ネロ帝が女のわけないだろ!いい加減にしてくださいお願いしますから!!   作:オールドファッション

1 / 20
これが序章のわけないだろ!伝説の盛り合わせじゃねえか!!
ネロ帝が女のわけないだろ!いい加減にしてくださいお願いしますから!!


 王宮の一室で女は床に寝そべりながら片手ですくった葡萄の房を一粒ずつ口に頬ばり咀嚼した。

 それはまるで蛇が小さなネズミを舐めるように恐ろしげであり、女の恍惚とした表情にその行為が淫蕩なものを連想させる。

 金の器にはイチジクで肥育した豚レバーやフォアグラ、生きた鶏から切り取ったトサカ、ラクダの蹄、フラミンゴの舌。古今東西の珍味がこの器に盛られている。それはまさに食という富と権力の集合体である。

 

 女が身にまとう衣類も黄金と宝石を散りばめた一品であり、女が纏う高貴さと、尊大さからまるでこの宮殿の主人であるかのように見える。しかし女には実質的な権力はなく、あくまでこの宮殿の主人になるであろう人物の母親でしかない。

 

 女の名前はユリア・アウグスタ・アグリッピナ。

 兄と叔父と関係を持った毒婦でありながら、皇妃の座まで上り詰めた策略家。邪魔な障害となる者は悉く毒殺した。あとは娘であるネロを今は亡き皇帝の座に据えるだけであるが、ここで問題が生まれる。皇帝になるのがアグリッピナの娘という、この一点に全てが関わってくるのだ。

 

 民衆の間でまことしやかに囁かれる自分の黒い噂。その大部分は真実ではあるが、その罪を追及されたとしても証拠などどこにもない。しかし皇帝になる上で民意とは不可欠なもの。たとえ強引にネロを皇帝に据えたとしても、その不和はいずれ大きなヒビを生じることになる。

 皇帝ネロは完璧でなくてはならない。苦汁を飲まされながらも、これまで耐え忍んで来たのは全てこの時のためなのだから。

 

 自分の醜聞を否定し、今更民の顔色を窺いながら善行をしたとしてもそれは疑惑を生むだろう。ならば、ネロが民から支持されればいい。言葉にして見れば簡単なことだが、齢15年ほどの小娘にかしずくほどローマ人の気性は穏やかなものではない。わざわざ追放刑にされた賢人と名高きセネカを呼び戻しネロの家庭教師にしたことでネロは知恵をつけた。皇帝としての器も生まれながらに持ち合わせている。あとは民意だ。誰からも皇帝に推挙される圧倒的な意思の力が必要だ。

 

 それを可能にできる人物をアグリッピナは知っている。

 

 その男の名はルシウス・クイントゥス・モデストゥス。ローマ大帝国一の高名な浴場技師である。彼は幼少期から多方面へ才覚を伸ばし、独創性溢れる斬新なアイデアで物作りをする青年だった。こと浴場建設においてローマ史上彼の右に出る者はいない。

 

 彼の初作品は浴場の壁画にヴェスビオス火山の雄大な自然風景を描いたものであり奇抜で斬新な建築様式に多くのローマ市民たちが感銘を受けた。脱衣場には喜劇の告知を張り興行は連日大賑わい。なにより入浴後に飲むフルーツ牛乳なる飲み物が格別であり、ほてった体に氷でキンキンに冷やされたフルーツ牛乳が犯罪的なうまさを生んだ。

 その他にも家庭用簡易風呂、露天風呂、温泉街、ナイル風浴場、スライダー式浴場、木製樽浴槽など画期的な浴場建設を行い、浴場以外にも個室水洗トイレ、歯ブラシ、新たな料理など幅広いものを発明している。

 

 民衆や同じ浴場技師たちからも絶大な人気を誇り、ローマ市民で彼の名を知らないものはいない。

 ローマ市民が、ローマが彼を愛しているのだ。

 

 ローマの頂点に立つにはルシウスは必ず必要になる。

 

 アグリッピナは王妃の座についた頃からルシウスにコンタクトを取っていた。いずれ生まれるであろう子供の専用浴場技師にする腹積もりだったが、彼の独り占めは市民からの反感を買うと予想すると、その考えを思いとどめただ良好な関係を築くことに専念してきた。

 

 肉体関係へ持ち込もうとしたこともあったが、彼はローマ人にしては珍しく禁欲的で奥手な人物であった。金や宝石にも興味がないらしい。アグリッピナにとって珍しく清い関係を築いている人物というのがルシウスだ。彼女にとって初めて関わるタイプの人間であり変わった反応が面白いと密かに思っている。知的で先進的な考えの持ち主である彼とは話も合うし、新しい発明を見せられると子供の頃の無邪気な気持ちに帰れる。

 

