ネロ帝が女のわけないだろ!いい加減にしてくださいお願いしますから!!   作:オールドファッション

17 / 20
登場人物たちのあらすじ2

【ルシウス・クイントゥス・モデストゥス】

最近は漫画版ヒロインと結婚するつもりないだろと思われるくらい別れた妻のこと引きずっている男。前世では母子家庭の長男として生を受け、物心ついた頃から母や妹のために近所の横丁でお手伝いしてお駄賃をもらい妹のおもちゃなんかを買ってあげたりした。学生時代も学校に隠れてバイトを掛け持ち、すべて学費や生活費にする。成人した頃と同時に母がなくなり、妹が独り立ちするまで面倒を見てきたが、内心は一人になりたいとずっと思っていた。妹に彼氏ができて家を飛び出しようやく一人になれたが、今まで家族のために生きてきた彼は自分のやりたいことが分からず、だれもいない家の中で彼は悩み続ける。彼は自分が空っぽであったことに気づいたのだ。趣味の読書に日々をただ費やす中、妹からのDV被害のメールを見て飛び出し二人で遠い場所に引っ越した。自分の残りの人生は妹のために使おうと決意し、彼は妹の幸福のために働き生きていく。妹も兄に依存したが、やがて良き男性と出会い結婚した。妹の結婚式の帰り、すべてをやりきった彼は妹の元カレに気絶させられ風呂の中に沈められる。その頃、何も知らない妹はこれからは兄が自分のしたいことを見つけ、我慢せずにわがままに生きていけることを願ったのだ。それが運命か皮肉か今のルシウスを作っていた。まあ、妹も今の兄を見たらやりすぎで白目剥くかな。

 

【シンプソン】

弟子一号。名前が例のご長寿アニメと同じでやだという理由で、神父とあだ名がつけられたかわいそうな男。見た目はどこぞの童話作家と同じ名前の神父さま。昔はおとなしい美少年で面倒見のいいルシウスにくっついてたが、ルシウスを守るために筋トレしすぎて強面になってしまった。ダンベル何キロ使ったの?今回は少佐や伯爵からある程度の情報を得ていたので戦争が終結し、ルシウスも帰ってくるのを知ってたので落ち着いていたが、知らなかったら一番暴走してただろう。

 

【名無しの男】

弟子二号。名無しだったが軍のお偉いさんという理由だけで少佐とあだ名がつけられた太った男。見た目は戦争大好きなナチスのあの人。アラヤの切り離された感情が変質して狂気を生み、戦争により壊れた世界を正そうとしたがルシウスに色々餌付けされてやめた。食事も戦争もルシウスのくれるものが美味しいらしい。今回の件で元老院や邪魔な組織を一掃し、アグ様もなにやら一枚かんでたとか。後編で明らかになるがいろいろゲスいぞこの二人。

 

【アルトルージュ・ブリュンスタッド】

弟子三号。色々な異名があるが吸血鬼という理由で伯爵でもないのに伯爵とあだ名がつけられた少女。これにもヴラドパパも激おこ。公式では月姫の最強妹さまの姿だが今作ではロ●カードさん。べつに性別男じゃないからボイスが麻婆神父ではないよ。ガイアのバックアップで空想具現化に目覚めた彼女の力はルシウスの温泉探知機として機能している。ぶっちゃけ建設作業なんてできないから日がな一日ルシウスの影に潜んでは眠りそうな彼を起こしている。物理的なエナジードリンクで過労死して翼がさずかっちゃうと、ペットの絶対人類殺すわんちゃんもこれには憐れんだ。何気にルシウスに好意を持つ女性キャラではかなりの古参。最後にこの伯爵が隣にいれば良かろうなのだぁ!と計画を立てている。

 

【とある暗殺者教団の教主】

弟子四号。妻との入れ替わりで現れなんか漫画に出てきそうな如何にも執事が似合うという理由で執事とあだ名がつけられた老人。見た目はどこかの英国機関で死神やってそうなおじいちゃん。実は肉体いじって老人ムーブかましてるが正体は童顔のご長寿。今まで送られてきた守護者や暗殺者をお掃除してくれてた綺麗好きな執事さんです。あの御技を使うけど正確には山の翁ではない名無しの教団の教主。名もない暗殺者が集まり歴史に名を残すことなく影で消えていくある意味真の暗殺者たち。数年前に娘と喧嘩別れをしてほかの部下に教主を譲り、現在は執事兼浴場技師に再就職中。

 

【なんちゃって守護者5人衆】

衛宮さんちの今日のごはんのキャラだろアーチャーエミヤ。伝説の漫画おでんを探してローマを練り歩く沖田オルタ。ローマの人工池に浮かぶ巨大な船に惹かれて夢の国もどきに迷い込んだ坂本龍馬。ポップコーン屋台の店員にカエル味はないかとクレームをつけるお竜。一人で真面目に暗殺の仕事やってたら型月最強生物に追われた挙句に糸まきまきされているアサシンエミヤ。誰でもいいからアサシンエミヤを助けてやれとアラヤは思った。

