ДаとСпасибоとХорошоとДо свиданияしか話せません。しかも性別も前世と違います。俺はこの先、どうすれば??   作:B・R

1 / 2
性懲りも無く触りだけ投げておきます。
プラウダ戦記見ながら書いてるので、プラウダ戦記が新刊出るまで更新が途絶えることもあるのでご了承ください。


俺=転生ガルパンおじさん系JK

「⋯⋯」

 

揺れる。お尻が痛い。ああ、それにしても寒い。

文句しか浮かんでこないなあ、全く。

 

「ラウラさんは、寒くねえべが?」

Да(ダー)

 

同じ車両(BT-7)に搭乗する少女からかけられた心配の声に、大丈夫だよ、と答えようとすれば口から出てきたのはロシア語。

ダーはイエスとか、なんか肯定系の意味だから間違いじゃないけど⋯⋯。でも、日本語の質問の返答にダーは、ロシア語は無いだろ。

 

「ラウラさん、日本語の練習は上手く言ってるんだべか?」

 

上手くいくも何も、中身は日本人だから話せない方がおかしいんだけどな。この身体は難儀なものだから⋯⋯。取り敢えず、何か言った方が良いか。

あ、あー⋯⋯出るかなあ。

 

「⋯⋯」

「その様子だと、駄目っぽいなぁ」

 

狭い、日本語でそう言おうとして、俺の口は何も音を発さなかった。口の形も曖昧で伝わるべくもないだろう。拒絶反応ではないが、言葉にしようとすると霧散してしまう。

というより、声帯が日本語に対応していないのだろう、ちくしょう。

 

「まあ、そのうち話せるようになるべ。頑張ってな」

Спасибо(スパシーバ)、ミラーナ」

 

どうにも俺は日本語を話すことが出来ないらしい。中では、こんなにも流暢な日本語を話せているというのに、だ。

とはいえ、原作にはいないキャラクター(・・・・・・・・・・・・・)ではあるが、この世界に生きる少女でもあるミラーナに礼を述べることは出来たので御の字。関係の悪化はどんな世界でもよろしくない。

ちなみに、スパシーバは、ありがとうみたいなそういう意味合いとして使ってる。

 

『私が教えてはいるのですが⋯⋯』

「ノ、ノンナ副隊長!? 聞いていらしたんだべか!?」

『ごめんなさい、無線が繋がっていたもので』

 

無線から聞こえた冷静な雰囲気の声に、ミラーナが驚く。俺も驚いた。まさか無線を切り忘れていたとは。私語ばかりしていると隊長に怒られてしまう。

 

「ノンナ」

『いえ、ラウラ。落ち込む必要はありません。誰にだって得手不得手はあります』

「Да」

 

総合的な年齢で言えば三十歳近く年の離れた女の子に慰められるなんて⋯⋯情けない。

とはいえ、上坂すみれボイスの滑らかな声質で慰められるというのはなかなか。ああ、でも、やたらと俺をぬいぐるみ抱きしようとするのはやめてほしい。精神的にも、CP的にも。

 

『アンタ達! 何を遊んでいるの! 練習試合とはいえ、相手は聖グロリアーナなのよ!』

「ひい! ご、ごめんなさいカチューシャ隊長!」

『ラウラも返事!』

「Да」

 

よく張った金元寿子の声に叱咤されれば、自然と背筋も伸びるというものだ。まあ、口からはロシア語しか出てこないけど。まあ、返事出来るだけましかなぁ。

⋯⋯おっと、そろそろ時間か。

 

「ファイーナ」

「あ、ラウラさん、そろそろ変わる?」

「Да」

 

狭い中、操縦手を担当していた小柄な少女ファイーナは、軽業じみた器用な動きで操縦席から抜け出す。俺はそれに合わせ、無駄のない動き、極力時間をロスしないようにするりと動いて誰もいない操縦席に座るとハンドルを握った。