 男などアグリッピナにとっては御し易い操り人形だった。男たちにとってもアグリッピナとは性欲と権力を貪る恐ろしき魔物。どちらも人ですらないのだから話し合いなどできやしない。言葉も、表情も全てが偽り。実のところ宮殿では誰も孤独だったのかもしれない。

 

 しかしルシウスだけが醜聞や怪聞に惑わされずに、アグリッピナを女や王妃だからという色眼鏡で見ずに、アグリッピナとして見ていた。

 

 そのことに気づいた瞬間、アグリッピナは胸の内にあったものを自覚した。

 

 私はルシウスが好きだったのだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルシウス・クイントゥス・モデストゥスは絶望していた。

 

 前世で風呂の中で溺死したらいつの間にか古代ローマ帝国市民に転生したはいいが孤児からスタートというハードモードで毎日泣いてた。

 

 すぐに奴隷商に捕まってアッタロスという哲学者に売り飛ばされてからこのクソジジイに毎日こき使われて大泣きした。

 

 知識と才能が認められてから弟子になって(しご)かれ解放奴隷となったはいいが突然無一文で破門されて号泣した。

 

 『テルマエ・ロマエ』で読んだことを真似して浴場職人になったが毎日建設の依頼が絶えなくて忙しさで涙も枯れ果てた。

 

 もうやだ。日本にかえりたい。ママの作ったお味噌汁を溺死するほど飲み干したい。

 だいたいなんで転生先が古代ローマなの?チョイスおかしいんじゃない?俺tueeeeな転生チート特典もないし、まとも(激務生活)な暮らしを手に入れるまで三十年くらい掛かったぞ。前世の知識で商人無双とか小説の中の出来事ですわ。

 

 ようやく手に職がついたと思ったら毎日毎日仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事……●ぁっきゅー!

 むしろ俺が殺されちまうわボケェ!!ローマ市民どんだけ国中に風呂作るつもりだよ!?下手したら国内の建造数ナンバーワンだぞ!?てかもうその一歩手前くらいきてる気がするわ!!ローマ市民が風呂に対して貪欲すぎて日本人の俺もドン引きだよ!!

 

 はぁ、はぁ……。

 

 も、もうあかん。ローマが私を確実に殺しにきてる。別の国で仕事しようかな……いや、ローマの二の舞になりそうだからやめとこ。

 私が未来の文明人すぎてローマが肌に合わないわ。ローマは最高の文明国であるみたいに言ってるけどそれは違う。人気の食事は牛乳で煮た豚の乳房とカタツムリだぞ!カタツムリは置いといても豚の乳房は『わざわざそこ好んで食べる!?』ってびっくりしたよ。まあ、これはまだいい方で貴族に至っては生きた鶏から切り取ったトサカとかラクダの蹄とかフラミンゴの舌が人気だかねぇ………………あなたたち蛮族ですね!?(鶏ぃ!!!)

 

 公衆トイレも個人の敷居がない丸見えの状態で腰掛けてうんこするわ本当あたまおかしいわ。踏ん張ってる時に『難産ですな!』とか隣から声かけられたら出るものも出ないよ!この時代トイレットペーパーないから海綿つけた棒をみんなで使いまわしてるし衛生面バイオハザード3倍界王拳だっ!もうオラの体が持たねえ!!仕方がないから私がローマ中のトイレを作り直してやりましたよ!!

 

 まあ、こんな蛮族の国でもいいところの一つや二つはある。

 まず住民のほぼ全てが美男美女であること。ほんとこれにつきますわ。ローマ市民の顔面の平均点は80点くらいあります。

 ローマの女の子はみんな美人で体がボンキュッボン!そしてエッチなことが大好きなのです!

 当初は私もそのことに感激してスタンディングオベーションした時期がありました。ですが蛮族なので欠点がひとつあります。それは口が汚いこと……歯が真っ黄色なのでした。古代ローマには歯ブラシという文明の利器がなかったのです。ローマでは鹿の角を砕いた粉末やポルトガル人の尿にホワイトニング効果があると思われこれで歯磨きをしていました。これを知って私は静かに座って泣きました。無理、歯が真っ黄色な上に飲尿経験ありとかほんと萎えるわ。

 

 その上ローマの女は超がつくほどの肉食系女子だった。エッチが好きすぎて夫以外の男性と関係を結ぶなんてことは日常茶飯事。昔ユリウス姦通罪という夫以外の男性と性行はNG!でも娼婦はおK!という政策があったが『なんで夫以外と●ックスしちゃだめなの!?それなら娼婦になってやるわ!!』と多くの女性が娼婦になった出来事があったのだ。

 これには私も笑顔でドン引き。やっぱ蛮族じゃないか!アマゾネスは藤岡弘探検隊と一緒に密林へ帰りなさい!!

