ガンダムSEED Destiny 白き流星の双子   作:紅乃 晴@小説アカ

12 / 21
第10話 アーモリーワンの戦い 4

 

 

「ちぃい!!厄介なものを!!」

 

閃光が奔る。

 

稲妻が響く。

 

光が飛散して、迸っていたビームは無へと帰った。その光の幕を突き破る様に、一機のモビルアーマーが宇宙に線を描いた。

 

「あれにはビームが効かないのか…くっ!!」

 

レイの放つインパルスのビーム。ほとんどが掠めるにとどまるが、相手は時折〝ワザと〟止まってインパルスのビームを受け止める。その攻撃の全ては、メビウスによって展開される「プライマルアーマー」の前に弾き出された。

 

『ザフトの新型も形無しだな!その程度では!!』

 

型落ちのメビウスの中で、ネオはハッと鼻でインパルスをなじるように切り捨てる。あの程度の力では、この機体に傷を付けることは叶わない。それに、インパルスなど眼中にはないのだ。

 

「メビウスを使ったり、セラフのバリアを使ったり!!そちらさんはどちらさんなんだ!!この野郎!!」

 

ネオは頭上へと目線を向かわせる。いま相手にするべきなのは、声が聞こえてくる相手。流星と渾名される目の前の敵、ただ一人だ。

 

メビウスは迫るラリーの機体に呼応するかの様に挙動し始めると、高度な交差を繰り広げる。幾度の交差の中で、ラリーがネオの機体の背後を捉える。ビームがダメならばと、メビウスストライカーの脚部に搭載されているコンテナからミサイルを撃ち放った。

 

『甘い…!!』

 

その攻撃を見たネオは、フレキシブルスラスターを逆噴射し、さらに機体を回転させながら迫るミサイルの群れの中を潜り抜けると、今度はラリーの背後へと回ったのだ。

 

「くぅう…がぁっ…!!こいつの…動きは…!?」

 

それを黙って見ているわけでもない。ラリーもネオの動きに合わせてインメルマンターンを繰り出し、今度は背中の取り合いへと戦闘機動が発展していく。

 

『アッハッハ!!そうだ!!それでいい!!続けてくれ!!俺に見せてくれ!〝特異点〟たる力を!!』

 

ひとつの挙動。ひとつの機動。いくつもの交差。それを積み重ね、研鑽していく中で、ネオは笑みを浮かべていく。そうだとも。全てはこの瞬間のために培ってきたのだ。その間にも交差は増していき、機動も翻る機体も、その全てがネオの五感を刺激していく。

 

重ねるたびに近づいていく。

 

遠く見えていなかった流星の姿が、イメージが、感覚が、妄想と現実が折り重なり、近く〝本物〟になっていく。

 

『最高だ!!貴様ぁああああ!!』

 

故にネオという男は歓喜する。

 

戦う中で証明されていくのだ。

 

戦いを重ねる中で朧げだった形が作り上げられていく。

 

ああそうだとも。

 

自分が〝ネオ・ロアノーク〟であるという事実が!!

 

「なんだこれは…これが…本当の戦争なのか…!?」

 

ラリーとネオの常軌を逸した空戦を前にして、レイは何も出来なくなっていた。ビームライフルを向けようとするが、その動きが不規則で、予測ができない。

 

シミュレーションと模擬戦で培ってきた自信も技術も、この戦いの前では全くの役立たずだ。

 

迂闊に撃てば戦局を混乱させるばかりではない。操縦桿を握るレイの手は震えていた。あの動きの牙がこちらに向けば、インパルスと言えど無事では済まなくなる。そんなことすら容易に想像できるほどの戦いだ。

 

(使えるは使えるが、やはりエネルギーの消費率は比でないか。ハッタリで使うは有りだが、継続性はまだ課題となる、か)

 

幾度の交差の中、昂る思いと両立する様に、冷静な思考をするネオがいた。機体を回転させながらラリーの機動をいなすネオは、残りのエネルギーを見つめながら思考を続ける。

 

プライマルアーマーは単なるビームを弾くバリアではない。そもそも、そんなものをモビルアーマーやモビルスーツのサイズで運用しようとするのが無理がある。それこそ、電子リフレクターを備えた大型のモビルアーマーでもなければ、ビームを弾くなんてことは出来ない。

 

だからこそ、プライマルアーマーは逆に考えた。理論としては、ビームを弾くのではなく、低出力で展開したビーム膜を高温出力のビームにぶつけて、外的に接した高出力のエネルギーから熱を奪うという原理だ。受け止めるのではなく、熱を奪ってその脅威性を減衰させるというシンプルな構造。

 

だが、そのエネルギー消費量も大きく、ザフトで開発された際には核動力で駆動するモビルスーツにしか搭載されていなかったようだ。

 

