神殺しin―――ハイスクールD×D   作:ノムリ

5 / 18
転校生

 賞金稼ぎで稼いだ金をつぎ込んで建てた一軒家。

 数日前までは俺、黒歌、セレナ、灯巳の四人暮らしだったが、コカビエルの一件で現場に居たゼノヴィアと黒歌の遠視の術で見ていたイリナは運悪く神が死んでいることを知ってしまった。二人揃って教会を追放。住所不定無職になった状態で日本に帰ってきた二人を見つけてしまい、結局、捨て犬を拾うかのように家に連れ帰ってしまった。

 

「ゼノヴィア、力任せに振り回さないしっかりと敵を見て!イリナも攻撃が軽いです、腕だけで振らずに体重を乗せて!」

 朝食の前の軽い運動と言って、庭でセレナがゼノヴィアとイリナに剣の指導をしている。灯巳と黒歌はキッチンで二人仲良く朝食を作っている、俺はというとやることもないのでニュースを聞き流ししながら庭で練習する三人を眺めている。

 

 ジャージ姿で汗を流す三人。

 こうも剣を見ていると脳裏に剣王ことサルバトーレ・ドニと戦った時のことが蘇ってくる。名前の通り全てを斬る魔剣に無敵みたいな防御力。文字通り最強の剣と最強の盾を携えてカンピオーネだった。

 

「他のカンピオーネがこっちに来たら本当に世界が滅ぶよな」

 ないであろう可能性に頭を悩ませていると後頭部に柔らかい感触が突然やってきた。

「難しい顔してどしたにゃ?」

「ん~、もし俺以外の神殺しがやってきたらどうしようかと思ってな」

 背中に抱き着いてくる黒歌に聞くと、俺の力を何度も目にしている黒歌はどうしようもないと適当に返事を返してきた。

 確かにそうだな。起こってもいないことに悩むのも無駄なことか。

「よいしょっと」

 背中に体重を掛けてきている黒歌を前に移動させて、抱きしめる。

「どうしたにゃ急に」

「別にいいだろ、偶にはさ」

 女性特有の柔らかさと甘える猫のように顔を擦りつけてくる黒歌の頭を撫でて、耳の裏を指先で掻いてやると気持ちよさそうにしている。

「ちょっと!黒歌!一人で主とイチャイチャしないでください、ずるいよ!」

 両手にスクランブルエッグとサラダの乗った皿を持ちながら俺と黒歌を見て灯巳が叫ぶ。その声を聞いて、セレナにゼノヴィアとイリナも俺たちをジッと見ている。

 

「涼は黒歌たちと付き合っているのか?」

「違うわよ、ゼノヴィア。これはハーレムよ!ハーレム!」

「なら、私たちもそのハーレムとやらに入れるのか」

「ちょっと、何言っているのゼノヴィア!?」

 イリナはゼノヴィアの肩を掴んで前後に揺らしながら、チラチラと俺を見てくる。

「だが、イリナ。私たちは今まで全てを神に捧げてきたが、いまは自由の身。禁じられてきたことだった恋愛なども出来る。ならば恩人であり、私たちを拾ってくれた涼は優良物件というやつではないのか」

 恥じらうことなくズバズバとイリナに言うゼノヴィアに周りはコイツやるな、と思い。イリナは年頃の乙女らしく顔を赤くしてあわあわしている。

 

「俺としては夜にお前らが来ても受け入れるけどな、もう三人は抱いたし」

 そう黒歌も、セレナも、灯巳も、既に抱いている。

 いまでは夜に一緒のベッドで寝ているくらいだ。いまになって二人増えたところで夜の行為に支障はない。流石はカンピオーネの体力、あっちの体力もすさまじい。

 

「朝からアホな話してないで朝食食べないと学校に遅れるよ。今日から高校生なんだから!」

 

 

 

@ @ @

 

 

「なんで貴方たちが転校してくるのよ!」

 バン!とリアス・グレモリーは立ち上がり机を叩き、机の上に乗せられているティーカップが揺れて姫島朱乃の入れた紅茶が零れそうになる。

「俺らは未成年で学校に通っている歳なんだ、学校に通うのは当たり前だろ」

 隣に座るソーナ・シトリーに注意されて、渋々ながらソファに腰を下ろす。

 俺、セレナ、灯巳、イリナ、ゼノヴィアは本日駒王学園の生徒となり、全員揃って運良くなのか一誠のクラスとなった。まさか同じクラスになるとは思っていなかったから最初は驚いたものだ。

 放課後に予想していたとおり、グレモリーとシトリーに呼び出された俺たちは逆らうことなく着いていくと予想していたことを言われたわけだ。

 

「そういう意味じゃないわ。どうやって学校に転校の手続きをしたのよ」

「学校なんだ教育員会の方に手続きすれば簡単にな」

 いくら悪魔が関係していると言っても所詮は学校。

 隅から隅まで悪魔の目が入っているわけじゃない、生徒会長のシトリーならもしかしたら教師から転校として俺らの資料が渡ることはあってもグレモリーの方に渡ることはまずない。そもそも悪魔の上層部に俺の名前はまだ伝わってないはずだからな。なにせ町が吹っ飛ぶかもしれないっていうのに魔王にも連絡を入れようとしないんだ、報告、連絡、相談がちゃんと出来るなんて思ってない。

 

