ジャミトフに転生してしまったので、予定を変えてみる【第二部完】   作:ノイラーテム

10 / 27
compromise

●オデュッセウスの旅路

 ホワイトベース方面に派遣したエージェントと違って、ヴィッシュ・ドナヒュー……いやクロトワ参謀は役に立ってくれた。

やはりジオンの占領下で動かすのは、ジオンの人間の方が動き易いのだろうか。

 

彼は紆余曲折の果てに、一人の客人を伴っていた。

あちこち放浪し、情報を集めたりコネを結んでくれる彼には頭が下がる思いだ。もちろん狙って潜り込ませたトロイなので、反省はしていない。

 

「大佐。クロトワ大尉が女性を伴っておりまして……」

「会おう。何か情報を……いや、誰かの使者かもしれん」

 アイナらしき女を連れて戻ってきた。

兄想いの妹がそこまでする理由。それを考えた時、情報部が利用しているリストを一つ選びだした……。

 

「わたくしはアイナ・サ……」

「挨拶の前にこれを渡しておこう」

 現れた女はやはりアイナだった。

だが実物を見たくらいで感動する気もない。澄ました顔で書類を二つ放り投げる。

 

一つ目はシローと原作に準拠してよろしくやってる姿。

ガルダが残ってるので温泉ではないが、カメラに向かってシローが盾の様に立つ姿だ。

 

二つ目はアフリカ圏内にある、情報部が利用している病院のリストだ。

 

「これは……」

「アイナさんと言ったか。あなたの名前はそうだな……。極東の文字で愛那というのではないかな? 結婚してからの姓名は、天田・愛那。アマダ少尉の負傷を知って訪れた」

 メモに漢字の当て字を入れつつ、偽名と適当な言い訳を考えた。

 

「アマダ少尉の奥さんならば、連邦基地に訪れても不思議はない。もちろん、その家族もね」

「……っ。それは……」

 アイナの顔が一瞬引きつる。

もちろんシローの奥さん扱いしたことではない。そちらは戸惑う中で多少、顔を赤らめる程度だ。

 

家族が病院に訪れてもおかしくはないと言った辺りで、顔をこわばらせた後で元に戻そうと奮闘していた。その様子にニヤリと笑いたくなるのを、背中を向けることで誤魔化しておく。

 

「時に、アマダ少尉の実家はサイド2でな。毒ガスの中をかろうじて逃げ出したのであれば、内臓や放射線の療養も当然だろう。間違っているかな?」

「い、いいえ……。否定はしません」

 おそらく、ギニアスの病状が大きく悪化したのだ。

それを予想して病院のリストと、訪れるためのカバーストーリーをでっちあげると、アイナは否定をしなかった。

 

否定はしないが肯定もしない。

だが、ギニアスの病状が相当重いことは隠しきれない。

考えてみればインドシナも良い環境ではないし、移った中東も似たようなものだ。

 

「これは話を聞くための手付金という事でしょうか? 言っておきますが降伏の条件には……」

「そのリストは情報部が利用している場所だ。迂闊なことでは詮索もされんから気にせんでよろしい。……しかし、本命の件で譲る気は一切ないがね」

 そもそも驚かして、状況を知りたかっただけだ。

姿を隠してでは連邦製の薬をもらうのが精々だろうし、ギニアスを押し込めることまでは期待できないだろう。譲歩する気はないので渡しても惜しくない物を渡したに過ぎない。

 

第一、迂闊に技術を渡してジャブローに突撃されたら問題である。

せめてコネのある政治家を別の場所に移して、連邦政府を自分寄りの政権で立て直せる準備をしてからにして欲しい。

 

「改めてコレを見せよう。作戦を担当している者に聞けば、身に覚えがあるやもしれん」

「これは……植物を枯死させる兵器ですって!?」

 演算させた結果の一つだが、幾つかある結果論の中から似ている物を選んでおいた。

ジオンの研究情報なんか予測できないのだが、植物に関する攻撃の中で、地球に使って意味のある攻撃手段はそのくらいだ。

 

ギニアスの狂気を止めないのは別にして、アイナは良識ある貴族の女性である。

地球ごと滅ぼそうとする計画に賛同するとも思えなかった。

 

「それに関する情報であれば高く買おう。それこそ捕虜交換の筆頭リストに載せるなど容易いことだ。そうだな連邦随一の医者に診せたり……最新の航空母艦で送り届けても良い」

「……記憶には留めておきます。ただし、卑劣漢に対する処置のみなのをお忘れなく」

 今度はアイナの方から妥協する気はないのだと切り返して来た。

その態度がギニアスの重篤を伝えていると思うのだが、本人は気を引き締めているつもりらしい。

 

