例えばこんな長谷川千雨の生きる道   作:紅シズク

5 / 68
05 茶々丸開発編 第3話 未知との遭遇?

あの後行われた話し合いで、聡美は超とすっかり意気投合し、研究協力にあっさり了承した。

私はというと、本気か冗談か微妙なラインのお誘いは受けたが聡美との共同研究で私にできる事があれば手伝うよ、とは答えておいた。

なんか、飛び込む気にならないんだ…協力はするし、してもらうけどさ。

 

一応、研究データの入手経路なども問い詰めてはみたが返事は

 

『どこにでもセキュリティーの甘い人はいるものヨ…ちょっとしたヤンチャという事で許してほしいネ。

誰だってヤンチャのひとつやふたつした事はあるものヨ。二人ともちょっとは心当たりあるはずネ』

 

だった。

…私達もいろいろとそういう面では問題ある事もやった事あるし…別にデータの盗用とか研究関係で不正をしたとかいう事ではなく…

私のホームページに来た懲りないバカとか、研究室に何度か不正アクセスしてきた奴を私単独もしくは聡美と協力して徹底的に制裁した事が…何度かあった気がする。

ただ…その時いろいろとまずい事もやったわけで…深く追求しあうのはお互いのためにならないだろう、うん。

 

って事で超は教授から外部の共同研究者扱いでプロジェクトの参加許可を取り付け、正式に開発に協力する事となった。

 

んで…あっという間に溶け込みやがった上に、聡美と協力して目標の取りまとめを裏でやってるみたいで…

 

本当に有能な事で…っていうかさ?

 

ロボット工学にこだわらなければ、今の聡美クラスの人材は大学教員を含めれば相当数いる…聡美が成長を続けるならあっという間に引き離すだろうが…現状は麻帆良内でのトップクラスに小6の生徒がいる、という事でしかなかった。

 

超は低く見積もってもそんな聡美に勝るとも劣らない能力を有している。しかも、機械工学のみならず生物工学や量子力学でもだ。

…そう、その方面でも学生の協力者こそ作っていないが、教授を口説いて非公式に、研究に参加してやがるんだわ、休みが終わったらしばらくは来れないとか言ってはいたけれども。

 

それだけにとどまらず東洋医学や料理に関する知識、腕前もプロ並みのようで、さらに麻帆良祭で屋台を出してみたいみたいな話もしてて…聞く限り経営学も修めてるような気がする。

私はさすがにそこまではよくわからんけどさ。

 

も一つおまけに…これは私の勘だが…武術も相当なレベルで修めてる様で…私の護身術に毛が生えた程度の柔術では手も足も出まい…何なんだよ、このチートは…

 

そんなチートに

 

『さすがちさめサン、私よりもずっと良いもの作るネ』

 

とか言われても素直に喜べない…聡美や超が人工知能開発だけに取り組めば私よりもいい物が作れるだろう。

聡美がいくつかの分野に分けて費やしている時間を人工知能分野だけに費やして初めて私は彼女に並べているのだから。

それでも一般的に見たら才能あるってのはわかってんだが…なぁ…

 

 

 

そうそう、条件の一つ、この都市の秘密についてはDVDに焼いた完全版をもらった。

怪しい施設や怪しい人、本物でありそうな都市伝説等々に関しての状況証拠が添えられた考察が追加されていた。

そこから導き出される仮説や社会構造…といったものが本体としてのっていた。

 

加えて、情報ソースは諸事情により秘密とされていたが、断片的ながら事実としての魔法使い達が記述されていた。

世界樹については、『正式名称は神木・蟠桃、魔力を秘めた木であり、発光現象は魔力の放出である』としてあった。

 

魔法使いたちのコミュニティーとしての情報もあり、ここ麻帆良が西洋魔術師…世界規模で一番大きな勢力ようだ…の日本における最大の拠点らしい。

それとは別に、土着系の団体、つまりは陰陽師のような連中などの団体も別に存在し、そいつらは京都を根城にしている、とのことだ。

後、未確認情報らしいが魔法使いの大半は地球上に複数存在する『転移ゲート』によって移動できる別世界に居住し、むこうの世界は複数の国に分かれていて、亜人も多数いるみたいだ、とあった。

 

…超がよこしてきた新型機関の設計図って、多分むこうのエンジンか何かの再設計…もしくはコピーなんだろうな…

重要区画に『超らしくない』設計の癖が少しみられたんだが、きっとそこは手をつけられなかった部分なんだろう、と勝手に解釈している。

 

 