「そもそも此処は日本だぞ、悪魔の勝手がまかり通るわけないだろ」

「なんですって!此処は私の領地よ!」

「いつ、誰が決めたんだよ。そもそも此処は日本神話の領地だろ。悪魔に日本を貸し出したなんて話は聞いてない。日本にアメリカがやってきて、此処は俺の領地だ、とか言うか? 言うわねえだろうが、お前らはテロリストでもなりに来たのか」

「おい!さっきから聞いてれば勝手なこと言いやがって部長が領地だって言ってんだろ!」

 後ろに控えてきた一誠が怒鳴ってくるが、それと同時に隣に座るセレナが体に力を入れているのが分かる。仮に声ではなく神器を出していたなら腕が飛んでたな。

「だからさ、そもそも貸し出してないんだよ。お前らがただやってきて勝手に言ってるだけだろ、誰がそれを認めるんだよ。現に、日本神話が魔王に抗議を送ったらそっちはだんまりを決め込んでる」

「……リアス、これに関しては私たちも一度確認を取るべきです。下手をすれば戦争にまでなりかねない」

「ちょっとソーナ!コイツの言っていることを認めるって言うの!?」

「確認するだけです。もし彼の言っていることが正しかったら私たちは殺されても文句は言えない立場ですよ」

 ソーナに言葉にリアスも口ごもる。

 だろうな、自分たちが苦戦していたコカビエルを簡単に倒すような相手と戦うなんて御免だろうさ。

「すいませんが私たちも上と確認する時間を貰えないでしょうか」

「構わない。というか俺にとってはどうでもいいんだよ」

「……どうでもいいとは?」

「俺は日本神話と協力。同盟と言ってもいい、仲間ってわけじゃない。俺は俺の組織を従えてる。必要があれは悪魔だろうが、天使だろうが、堕天使だろうが戦争するってことさ。今回の件で俺の実力も分かりやすく示したしな」

 俺の言葉に二人が警戒すると後ろに並んでいる眷属たちも一斉に構えるが、その前にセレナが背後に複数の光剣を生み出し、灯巳も護符を構えている。

 やろうと思えば、二人だけで此処に居る全員を相手にすることなんて簡単だ。それだけの訓練と実戦を積んできた。

 実戦は訓練の数倍の経験値を得られる。彼等には圧倒的に実戦の経験が足りてない。

 

「リアス。どっちにしろ彼いえ、彼等と敵対するには軽率すぎます」

「………そうね」

 紅茶を飲んで自分を落ち着かせようとしている二人。

「話は終わったな、そんじゃ俺らは帰らせてもらう。行くぞお前ら」

 四人を引き連れてオカルト部の部室を出る。学園を出て、家に向かって変えている途中。

「よかったんですか」

「何がだ」

 隣を歩くセレナは俺を見上げなら聞いてきた。

「もし、悪魔と敵対することがあったら……」

「大丈夫だろ、俺もお前らも居る。それに俺の元にいるやつの大半は三大勢力の被害者ばっかりだし、アイツらは自分たちが他の神話勢力からどれだけ疎まれているか分かってない」

 自分たちの起こした戦争で勝手に数が少なくなって、滅びない為に人間以外にも多くの種族に手を出している。悪魔が一番だけど、天使は人間の人体実験やら教信者を増やすために子供を無理やり悪魔祓いにすることだってある、堕天使は神器を持っている人間を殺してる。

 アイツらは人間が自分たちに牙を向くとは思ってない。種族としては確かに優れているかもしれない、それでも人間がいつまでも弱者の地位に甘んじているわけない。いつの日か。誰かが、アイツらの喉笛に牙を突き立てる日が必ず来る。

「進歩しない種族に未来なんて無いってことだ」

  

 

 

 

 日が沈み、夜になると家を訪ねてきたのは堕天使の総督アザゼルだ。

「よお、お前がコカビエルを倒した人間か」

 玄関を開けるとおっさんが立っていた。

「合ってるよ、なんだ?わざわざ自分たちの不始末をつけた人間に礼でも言いに来たのか?」

 念のためにいつでも権能を発動して攻撃できる体制に入ると、流石に気づかれ。

「おいおい、そう警戒するなよ。お前の言った通り、不始末の礼を言いに来たのと今度ある三大勢力の会談に出席してくれって言いに来たんだ」

 会談ね……どうせくだらないことを話し合うだろうな。でも、俺たちの存在のアピールと警告にはうってつけの場所か。

「会談の参加は了解だ、コカビエルの一件は日本神話からの要請だったからあっちに礼を言ってくれ」

「そっちにはもう済ませたよ。死ぬほど小言を言われてけどな……これからも顔を合わせることになると思うと」

 とほほ、と肩をすぼめているが、よくいままで滅ぼされなかったなこんなのが総督で。俺なら躊躇なく滅ぼすわ。

「それに関しちゃ、俺には関係ないから愚痴は身内に零してくれ。それで悪いけどさもう用が無いから帰ってくんね、俺はこれから夜の時間なんだ」

「なんだ、夜の営みか?」

 からかうように言ってくるが正解だ。

 二人増えて、合計で五人の相手を一人でしないといけないがカンピオーネの体力と回復力はどうも戦闘だけじゃなくてそっちの方にも作用しているらしい。

「良くわかったな」

「からかったのに真顔で返されたぜ、からかいがいのない奴だ。しゃ~ねぇ、お暇しますか」

 そう言って黒い翼を広げて夜の空へと消えていったアザゼル。

 悪くない人間…じゃなかった堕天使だけど、あんな感じじゃ外交には向かないか。

 まあ、敵にならないことを祈っておくよ。

 さて、夜はこれからだ、美味しく二人の初めてを頂くとしますか。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。