神殺しin―――ハイスクールD×D   作:ノムリ

1 / 19
やってきました異世界

「やってくれたな、アイーシャ夫人め」

 服についた土を払い落としながら現在、俺が置かれている状況の元凶であるカンピオーネの一人アイーシャ夫人に向かって文句を漏らす。

 アイーシャ夫人の権能の一つ『妖精郷の通廊』の制御不可能な発動によって門に吸い込まれ、吐き出されてみれば、空は紫色の俺の居た世界とは絶対に違う異世界。

「権能は……使えるみたいだな」

 自分の中に意識を集中すると権能があることは感じられる。ならヘルメスから簒奪した『自由な旅(フリー・アドベンチャー)』で帰れるか。

 『自由な旅』はヘルメスの旅の守護神という側面を強くしたものでアイーシャ夫人の『妖精郷の通廊』と似て空間の移動が出来る、とはいえ、なにかと制限があって使い勝手は悪いけど。

 

 

 

 当てもなく適当の歩いていると横からいきなり衝撃が襲い、顔に慣れた感触が当たる。

「ご、ごめんにゃ!」

 体に乗っていた人物が俺の上から降りる頭には猫耳、腰からは二本の尻尾が伸びているのが分かる。

 ……やっぱり異世界ですか、そうですか。

 あ~、と頭に手を当てていると猫耳少女は自分のせいで怪我をしたのかと心配して俺の顔を覗き込んでくる。

「えっと、大丈夫かにゃ?それより私、逃げないといけにゃいの」

「見つけだぞ、はぐれ悪魔の黒歌!」

「にゃ!?」

 黒歌という少女が走ってきた方向からスーツにも似た服を着ている男が三人やってきた。

「おい冥界に人間が居るぞ、どうする」

「どうせ迷い込んだんだろ、殺しておけ」

「そうだな、どうせ人間如き殺したところで」

 っは?三下の癖になんつった。

「…ごめん、巻き込んじゃって、私が囮になるからその間に逃げて!」

 俺と男たちの間に入るように立ち、戦おうとする黒歌。

「なあ、黒歌つったっけ、お前さ人間界みたいな人間が住む世界の行き方とかさ分かる?」

「え?あ、分かるにゃ」

 なら好都合、寧ろ俺の方が恩を売るべきだ。

「なら道案内頼むわ、代わりにそこの三下は俺が倒すから」

 立ち上がり、権能を使う為の聖句を口にする。

「《滅びの時は来た、穢れし世界。混沌をもって全てを無に帰す。この牙、この爪は世界を殺す、我は獣なり》」

 右腕は黒と赤の入り交じったオーラに覆われ、人のものから人ならざるもの、鋭利な爪に逆立つように立つ刺は獣の毛にも見えるものへと変貌を遂げ、それを見た黒歌と男たちは驚愕する。

「神器か!」

 神器?この世界には神器っていうもんがあるのか、まあ、あとで聞けばいいだけの話か。

「悪いね、俺の方もピンチなんだわ。というわけでくたばれ、てか大人数で女一人を追うなんてどうだよ」

「貴様には関係ないことだ、何よりそんな良い女を逃がすわけないだろ」

「そうだ、鎖に繋いで死ぬまで犯し続けてやるさ」

 ……こいつ等はクズだわ、なら殺しても問題ないか。

「もういいよ、黙れ」

 権能により強化した体で地面を全力で蹴り移動する。

 反応おっそ!これは権能使う必要もなかったかもな。腕を大きく振りかぶって一人を殴り飛ばし、二人目を軽く拳を握って押しつぶす、三人目は蹴り飛ばすと木の幹を破って向こう側に飛んで行った。

「やり過ぎたか」

「…強すぎるにゃ」

 ずるずると足から力が抜けて地面にお尻を付ける黒歌。

「そんじゃ、約束通り道案内頼むよ。また敵が来たら対処してやるからさ」 

 

 

 

@ @ @

 

 

「へぇ~、悪魔、天使、堕天使は戦争で滅びそうなのか、にしてドラゴン二体に滅ぼされそうなんてザコだな。俺の世界の悪魔、天使とかなら簡単に殺しそうだけど」

「神殺しの涼が言うと身も蓋もないにゃ」

 黒猫の姿へと変身した状態で俺の肩に乗る黒歌と会話しながら当てもなく雪山を歩いてく。

 無事、冥界から権能を使って人間界に来たのはいいが、出た先が何処かの雪山。

 元来、『自由な旅』は目的地に目印となるアンカーをセットしておいて使うものだ。それを黒歌の意識と俺の意識を接続して間接的にアンカーをセットした結果、人間界には来れたけどどこか分からない場所に出ることになった。

 流石に露出の多い服に耐えかねて黒歌は猫の姿になって俺の体温で暖を取っている。

 

「にしても神器も持たない人間が神殺しするなんて世界は不思議だにゃ」

「俺からしたらへっぽこ三大勢力に驚きだね。一応、悪魔やら天使の権能もあるってのに…こっちで神を殺しても権能は期待できないな。そういえば体の調子はどうだ悪魔の駒を取り除いた違和感とか」

