神殺しin―――ハイスクールD×D   作:ノムリ

16 / 18
北欧の主神との会談

 神殺し神無月涼とアースガルズの主神を務めるオーディンとの会談が人間界にある『獣群師団』の仕事を行う為にと購入したオフィスビルの会議室で行われていた。

 会議室の中には、俺と前に顔を合わせたグリューヌ、京都に連絡する為に灯巳が同席。相手は、オーディンと護衛のロスヴァイセの二人。

 

「自分の目で見るまで信じられなかったが、本当にお主は神を殺しているようじゃな。体から神格が漏れ出ているのう」

 不敵そうに笑うオーディンの横で戦争にでもなるんじゃないかと思ったのか慌てだすロスヴァイセ。

 

「そう言っておいただろ。で、同盟は組んでくれるのか、くれないのかどっちなんだよ」

「勿論、受けるぞ。今は被害が無くともいずれは北欧神話にも影響が出るであろうからな」

 オーディンの話では北欧では目立った被害が出てないらしい。その一つの理由が、悪魔が人間界で主な活動としている日本から離れているかららしい。ただそれは悪魔の被害が少ないというだけで三大勢力からの被害が少ないというわけじゃないらしい。

 北欧で最も被害が多いのは天使陣営に属する教会の人攫いや人体実験と保管してあった武器の盗難だそうだ。

 魔帝剣グラム、バルムンク、ノートゥング、ディルヴィング、ダインスレイブなどの英雄が持っていた魔剣の類が盗み出され、魔帝剣グラムを扱える「真の英雄シグルドの末裔」を生み出すことが目的のシグルド機関という人体実験の研究も存在していたそうだ。

 どうも天使陣営は教会関係者の管理と神ヤハウェが作ったシステムとやらを守るのが人間の命を好き勝手に弄り回すことよりも大事らしい。

 これじゃ、三大勢力で一番まともなのが堕天使ってことにならないか、それもどんぐりの背比べだけどな。

 

「そうか。良かった、流石に北欧と敵対は疲れるからな」

「ほう、無理だとは言わないようじゃのぅ」

 生意気だ、というよりは戦うのも面白い、という顔をしているオーディン。

 こっちの神も戦いが無くて退屈でもしているみたいだ。

「神殺しだからな、無理とは言わないさ」

「お主と剣を交えるもの悪くはないが、それは次回に取っておくとしよう。それよりもじゃ、どうもロキの奴めが良からぬことを考えているようでな」

「ロキ?北欧神話で有名な他の神々にちょっかいを出した、っていう悪神ロキか?」

「それであっとるよ。どうも、儂がお主と他の神話と同盟を組むのを良く思っていないようでの、加えて、動き出した三大勢力にもちょっかいを出そうとしているようでな」

 なんとも傍迷惑な話だ。

 神話のトリックスターは、北欧神話のロキが最も有名だが、日本ではスサノオ、ギリシャではプロメテウスが該当する。時に悪事を働くが、その行動は結果的に良い結果を生むとされ。特に人間の文明を進歩させたり、進化を促すということもある。トリックスターは文化英雄とも結びつけられることも多く、これのイメージは人間に火を与え、生活を豊かにプロメテイウスが一番イメージしやすいだろう。

 つまり、トリックスターは悪事や盗みを働くと同時に良い結果も運び。良くも悪くも現状に大きなうねりをもたらす。簡単に言うと引っかき回すというわけだ。それがどんな結果を引く起こすかは、まさに神のみぞ知るというところだ。

 

「正直、武力で解決できる問題なら楽でいいけど、他の物になると行き当たりばったりだな。最悪、起きたことを利用して、損以上の得を手に入れるしかないか」

「ふむ、なかなか前向きな考えかたじゃの悪くない」

 関心、とばかりに頷くオーディン。

「それともう一つ。いま多くの勢力を騒がせている『禍の団』についてじゃ。お主は『禍の団』についてどれほど知っておる?」

「どれほどっていくつもの派閥が集まって一応は組織として機能しているって事と、トップがオーフィスって事くらいだけど?探ってはいるけど、あれやこれや、とやることが多すぎて手が回らないんだよ」

「その通り。あの無限の龍神(ウロボロス・ドラゴン)と畏れられるオーフィスがトップである事は勿論。派閥に別れていることでそれぞれが別の目的で動いているからな。結局は組織を余すことなく潰さねば終わらぬ。そして組織の中でも警戒すべきは“英雄派”じゃろうな」

 

 英雄派?と聞き返すと、オーディンは頷き説明を進めた。

「英雄派のリーダーは神滅具の『黄昏の聖槍(トゥルー・ロンギヌス)』を有しておる」

 神滅具の中で最上位とされる、神をも貫く絶対にして最強の神器、それが『黄昏の聖槍』。聖剣と同じ「聖なる武器」の一種で、悪魔など魔に属する者には絶大な力を誇る。魔王クラスであっても聖槍の一撃は致命傷となると言われている。一部では神滅具で最も強いと言う人物もいるほどだ。

