GJ部の傍観者〜紅茶風味〜   作:橘田 露草

1 / 2
ぐっじょばんは!
くーさんこと露草です。
ちなみにぐっじょばんは、GJ部とこんばんはを合わせた破邪顕正の挨拶です。
口に出すと意外といいにくい。

さて一応事前のお話を。
この小説はオリジナル小説「紅茶のおかわりはいかがですか?」をオマージュから原作準拠に方向転換した小説です。
はい、説明以上!

愛があれば説明なんて必要ない!
それでは新生『紅茶』もといほぼ初めましての二次創作スタートです。


ネクタイ

5月ももうすぐ終わるというある日のことだった。

 

「おい、ネクタイ」

 

窓辺の椅子で私物の本を読んでいた(ふみ)だったが、その声で顔を上げる。

声の先には丸テーブル。

現在そこにいるのは京夜(きょうや)真央(まお)

 

「おい、キョロ。ネクタイ」

 

真央が京夜を肘で突きつつ再度言う。

文と同じく本を読んでいた京夜は急に言われ何のことかわからず戸惑ったをしている。

仕方なく助け船を出す。

 

「四ノ宮さん。ネクタイが緩んでるって」

「ああ、うん」

「お姉ちゃんはもう少し具体的に言うように」

「弟うるせー」

 

弟呼ばわりはひどくないかと一瞬思ったが確かに弟には変わりないなと納得し黙る。

真央の指摘通り、京夜のネクタイは緩んでいた。

そう言えば今日は結構暑かったとどうでもいいことを思い出しまた視線を本に戻す。

 

「えーと……あれ?」

 

京夜の声に再度顔を上げる。

文の読んでいるのは所謂ライトノベルというジャンルの本だが、今読んでいるところは難しい言葉やらルビだらけの説明パート。

基本的に難しいところは読み飛ばす派の文はあんまり集中して読んでなかった。

 

それはともかく目の前の光景に目を向ける。

様子から察するに一度ネクタイを全部ほどいた京夜だったが、うまく結べないらしい。

文も朝眠い時とか結び方が一瞬分からなくなるからよくわかる。

 

「あれれ?」

 

今度はちゃんと結べたが京夜的には気に入らなかったらしい。

これは適当な性格の文にはよくわからない。

 

個人的にはもう放課後だからうるさく言わなくてもいいと思うがどうやら真央は気に入らないらしい。

現にだらだらやっている京夜に明らかにイラついているからだ。

 

「あ、ダメだ」

 

3度目の何とやらと言うがどうやら失敗したらしい。

まあ鬼監督のように真央が見張っていれば当然だと思うが。

 

「……メグ」

「はーい」

 

真央に呼ばれにキッチンスペースでお湯を沸かしていた(めぐみ)がやってくる。

手伝ってやれってことだろう。

 

「はい、四ノ宮君失礼しますねぇ」

「あっ!?恵ちゃんちょっと」

「動かないでくださいー」

 

京夜と恵の身長は同じくらい。

流石の女子力というべきか手際よくネクタイを結んでいく。

我が姉ながらよく揺れるものだと、ある一部を見ながら思う。

 

「はいっ、できましたよ♪」

「ありが……」

 

お礼を言おうとしたところで京夜の動きが止まる。

まあ完成したには完成している。

ただしリボン―――所謂女子の結び方で。

 

「ぶふっ!」

 

思わず吹き出す文。

中性的な容姿の京夜には決して似合っていないわけではない。

だがそこそこ似合っているからこそ彼の姿が面白かった。

 

「笑わないでよ、文」

 

文句を言いつつジト目で文を睨む京夜。

 

「ごめんって。というかメグお姉ちゃん、女子の結び方じゃダメでしょ」

「男の子の結び方なんてわかりませんよぅ」

 

ネクタイに敗北した恵はキッチンに戻っていく。

それと代わるように京夜の残念な姿にテーブルを叩いて大爆笑していた真央が近づく。

というか吹き出しただけの文より爆笑していた真央を怒るべきじゃないかと思うが、もう言うタイミングじゃないかと諦める。

 

「しょーがねー。私がやってやる」

 

真央が京夜の前に立つ。

 

「部長出来るんですか?」

「私を誰だと思っている」

 

ロリっ子でしょ、と文は思ったが口には出さない何故なら姉が怖いから。

小さな手を彼の首元に伸ばす。

そして。

 

「ぐえっ」

「こういうのはなーこうやってー」

 

ぎゅうぎゅう締めたのだった。

いい感じにネクタイが京夜の首を絞め、数分もあれば絞殺死体の完成だろう。

そして明日の新聞で『高校生による絞殺事件!?部室での犯行!』とニュースになるのだ。

風評被害で父の会社は倒産、加害者家族の僕らは路頭に迷う。

全然笑えない。

 

「部長苦しい……」

「やめたまえ真央。キョロ君が死んでしまう」

 

そんなmajiで死んじゃう5秒前な光景を止めたのは紫音(しおん)だった。

紫音の制止のおかげで彼は生死の境目から生き延びたのだった。

だが京夜が死ぬ一歩手前の状況にも関わらず文は本に視線を戻していたなぜなら姉が怖いから。

 

「見てられないな、私がやろう」

 

そう言って紫音もネクタイに手を伸ばす。

 

「ほ、本当にできるんですか紫音さん?」

 

一回目は女子にされ、二回目は絞殺されかかったのだ。

京夜が警戒するのも無理はない。

 

「実際に結んだことはないよ。だが何度も目にしてるし、トポロジー的には単純な構造だ」

 

トポロジーってなんだっけ?エコロジーの親戚かなんか?とどうでもいいことを考える文はさておき。

京夜もその自信満々な様子に安心したのか紫音に任せる。

だが。

 

「あれ?」

 

できたのは結び目の形は完璧だが、長さが全然違う代物だった。

これで学校に行こうものなら一発で生活指導教師に捕まるだろう。

 

「ふむ、おかしいな。完璧に再現したはずだが」

 

彼女の隠れポンコツっぷりを知っている文にしてみれば、普通に予想できた結果だった。

思い返せば最初の自信満々っぷりといい、完全にフラグだ。

 

「もういいです!自分でやります!」

 

3度目の正直にも裏切られたからか京夜が自分で結ぼうとする。

とはいえ今更自分でやろうとしてもうまくいかないだろう。

自分が手伝うべきかと文が考えた時だった。

 

部室の奥からぬっと女子生徒が現れ、思わずビクッとなる文。

そう言えば綺羅々(きらら)がいたんだった、完全に忘れていた。

 

京夜も綺羅々のことを忘れていたのか驚きつつ視線を向ける。

2人分の視線に綺羅々はきょとんとしたようにまず文を見て、次に京夜に視線を向ける。

 

「やる?」

 

綺羅々の問いに頷く京夜。

彼女手を伸ばし、彼女の猫耳のような髪が揺れること数秒。

 

「できた?」

 

そこには完璧に結ばれたネクタイがあった。

 

「あ、ありがとうございます……」

「ん」

 

びっくりしたように返事をする京夜。

そんな彼をよそに、文はようやく日常パートに戻った本に視線を戻した。

物語に集中する前に今日の総括を頭の中で呟く。

 

『なんというか、イチャイチャした連中である』と。




一応、姪セクと同時進行になるため毎日は厳しいかもです。
また紅茶と同じくネタに詰まったら投稿しなくなるので応援ください。
‥‥いや駄目すぎるだろ僕(汗)

ではまた次回です。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。