元々、俺は車長なんて柄じゃない。たまたま、ファイーナと適性が被り、俺が辞退したのだ。BT-7はその狭さの都合上乗員は三人。車長は通信手と兼任、砲手は装填手と兼任する形になる。だが、車長はともかく通信手は俺が極一部のロシア語しか話せない時点で無理だし、装填手は筋肉さえあればできるから良いとしても、砲手には適性がなかった。結果として、ミラーナには負担をかけてしまうが、彼女は通信手兼砲手、俺は車長兼装填手になったのだ。基本イエスマンみたいなもので、しかも、この車の皆は何だかんだで有能だから作戦遂行能力も高いわで、俺が車長でもあまり問題は無かったし。

 

「にしても、私じゃなくって、ラウラさんが操縦手になれば良かったのになぁ」

「⋯⋯」

 

いや、俺自身、少女達の役を自分の都合で奪うだなんて嫌だったしなあ。まあ、結局はカチューシャ隊長に見抜かれて、それでも俺が意固地に車長をやることを貫いた結果の、『作戦によっては運転手になる』という今に至るのだが。

 

『さあ、ラウラ、ノンナ! 任せたわよ!』

 

おっと、ご指名だ。

やるからにはやる、それが転生ガルパンおじさん系JK(・・・・・・・・・・・・・)こと、ラウラさんの信条なのさ。

 

 

この、亰柱峠最速の力、ブリティッシュ共に見せてやる。

 

 

 

 

 

 

 

 

前世の男の俺の事細かな話なんてどうでも良いだろう。

今世での俺の名前はラウラ。ロシア生まれロシア育ちの十八歳、三年程前から日本のプラウダ高校へと留学し、戦車道に打ち込む現役女子高生だ。

 

 

―――そう、プラウダ高校(・・・・・・)である。あの戦車道(・・・)である。

 

 

俺はガルパンが好きな三十手前の社会人であった。

なんで死んだのかは覚えがなかったが、事故か何かだろう。神様にも会っていない。だから、特典なんかももらっていないのだろうことは何となくわかった。特典をもらって云々の転生モノ小説を読んだことはあるが、俺自身がそうなるなんて思いもしなかった。いや、少しなりたいとは思ったけど、別にこれと言った欲しい特典があったわけでもないし⋯⋯。

 

それに、俺には高校生の頃から、徳島の奥地、亰柱峠を駆け抜けたドラテクがあった。転生先が普通の現代なら、俺はこれを生活の種にして生きていく算段を付けていたに違いない。

 

しかし、そんなことは無かった。

 

俺が転生したのは、年がら年中寒いことくらいしか知らないロシア。しかも、性別は女。大いに戸惑ってるし、今も自分の身体を直視しようとすると少しの間固まるくらいだ。身長は140cm弱の小柄ではあるが、脚はスラリと長く全体的にこの身長にしては発育も良いし、顔立ちなんて前世じゃ見た事もない程に整っている。前世男の俺としてははっきり言ってそんなに嬉しくない。

それに、今世の俺はロシア人だ。

生まれた時、周りがやたらと変な言語を話していたのだから、びっくりしたものだ。しかもなんかいろいろと拗れてて複雑な家系で、虐待を受けた幼少期とかいうはっきり言ってガルパン世界には重過ぎる過去を持つ。はっきり言って、人生二周目じゃなければ自殺してたレベルだ。だからかは知らないが、俺の身体は最低限以下のДа(了解)Спасибо(ありがとう)Хорошо(凄い)До свидания(さようなら)しか話せない。しかも、声帯が日本語に対応していない始末。だから日本語だって話せない。後、表情も動かない。

 

 

あれ?軽く詰んでない?

 

 

⋯⋯ま、まあ、ともかくだ。

その後の俺の人生は、怒涛であったと言って過言ではない。中学一年生の時、父親がなんかの病気で死んだ。そして、それを契機にさらに荒れ始めた元軍人であった母、それを見かねた母の同僚の現役女軍人さんに引き取られた俺。

いやあ、大変だった。ロシア語は、まあ、何となく分かる。⋯⋯ような、わからないような。虐待を受けてきた経験からか、悪意のある言葉は分かるのだが普通の会話はてんでダメだった。

そんな意思疎通も一苦労の俺をここまで育ててくれた義母さんには、今でも感謝の念に堪えない。

 

