例えばこんな長谷川千雨の生きる道   作:紅シズク

8 / 68
08 茶々丸開発編 第6話 茶々丸の完成と千雨の覚醒

茶々丸の起動実験の後、収集したデータの解析なんかを終えると、本体の改良の実作業は他の人たちに殆どゆだね、

私達三人は茶々丸に搭載する動力炉開発にかかりきりになっていった。

 

動力炉の重要パーツに魔法的に意味のある紋様を施したり、魔力補充儀式簡略化のために専用の魔力補充用ねじを開発したりなど、

魔法技術を多用する場所はエヴァンジェリンに指導して貰う事となった。

付け加えておけばエヴァンジェリンはなかなかに良い師匠を務めてくれた。

 

去年動力炉が暴走してからは特に大きな事故(測定機器が焼き切れたとか以外)は起こらず、試作の搭載用魔力動力炉が完成したのが1月末の事だった。

これは始めて私達3人だけの手で作った試作品で、小型化を進めると同時に茶々丸に搭載するために必要な各種装置も取り付けた。

 

 なんでこの試作品にエヴァンジェリンが関わっていないかというと、私達だけで作らないと製作契約上問題が…とかではない。

 

 もっと単純に、基幹パーツの製作を私達だけでできるようになったからというのと、エヴァンジェリンがコンピュータなんかのハイテク関連に凄く弱いからだ。

 

いや、冗談抜きで。

 

科学とか技術全般がダメ、というわけじゃないんだが、真空管含め電子計算機関係とか新素材なんかの俗に言うハイテクはよくわからん、との事だ。

錬金術的な知識から化学はそこそこいけるみたいだし、機械関係は産業革命くらいまでは理解しているらしいが…

 

 

さて、それはさておき、この分だと春休みに入る頃には茶々丸は完成するだろう。

 勿論、すでに私達、エヴァンジェリン双方から改良案が上がっているので、最初の契約の条件を満たす、という意味でだが。

 

具体的な改良案としては、

魔力補充の儀式については軍用の装甲なんかに防御魔法を施す技術の応用でかなりの簡素化ができそうだし、

聡美が魔力ジェットの設計図を引いてたり、超が魔法の科学的解析により、魔法・科学融合兵器の設計をしてたり。

私は魔法使いの電子戦ツールでもある電子精霊を付けてやりたいな~とも考えてたりする…勿論、自分でも使う気満々だ。

その為に『初めてのマホネット』『初等電子精霊行使術』とかいう本をエヴァンジェリンからもらった。

それを読んでみると、電子精霊の再現…というかコピーはどうやら私たちの技術で十分に実現可能であるという事がわかった。

だが、『初めてのマホネット』に

 

『限定的ながら旧世界(ムンドゥス・ウェトゥス)にいながらにして魔法世界(ムンドゥス・マギクス)の最新情報に触れる事もできます!』

 

とか書いてあって…そういう情報って私達に一番知られたくないと思っている情報のはずなんだが…まあいいや。

 

相手がそう簡単に強硬手段に出ない確証があるならば、最初にお伺いを立てるよりも既成事実を作ってそれを禁止しようとした時に譲歩を引き出す方がいい。

…十中八九、具体的に禁止すると完全にやぶ蛇になると踏んで魔法世界についての情報収集の禁止とかマホネットへの接続の禁止とか言われなかったんだろうけど。

 

『私達は別に協定にも、規則にも、契約にもまだ何一つ違反しているわけではないヨ、堂々としていればいいネ。』

 

というのは超の言葉だが、私もその意見には全面的に賛同する…『まだ』という一言を除いて。

 

