「君は私を惚れさせなければならない」

過去の失恋から心に翳りを見せる翡翠蓮華(ひすいれんか)と、ある時から“吐き気”に悩まされるようになった小枝芽生(こえだめい)は、とある理由で両想いにならなければいけなかった。
想いが実り合えば花は散る。少女たちの密かな想いの小さな物語。

世界観共有百合小説企画「星花女子学園プロジェクト」の第7弾に参加しております。
本作品は壊れ始めたラジオ様のキャラクターをお借りしております。
  一輪目:蕾は落ちる2019年10月07日(月) 18:43
 ▲ページの一番上に飛ぶ