「勿論だとも。我々が協力できるのは、この地球を守る為だけだ。この戦争が大惨事の大戦などと呼ばれない様にするためにな」

 押し黙って立ち去るアイナを見送ってほくそ笑む。

 

 それから天田・愛那の名義で情報が送られてきたが、中東南部の街の情報だった。

そこは深い峡谷が幾つもあって隠れることができ、キリマンジャロから脱出した部隊が逃げ込んでいるらしい。

 

(ギニアスの動きを邪魔しようとする部隊を排除したいだけかもしれんが……。まあ乗っておいてもよかろう)

 シローを利用したようで悪いが、この際、彼の仲人になったつもりで気にしないでおく。

今回はできるだけ被害を出さずに功績を上げておく必要があったのだ。

 

●シティリバーの戦い

 このガルダは中二階が吹き抜けになったような、独特のブリッジを持つ。

階下では他の船ではありえないほどの、数多くのオペレーターが無数のモニターを眺めている。

 

その一つで管理している数字が、不意に消えた。

 

「05ロスト! 06も中破して後退します!」

 アラビア半島のとある峡谷で、一機のジムが大破。

僚機も中破して、まるまる分隊が瞬時に敗退したことを告げる。

 

「馬鹿な。第二小隊のジムはバージョンUpで済ませた中古じゃないんだぞ!?」

「それだけ奴らが強いということだな」

 ここに数の優位だけを信じる無能は居ない。

だが攻め手である連邦軍の主力は、初期生産品ではなく完全な新鋭機だ。

ジムの初期生産品は本来の性能を発揮しておらず、それをバージョンUPで補ったのが後期型である。

 

それに対して先ほどやられたのは、本来の能力に合わせて一から作成され、中東の気候に合わせて関節パーツやプログラムも最適化されている。

同じジムであるはずなのだが、フィッティングなどがまるで違うこの機体は、ジム・コマンドだとか地形適応型と呼ばれていた。

 

「ジャマイカン少佐、いかがされますか?」

「奴らが峡谷を背にした地形の利も効いている。A集団では勝てんな。引かせろ」

 コリニー旗下のモビルスーツ隊は現在、A集団とB集団に分かれていた。

これに少数の戦技研を加える編成で、更に言えば、戦車兵団と共同歩調を行うのが完全な姿である。

 

ジャマイカンが直接指揮するA集団は、歩調を合わせた集団行動を得意とする者を中心。

現在行われて居る戦闘は、市中へ流れ込む川に連なる峡谷だ。大小さまざまなルートがあり、分断戦闘を行い易く、腕利きに攻め込まれては分が悪い。

峡谷ごと長距離砲で吹き飛ばせば別だが、中東で貴重な水源を消し去るわけにはいかなかった。

 

「よろしいのですか? まだ戦い始めたばかりですが」

「構わん、疲れさせて確実に拠点を落とすのが目的だ。……それに准将閣下は無駄な損失をことのほか嫌っておられる」

 昇進したことで奥でゆったりと構えるジャミトフの方に視線を向け、満足そうな表情にジャマイカンは安堵した。

 

ジャミトフは必要ならば幾らでも死なせる男だが、無意味に浪費することを嫌悪していた。

軍官僚にありがちな性格といえるが、ようやく指揮に実感が持てだしたジャマイカンとしてはご機嫌を伺わざるを得ない。

 

「A集団は戦線を維持しつつ後退。ウッダーに任せたB集団を攻勢に立たせろ。その間に撤退した機体から情報を得ておけ」

 正確に包囲を続けるジャマイカンだが、何も知らずに部隊を後退させたわけではない。

無理に押し込む必要のない、無駄死にをする必要のない局面だと聞いていたからである。

 

この戦いはアラビア半島に逃げ込んだキリマンジャロ軍を追いかけてのものだが、現在行っている戦闘は相手を釘付けする為の陽動作戦に過ぎない。不自然ではない程度に押して行けば良いのだ。

 

「B集団取り付きました。それと切り込んで来る連中が使っている機体は、スカート付きの炉心を搭載しているようです」

 ベン・ウッダー中尉が率いるB集団は、攻勢に長けたメンバーが揃っている。

下がったとはいえA集団が圧迫したままなので、攻勢の有利さだけを発揮できてた。

 

B集団が相手を始めた間に、先ほど下がった機体からの情報が即座に演算に掛けられる。

敵のエースはMS-07、角突きと呼ばれる機体で固められていた。しかしこの連中は実に厄介な相手だったのだ。

 

「スカート付きの? 無茶をする。いや……それほどの腕前という事か」

 炉心を交換すればそれで強く成るという訳でもない。

確かにジェネレーターや推力の比率は変わるが、バランスが大きく壊れる。

それを再調整せねばならないし、直したとしても通常の機体と扱いがまるで違うので、相当な腕前を要求される。

 