後は…そうそう、エヴァンジェリンが最近暇だとか言って稽古をつけてくれている。

今までの茶々丸開発のために従者としての基本知識を教え込む実践型講義ではなく、私を鍛えるための訓練という意味で。

 …何度か褒めちぎってできる事なら茶々丸の開発関係なしに指導してもらいたい、と言ったことが原因なんだろう。

今のところ私自身がびっくり人間になるつもりはないが、今教えてもらっているのは彼女の行使する合気鉄扇術…

これは常識を突き詰めたもの…達人と呼ばれる人物がさらに数十年にわたって鍛練を積んだ段階が彼女になる。

老いがない、という意味合いではエヴァンジェリンのいる域はびっくり人間だけに許されたレベルだが、それを学ぶ分には問題あるまい…と自分を納得させて鍛錬に励んでいた。

 

 

 

私があの悪夢に囚われたのはそんな生活を送る2月2日…私の誕生日の出来事だった。

 

その日は実験を軽めに切り上げ、試作動力炉の一通りの試験がすんだお祝いもかねて、エヴァンジェリンの別荘でささやかながらディナーをごちそうになり、そのまま彼女の別荘で眠りについた。

 

 

 

そして気付けば私は闇の中にいた。

 

どちらを向いても闇が広がるばかり…ほんのわずかな光もなく、ただ闇が広がっていた。

 

「(…夢?にしても珍しいな、こんな夢初めてみる)」

 

 始めは気楽に珍しい夢だなと思っていた。

 

 

 

「(…にしても…本気でなんにもねぇし…移動してみるか。)」

 

 だが何時まで経っても目が覚めず、ただ突っ立っていることに嫌気がさして来て、とりあえず歩き始めてみた。

 

 

 

体感時間で一時間くらい歩き続けた頃、違和感を覚えはじめた。

 

「(私ってこんなに体力あったっけ?いやまあ、夢なんだけどさ。)」

 

こんなに歩いているはずなのに殆んど疲れていない。

そこまではよかった…だが…何かを踏みしめる感覚がない。

 

それも夢だと割りきるより早くその場にしゃがんだ私は地面を触ろうとした。

 

しかし手は見事につき抜けた。

 

「(え…)」

 

歩いた気になっていた

 

でも私はその場を動いちゃいなかったんだ。

 

そして気付く

 

私の全ての感覚は自分自身以外のナニモノも知覚していなかった事に。

 

周りには何もない、纏っていたはずの衣服さえも。

 

光、音、空気、重力、あらゆる物を感じなかった。

そのくせ、自分自身の事は知覚していた。

体を動かせばちゃんと動いた感覚があった

肌を触れば触った事も触られた事もわかった。

鼓動もわかったし発汗すら理解した。

 

人並み以上に持ち合わせている筈の羞恥心が衣服をまとっていないという事実に刺激される事はなく、

ただ私しかいない、という事に愕然としていた。

 

これが孤独か

 

これが独りか

 

 厄介でめんどーな世界でも、ないとさみしいんだな…

 

それを理解し…

 

私は叫んだ。

 

いや、叫ぼうとした。

 

「・・・!」

 

誰もいないのか!

 

そう叫ぼうとした。

 

「…!!!!!!!」

 

声が出ない…当然だ、振動を伝える空気がないのだから。

 

 

所詮人間は群れなければ生きていけないんだ。

こんな孤独で平然と耐えられるわけがない。

 

恐怖を発散したかった。

 

だがなにもできない。

 

叫べない、それを伝える空気がないから。

 

走れない、踏みしめる大地がないから。

 

壊せない、壊すものがないから。

 

…いや、壊せるものなら…アルじゃないか…

 

気付けば私は自分で自分を傷つけていた。

 

衝動に身を任せ、かきむしり、爪を立て、髪を引きぬき、爪を食いちぎった。

 

手足問わず指の一本一本に歯形を付けて行った。

血の味がするくらい腕に噛みついた…

食いちぎらなかったのは生存本能的なものにすぎないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…なんか怖いくらいに落ちついてきた。

 

多分一回りしたんだろう。

 

もしかしたら壊れきってそれすら分からないようになったとか、自分自身じゃなくなってるとかいう考えも浮かんだが、そう納得しておく方がいいだろう。

 