 

 そもそも私の好みはお淑やかな大和撫子だ。ほんと日本に帰りたいわ。まあ今の日本の大和撫子は紫式部より卑弥呼くらいの時代だろうけどね。

 

 まあ、そんな感じでわたしはローマにいます(SOS)

 元気でーす!(かなり叫んでみた)

 

 毎日多忙な私ですが、今日は珍しくお仕事がない日です。まあ、私が休みを取ろうとしたら国中のローマ市民たちが家に押しかけ占領されちゃったりするけど、今日はそんな心配はない。なぜなら王妃様からの直々の呼び出しだからである。

 

 召使いに案内されて部屋に入るとベッドの上でくつろいでいる絶世の美女が私を見て微笑んだ。

 

「久しぶりね、ルシウス。会いたかったわ」

 

「光栄です。アグリッピナさま」(エッッッッッッッッッッッッッ)

 

 あぶなかった!即座に前かがみにならなかったら勃起による不敬で首を跳ねられてたかもしれない!

 もともと体がエロの権化の上に際どい衣装を着てるから本当に股間に悪いわこの人!これで経産婦で未亡人とか国中の人妻好きがスタンディングオベーションだよ!

 

 私は頭の中で蛮族の王妃と何度も唱えながら元の体勢に戻った。

 情けない話ではあるがこれでも初めて会った時よりはだいぶ進歩したのだ。あの時は勃起が収まらず話し終わるまで礼をしてたからな。会話の内容もほとんど頭に入らなかったし大変だったわ。

 

 一見こうして私を誘惑するためにわざわざベッドで横になって露出度の高い服を着ているように見えるが、というか本当に誘惑しているのかもしれないとわりと思う。まあ、これほどの美人なら口が汚くてもウェルカムだがこの方は兄と叔父を喰ってしまうほどの肉食系だ。私の好みに反している。それにこの方にはよくない噂があるのだ。

 

 まず有名なのは兄と叔父の毒殺疑惑。これに関しては私もその噂が正しいと思う。この方は根は悪い人ではないのだが先進的でどこまでも権力というものに貪欲だ。その気になれば親族くらい何人でも平気で殺せるだろう。まあ、こうして話し合うだけの関係なら問題はない。

 

 恐ろしいのは他の噂だ。

 なんでもその美しさを保つために国中の処女の血を集めて浴び、童貞のちん●を好んで食す(物理)というやつだ。

 カーミラか!あと後半のやつ怖すぎるだろ!!こんな噂を考えたやつマジおかしいわ!!

 

 さすがの私もただの噂だと気づくレベルの酷さである。だから噂が怖くてアグリッピナさまを襲えないわけではないのだ。

 

「そういえばあなたの考えた豚の腸詰料理がローマで評判のようね」

 

「ええ、ローマから豚がいなくなるかもしれないほどの人気ですよ」

 

「それはいやね。私あなたの(考えた)ソーセージ気に入ったのよ」

 

 べ、別に深い意味はない。妙に艶っぽく舌なめずりしているような気もするが気のせいだろう。

 

「それにしても動物って余すことなく食べられるのね。血も飲めるのかしら?」

 

「………………すっぽんという亀の血は滋養強壮効果があると聞いたことがありますね」

 

「へえ、きっと他の生き物の血も美味しいのでしょうね」

 

「」

 

 う、噂が怖くてアグリッピナさまを襲えないわけではないのだ。(震え声)

 

 気分の悪くなった私は庭に出て月を眺めながら女神ディアナに願った。

 

(どうか日本にタイムスリップして漫画版ヒロインと結婚できますよう)

 

 この世界がテルマエ・ロマエならルシウス技師は小達さつきと結ばれる運命にあるはずだ。

 映画版ヒロイン?しらんな。私はさつきちゃん派だ!

 

 そのためになるべく原作通りに行動してみたが一向にタイムスリップができないことはもう忘れよう。きっと時代が悪いのだ。ハドリアヌス帝の時代になれば私もタイムスリップを習得できるに違いない。それにしてもハドリアヌス帝はいつ皇帝になられるのだろうか?早くあなたが皇帝にならねば私はローマに殺されてしまいます。

 

「あ、ルシウスだ!余に会いに来てくれたのだな!」

 

「ぬ!出たな自称皇帝娘!」

 

「自称じゃないもん!本当だもん!」

 

 この金髪の触角を揺らしている小娘はネロといって私が宮殿に来ると毎回じゃれついてくるよくわからない子供だ。自分のことを次期皇帝とか大言壮語をほざいている侮辱罪まっしぐらな妄想癖を持っているやばい奴である。私は心が広いから内緒にしているが、他の人に聞かれたらおまえ首がないぞ!

 

 しかしネロとはまた不吉な名前である。何をしたかは知らんがローマ史上に名を刻んだ暴君と同じ名前とかこんなのネロちゃんがかわいそうだよねぇ!まあ、こいつが皇帝になる確率なんてまったくないので安心だ。

 

 ネロ帝が女なわけがないもん!


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。