他にもいろいろと魔法使い達について書いてあるんだが…詳細は現在調査中の文字が思いのほか多い…どうやって調べたんだよ、っていうかどうやって調べる気だよ…

 

 

 

 

そんなこんなで8月となり、私と聡美は最後の条件に当たる協力者との交渉に向かっている。

 

ちなみに超は現地集合というか…なんか、理由はよくわからないが先に行ってる。

 

「桜ケ丘4丁目29番地、『エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル』…ここで間違いないようですね――」

 

指定された住所はいつだったか不思議な夢(?)を見た場所のすぐ近くのログハウスだった。

 

「心の準備はオーケーですか、千雨さん?」

 

「ああ」

 

私は呼び鈴らしきベルに繋がった紐に手を伸ばす。

 

「私はまだなんでちょっと待ってください」

 

ズルッ

 

思わずこけそうになった。

 

「どうしたんだ?」

 

「だって、この扉をあけたら…異世界に飛び込む事になるんです…私だって不安になりますよ――昔、千雨さんが私にした質問…覚えてますか?」

 

少しだけ考えて答えを出す。

 

「『魔法や超能力を見せつけられたらどうするか?』の事か?」

 

多分これだって事は…何となくわかった。

 

「ええ、あの時私は『ありえない仮定』に対して答えを出しました。

 

でも…今から私は『目の前に現れた現実』に対して答えを出す事になります。

千雨さんと秘密を共有し始めたあの日から覚悟はしていました…魔法は『いつか』現実のものとして目の前に現れるって。

 

そして…『いつか』は『いま』になる…私はちゃんと答えを出せるのか…魔法というものが現実だったとしてそれ受け入れられるのか…ちょっぴり不安だったりします」

 

「今日の打ち合わせで超と話してる時は魔法関係の話でも興奮していたみたいけど…やっぱり実際あっち側の人間に会うとなると…って事か」

 

科学に魂を売ったと言い切る…そんな彼女にとってどれだけ不思議な人間であっても科学者である超はこちら側の人間

 

そして今から会う相手は…魔法使いであるマクダウェルさんはあちら側の人間…

 

それは…科学を手段と考える私にはわからない違いなんだろうなぁ…どっちも自分に持っていない知識を持ってるが警戒すべき人って認識だから。

 

「そうなんです――まあ、だからって逃げる気は欠片もないんですが」

 

そう言って聡美はいつもの顔に戻る。不安を話したらなんか落ちついたって事だろう。

 

「なら…いいな?」

 

「はい」

 

今度こそ、と私は鐘を鳴らす。

 

 

暫くしたのちに扉が開き、金髪の少女…見た目からして私達より1歳か2歳くらい年下なんだが多分コイツ…

いや、この人がマクダウェルさんなんだろう…超から事前に聞いてる特徴そのままだからな。

 

「始めまして、私は葉加瀬 聡美っていいます。こっちが」

 

そう言って聡美が私を手で指し示す。

 

「長谷川 千雨です、よろしくお願いします」

 

「私がエヴァンジェリン・A・K・マクダウェルだ。さぁ入れ、貴様らの仲間が待っているぞ」

 

私達の名乗りを聞いたマクダウェルさんはそう言うと私達に家に入るように促す。

 

促されるままに扉をくぐった私達は極めてファンシーな人形だらけの部屋に入った。

 

その中心に置かれた長方形のテーブルに4つの椅子が長辺に1対3で並べられており、3の方の一番手前に超が座っていた。

 

「座れ」

 

マクダウェルさんは1の方の椅子にすわり、私達に着席をうながした。それに従い、私達は聡美を真ん中にする形に着席した。

 

彼女は私達の顔を一瞥すると愉快そうに言った。

 

「超 鈴音から大体の事情はきいている…まったく、命知らずな事だ。

 

真祖の吸血鬼にして、闇の福音と呼ばれる悪の魔法使いである私に、科学で駆動する自動人形の心臓を作りたいから手を貸してほしい…とはな」

 

そして一転真剣な表情になって続ける。

 

「さて、葉加瀬 聡美、長谷川 千雨、超 鈴音、実は私からお前たちに依頼したい事がある。

 

魔力供給をほとんど行わなくても『ミニステル・マギ(魔法使いの従者)』の役目を果たしうる人形を作ってくれ。

 

無論、自分の従者をつくらせるのだから製作にあたってはできうる限り協力しよう」

 

「えっと…それは私達の依頼に応えていただける、という事で良いんでしょうか?」

 

相当無理難題を吹っ掛けられる覚悟はしていたんだが…なんか、あっさりと協力してくれそうな状態に聡美が恐る恐る確認する。

 