自分で付けた傷が痛んできた。

 

そして…なにも意識をそらすモノがないという事で意識が全身…おのれ自身の体だけに集まってゆく…

 

本気で痛い…これはきっと自我を保てなかった罰ゲームみたいなもんだと思うしかないだろうな…あちこちで血がにじんでるし。

 

 

 

そんな痛みにも慣れてきた時の事だった。

 

「(なんだ?この感覚)」

 

何かが…血とは違うナニカが私の全身を駆け巡っている…それを感じた。

 

何の役にも立たない眼を閉じて、耳も無視して、感覚を他に集中させる…

 

味覚…先ほどの血の味がまだ口の中に残っている…

嗅覚…わずかに鉄の匂いがする…

触覚…先ほどの所業を責めるようにいまだに痛みを伝えてくる…

何かが…伝えてくる…

 

全身を何かがめぐっている…そしてすぐに気付いた。

 

あ、これ気だ…

エヴァンジェリンからの指導の結果でおぼろげに感じられるようにはなっていたけど…気ってこんなにもはっきりと感じられるもんなんだな…

 

まるで他人事のような感覚で自分の体の事を評価する。

 

 そして教わったようにその流れが乱れている場所を意識し、その流れを整わせるイメージをしてみた。

 

…簡単にはいかない、簡単にいったら世の中は恐ろしく物騒な世界になる。

 

 

 

しばらくの後、ごくわずかの効率増加…でも確かにそれを感じる事ができた。

 

全身をめぐる生命力…全身の傷を治そうとしているのか、肌がピリピリする…

それがどことなく心地よくて…意識が遠のいていった…

 

 

次に気付けば私はあてがわれたいつもの客室で自分のベッドに横になっていた。

 

当然、全身に傷跡などなく、ちゃんと昨晩借りたネグリジェを着ていた。

 

夢…なんだろうな…当然のごとく。

 

時間はわからないが空も明るくなり始めている。

 

作り物の景色だ、そうはわかっていてもこう思わざるを得なかった。

 

きれいだ、と

 

いつぶりだろう、素直に景色に感動を覚えたのは。

 

たった一夜の夢が多分一時的にとはいえ私の価値観をこんなにも塗り替えるもんなんだな…

 

いや、麻帆良に来てひねくれる前に戻っただけかもしれない…どうせすぐに慣れて元通りだろうけど。

 

そんなすでに戻りつつある思考回路で窓から見える景色をながめていた…

 

暫くして身支度を整えると少し早いが週に最低三回はするようにしているトレーニングと型の反復を始める。

 

筋トレの途中でふと戯れに昨日の夢の感覚を思い出して体を流れる気のイメージを意識し、それを増やすイメージをとってみる。

 

すると力が湧いて来て体にかかる負荷がかなり減った…これならいつもの倍くらいいけそうだ。

 

 

 

…と、調子に乗っていつもの倍以上…たぶん3倍くらいやってたら凄く疲れた、スタミナな意味で。

 

メニューの後ろの方ではもう気づいていたんだけど、やると決めたから…と意地をはったらこうなった。

 

気を使えば筋力とかは強化してくれるが、生命力を使用した自己強化なんだから当然スタミナはもっていかれるよな。

 

全身どこも痛くないのに全身に疲労を貯めた私はクールダウンでさらに体力を持って行かれた後、疲労困憊の体でシャワーを浴びるとプールのビーチチェアーで横になった。

 

前、教本で読んだ正しい気の流れが疲労回復を早める的な記述を思い出して全身の気の流れを意識しながら目を閉じる。

 

何か、夢とは違って肌の外で別のものが渦巻き、体内の循環とは別に体外から入って全身から発散される循環も感じられる。

 

夢の感覚が本物だとすれば違う感覚は魔力だったりするんだろうなぁ…とか考えながら私の意識は遠のいていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日から、私の気を扱う技量はメキメキ上がった。

 

