事を教えられていないが、始業時間までボーッと突っ立っている訳にはいかないからとりあえず掃除をすることにした。

 

モカの言葉を無視して箒で小さな事務所の隅まで掃いていく。

箒で掃いてもあまりゴミが無かったことに意外性を感じた。

 

「そっくんは偉いね~」

「給料が発生してるからな。お前らみたいな学生じゃないんだ」

「そっくん。モカちゃんが仕事、教えてあげよっか~」

 

俺は手に持って動かしていた箒をピタッと止めた。

モカが仕事を教えてくれる……?ありえない話ではない。こんなモカでも事務所の代表者の娘だからいくらかは手伝ったことがあるのかもしれない。

 

目の前には腰に手を当てて「ふっふっふ~」とにやけているモカ。

 

モカの母親に聞けば手っ取り早いが、今は忙しそうにしている。

掃除以外で出来ることがあるならやるべきだろう。

 

「そっくんの仕事は~……」

「仕事は?」

「あたしにパンを奢ること~」

 

俺は盛大にため息をついた。

せっかく集めていた塵がさっきのため息のせいで散らばってしまったんじゃないかって思うほどのため息だったから、下を見てみる。

 

塵は、当たり前だけど、散りばめられずに一か所に集められていた。

 

モカの顔を見ると「してやったり」みたいな顔をしていて、朝から妙に腹が立ってきた。

……はぁ、いつ見ても楽しそうな顔をしていな。

 

数分前のモカの言葉に期待していた感情はすぐさま遠くに放り投げて、さっきまで集めていた塵を塵取りで取り除く。

掃除機が無いのは、その音が集中力を乱してしまうからなのかもしれないって勝手に想像する。

 

「そっくん。パン、買って」

「自分で買いやがれ」

「……そんなこと言ってたら、モテないよ?」

 

知るか、そんな事。

それに今の俺が大事な人を作るべきではないって分かっている。

犯罪者の妻、犯罪者の息子。あるいは、娘。

そんな何も罪のない人が俺みたいな扱いを受けてしまうなんて、ごめんだ。

 

そんなやり取りをしていたからか、モカの母親が「あなたたち、うるさい」なんて言われた。口調にはちょっとしたイライラが感じ取れた。

 

俺は横目でモカの方を見てみる。

モカは反省なんてしていなさそうなニヤ~ッとした顔で俺の方を見ていた。

 

「そっくん。仕事中は静かにしなきゃメッ、だよ」

「そっくりそのままお前に返してやるよ」

 

別に俺も怒られたことを気にしていないし、起きてしまった事を一々気にしていても仕方がない。俺たちは現在軸でしか動けないのだから。

 

モカも常識があるだろうから、そろそろ俺との会話は辞めて大学に向かうんじゃないか?

そう思っていたけど、俺の認識は甘かったらしい。

こいつのイメージは、どうにも掴めない。

 

「そっくん、あたしについてきて~」

 

事務所の出口近くで、間の抜けた笑顔をしながら俺の方を見て手招きしているモカがいた。

 

 

 

 

今は事務所から少し離れて、商店街を歩いている。

朝の寒いこの時期は、呼吸をするだけでも白い吐息が目に見える。その吐息は俺の視線のちょっと上まで行った後、散りばめられ冬の綺麗な空気と一体化する。

 

モカについてきて、なんて言われてついて行く俺もどうにかしているんだけど、今はモカと一緒。

モカは俺の3歩半くらい前を歩いている。

 

「今はママも忙しいから、仕事が始まるまであたしと時間を潰そ~」

「パン屋に向かってる、とかじゃないだろうな?」

「あったり~」

 

モカは鼻歌を歌いながら、冬の商店街を軽快に歩いている。

彼女の様子とは正反対の俺は両手をズボンのポケットに突っ込んで無表情で歩く。

ポケットの中にある財布が手に触れた。物欲のない俺は別にお金に困っているわけでは無い。まぁパンの一つや二つぐらい奢ってやるのも悪くない。

 

まぁ、毎日ねだられると財布事情が今の時期のように冷え込むから勘弁だけど。

 

「なぁ、青葉」

「どうしたの?あ、もしかしてパンを奢ってくれたりする?」

 

モカは俺の隣にまで駆け寄ってきて、キラキラと輝いた眼で俺の方を覗き込んできた。

彼女からはほのかに良いにおいがしてきて、俺の鼻をこちょこちょっとくすぐる。

パンぐらい奢ってやるよ。でもな、俺だって聞きたいことがある。

 

そう思って俺は、ゆっくりと口を開こうとしたときに後ろから女の声がした。

 

「……あれ?モカじゃん」

「あっ、蘭だ~。おはよ、蘭」

 

モカの知り合いの女だろうか、黒髪に左側の一部分だけ赤いメッシュを入れた髪型。

その女は俺の方もチラって見てきた。

 

その時のこの女の変化を俺は見逃さなかった。

俺も嫌な人間だなって心で嘲笑する。だってさ、最初に向けてきた優しい眼が一転してきつい目つきに変わったのだから。

 

「……あんた、正博じゃないね。誰?」

「正解。残念ながらお前が求めていた正博じゃないんだよな。……で?お前こそ誰だよ」

「ふたりとも、朝から仲良しだねぇ~」

「モカは黙ってて」

 

クセの強い女と絡むのは大嫌いなんだよ、という気持ちを込めて盛大にため息を吐いてやった。それにせっかくモカが雰囲気を悪くしないような方向に持って行こうとしていたのに、ぶち壊したな。

 

メッシュ女は何かに気付いたのだろうか、少し目を大きく見開いた後、モカの腕をギュッと掴んだ。

なんだ?仲良しごっこか?

