魔女狩りの顛末   作:らふぉ

1 / 1
初投稿です。暖かい目で見守ってくださると、嬉しいです。


魔女狩りの顛末

 占いは、所詮占いに過ぎない。

世界の示す未来の姿を全て読み解くには、己を含めた世界の全てを知らねばならない。

鏡を用いても、見えるのは虚像ばかり。

なればこそ、占われた未来には、変える余地がある。

 

————————————————————————————————————————————

 

「何故、ですか。私は言った筈です。この病は、はじめの村一つで被害を抑えなければならない、と」

「だからだよ。そのことを漏らされては困るんだ。せっかく、反王政派の旗頭が自然に消えてくれたというのに、ここで国民に反感を抱かれては元の木阿弥。死者も無駄死にとなってしまう。」

「安心して欲しい。君の娘は、この場から遠ざけてある。君の一族には、まだまだ働いてもらわなければならないから、ね。」

 

————————————————————————————————————————————

 

「王国は、魔女によって滅びる—————」

王家に代々仕える占術師は、そう告げた。

「あれは、占いにすぎん。なら、予言された未来も変えられる筈だ。」

王はそう言って、王国周辺の魔女を捕らえるよう命じた。

 

熱い、痛い、熱い、あつい、あつい、あt————

「理由もなしに、はいそうですかと大人しく殺されてやる阿呆がどこにいるんだよ、バーカ」

傭兵として名を馳せた炎の魔女を捕らえに向かった一団は、炭と化した。

 

 

「なんですか、うちはただの薬師ですよ、魔女なんて、とんでもない。」

「いや、しかし、村ではこの家には魔女が住むと、」

「畑を見てくださいよ、ただの薬草ばかりでしょう、なんだったら家の中もあらためますか?」

「あー、すまない。お言葉に甘えさせてもらっ———」

ふわりと鼻腔をくすぐる香りに、意識は途絶え、

「あなたはきちんとこの家を調べた。ここに住むのはただの薬師、何も怪しいものはなかった。そうですね?」

「ああ・・・」

ふらふらとした足取りで、薬の魔女の家を出て行った兵の報告により、彼女はただの薬師ということになった。

 

 

痛い、方角がわからない、足が重い、鼻も凍りついたのか、息が苦しい、前が、見えない、いた、みが、うすれて、き

 

「今日は一段と寒いね、くろ」

「ニャア」

 

冬の魔女の元へと向かわされた兵達は、魔女に気づかれることすらなく、雪の中へ埋もれていった。

 

 

 一向に成果を上げられない兵達は、王の怒りを恐れ、成果を求めて、

力も持たぬただの薬師や村から離れて暮らす老婆、果てはたまたま目についた女性まで、

手当たり次第に魔女として捕らえては、処刑していった。

 そんな中、地方の村で、疫病が発生した。

中央に伝えるべき兵は、その多くが魔女狩りのために駆り出され、残りの多くも疫病に伏した。

薬師はほとんどが殺されてしまっていて、治療も間に合わない。

病は、王国全土に広がり、王すら、その例外ではなかった。

 

 王は寝所に、占術師を呼びつけた。

「話が、違うではないか。お前は、魔女、が、国を滅ぼすと、いったが、国は、疫病に、よって、滅びに、瀕している。」

彼女はいった。

「間違いではありません。王子であった貴方が母を殺すのを見た時から、私の生き方は決まっていたのです。今の私は、占術師あらため、運命の魔女。私の言葉によって、国は滅びの運命を辿った。そういうことです。」

 



 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。