言い伝え   作:紫李鳥

1 / 1
言い伝え

 

 

 

 夜、口笛を吹くと叱られた。

 

「蛇が出るぞっ!」

 

 そう言って、親父はコップ酒を飲みながら、卓袱台(ちゃぶだい)に載った西瓜の浅漬けを口に放った。

 

 他にも言われた事がいくつかある。

 

 下の歯が抜けたら、屋根の上に。上の歯は床下に。

 雷が鳴ったら、(へそ)を隠せ。

 霊柩車を見たら親指を隠せ。

 夜、爪を切ると親の死に目に会えない。

 北枕は死人だけ。

 

 もう一つ。

 

「夜中に蛍川には絶対に行くな!」 

 

 念を押すようにそう言って、俺を睨み付けた親父の目は怖かった。

 

 蛍川は近くにある小さな川で、夏になると沢山の蛍が飛び交う美しい所だった。

 

「……なんで夜中は駄目なの?」

 

「……昔からの言い伝えだ。それに、その時間は子供は寝てる時間だからだ」

 

 確かに親父の言う通りだ。

 

 

 

 だが、小学4年の時、俺は親父との約束を破った。

 

 夜中に行ってはいけないのは、別に理由があるような気がしたからだ。

 

 (いびき)をかいている親父の横を抜き足差し足で通ると、ズックを突っ掛けた。

 

 

 

 川に続く農道の誘蛾灯には沢山の蛾が群がっていた。それを横目に、全速力で走った。

 

 

 

「ハァハァハァ……」

 

 川の辺りまで来ると、せせらぎが聞こえた。

 

 生い茂る雑草を掻き分けて川辺まで行ったが、蛍は飛んでいなかった。

 

(……もう、寝てるよな、蛍も)

 

 対岸にも変わった様子はなかった。

 

(俺の思い過ごしか……)

 

 諦めて帰ろうとした時だった。

 

「あ~……」

 

 女の声がした。

 

 俺は慌てて(きびす)を返すと、身を屈め、息を殺した。

 

「あぁぁ……」

 

 また、女の声がした。

 

 すると間も無く、対岸から(くさむら)を掻き分けるような、ガサガサという音がした。

 

 俺は咄嗟(とっさ)に屈むと、丈の高い葦に身を隠した。

 

 すると、畦道に向かう男の後ろ姿が見えた。

 

(こんな夜中に何をやってたんだろう……)

 

 そんな事を考えていると、また、ガサガサと音がした。

 

 音のする対岸に目を据えていると、白い服を着た女が川に向かってきた。

 

 高い葦が作った暗闇に浮かんだその姿は、まるで蛍のようだった。

 

 俺はドキドキしながら、女の挙動を窺っていた。

 

 女はスカートの裾を捲って川に入ると、下半身を沈めた。

 

 途端、雲間から覗いた月が、女の横顔を(かたど)っていた。

 

 

 

 そんなある日。夜中に小便に起きると、親父の姿が無かった。

 

 親父も小便かと思い、暫く待ったが、出てこなかった。

 

 不審に思い、「父さん!」と声をかけたが返事が無かった。

 

 慌てて戸を開けたが親父は居なかった。

 

(……どこに行ったんだろう?……アッ!)

 

 俺は思い当たると、急いでズックを突っ掛けた。

 

 

 

 俺はあの時と同じ場所で、高い葦に身を隠していた。

 

 暫くすると、対岸からガサガサと音がした。

 

 目を凝らすと、男の顔が月明かりに現れた。

 

(アッ!)

 

 

 

 俺は走った。必死に走って家に帰った。

 

 

 

 

 《蛍川に売春婦の遺体!》

 

 新聞記事に、そんな見出しを見つけたのは、それから間も無くだった。

 

 

 

 

 あれから20年が経つが、犯人は未だ捕まっていない。

 

 捕まるはずもない。

 

 まさか、子供の仕業だとは誰一人として思いもしないだろう。

 

 

 

 俺があの時見たのは親父だった。子供ながらにも、それがどういう事なのか理解できた。

 

(汚い!親父は汚い!)

 

 親父を不潔に思いながらも、俺は後日、女に会いに行った。

 

 

 

 雑草を掻き分けるガサガサという音に、女が顔を出した。

 

「なんや、子供かいな」

 

 女はがっかりしたように肩を落とした。

 

「こんな時間に何してんの?」

 

「…………」

 

 俺は俯いたまま、言葉が出なかった。

 

「……もしかして、わてが欲しいん?」

 

 女が目を見開いた。

 

 俺は恥ずかしくて、顔を伏せた。途端、

 

「ぷっ!」

 

 女が吹き出した。

 

「もうちっと大きくなってから来や。お金持ってな。アッハッハッハッ……」

 

 女は赤い唇を大きく開くと、高笑いをしながら背を向けた。

 

 その瞬間、俺の中に殺意が芽生えた。

 

「ウワーーーッ!」

 

 俺は大きな声を発すると、女の背中を思い切り押して、川に倒した。

 

「キャーッ!」

 

 女の悲鳴と共にバシャッと水面を打つ音がした。

 

 俺は、俯せになった女の頭を力一杯押して、川に沈めた。

 

「ブクブク……」

 

 女は懸命にもがいていた。

 

「お前が悪いんだーっ!」

 

 俺はそう叫ぶと、更に力を込めた。――

 

 

 

 

 

 俺はあの女に初めて会った時、亡き母の面影を重ねていたのかもしれない……



 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。