「それだけではない、神滅具の『絶霧(ディメンション・ロスト))』と『魔獣創造(アナイアレイション・メーカー)』の所持者も所属しておる」

 神滅具の三つが一集団に揃っているのか。俺が相手のするのは楽勝。セレナたちでも問題なし。ただ、裏京都やら神話勢力にとっては重要な問題か。

 

「面倒なこって」

 悪態をつきながら机の上に置いたあったカップを手に取り、コーヒーを喉に流し込む。

 苦さが頭を曇らせていた悩みを晴らし。そして何よりも仲間にした者たちへの信頼があるからこそ、こうしてのんびり構えていられる。

 

「俺の方は目立った被害は出てないな。そもそも本部が簡単に行こうとしても行けないから大丈夫だろう。そのうち俺らの所にもやってきそうだな」

 英雄派…か。『禍の団』についてはもう少し詳しく調べておく必要がありそうだな。

 残ったコーヒーを流し込み、これから取るべき行動を決めていく。神殺しとしてであると同時に、組織の長としての取るべき行動を。

 

 

 

 オーディンたちが帰った後、近所のケーキ屋で買ってきておいたケーキと紅茶を並べて三時のおやつタイムと洒落こんでいた。

「食えないじいさんだったな」

 フォークで一口サイズの切ったショートケーキを口に放り込みながらそう口にする。

「そうですね、流石は北欧勢力の主神。同盟を組みながら一手を打ってきましたね」

 グリューヌは頷き、同意しながら紅茶の入ったカップを傾ける。

「一手?」

 灯巳は理解してないらしくイチゴを頬張りながら首を傾げた。

「ロキの件ですよ。身内が暴れている事を先に知らせることで、此方に被害があっても自分たちは悪くないと言い訳出来るようにしながら賠償などを求めても払うのは最小で抑えられるようにしてきました」

 そう、グリューヌの言う通り。

 仮に、ロキが俺たちの手を出してきて撃退したとしても北欧から賠償金なりを取れなくなった。こっちはロキと戦えば、神を倒せるという宣伝という得を得ても、土地への被害、戦力の公開の損が生まれる。

 なにより、組織を動かすには金は重要な割合を占めている。

 食料、武器、家や街を作るための資材など『獣群師団』も人間界で購入して運び込むこともある。『月の都』は確かに森林、鉱石、養殖など人間界で行われている大半の事業を行ることは出来るが時間にも、人手にも限界があり、それを解決するのがお金だ。

 すごく分かりやすく言うなら『獣群師団』は自給自足する反面、資金が少ないのだ。

 今までは日本神話や裏京都と食料や特産物との商売をしてきた資金と、俺やセレナたちがはぐれ悪魔狩りや日本神話からの依頼で貯めたお金を切り崩してきたけど、それにも限界がある。

 その事をオーディンは調べ、先に儂たちは賠償金は払わんぞ、と先手を打ってきたわけだ。

「魔王とか、天使の長とか、堕天使の長がへっぽこ過ぎたけど、流石は神だな。一筋縄じゃいかないか」

 ショートケーキに乗っかっているイチゴをフォークで突き刺し、齧る。口に広がり甘酸っぱさが広がり、少しついた生クリームが良い感じの甘さが甘さを引き立たせる。

「灯巳、日本での仕事が終わったら『月の都』でイリナとゼノヴィアの訓練の様子を見てきてくれ」

 イリナとゼノヴィアは夏休みに『月の都』で強化訓練の真っ最中だ。

 ゼノヴィアはセレナとマンツーマンで剣の稽古。

 イリナは武器は刀一本で行くことを選んだから『月の都』に居た刀使いの李安の元に稽古に行っている。ただ、李安は少し浮世離れした性格で『月の都』にある岸壁のばっかりの山に普段は引きこもっていて、俺の命令以外だと下りてくることがない。何度か部下の剣士が弟子入りしようしたけど稽古の内容と山での生活の苛烈さに一か月もせずに断念していた。

 イリナは、何日持つのやら。

 最初は行かせるつもりは無かったけど、刀を使っていくことを決めた以上剣使いよりも刀使いに教えも貰った方が身になる。

 剣は力で斬り、刀は技で斬る。

 他にも重さや長さ、両刃と片刃、その違いは繰り出す技の違いにも体の動かし方にも出てくる。

 イリナが前に使っていた擬態の聖剣(エクスカリバー・ミミック)なら刀と剣を自由に使い分けることも出来るけど、今はマルテットの鍛えたユカリがある。

 なにより、今まで肩を並べてきたゼノヴィアには、自分にピッタリのセレナという師匠が居るから成長は著しい。

 だから、イリナは自分で師匠となってくれるかもしれない人物に会いに行った。

 親友に、戦友に、相棒に置いて行かれない為に。

 行かせないという選択肢もあったけど、決意を固めたあの目を見ちゃったら行くな、なんて言えなくなった。

 李安に山から下りてきた教えてやれって命令すればするだろうけど、それじゃ駄目だとイリナ自身がそれを良しとはしなかった。

 強くなって帰ってくる事を祈っておこう。

「分かった!あむ!」

 ショートケーキの最後の一口を頬張り笑顔のまま頷く灯巳。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。