転生したら柱の女だった件   作:ひさなぽぴー

2 / 56
2.師曰く「滅びよ」

 おはようございます。人間から闇の一族に転生した女ことアルフィーちゃんほぼ四千歳です。

 

 あ、そういえば初めて名乗りました? そう、わたし今の名前はアルフィーと言います。わりとかわいい名前だと思うので、気に入ってます。

 

 それはさておき、いやー、眠りに落ちていくと同時に身体が石化していく感覚は結構怖いものがあるよ。これは確かに、克服したいと思っても不思議じゃないね。

 とはいえ、眠りから覚めて身体に血が通っていく感じは独特の高揚感もあったんだけど。

 

 さて目が覚めたところ、カーズ様とエシディシも休眠中だった。残っていたメモから、どうもわたしが休眠した少しあとに二人もほぼ同時に休眠期に入ったみたいだった。

 

 とりあえず寝てから起きるまでの間に何があったのか、情報収集をしようと思ったんだけど……いやー、すっかり一族からつまはじきにされてますわ。

 気持ちはわからなくはないんだけどね。わたし一人でも結構な量食べるし。きっとわたしたちが寝てる間、一族は平和に過ごしてたんだろうなぁ。

 

 というわけで、年齢的にもほぼ独り立ちを余儀なくされるところではあるから、食料探しを兼ねて情報収集に向かった。

 見つけた生き物に、持参した石仮面をかぶせて吸血鬼化。しかるのちにズムムっと吸収するお食事だ。

 

 正直、食べてる気がしなくてわたしはこれがあんまり好きじゃない。味をしっかり感じられる口からの摂取がいいんだけど……かといって、闇の一族は味付けや調理の概念があまり普及していない。生物として強すぎて、料理の概念を発達させる余地がなかったんだろうなぁ。必要は発明の母とはよく言ったものだよね。

 でもそういう学者的な感傷はさておき、二十一世紀から来た身としては、日々の食事が本当に味気なくて……。

 それに、生肉をかじったり火で焼いただけのタイプ:ワイルドな食事は、さすがに遠慮したいし……。

 

 というわけで、仕方ないのだ。ジョジョの本編が始まる時期まで行けばそこらへんは改善するだろうから、待つしかない。

 

 ……あ、人間。迂回しよう。

 人間は……人間はやっぱり、食べたくないね。元人間だもの。み〇を。

 

 カーズ様たちが見たら、不思議に思うんだろうなぁ。一番エネルギー効率がいい食べ物を食べないなんて、って。

 でもこればっかりは、ね。どうしようもない。

 いつか慣れる日が来るんだろうか。そんな日が……来てほしいような、来てほしくないような。

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

 

 そこからおよそ五十年。やっとカーズ様とエシディシが復活した。

 目覚めた二人に、食べ物を渡しながらついでに眠っている間にどうなったのか、報告する。

 

 と言っても、目立った変化はさほどない。わたしたちが寝たことで食物連鎖が正常に戻ったみたいで、外は平穏そのものどころか食料には困らないありさまだったし、闇の一族も寝てる間特に何も対策を講じていなかった。

 正直言って、彼らはのんきしすぎだと思う。

 

 こちらにおわすお方をどなたと心得る。合理主義の塊、目的のためには手段を選ばないラスボスの鑑、カーズ様にあらせられるぞ。彼なら寝込みを襲うくらい平気でするだろう。

 

「ふん、所詮やつらはそこまでの生き物ということよ」

 

 ほらね。

 

「どうすんだ?」

「……どうもしないさ。やつらが何かしない限りは、だがな」

 

 一見良心があるように見えるでしょ? これ別に専守防衛じゃあないんだ。まだ目的達成のために必要なものがはっきりしてない段階だから、単に今行動を起こすのが割に合わないだけなんだ。

 

 そしてわたしは知っている。先にしびれを切らすのは、一族のほうだと。

 今度こそ、本当に今度こそ、そのときは近いはずだ。

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

 

