神殺しin―――ハイスクールD×D   作:ノムリ

14 / 18
水着購入

 涼が京都に出張している間、セレナ、灯巳、黒歌、イリナ、ゼノヴィア女子陣は涼との夏休みを過ごすために必要な物を買う為に近所の大型複合ショッピングモールに訪れていた。

「おぉぉ!凄いな!これがショッピングモールというものか!」

 エントランスから見える吹き抜けるような高い天井を見上げながら、五人の中で一番テンションが上がっているゼノヴィア。

「ゼノヴィアは来たこと無いんですか?」

「私たちは悪魔祓いだったから、基本は教会の中だし。俗世に染まらないようにって自由行動なんてほとんどなかったもの」

「…悪魔祓いって結構面倒臭いんだね」

「灯巳、容赦ないにゃ」

 アハハ、と苦笑いする、黒歌。

 いつもの学生服や部屋着とは違う、おしゃれした私服を着て店内を進む。

 五人に注がれている視線に気づかずに、いや、気づいても気にしない。五人は既に一人の男を愛しているから。

「それで最初は何を見に行く?」

「最初は水着です。涼さんから海水浴に行くのに必要な水着を買っておくようにと言われてます。お店があるなら浴衣も買っておくようにと。どうも、涼さんは宣戦布告しておきながら夏休みをリア充バリに満喫するつもりのようです」

数日前に行われた、涼の三大勢力への宣戦布告。そんなことをしておきながら、夏休みを満喫する気満々である。

 

「水着か、着たことないな」

「私はそもそも海水浴なんて理由で外出できないしね」

「私も無いかな。海は悪霊とかを祓いに行った程度」

ゼノヴィアもイリナは悪魔祓い故に海水浴どころか、年頃の女の子が行くようなお店になど行けるわけもなく、灯巳も、京都の陰陽師の家。遊んでいる暇があるなら術の鍛練をしろ、と言われる始末。

「私と黒歌は行ったことありますよね、はぐれ悪魔狩りついでに少しだけですが遊んだことがありましたが、流石に泳ぐまでは出来ませんでした」

結局、五人居て誰一人としてまともな海水浴をしたことがない。

 

そもそも日常とかけ離れた生活をしている五人だ、普通の女の子が思い出に残せるようなことをやろうにもそれなりの準備と時間が必要になる。

 

「さて、お喋りもこの辺で各自自分の水着を見つけてきてください!」

セレナの宣言によってバラバラに店内の散策を始めた。

 

 

 

@ @ @

 

 

 

 元悪魔祓いタッグのイリナとゼノヴィアは二人で並べられた水着を物色していく。

 

「ん~、涼くんはやっぱり露出の度の高い水着がいいのかな?」

「なら、これか?」

 ゼノヴィアが陳列されて中から手に取ったのは、イリナの言った通りの露出の多い水着の中でも上位にに位置する露出度の高い水着“マイクロビキニ”。

「な、なにそれ、もう布ないじゃん、紐じゃん!」

「これなら、涼も見てくれるだろう」

「駄目でしょ!涼くんには見てもらえるだろうけど、それはちょっと着れないよ。もっと普通のでいいのよ」

 マイクロビキニを元あった場所に戻すと新しい水着を探し始めた。ゼノヴィアのおバカさに呆れながら、自分がまともな水着を彼女に選ぶことを決意した、イリナであった。

 

「大丈夫かしら、ゼノヴィア。少し脳筋なところがあるから」

 別の水着を求めて店内を歩いて行った、ゼノヴィアのことを不安に思いながら、自分が使う水着を探していくが、見た目が気に入っても、気に入った色じゃなかったり、またその逆だったりしてなかなか好みの水着が見つからない。

 

「これ、かな」

 イリナが手に取ったのは黄色を基調にしたビキニだった。

 一般的なビキニと同じくらいの露出で、ハイビスカス模様がデザインされ可愛らしい。

「これ、これにしよっと。試着しなくちゃ」

 水着を持って試着室に行くと、勢いよく開いた試着室のカーテン。中に立っていたのは、ゼノヴィアそれもマイクロビキニを試着した姿でだ。

「……それ着たの」

「うむ、これは流石に心許ないな」

「それは外で着れないでしょ」

「そうみたいだな、涼とする時に取っておこう。海水浴にはこっちを着ていくつもりだ」

 ゼノヴィアの片手に握られている青を基調とした無柄のビキニを、イリナに見せつけるように前に出す。

 マイクロビキニを海水浴に持っていくと言わなくて良かった、と思いながら、イリナも試着室に入って行った。

 