 

【転がる石たち】

ギリシャへ帰された4人は当時の恐怖を歌詞にしてギリシャで演奏。一部の根強いファンを獲得した。なお、彼らの歌は魚面の種族に効果があるらしく、どこかの大学教授を初めアーカムで大流行したとか。

 

【アラヤくん】

アラヤがストレスを感じて切り離したいわばストレスでぼろぼろの胃の擬人化。たいていの文章でリアクションとってたアラヤは彼だったりする。強力な思考誘導で惜しいところまでいったが最後に大失敗。現在アーチャーにより保護されている。がんばえぇ、アサシンエミヤぁ!とちょっと幼児退行中。

 

【ガイアママ】

地球表面で核並みの爆発と人類のほとんどが死滅する計画に反発しアラヤとは別の道に行こうとしている。送り込んだ真祖がルシウスにガチ惚れしたのは驚いたが、早めに見切りをつけてルシウスを味方にしようと計画中。

 

【最終章の時系列】

アラヤくんが魔術師組と守護者組を連れてローマ入り。この時点で少佐はアラヤくんと手を組んでたが裏では古弟子たちとアグ様に情報を流している。

 

同日、ルシウスが休みをもらって自宅で即爆睡。守護者組が彼についてる協力者を離し、その間に魔術師組がルシウスを自宅で拷問後殺害する予定だったが、切り離されたアラヤくんに絶対的な支配権がなくアサシン以外が観光してしまった。アサシンが必死の追いかけっこをくり広げている間、魔術組が自宅に人よけの魔術を張って拷問。物理エナドリ役がいなくなりルシウスが爆睡したまま拷問が進み、表情を動かさないルシウスに魔術師組はドン引き。

 

追いかけっこ中に執事と交代してマッハで自宅に向かう伯爵。アサシンは再び地獄のおいかけっこに陥る。ルシウスが魔弾をくらいそうになったと同時に影に戻った伯爵は影の中の虚数空間にルシウスをしまい縄を外した。その後二人は風呂場でワープしてぐだぐだ戦国時代入り。ルシウスが寝てる間ぐだぐだ世界線から生命の息吹を組み上げた伯爵はルシウスに与え治療を行う。そして景虎からルシウスの貞操も守った。

 

ルシウスの消失の数日中、頑張ってみんなの疑心暗鬼を煽ったアラヤくん。なお、計画を知ってる人物達には掛からない。その隙の反乱を企てた内部勢力を少佐が一掃。アグ様はエスィルトとネッサンにある計画を持ちかける。二人はドン引きしつつもルシウスの貞操という特典に乗った。同日、ローマ兵たちが皮を剥がれて谷に突き落とされるが、神父に回収されロクスタがルシウスの残したグレージャックの内容を元に治療を行う。ごめんね手塚先生。そして半壊した自宅を前に泣いたペトロ。憂さ晴らしで磔にされる度に信仰の正拳突き一万回をイメトレし出した。

 

消失一か月目にしてルシウス暗殺説が両国に広がり不安が高まる。ネロが共同ライブを提案し、顔合わせも兼ねてイケニに向かう。イケニでも偽ローマ兵と共にブーディカ一行が出発。なぜか娘たちに腹巻をチョイスされたママは困惑した。そして例の渓谷で事件が起こりネロとブーディカは噂を信じ込み絶交。渓谷の件で元老院組が反発するが魔術師組に監禁されてしまう。別邸を掌握した魔術師組は司令部を立てた。そしてペトロが羽化しイエス様の奇跡を発現。

 

数ヶ月後、ローマには属州が、イケニはアイドル同盟軍が集結し二人の決闘が決まると決戦の地まで移動。ヨハネとペトロも合流。これでようやく邪魔な人間たちが片付くとほくそ笑んだアラヤくんとそれをワイン片手に見守る少佐。同時刻、ローマに着いた転がる石たちは沈んだ気持ちで酒場へ移動。アサシンはついに根負けして執事に捕まる。

 

到着した二人は群衆が見守る中で戦う。それと同時刻、ぐだぐだ世界線で目覚めたルシウスは風呂場で逆ワープして爆心地に到着。また伝説を繰り広げている間に軍勢を集めたぐだぐだチームが合流する。その光景を水晶越しから見たアラヤくん吐血、それを肴に飲み始める少佐。

 

ルシウス百鬼夜行チームとぐだぐだ戦国チームに分かれてローマへ侵攻。近づいてきた行列を目にして龍馬は守護者に警告を発したが、アサシンとは連絡が繋がらなかった。ルシウスたちがローマを制圧し終えると少佐の元に伯爵が合流しわんちゃんがアラヤくんをぺろぺろしまくり。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。