やはり俺の殺人観察は間違っている   作:名代

3 / 4
暗黒系3

死体を見つけた後、なんの躊躇いもなく彼女は写真を撮り出した。俺も負けじとカメラを取り出し邪魔にならない様に死体をフレームに収めていく。

初めて撮る実物に興奮を覚えつつシャッターを切っていく。このカメラに映されるのは実際に殺された人間の遺体で、未だ犯人以外の手が付けられていない本物だ。

「手帳を持ってて頂戴」

彼女は遺体の前で立ち竦んだと思ったら俺に手帳を持たせる。

「どうした?」

受け取り、カメラで撮れるだけ写真を収めると、彼女が辺たりの撒き散らされた遺体の持ち物を拾い集めている。流石の俺も此処まではと思ったが、彼女は何時もの平坦な表情を歪める事なくその行為を遂行していく。

「こうして彼女の物だった所持品を集めるのよ。そしてこれをどうするかは後のお楽しみよ」

一瞬悪戯をする子供の様な表情を浮かべると、拾った持ち物を鞄へと収めていった。彼女はこれらの物を一体どうするつもりなのだろうか、正直理解に苦しむ。確かにこう言った物を集めるのはやぶさかでは無いが、何かがきっかけでバレてしまったら一巻の終わりである。まあ嫌ではないが。

やる事はやれるだけ終え、名残惜しいが此処らで退散するのが良いだろう。

「で、この後どうするんだ?警察に連絡でもするのか?」

「は?しないわよそんな事、彼女は一生このまま私以外の誰かが見つけ出すまで此処で過ごしてもらう事になるわ」

先程まで興味津々だった死体には目もくれずに彼女は言い放つ。

確かに公衆電話を使って通報してもこんな辺境にある死体を見つけた時点で何かしらの疑いは掛かるだろう。そうしてしまえばこの手帳も彼女の手帳も失われてしまい、この楽しい探索会はお開きになるだろう。

「さいですか。まあ雪ノ下の好きにすればいいさこれは初めからお前の案件だからな、俺が口を挟む道理はない訳だ」

やれやれと両腕を上げ降伏のポーズを取る。どちらに転んでも俺には何もないんだから彼女に従ったほうがいいだろう。まあ通報した後に発表される、メディアによって根掘り葉掘り個人のプライバシーを踏みにじられたこの遺体の情報の発表会が気にならない訳ではないが。

「そうよ、わかっているじゃない。比企谷くんに私の指示に従う以外の選択肢など無いと言う事にようやく気づいた様ね」

フフフと平坦に笑う彼女に呆れながらも、来た道を辿って麓に下って行く。行きと違って迷う心配がない為か来た時よりも気持ち早く感じた。

しかし、疲れは余り変わらない様で途中の蕎麦屋で休憩する事になった。お互い文化部でインドア派なので体力がない事が悔やまれたが、此れはこれで普通に出掛けた思い出になるので良しとしよう。

こう言った話を家に帰った際にすると小町が安心した様な表情をするので、今回見たいな青春っぽいイベントに付き合う事は悪い気分では無い。

麓の蕎麦屋は特に繁盛はしていない様で駐車場もガラガラで、中に入ると俺達以外の客の姿は見えなかった。時間帯的にも昼食の時間は過ぎているせいも有るだろうが。

中に入ると、珍しく個室があったのでそこに案内してもらう。中に入り看板メニューなのかざる蕎麦を勧められたのでそれを注文し頂いた。

昼食を終え、彼女は先程の光景の余韻を楽しんでいる様に目を閉じて壁に寄り掛かっている。もしかして寝てない?と思ったが俺の視線に気付いたのか、余り見る物じゃ無いと咎められ代わりに先程回収した遺体の持ち物だった鞄を渡される。見ていいと言う事だろうか。

ならば遠慮せずに、と鞄を開き中身を物色する。

水口ナナミ、鞄の中の学生証に彼女の名前が書かれていた。年は俺達よりも二つ上の大学一年生で隣の県に住んでいる事が分かった。

他にも彼女の友達だろうか、大勢の人達と写ったプリクラが切らられていない状態でしまわれていた。彼女は陽キャラでリア充だったのだろう、今頃彼女の友達とかが心配していると思うと胸がスッとする。