 服を脱ぎ、下着を外すと脇腹や胸にある、涼が京都に出かける前日に交わった時に、俺の物だと言わんばかりに着けていったキスマークを指でなぞる。

 服を着れば見えない場所に気を使って付けてたが、鏡に映る自分の体あるキスマークを見る度に、自分がどれだけ愛されているかを実感し、自然と顔がにやけてしまう。

「涼くん、大丈夫かな」

 護衛もつけずに京都へ向かった、涼の事を密かに思う。

 もしかしたら、危険な目に合ってないか、今頃、禍の団に襲われて一人で戦っているんじゃないか。自分がいまだ勝てない、セレナが足元にも及ばない、涼の心配をするのはどうかと思うけれど、心配しない、というのは別の話だ。

 誰だって、愛する人が怪我をするのは、許せない。目に見えず、触れられない、“愛”というものは、そういうものだ、と教会の“悪魔祓い”からただの“女”になってから初めて知った。

 

「帰ってきたら、まだ抱いてもらわなきゃ!」

 試着室の中で一人ガッツポーズを取る、イリナ。

「イリナ?水着は試着できたのか?」

「ッ!、ゼノヴィア!御免、もうちょっと」

 突然、カーテン越しに聞こえてくるゼノヴィアの声、ビクッ!と肩を震わせて、反射的に胸を両手で隠す。急いで足元に置いてかった黄色の水着を手に取り、身に着ける。

「もう開けてもいいよ、ゼノヴィア」

 開いたカーテンの先に立っている、ゼノヴィアがイリナの水着姿を見て、似合うな、とありきたりな言葉を口にする。

「うん!ありがと。それじゃこれを買うよ!ゼノヴィア一緒に水着見せて、涼君に褒めてもらおうね!」

 試着室から飛び出し、ゼノヴィアに抱き着きながら此処には居ない仕える主であり愛する人が褒めてくれるのを願うイリナだった。

 

 

 

@ @ @

 

 

 セレナ、灯巳、黒歌は三人で水着を見て周っていた。

 

「んにゃ~、尻尾を出す穴が空いてる水着はないにゃ」

「あるわけないよ!てか、海水浴場で耳と尻尾なんて出さないでよ!」

「大丈夫ですよ、黒歌もそれくらいの常識は持ってますよ」

 ビキニの下の水着のお尻部分を眺めて、穴が無いと言う黒歌に、ツッコミを入れる灯巳とそれを宥めるセレナ。三人で長い間、共に時間を過ごしてきたからこそ、誰が何を言いたのか、何をしたいのか理解できる。

「でも涼は尻尾好きにゃよ」

「知ってるよ!行為する時だっていつも出しっぱなしだし、偶に尻尾をシゴいたりしてんじゃん」

「あれをすると涼は可愛く鳴くから好きにゃ。灯巳だって脇とかする癖に」

「んな!なんで知ってるのよ!」

「二人とも流石にその会話を外でするのは、ちょっとどうかと思いますよ……」

 誰が聞いているか分からないお店の中でするには、卑猥な話をする二人を叱りつけるセレナ。

 二人はごめん、と言いながらも反省している様子はない。

「やっぱろビキニでしょうか。でも、私は義手も問題もありますし…」

「セレナの義手って海水、大丈夫なの?」

 いまも店内のライトに照らされて鈍い銀色を反射しているセレナのクラウ・ソラス製の義手。いままでも雨を浴びたり、敵の魔法によって生み出された水の攻撃を受けたりしてきたことはあるが、普通の水と海水は全くの別物だ。

「いえ、海水に行くときは防海水性の専用義手に付け替えていきますので、でも見た目や色がどうしても肌色にはできません。別に、涼さんに見られるのは気にしません。もう裸も見られていますから。けれど私が原因で、涼さんが変な目で見られるのはちょっと……」