…数日おきにあの闇に放り込まれて、そのたびに気の使い方の修行で暇つぶしをしていればいやでも上がる。

 

いやね、二回目取り込まれたときは本気で発狂しそうになったさ、またかよって。

 

でも、結局はそれを受け入れるしか選択肢はない訳で…ただ何もせずに待っているのももったいなく、

 

だからと言ってできることと言ったら考え事と気の鍛錬やイメージトレーニングくらい…だからな、うん。

 

研究のアイデア出しにも限りがある。書籍を持ち込めるなら話は別だが…な。

 

こほん、とにかく『夢』で掴めたコツは本物だった。

 

『ほう、なかなかさまになっているじゃないか、何かコツでもつかんだようだな?』

 

と、言ってきたマスター(エヴァジェリン)に笑いながら夢の話をしたら苦笑いしてたが気にしなくて良いだろう。

 

『十分にびっくり人間じゃないか…この娘は…アレに耐えられる一般人なんぞ…』

 

とか言ってたのは空耳だということにしておく。

 

 

 

一身上の話は置いておくとして茶々丸の話をしようか。

 

プロトタイプボディを使用した実験を経て、昨日茶々丸の動力炉換装が終了した。

 

起動実験は難なく成功、今日はエヴァンジェリンに引き渡す前の白兵戦能力の評価を行うため、エヴァンジェリンを招待した。

 

「お待ちしておりました、マイマスター・エヴァンジェリン様、千雨さん」

 

 メイド服を着た茶々丸が、エヴァンジェリンと駅まで迎えに出ていた私を迎える。

 

エヴァンジェリンの呼び名は後々エヴァンジェリンの好みで学習させるために放置しておいた。

 

ちなみに、私たちの事は始め、それぞれマイクリエイター・千雨様、マイクリエイター・ハカセ様、マイクリエイター・超様と呼んだ。

 

今はそれぞれ、千雨さん、ハカセ、超さんと呼ばせている。

 

聡美が呼び捨てなのは、ハカセは苗字だが同時にあだ名なので、あだ名にさんをつけるのは変だ、という事らしい。

 

「私のことはマスターと呼べ、茶々丸」

 

「はい、マスター。本日は私の性能評価試験のためにわざわざご足労いただきありがとうございます」

 

そう言って茶々丸はぺこりとお辞儀をした。

 

「うむ、まあ御託は良い…行くぞ」

 

エヴァンジェリンは無詠唱で魔力供給をかけると茶々丸に飛び掛かった。

 

茶々丸は一瞬迎撃の体勢を取ったが、直後後ろに大きく回避した。

 

「む…なかなかの動きだが…続けて行くぞ!」

 

「ちょっ!まて!」

 

私の制止も聞かずエヴァンジェリンの猛攻が始まり、茶々丸はそれを防いだり、回避したりする。

 

しかし、一度も反撃のそぶりを見せない所か次第に回避や防御に迷いが見え始める。

 

条件設定上反撃ができず、それどころか自分がエヴァンジェリンに要らない子扱いされてるのではないか…と、でも考え出しているんだろう。

 

そう考えた私は茶々丸に叫ぶ。

 

「茶々丸!回避と防御を続けろ!エヴァンジェリンはお前を試しているんだ!」

 

私達とエヴァンジェリンの四人は当然攻撃禁止対象に設定されており、攻撃禁止対象の解除法は対象の同意か上位序列者の命令だ。

 

そしてその4人が最高序列にいる(命令への従属順はドール契約成立前なので聡美、私、超、エヴァンジェリンである)ためにエヴァンジェリンへ反撃はさせられない。

 

「なるほど…これはお前を試すテストだ、私を攻撃しても構わん、かかってこい、茶々丸!」

 

私の言葉で事情を察したらしいエヴァンジェリンがそういった。

 

「了解いたしました、マスター。失礼いたします」

 

途端、茶々丸の動きが鋭さを増す。

 