「そう解釈してもかまわん。

 

私は少ない魔力で運用できる従者となる人形が欲しく、お前たちは自立型の人形を作るために魔力を動力にする機関を開発したい。

 

無論、魔法技術の提供だけで従者用の機械人形を作って引き渡せとは言わん、資金面でもある程度までなら協力できる。

 

また、この件についての開発許可もジジイ…学園長からもぎ取る事、またそちらの話したい事について最低一度は交渉の場をつくらせる事を約束しよう」

 

少しの沈黙ののち、聡美が答える。

 

「…わかりました。

 

我々はエヴァンジェリンさんに従者として運用できるガイノイド…機械人形を提供する。

 

エヴァンジェリンさんはその機械人形の開発に必要な魔法技術を我々に提供し、その他の面でも一定の協力を行う。

 

これを骨格として交渉を進めていくという事でみなさん良いですか?」

 

「私は構わんぞ、ただし条件次第では他の対価を上乗せする事もある、とは確認しておこう」

 

「私はそれに関して特に言うべき事はないネ、この交渉に限って言えば私は立会人に過ぎないヨ」

 

「千雨さんもそれで良いですか?」

 

今まで沈黙を保っていた…というか話を観察していた私に聡美が確認をとる。

 

「…交渉の方向自体に異存はない…です。でも、一つ確認させてもらいたい事があるんだ…ですが、良いですか、マクダウェルさん」

 

うむ…見た目が見た目なのもあるが…なんか敬語で話しにくい。

 

「何だ?それと無理に敬語を使う必要はないし、呼び名もエヴァンジェリンでいい」

 

「なら…エヴァンジェリン、あんたは何の目的で今の依頼を話した?」

 

「何だ、そんな事か、単純なことだ。

 

自炊が面倒臭くなってきた事と、ちょうど私の前衛たりえる機械人形が欲しかったからだ」

 

エヴァンジェリンの顔がつまらない事を聞くな、といった感じの顔になる。

 

「いや、そういう意味じゃなくてだな…

 

あんたは私達が交渉を持ちかけた事で圧倒的に有利な立場にいたはずだ。なのにあんたは依頼というかたちで対等に近い状態にまで自ら降りてきた。

 

交渉に乗ってやる、って言う態度を貫けば…あるいは恫喝なんかもすればもっと有利に話を進められるにもかかわらず、だ。

 

事前に聞いていた『闇の福音』のイメージほど悪人じゃないようだが…かといってお人よしでもなさそうな気がする…意図を知りたい」

 

私以外の3人が一瞬あぜんとなったが、直後エヴァンジェリンは笑い出した。

 

「くっくっ、全くひねた小娘だな。貴様の考えも理解はできるが、それは私のこの話に対する前提が間違っている。

 

己の使う武器を作る鍛冶屋には良い環境と十分な報酬を与えるべきだ…と言えばわざわざ交渉の主導権を手放した理由を理解できるか?」

 

それは私自身に少し興味を持ったような感じの声に聞こえた。

 

「ああ、つまりは『作らされた』人形や、『寄せ集めで作った』人形なんぞに興味はなく、『私達の作りうる最高の』人形が欲しい、という事か」

 

「うむ、正解だ。『魔法使いの従者』は魔法使いの剣であり、盾でもある。そんな大切なものを作らせる相手を必要以上に脅したり、理不尽に扱ったりはしないさ」

 

「わかった。変な事を聞いて悪かった、エヴァンジェリン」

 

そう行って私は軽く頭を下げる。

 

「これくらい気にするな…さて、詳しい交渉に移るとして…そうだな…場所を変えよう、ついて来い」

 

そう言ってエヴァンジェリンは席を立ち、私達を地下に連れて行った。

 

そして人形回廊と言いたいくらい多くの人形が置かれた倉庫を通り抜けて、塔のミニチュア模型が入った透明な球が安置された丸い部屋に通された。

 

「暴れるなよ、害はない」

 

パチン

 

エヴァンジェリンが指を鳴らすと同時にカチリという音が4つして景色が歪む…

 

気がつくとそこは…塔の上だった。

 

たぶんこれ…さっきのミニチュアの中にいるんだろうなぁ…私は驚愕しつつもそんな事を考えていた。

 

聡美も、超も絶句している様子だった。

 

「ようこそ、わが別荘へ…歓迎するぞ、小さな科学者諸君」

 

そう行ってエヴァンジェリンはにやりと笑った…その笑みはとても恐ろしく、そして美しかった。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。