そして、この世界がガールズ&パンツァーであると分からせてくれた、戦車道と巡り合わせてくれたのも、義母さんだ。

将来的に出世して義母さんに恩返しをするために俺が勉強に明け暮れていた時、義母さんが唐突に出した話題。あの時のことは今でも思い出せる。

 

『お前、戦車道、興味あるか?』

 

軽い触り程度だったのだろう。うちでは、絵を使って意思疎通を図るのだが、ホワイトボードに書き込まれたデフォルメされた戦車同士が戦う絵と戦車に乗り込む人の絵を見て、そして何より、戦車についていた旗と撃破された戦車から上がる白旗を見て、俺は理解を示した。

自分の身体にも、自分を平然と女として扱ってくる周りにも慣れておらず、そんな理由を知る由もない周りからは無口で挙動不審気味な不思議ちゃんであった俺が、珍しく身体を固め、何やら反応を示したのだ。義母さんも少しばかり驚いた顔をしていた。

 

そこからはトントン拍子。毎日のように軍の基地か何かに連れて行かれた俺は戦車に触るところから始めさせられ、一ヶ月後には戦車に乗り始めた。義母さんが、軍人でありながらロシア戦車道選手育成の監督役であるということを知ったのもその時だ。

 

そして、その時に出会ったのがBT-7。この快速戦車である。

 

いやあ、天命だと思ったね。正しく。俺の培ってきたドラテクが唸りに唸ったよ。

いきなりBT-7を軍人顔負けで操縦し始めた俺に、周囲がどういうわけか『Хорошо(ハラショー)!』だの『Молодец(読みは知らない)!』だの何やら沸き立った感じで騒ぎ立てていたのは、昔、ドラテクを披露して称えられていた頃に戻ったみたいで正直言って悪くなかった。

それからだろう。俺は戦車を操縦して生きていこうと思ったのだ。例え、この世界がガルパンだとしても、態々原作に関わる必要は無い。関わる気もない。と言うより、俺は原作を変えたくなかった。俺が変に介入して、西住みほ達大洗女子学園の皆が引き裂かれるなんて冗談じゃない。俺は、そんな非情なこと出来ないし、責任なんて取れない。

 

だから、俺はこのドラテクを役立てつつ、義母さんに恩返し出来ればそれで良い。

 

⋯⋯そう思っていたのだが⋯⋯。そう、本当にそう思っていたのだが。

 

 

中学三年生の終わり頃、義母さんは唐突に切り出した。

 

 

 

『プラウダ高校に、留学、しないか?』

 

 

 

はえ?

 

義母さんが取り出したのは赤い校章の学校のパンフレット。そして、ホワイトボードにはロシアの国旗から矢印を引かれた日本の国旗。

なんでも、プラウダ高校の現状を憂う声がどっかで上がったらしく、戦車道も万年二番手で甘んじている現状を義母さん自身も如何なものかと思ったらしい。だから、俺が行ってきてプラウダ高校を革新してこいとかなんとか。

 

 

―――なんで?⋯⋯え、なんで?

 

なんでロシア語も十分に話せない上に、日本語とか全く話せる気がしない俺に革新の使命を背負わせようとするの??

 

だが、表情筋がピクリとも動かない俺にそんなことを伝えられるはずもなく。更には、義母さんの強引さが発動して、俺はとうとうプラウダ高校に送られることとなった。

 

 

 

そして、俺は気が付いたのだ。

 

 

 

―――あ、世代的にちゃんとカチューシャが居るじゃん。ノンナもいるし、こりゃプラウダも安泰。俺も戦車道全国大会優勝経験者ってことで箔が付くな。義母さんへの恩返しもしやすくなる。

素晴らしい。実に僥倖。後はカチューシャとノンナのいちゃいちゃを見て和んで終わり、だな。うむ。

 

 

 

До свидания(ダスヴィダーニャ)

 

 

 

そうして、受験を終えた俺は空港まで見送りに来た義母さんに手を振って、プラウダ高校へと、その学園艦の寄港地である青森へと旅立ったのであった。

 

 




感想、誤字脱字報告お待ちしてます。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。