「大丈夫でしょ、主ならその程度のこと気にしないよ。それよりも私たちが気にするべきは着ていく水着と海でナンパされた時の対処法だよ!」

「ナンパなんて金的でもすれば良いにゃ、でも私は水着のサイズがあまりないにゃ」

 サイズ…という言葉にセレナと灯巳は自分の胸に視線を向ける。

 セレナは大きいとは言わないが、年頃にはそれなりにある方だ。

 灯巳に関しては遺伝も関係しているのか服の上から触っても少し膨らみがあると分かる程度しかない。対して、黒歌の胸は着崩さない着物が着れないほど大きく、歩く度にたぷん!と効果音が聞こえるほどに揺れ、すれ違う男たちの目は胸に吸い寄せられる。

「……牛乳め、もげろ!」

 灯巳は恨めしそうに、黒歌の胸を睨みながら、水着を選ぶ。

「セレナと灯巳も、涼に揉んでもらったり、吸ってもらったりしたら大きくなるかもしれにゃよ」

 フフフ♪、とニヤニヤしながら黒歌が言うと、セレナはそんな方法が!と真に受け。灯巳はそれで大きくなったら苦労しない!と叫ぶ。

 

「そういえば黒歌は妹はどうするの?」

 灯巳はっふ、と思い出した黒歌の妹である小猫の事を聞いた。

 数日前に涼がした宣戦布告。リアス・グレモリーの眷属として悪魔として生活している彼女にもいずれ危険が及ぶだろう。むしろ、姉が敵対組織にいるというだけで裏切り者扱いされかねない。

「それに関しては、説得してこっち陣営に来たもらうしかないにゃ」 

 苦い顔をしながら答える黒歌。直接説得しに行くにも、いま冥界に足を踏み入れるのは自殺行為、何より変に行けば涼にも迷惑をかけてしまう。

「心配ないかと思いますよ。そんなすぐに武力を使った戦争をするわけでもなく、経済や食料など直接命を奪わず相手を屈服させる方法なんていくらでもあります。何より涼さんが小猫さんの事を放置するとは考えにくいです」

「確かに」

 貪欲さ、という意味では涼は随一だ。

 欲しいものは欲しいだけ、邪魔をするなら神でも殺す。それは涼のスタンスだ。その結果三大勢力との戦争なわけだが。

「心配なら一回しっかりと話しておくべきかと。冥界に潜入出来る人物は何人かいますので」

「ん~、そうするにゃ!あ!この水着良い感じにゃ!」

 手に取ったのは紫色のビキニタイプの水着。それも他のタイプに比べて布の面背が少なく、黒歌の胸を覆い隠すことが出来るとは思えない。

 セレナと灯巳は絶対にサイズが…と思うも、黒歌は気に入ったらしく早々に試着室に入って行ってしまった。

「私たちも決めましょうか」

「そうだね」

 二人もイリナとゼノヴィアを待たせては悪いと急ぎ試着する水着を探していく。

「これが良いかな」

 灯巳が手に取ったのは胸元にワンポイントの大きなリボンが付いたビキニタイプの水着。

「セレナには、コレが似合うんじゃない?」

 灯巳が試着室に向かおうとした瞬間、視界の端で捉えた白色のビキニタイプの水着。胸はシンプルなだが、下の水着にはスカートのように短いフリルが付いている。派手な物を好まないセレナにはこの位が似合うと直感した灯巳は、セレナの返事も聞かずに押し付けた。

「えあ、ありがとうございます」

「ほら、試着室行くよ。絶対似合うから大丈夫!」

 戸惑うセレナの背を押しながら一つしか相手いない試着室に二人で入る灯巳とセレナ。

「え!?一緒の試着室に入るんですか!?」

「いいでしょ、裸なんていつも見てるんだし。そもそも試着室他に空いてないし!レッツゴー!」

 たかが水着を買うだけ、されど水着を買うだけ。

 二人が入った試着室の中からは度々、セレナの叫び声と嬌声が聞こえてきた。

 着替えるセレナを弄り、水着姿のセレナを弄り倒した灯巳は良い笑顔で試着室から出てくると中には、顔を真っ赤にしたセレナがとぼとぼ、と出てきた。

 

 無事五人の涼を悩殺する水着購入を終わり。

 来るべき海水浴に向けての準備は整った。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。