青い角突きは指揮官機やエース機であるとは知っていたが、これほどの連中とは思わなかった。

連戦で鍛えられたのか、あるいはエースを集中投入して時間稼ぎに出たのだろうか。

 

 

『集合! タロスとサロメは私の脇に着け、ビューンとドルバロームは援護』

『『了解!!』』

 実際、正面に展開するMS-07の集団は全員がエース級だった。

ジオン軍はここにきて親衛軍を投入。何らかの目的と部隊再編のため時間を稼ぎに来たのだ。

 

中央に居る甲虫マークの隊長機が、剣を掲げて短くレーザー通信を入れると、即座にフォーメーションを変更した。

それも峡谷の地形に合わせたもので、それぞれが与えられた位置を独自判断して確保している。それぞれが盾を左右逆に構え、指揮官機を中心にワイヤーも使って高速で移動していた。

同じ親衛隊でも、一騎当千ばかりを集めた親衛軍とはよく言ったものだ。

 

 

「ジャマイカン少佐! A集団に突っ込んできます!」

「なんだと!? 奴ら敵中を抜けて撤退する気か!」

 ジャマイカンとて愚かではない。

このレベルのエースが自滅覚悟で突入するはずがないと気が付いた。

 

他の部隊は後方に下げつつ、自らは時間を稼ぐために攪乱を兼ねてありえないルートを採ったのだ。

 

「くくっく。見たか? 腕利きを揃える利点とはまさにアレよ。常人ではできないことを平然とやってのけおる」

「……閣下、お見苦しいところをお見せいたしました。時間稼ぎの攪乱に付き合う所でした」

 ジャミトフが笑うとジャマイカンも平静さを取り戻した。

今回の攻勢目標である敵本隊は捉えたままなのだ、まだ笑ってみていられる段階であろう。

 

問題なのは、時間稼ぎはお互いさまだと分かったこと。

敵のエース部隊が集団で切り込んできているのに、同時対処しなければならない。

 

「A集団にはツーマンセルで遅延防御をやらせろ。B集団は下げるな、本命はあくまで敵本隊だ」

「そ、それで守り切れるでしょうか。無視できる損害ではありませんが……」

 ジャマイカンはその言葉をあえて無視した。

先ほど違い、今の状況では損害を躊躇う時ではない。

 

先ほどはあくまで本命に手を伸ばすための時間稼ぎだったから損害を抑えた。

今は逆に、本命を追い詰めるために犠牲にするべき時なのだ。

 

「英雄物語に付き合う必要はない。下がって下がって下がらせまくれ、それで奴らの方が躊躇うは……!?」

「峡谷から何か来ます!」

 ジャマイカンが後退戦を指示しようとしたところで、峡谷の一つからナニカが現れた。

 

「お待たせだぜ!」

「ヤザンか! 今頃来るぐらいなら、本命を片付ければ良いものを!」

 やって来たナニカから、バイザーを付けたジムが落下してくる。

だが平静を保っていたはずのジャマイカンが怒鳴るのも無理はあるまい、作戦では敵本隊をヤザン達が突くはずだったのだ。

 

「申し訳ありません。レイヤー隊長から援護に回るようにと!」

「ちっ! 本命にとりついたのだな? ならばいい!」

 運んで来たリチャード・ハイマンの言葉にジャマイカンは舌打ちをした。

Gファイターの集団で峡谷を抜けるコースを取らせたのだが、全機体でさっさと潰せと言いたかった。

 

しかし救われた形であり、父親の前で息子をなじってもしっぺ返しが来るだけだ。指示されただけならば猶更である。

 

『銃無し、盾無し。コイツ正気か?』

「はっ! こーいうのもあるんだぜ!!」

 敵もさるもの、咄嗟に援護役の一機……トカゲのマークを付けた機体が瞬時にヤザンの前に出る。

だがヤザンは不敵に笑って後ろ腰に手を回し、そこに懸架した武装を取り出した。

 

ソレは巨大な鉄球にチェーンを付けた物体である。

ワイヤーを伸ばしてくる相手に、無造作に振りかざした。

 

「あらよっと!」

『ワイヤーが? だがしかし!』

 重量のある鉄球を絡められたものの、トカゲマークのグフは電流に頼らず、咄嗟にワイヤーを切り離そうとした。

 

しかしそこからが、ヤザンの真骨頂!