「すこぶる健康にゃ。それに涼の権能って便利にゃ、腕が獣になったり、転移したり、悪魔の駒を摘出できたり」

「腕が獣になったのは、黙示録の獣の『混沌獣(ケイオス・ビースト)』、転移したのはヘルメスの『自由な旅(フリー・アドベンチャー)』、悪魔の駒を摘出したのはプロメテウスの『盗みの極意(ルール・スティール)』だな。他にも人類の作った武器なら何でも作り出せたり、破壊神の槍とか、忠誠を誓う人物に俺の加護を与えたり、結構数はあるぞ。なにせ、過去に飛ばされて神殺しをしたこともあったからな」

 懐かしい、と言っても数か月前の話だけど、月の神トートと戦った時にトートが自滅覚悟で俺を掴み一緒に時間の狭間に飛び込んで過去の日本で戦って運よく権能が手に入って、『自由な旅』との合わせ技で何とか元の時代に帰ってこれた。

「でも、何でこっちに歩いているにゃ?」

「直感かな、なんかこっちな気がするんだよ。にしてもこれからマジでどうしようか、住む場所も、お金も財布に入っている6500円しかない」

「……野良猫生活は勘弁にゃ―――そうにゃ!涼は強いんだからはぐれ悪魔を狩って賞金で生活すればいいにゃ」

「賞金稼ぎか……今は一円でも多く欲しいところだからな、悪いと分かっていてもピンチの時は権能を使わせてもらうか。最悪、戸籍とかは魅了の効果のある権能で乗り切るとしよう!」

 雪山を進みながら二人で正確には一人と一匹でこれからの事を相談していく。

 ある程度の危機はカンピオーネの体の前では軽く済むし、カンピオーネの万能ボディに感謝しておくとしよう。

 

「くんくん…変な匂いがするにゃ」

 変な匂い?肩に乗っている黒歌が鼻をピクピクさせる。

「確かに匂う、自然の物とは違う匂いだ」

 匂いを辿って歩いていくとあったのは人口の建物。パッとみでは教会にも見えなくもないが人の気配はしない、その代わりするのはまつろわぬ神との戦いの中で感じ取った死の気配。

 行かなくてもいいかもしれない、けれど俺の直感が行けと言っている。

「行くのかにゃ?」

「行ってみる、何かあったら権能で転移するから離れるなよ」

 一歩を踏み入れ、ゆっくりと進んでいく。

 中には教会だったようで十字架や聖書、瓶の入った液体は黒歌が聖水だと説明してくれた。適当に部屋を覗けば、小さいサイズの神父の服があるから多分孤児院か、施設だったんだろうと思っていた子供の死体の山を見つけるまでは。

 床に血が染み出している様子はない、毒かなんかだろ。

 

「教会って人を助けるもんだと思ってけど、こっちの教会は人体実験するんだな」

 しゃがみ床に倒れる子供の手に触れると既に体温はなく。分かるのは逃げる為に出口に繋がる通路へ這ってでも進もうとしていた、生きようとしていたことくらいだ。

「はぁ~、何でかね胸がモヤモヤするのは」

「それは人だからだと思うよ涼」

 もしこの場に犯人が居たら俺は躊躇なく最も残酷な死を与えることができる権能を発動して犯人を殺したことだろう、いや死すら許さなかったかもしれない。

 数秒が過ぎ、帰ろうとしたとき死体の山の一部が僅かに動いた。

 黒歌を肩から降ろし、急いで死体を丁寧に且つ迅速に動かすと、重なる死体に庇われる体制で僅かに呼吸のある少女がいた。

「息があるにゃ!?」

「ああ、結構ギリギリだけど権能でなら一気に治せる《正と死を隔てし森は、狭間の森。人も獣も等しく癒しを与えし場所》」

 ケルヌンノスの権能の聖句を唱えて発動。俺を中心に緑豊かな森は生み出されると暖かい日の光が降り注ぐいてくる。

 降り注ぐのは治癒の力を宿した光。顔色の悪かった少女の顔はみるみるうちに良くなっていく、呼吸も安定して眠っているのと大差ない状態にまで戻った。

 

「これで一安心だな」

「あとは意識が戻るまで安静にしておくにゃ」

「雪山なんて冷える場所じゃダメだ、神速を使って一気に下山する。黒歌乗れ《雷光こそ我が通る証、轟く雷鳴と共に敵を侵略せし敵を退けよ。輝く雷を持って打ち破れ》

 雷神トールの権能『雷神の鎚激(トール・ハンマー)』を発動する。

 本来ならトールの武器ミョルニルを使えるだけの権能だけど、『混沌獣』で作り出したヤギと合わせる事でトールの乗る戦車タングリスニとタングニョーストを俺の体内に生み出し雷を身に纏い神速を得ることが出来る。

 体に纏う蒼雷。

 少女をお姫様抱っこで抱え、黒歌も少女のお腹の上で丸くなった。

 バチィ!という雷鳴を轟かせ、教会の中を抜けた。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。