それをバッテリーサイズでも運用できるようにしたものが、メビウスに搭載されている機器なのだから、根本的なエネルギー問題は解決していない。はったりとして使えるが、このまま我慢比べになれば、不利になるのはこちらだ。

 

「動きが鈍った!そこぉっ!!」

 

そんなネオの思考を読み取ったように、ラリーは動きに隙ができたメビウスに向かって突貫する。射程距離に入りさえすればビームサーベルで!!そうスロットルを全開にしようとした瞬間。

 

「民間機!?こんなところで…!!」

 

ラリーとネオの後方に、救難信号を発する民間機が現れたのだ。

 

「あれはプラント船?戦闘警報も出せてないのか…!」

 

ラリーはすぐに攻撃を諦めると、ネオを民間機から離すように機動を取り始め、呆然と戦いを見ていたレイへ民間機の援護を呼びかける。

 

『チッ、戦いに邪魔が入ったか…。例の船も来ているーー欲張りすぎは、元も子もなくすか』

 

ネオはプラントの船を見つめながら、ちらりと残エネルギーを確認する。帰投するには充分だが、これ以上戦いを続ければ船に追いつけなくなる。ギリギリと言ったところだ。

 

そのままネオのメビウスは旋回すると、ラリーたちに背を向けて飛び立ってゆく。

 

「待て!お前はいったい…!」

 

『また会おう、流星。次こそは殺してやる。フフフ…アッハッハッハ!!』

 

小さく、しかしはっきりと聞こえた言葉。やがて消えてゆくネオの笑い声。ラリーは、はっきりと聞こえた言葉を噛みしめながら、遠ざかってゆくメビウスを見つめる。

 

あれはいったい誰なのか。

 

なぜ、通信も繋いでいないのにこちらの声が聞こえるのか。

 

あれほどの技量を持ったパイロットがどこにいたのか。

 

わからないことだらけだ。ラリーはヘルメットのバイザーを上げて、久々に流した汗を外へと追いやる。わかっていることは、相手が自分と同等な動きをする強敵であったということだけだ。

 

「退いたのか…?」

 

「——鮮やかな退き際だな」

 

レイの疲れ切った言葉に、ラリーはシートに体を預けながら強張った声でそう答えるのだった。

 

 

////

 

 

「ナイトハルト、てぇ!エンジンを狙って!足を止めるのよ!」

 

ネオが戻った頃には、ガーティ・ルーはミネルバとの追撃戦に見舞われていた。

 

『回避ーッ!』

 

イアンの怒声が響き、ガーティ・ルーはミネルバから放たれた対艦ミサイルの合間を縫うように回避し、イーゲルシュテルンで残ったミサイルを撃ち落としていく。

 

ネオはそんな光の中を悠然と飛びながら、開け放たれている発着デッキへと機体を滑り込ませる。

 

『大佐のメビウス、着艦を確認!』

 

『撤収するぞ!艦長!』

 

着艦と同時に、ネオはブリッジへ通信を打つ。アーモリーワンから奪取した三機の新型機もすでに収容済みだ。着艦したとは言え、モビルスーツより着艦処置の手間が少ないメビウスなら、このまま離脱航路を取ってもなんら問題はない。ネオが帰還した段階で、ガーティ・ルーの目的は達成されたのだ。

 

「ボギーワン、離脱します!イエロー71アルファ!」

 

「インパルスとオーブ軍機は?」

 

「帰投しています!」

 

「急がせて。このまま一気にボギーワンを叩きます。進路イエローアルファ!」

 

ミネルバも処女航海とは言え、かなり足の速い船だ。離脱しようと試みる船が如何に高速艦であっても、後を追う事は難しくはない。タリアの指示のもと、ミネルバも機関出力を上げて不明艦の追尾体勢に入った。

 

『大佐!』

 

『すまん、遊びすぎたな』

 

『敵艦、尚も接近!ブルー0、距離110!』

 

『かなり足の速い艦のようです。厄介ですぞ』

 

移動しながら通信で会話する艦長の言葉は確かだった。こちらもアークエンジェルの発展型であり、かなりの速さを誇る艦ではあるが、ザフトの船はそれを一手上回る速さを持っている。

 

『ミサイル接近!』

 

『取り舵!かわせぇ!』

 

しかも高速航行しながらの攻撃も容赦がない。打ち出された対艦ミサイルの雨を躱してはいるが、ミネルバとの距離は詰まるばかりだ。

 

艦長が手をこまねいていると、ブリッジに戻ってきたネオが開口一番に助け舟を提案する。

 

『敵の死角を付く。艦長、丁度いい盾もいるしな。両舷の推進剤予備タンクを分離後爆破だ』

 