 それからたった数年が経ったある日、久しぶりに一族に新しい命が誕生した。

 彼に与えられた名は、ワムウ。

 さらに、もう一人子供を身ごもっている人がいる。こちらの出産も、もう間もなくだろう。

 

 それを聞いて、わたしはようやく今がいつかを確信できた。

 設定上、ワムウとサンタナの年齢は2部の西暦1938年の段階でおよそ一万二千歳。つまり今は、およそ紀元前一万年とちょっとってことになる。

 

 そして同時に思う。遂にそのときが来た、ってね。

 ……まあ、実際はそんなにすぐには来なかったんだけどさ。

 

 だからぁ! 闇の一族のんきがすぎるよ! 危険視してるなら早く動こう!? なんでそんなに傍観続けてるわけ!?

 ほら、そうこうしてるうちにわたしの戦闘訓練もそこそこ進んじゃったじゃあないかッ!

 

 あんまりにも何もなさすぎて、本当にアレは起こるのか……もしかしてこの世界は原作通りに進まないのか……。

 そうやってわたしはやきもきしつつも、ワムウとそれからサンタナが育つのを遠目に眺めていた。

 

 それでわかったのは、どうも闇の一族、生まれてしばらくは二千年周期の睡眠をしないっぽいぞ、ってことだ。さすがに赤ん坊のころは成体ほど頑丈でもないからなのか、人間とそこまで変わらない周期で寝て起きてを繰り返してたんだよね。

 ただし身体の成長もその分ゆっくりで……その辺と照らし合わせて考えるに、記憶にないからそんな感じしないけど、わたしたぶん自分で思ってるよりさらに何千年か歳行ってるな……?

 長生きしすぎて年齢の概念が曖昧過ぎるなこの生物……。まあいいや、自分で認識してない時間を加算するのも面倒だし当初思ってた通りに名乗ろう。

 

 そんなわりとどうでもいいことを考えながら過ごすこと、約二千年。ワムウとサンタナも赤ん坊から少し脱却してきたかなってくらいの時間が経った。

 

 またかよ。本当にもう、闇の一族危機感なさすぎるよ。

 わたしがもはや呆れの境地に至ったころ。ようやくそのときがやってきた。遂に一族が重い腰を上げたのだ。

 

 わたしを含めた三人を、剣や斧、槍などの武器を持った一族がぐるりと取り囲む。その様子は、漫画やアニメで見ていたそれとまったく変わりがなくて……。

 

「やつが存在するのは危険だ」

「あいつをこの地球から消してしまわなくてはならない……!」

「やつを殺してしまわなくては!」

「バカ者どもがッ! 太陽を克服したいと思わないのかッ! 何者をも支配したいと思わないのかッ! あらゆる恐怖をなくしたいと思わないのかッ!」

 

 けれど、誰もその言葉に耳を貸さない。同意するものは、エシディシとわたしだけだ。

 

 それを確認したカーズ様は、一瞬だけ無言で目を細める。この一瞬に、彼が何を考えたのか。わたしにはわからない。

 ただすぐに呼吸を整えると、殺到する彼らに一切動じることなく、自身の前腕から輝く刃を生じさせて。

 

「では――滅びよ」

 

 淡々と、静かに。だけどはっきりと、別れの言葉を突き付けた。

 それに応じて、エシディシが。そしてわたしも、遅れて前に出る。

 

 かくして、虐殺が始まった。

 

 それは戦いじゃあなかった。まさに、虐殺としか言えない一方的なものだった。

 石仮面の効果でそもそも地力が違いすぎるって言うのに、それに加えて流法(モード)という特殊能力まで持ってるんだから、カーズ様たちに勝てるはずがないよね。

 闇の一族たちに勝ちの目があるとしたら、それはわたしに対してのみだっただろう。わたしまだ流法(モード)に開眼してないし、初めての実戦でビビりまくってたからね。

 