エヴァンジェリンの戦闘データも入れてあるため、積極的に攻撃には回らないが、リーチの差を生かして時折反撃をかけるようになってきた。

 

「ははは、なかなかやるじゃないか、千雨!お前もかかってこい、稽古をつけてやる!」

 

「了解、マスター」

 

白衣を脱ぎ捨てた私は迷わず気を練り、戦いに参加した。

 

強化ガラスの向こうの管制室で聡美と超は大わらわだ、この展開はある程度予測していたので記録の準備はしていただろうが。

 

「茶々丸、私が前にでる。戦術は対EVA-sp1だ」

 

「わかりました、千雨さん。」

 

防御力のある…というか衝撃に強い私が積極的に攻め、茶々丸が牽制する形でエヴァンジェリンの消耗を誘う。

 

 攻めすぎるとポンポン投げられる羽目になるが、ちゃんと気で防御し、受け身を取れば投げられても、追撃を受けない限り大した事はない。

 

微妙にパターンを変え、何度か攻防を繰り返したのち、私は数日前に習得できたばかりの気弾をエヴァンジェリン向けて飛ばす。

 

危なげもなく回避するエヴァンジェリンだが直後、茶々丸が初めて積極的に攻め、私もそれに続く。

 

「ふむ、悪くない…が、足りんな!」

 

エヴァンジェリンは茶々丸をきれいに投げ飛ばし、大きくその場を横に飛びのいた。

 

そして、私の目の前にはこっそり搭載されていた姿勢制御用ブースターで体勢を立て直した茶々丸が。

 

私の牽制射撃攻撃を合図に茶々丸、私の順でかかり、茶々丸が投げ飛ばされた直後、体勢を立て直した茶々丸と私で挟撃する、という作戦だったんだが…見事に破られた。

 

こんなこともあろうかと必死で考えた作戦だったんだがなぁ…

 

「はっはっは。合格だ、茶々丸。千雨もなかなかだったぞ」

 

マスターはご満悦のようだ。魔力もそろそろ残り少ないようなのでここで終わりだろう。

 

…なんて、考えるとマスターの事だ、やられる。

 

案の定、伸ばしてきた糸を懐から取り出した鉄扇で払う。

 

「よろしい、ここまで」

 

にやりと笑ったマスターが終了を宣言し、鉄扇を懐から取り出して広げ、あっぱれあっぱれといった感じでふる。

 

「マッタク、エヴァンジェリンさん、始めるなら始めるといってほしいヨ」

 

スピーカーで管制室から超が言う。

 

「ふん、これくらいこなしてもらわねば私の従者が務まるものか」

 

突然の奇襲に悪びれもなくエヴァンジェリンが言った。

 

ちなみに、呼び方だが稽古をつけてもらう時や何かを教わる時は私はエヴァンジェリンをマスターと呼ぶようにしている。

 

「少々想定外の事態ではありましたが、満足いただけたのであるなら幸いです。

ではマスターに対する攻撃禁止対象設定の特例解除を終了し、マスターを攻撃禁止対象に再設定いたします」

 

「それじゃあエヴァンジェリンさん、今のデータを取り終わったら茶々丸を連れて伺いますので、契約の準備をお願いします」

 

合格点をもらえたことにハカセが安心した様子でそういった。

 

「うむ、楽しみにしているぞ。千雨も忙しいだろうから見送りはいらん。茶々丸、食事は明日の朝から頼む」

 

「はい、マスター、了解いたしました。」

 

そういってエヴァンジェリンは去っていった。

 

「…結婚式前の父親の気持ちってこんなのなんかなぁ…」

 

「さぁ…でも会えなくなるわけじゃありませんから」

 

「それにワタシ達がそれを知ることは永遠にないヨ…なるとしても母親だからネ」

 

ふざけた様子で超が言い、みんなで一度笑ってから作業を始めた。

 

茶々丸が私達だけの娘である最後のメンテナンスをするとしようか。

 

嫁入り前の化粧…じゃないけど、きれいにしてやるからな。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。