目的は達した。帰還エリアまでなら今の推進剤でも充分賄える。長期戦を予測して装備していた荷物を捨てて、それを囮に使うとは。

 

平然とそんな作戦を言うネオに、艦長は何も反論せずに頷く。

 

『アームごとでいい!鼻っ面に喰らわせてやれ。同時に上げ舵35、取り舵10、機関最大!』

 

 

////

 

 

《インパルス、RTB!オーブ軍機は2番ラックへ》

 

「またオーブ軍機か?」

 

ミネルバの後部ハッチから帰投したインパルスと、ラリーのメビウス・ストライカー。オーブの言葉を聞いて振り返ったフレイが、メビウス・ストライカーの損傷具合を見て顔色を変えている中、逃げる敵艦にも動きがあった。

 

「ボギーワン、船体の一部を分離!」

 

何かを投棄した敵艦。このタイミングで投棄?一体何を…。

 

「撃ち方待て!あれは…面舵10、機関最大!」

 

タリアが感じ取った嫌な予感は的中する。武装を停止し、回避行動に入ったミネルバの脇で、敵艦から分離されたものが突如として大爆発を起こしたのだ。

 

「何だ!?被弾したぁ!?」

 

「落ち着きなさい!!火器弾薬庫に被弾は!?消火剤の準備!急ぐ急ぐ!」

 

激しい揺れに誰もが混乱する中、フレイは顔色変えずにハンガーの手すりに捕まりながら、慌てふためくザフトの作業員たちに指示を出す。アークエンジェルの時もそうであったが、被弾した際のダメコン、損傷のチェックの迅速さがその船の命運を大きく分けることになる。

 

「各ステーション、状況を報告せよ!」

 

揺れに耐えたタリアは、まだ混乱する中で状況を把握しようと声を上げる。

 

「バート!敵艦の位置は!?」

 

「待って下さい、まだ…」

 

「CIWS起動、アンチビーム爆雷発射!次は撃って来るわよ!」

 

敵にとっては大きな好機だ。こちらの武装は防衛のために停止している上に、爆発の余波で船が停滞している。ここに敵艦からの砲撃が来ればひとたまりもない。だが、オペレーターが感知したのは敵艦ではなく、別の反応だった。

 

「いえ、前方に友軍の反応!これは…民間のシャトルです!」

 

ちょうど敵艦とミネルバの正面を、先ほどラリーたちに救難信号を発していたザフトの民間シャトルが横切って行くのが見えた。

 

「敵艦見つけました。レッド88、マーク6チャーリー、距離500!」

 

「ここで撃てばシャトルにも被害が及びます!攻撃中止!」

 

タリアの迅速な判断でシャトルの安全は守られたが、うまく出し抜いた敵艦はそのまま航路を進み、小さな光となってアーモリーワンの宙域から離れていく。

 

「逃げられたのか…」

 

「やってくれるわ、こんな手で逃げようとは。だいぶ手強い部隊のようですね」

 

隣にいるデュランダルの疲れたような声に、タリアは強張っていた体をシートに預けながら答えた。彼女自身もはじめての船の仕事だ。精神的な負荷も大きなものだった。

 

「ならば尚の事このまま逃がすわけには…ここはまだザフトの領海ですが、あの機体のデータが敵に渡れば、どんな被害が出るか…」

 

副長のアーサーの言い分も最もだ。ここで逃してはアーモリーワンの損失も、パトロール艦やザフト軍に及んだ被害もある。

 

敵が何なのか。

 

地球か、または同胞の過激派なのか。

 

それを知らない限り、不安的な情勢へと転がり落ちた現状を打破する術はない。タリアは艦長の座席を回してデュランダルの方へ視線を向けた。

 

「議長。今からでは下船いただくこともできません。私は本艦はこのままあれを追うべきと思います。議長の御判断は?」

 

そう問いかけるタリアに、デュランダルは小さな笑みを浮かべたまま壮麗な声で答える。

 

「私のことは気にしないでくれたまえ、艦長。この火種、放置したらどれほどの大火になって戻ってくるか…それを考えるのは怖い。あれの奪還、もしくは破壊は現時点での最優先責務だよ」

 

「ありがとうございます。敵艦のトレースは?」

 

「まだ追えます」

 

「では、本艦は此より更なるボギーワンの追撃戦を開始する。進路イエローアルファ、機関最大!」

 

《通達。本艦は此より、更なるボギーワンの追撃戦を開始する。突然の状況から思いもかけぬ初陣となったが、これは非常に重大な任務である。各員、日頃の訓練の成果を存分に発揮できるよう努めよ》

 

アーサーの声がミネルバの中に響き渡る。多くの要素を詰め込んだ運命の船は、新たな宇宙へと漕ぎ出そうとしていた。

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。