 けど、そうはならなかった。わたしは普通に生き延びた。わたしだって、伊達に石仮面をかぶってない。こうなると見越したカーズ様に色々教えられたんだからね。良くも悪くも、あのボッコボコにされまくった日々は間違いなくわたしを強くしてたわけだ。

 まあ、それでもすぐには動けなかったんだけど……。

 

「アルフィー! 何をぼさっとしているッ! 殺せッ! 一人残らずだッ!」

 

 カーズ様の輝彩滑刀が(恐らくは意図的に)わたしの眼前を走った瞬間、そんなことは考えられなくなった。

 

 ここで彼に従わないと、わたしもこの場で殺されるだろう、って。そう思って、どうにかこうにか理性を抑え込んで、無我夢中で手刀を前に突き出した。

 

 すると、目の前に迫ってきていた男性の身体に腕が貫通した。

 あまり抵抗はなくて、結構あっさり。それはもう、あっためたナイフをバターに突き立てるみたいに。

 

 その事実と、飛び散る血しぶきにわたしの思考は止まった。

 

 え。そんなバカな。だって、こんな単純で非力な少女の貫手なんて、エシディシもカーズ様も全然効かないどころか、そもそも当たりもしないのに。

 

 そこに、斧が叩きつけられた。わたしの頭はそれでトマトみたいにつぶれ……ることなく、普通に刺さったままで止まった。ついでに、その勢いでかなり大きく吹っ飛んで壁に激突する。

 

 痛い! 肺から空気が一気に抜けて、一瞬息がつまる。

 けど、それだけだった。頭の傷が、見る見るうちに治っていくのが感触でわかる。

 

 ああ。

 

 そうかぁ。そうだよねぇ。

 

 だって、わたし石仮面かぶっちゃったんだもんなぁ。

 そりゃそうだ。

 

 うん……わたし、もうとっくにバケモノなんだなぁ。

 

 そう思ったとき。

 かちり、と頭の中で何かが切り替わったような気がした。

 オンとオフが切り替わるようなものじゃあない。生卵が鍋の中でゆで卵になっていくような、不可逆的な切り替わり。

 

 そしたら、目の前が真っ赤になった気がして……。

 

「あは……あはははははっ!」

 

 気がついたらわたしは、けたけたと高笑いしながらサルかヨーダかみたいに飛び回りながら、カーズ様たちみたいに殺す側に回っていた。

 

 心の中では非道だなんて言いながらも、身体はまるで本能に突き動かされているみたいに止まらない。

 そんな、頭と身体が乖離したみたいな状態だったからか、そのときわたしは不思議なくらい冷静に自分の行動を見ていた。

 

 そして思う。ああ、やっぱり石仮面は精神を悪に傾けるんだなぁ、って。

 

「これで全部か」

 

 カーズ様のその声を聞いたとき、わたしの全身はすっかり血に染まっていた。

 あぜんとして、けれどなんだか右手が何かを持っていて、重くて。不思議に思ってそれを眼前に持ち上げて……。

 

「ひっ」

 

 それを。

 今世のお父さんの首を、思わず投げ捨ててしまった。

 

 すぐにいけないことをしたと思いなおして、そちらに目を向けたけど……。

 わたしを見つめるお父さんの目は、恐怖と絶望に染まっていて。

 それから逃げるように周りを見渡してみれば、同じような顔で絶命した仲間がそこら中に転がっていて。

 

 わたしの心は良心の呵責に耐えられなくなって、その瞬間ぷっつりと意識が途切れた。

 




闇の一族の成長速度とか過程とかは、完全に作者の独自解釈です。
きっとこんな感じだったんだろうっていう、そういう。
カーズ様の若いころとか見てみたい気もしますが、公式でそういうのやんないですかねぇ。やらないでしょうねぇ。

なお主人公の名前の由来はもちろんあのレジェンドです。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。