そんなこんなで彼女が目を開き、会計を済ませた後お開きとなった。

 

 

 

 

長い旅の様な1日が終わり帰宅する。

玄関で小町に出迎えられ、麓で適当に買ったお土産を渡すと彼女は喜びながらリビングへと戻っていった。あの、もう少し俺に優しくしてくれても良いんじゃ無いですかね…

そんな事はさて置き、靴を脱いで自室へと向かう。今日撮った写真をパソコンに入れておかなくてはいけない。

カメラのデータをパソコンに移していると携帯電がなった。どうやらメールが来た様だ、俺にメールなんてするのは親か小町くらいだろう。親は何かあったら小町に優先的に連絡するので親の線は無しで、かと言って小町は下に居るのでわざわざメールなど寄越さずにこの部屋に来るだろう。

残る可能性は一つだ。

携帯を取り、送信者を確認すると画面には雪ノ下の文字が表示されていた。今日待ち合わせの際に彼女に教えたのだった。

内容は単純に一言「手帳を返して」だった。

前置きも建前もない実に彼女らしいメールに噴き出しそうになる。

オーケーと返事をすると、「それじゃあ明日駅前のファーストフード店に集合ね」と返って来てその後に「忘れてたわ」と集合時間が送られて来て彼女とにやり取りはそれきりだった。

出来ればこのまま借りパクと行きたいとこだったが、どうやらそれを彼女は許さないらしい。どうにか手元に残せないかと思ったがあの雪ノ下を出し抜ける案は思い付かなかった。

「はあ」

溜息を吐きながら手帳を取り出して、明日使うであろう今日と比べて小さ目のバックに収める。手帳の内容をパソコンで写そうとしたが明日の指定された時間が早い事もあってか、諦めて寝る事にした。仮に徹夜で打ち込んで遅刻したら、文字通りの酷い目に合うだろう。

 

 

 

 

 

 

そして迎えた日曜日。彼女の指定したファーストフード店に着き注文した飲み物に口をつけ待っていると、昨日とはまるで別人と化した雪の下が現れた。

雪の下がメタモルフォーゼした訳では無いが、彼女の服装が昨日の目立たない暗めの服装だったのに対して今回は明るく露出も多めで、まるで都会に良くいるイケイケの大学生の様だった。

「待たせたわね比企谷くん」

最初は誰だか分からなかったが、その声でようやく雪ノ下だと判断する。化粧もしているのだろうか、女性は化けると言った物だが此処までとは正直思わなかった。

俺のテーブルに着いて今まで見た事のない表情で笑う彼女を見て察する。何処かで見たような彼女の服装は昨日見た水口ナナミの物に近い物だった。

実際のものは遺体と共に切り裂かれているので着る事は出来ない筈なので、何処からか調達したのだろう。良く見ると微妙にサイズが大きいのかダボっとしているのが分かる。大方家族か友達にでも借りたのだろう、彼女に友達がいる事は考えづらいが…。

「なんだその格好は?当分その格好で過ごすつもりか」

飲み終わった紙コップを握り潰しながら彼女に問いかける。

「ええ、そう言う事になるから今日は宜しくね、比企谷くん」

前髪を気にしたり普段は見もしない携帯を弄ったり、今の彼女の様子を見るにどうやら今日の彼女は水口ナナミを仕草のレベルまで再現している様だ。まあ実際に会った事は無いのだから彼女の想像による物だろうがな。

「さあ、行きましょうか比企谷君。今日は貴方がエスコートして頂戴」

にこりと他の人が見れば可愛いであろう彼女の笑顔が今は不気味に写った。当人の印象を大幅にズレた行動をされるとこうも他人に対して拒絶感が出るのかと思い知る。

ゴミを捨て、ファーストフードを出ると彼女が自然に腕を組んできた。普段なら彼女が絶対しない行為、今俺は死んだ水口ナナミとてを組んでいるのだろう。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。