 

「……モカ、早く学校に行こ」

「え~、あたしまだパン買ってないよ?」

「良いから!」

「ああ、あたしのパンがぁ~」

 

メッシュ女がモカを無理矢理引っ張って先へと歩いて行った。

 

このまま仕事場である事務所に帰ってしまおうか。選択の余地なんてないし、一応正社員として雇ってもらっている。だからその方が理にかなった行動だ。

 

だけど俺は、違う行動にとった。

理由なんて分からない。ただ朝の、澄んでいてきれいな冷たい風が、妙に騒ぎ出しているような気がしたからなのかもしれない。

 

俺はゆっくりとだけど、メッシュ女とモカが歩いて行った方向に足を進めた。

確かこの辺りであいつらは曲がったはずだから……。

 

「ビンゴ、だな」

 

案の定、曲がった場所にメッシュ女とモカがいた。

俺はあいつらには見えないように壁に背中を預けて、会話を聞くことにした。

 

朝だから静かなのが幸いして、意外ときれいに会話が聞き取れる。

 

「モカ!分かってる!?あいつが巴に何をしたか!」

 

そんなメッシュ女の声を聞いて、瞬時に俺の脳で回答が導き出された。

 

どうしてモカは正博()を知っていたのか。

そしてあのメッシュ女が鋭い視線で俺を見てきたのか。

 

俺は表情を殺して、こいつらの会話を聞こうと思った。

 

 




@komugikonana

次話は8月16日(金)の22:00に投稿します。
新しくこの小説をお気に入りにしてくださった方々、ありがとうございます!
Twitterもやっています。良かったら覗いてあげてください。作者ページからサクッと飛べますよ!

~高評価していただいた方々をご紹介~
評価10と言う最高評価をつけて頂きました シフォンケーキさん!
同じく評価10と言う最高評価をつけて頂きました 沢田空さん!
同じく評価10と言う最高評価をつけて頂きました ちかてつさん!
同じく評価10と言う最高評価をつけて頂きました 空中楼閣さん!
同じく評価10と言う最高評価をつけて頂きました すふぃやさん!
同じく評価10と言う最高評価をつけて頂きました 整地の匠さん!
同じく評価10と言う最高評価をつけて頂きました にじいろさん
評価9と言う高評価をつけて頂きました ヘブンズドアーさん!
同じく評価9と言う高評価をつけて頂きました ブブ ゼラさん!
同じく評価9と言う高評価をつけて頂きました steelwoolさん!
同じく評価9と言う高評価をつけて頂きました 普通の石ころさん!
同じく評価9と言う高評価をつけて頂きました T田さん!
同じく評価9と言う高評価をつけて頂きました 伊咲濤さん!
同じく評価9と言う高評価をつけて頂きました しおまねき。さん!

この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとう!
まだまだ始まったばかり。にもかかわらずたくさんの投票をしてくださったので、皆さんの期待を声援に変えて頑張っていきますので応援よろしくお願いします!!

~次回予告~

「あいつは平気で人を傷つける!どんな関係か知らないけど……今すぐ縁を切った方が良いよ」

そんな言葉がメッシュ女から発せられる。
俺の視線はどうしてだろうか、自分の足のつま先とアスファルトしか見えない。
無意識ながら下を向いてしまっている。

別にメッシュ女に悪口を言われても平気だ。
だけどモカに悪口を言われたら、そんな想像をすると胸が締め付けられるような感覚になった。

呼吸が、乱れる。

「……蘭。心配してくれて、ありがとう」


~感謝と御礼~
今作「change」が早くもお気に入りが100件を突破しました!みなさん、ありがとうございます!
まだまだこれからもエンジン全開で、読者のみなさんに満足を提供していきますのでこれからも応援よろしくお願いします!

~豆知識~
貴博が巴にやった事……主人公である貴博君は双子の弟に成りすまして多額のお金を借りた過去がある。お金は返したが、その影響で弟と巴の関係が一時期冷え切っていた。

~お詫び~
私、小麦こなは個人的な不注意によって利き手を痛めてしまいました。腱鞘炎です。さらに詳しく言うとドケルバン病です。やばそうな名前ですけど死なないので安心してください(笑)
ただ、執筆スピードが遅れる可能性があります。申し訳ございません。


では、次話までまったり待ってあげてください。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。