鉄球が噴射加速し、切り離すよりも先にグフの体勢を崩し始めたのである。

 

『ええい! 左手なぞっ……!?』

「こいつを待ってたんだ。あんがとよ」

 瞬間的に判断し、左手で持っていたヒートソードでワイヤーごと右腕を切り落とす。

だがヤザンはその瞬間を待っていた。シールドを立て直せない間にビームサーベルを抜いて突進していたのである。

 

『ドルバローム!?」

『ビューン! 迂闊に出るな。そいつはやるぞ!』

 もう一機の援護機……クモのマークを付けた機体が仇を取ろうと飛び出しかけたが、指揮官機の制止で中断した。

 

『こやつ、後ろに目があるのか?』

「けっ。気が付きやがったか」

 ヤザンは返す刀で迎え討つつもりだったのだ。

彼にとって……いや、特殊なバイザーを付けたこの機体にとって、背後は背後ではない。

 

ウラヌス・システムの端末であるウラヌeyes、いやアフリカ用のラーに対応したメジェドの眼を装備している。

ガルダに搭載されたラー本体からの光情報や音情報を得て、ミノフスキー粒子の制限を和らげていた。

 

「お遊びはこれまでだな。ハイマン君! 切り離してくれたまえ!」

「了解! 武装を投下」

 ヤザンは長期戦を覚悟して、Gファイターが懸架している銃とシールドを要求した。

その間もグフから視線は離さず、いつでも飛び掛かれる姿勢を維持したままだ。もしかしたら、落下する銃を破壊しようと攻撃したらその隙に付け込む気だったのかもしれない。

 

「システムの援護があるとはいえ、よくやりますね。下手をすると死にますよ?」

「度胸もあるだろうが、どうにかして動きの前触れでも探知しているのか? ……そうか、音だ。ヤザンめ炉心の音で探知している!」

 ジャマイカンは先ほど報告のあった、炉心がドムの物であるという事実に気が付いた。

 

暫くして専属オペレターの一人が、演算させた答えを持ってくる。

 

「判明しました。あの機体は一分間に小さなピーク、数分ごとに長いピークタイムがあります」

「どうりで白兵戦が強烈なはずだ。しかしこんな物を聞き分けるとは……やつは獣だな」

 あのグフはドムの炉心を無理やり搭載したが、調整しきれるはずがない。

そのため最大出力が得られる瞬間が、一分間に数秒、数分に十数秒ほどに制限されているのだ。

 

その僅かな時間をコントロールする連中もバケモノだが、演算機もなしに気が付くヤザンも大概である。

 

『ギャルガ隊長! ドルバロームの仇を取らせてください!』

『止せ。我々の役目は打ち上げまでの時間稼ぎだ。本命が上がった以上は撤収するぞ』

 見れば隠されていたHLVが次々に打ちあがっている。

途中でスナイパーや、Gファイターに追いつかれて潰されたものも多い。だが先に上がった物は無事なようで、これ以上は不要だと別方向に撤収を開始しようとした。

 

その時……。

ゴゴゴ! と音を立て、峡谷が振動し恐ろしい音が聞こえて来たのである。

 

「何事だ!?」

「崩落です! 奴ら……ジオンの奴ら、水源を爆破しやがった!」

 その報告は無慈悲な物だった。

この一帯の生命線である峡谷が爆破されたらどうなるか?

鉄砲水で周囲が危険になるだけならば良い……下手をすると、近隣にだれも住めなくなってしまう。

 

「メラニーめ……ここまでするか」

『アナハイムの手先か!』

 静観していたジャミトフと、同じように推測していた親衛隊の指揮官が、内心で唸りを上げる。

 

中東から人間を追い払いたいメラニー・ヒュー・カーバインにとって、街の存続など不要なのだ。

見た目には手助けしているジオンを援護しつつ、アラビア半島南部の生命線を断ったのであろう。

 

「准将閣下。いかがなさいますか? これは想定外ですが」

「鉄砲水が来る前に停戦信号を上げろ。……それと画像と音は取っているな? 敵拠点の位置や我が軍のコースも同時に記録しておけ」

 いくら何でも任された範疇外なので、ジャマイカンは維持を捨てて保身に走った。

ジャミトフが人命というよりは、上層部に提出する証拠集めを指示したことで、自分ではできない判断だとホっとため息をついたのである。

 

●早めの戦後処理

 町の生命線を脅かした戦いに、監察官が送られてくる。

だがあらかじめ証拠を提出しているために儀礼的なもので、むしろ連邦政府財務局がくっついているのが奇妙であった。

 

「この度は失礼します、ジャミトフ閣下。今回の訪問の件ですが……」

「軍に対する根回しの件ですかな? 浪費を止めろと言いたいが、戦争している段階では聞き入れてもらえそうにないと」

 財務局の人間は、先に言われてしまい面食らった。

そうなのですと続けるが、これに驚くなという方が無理だろう。

 

「宇宙では艦隊再編に相当使いこみましたからな。こちらに回ってくる装備も人員も減らされました。想像はできます。しかし……そのレベルのことをおっしゃりたいのではないでしょう?」

「ご推察の限りですが、ご存じならばお判りになりませんか?」

 ソロモンを奪取したものの、原作に近い大損害を出した。

この再編するために、かなりの人員と予算が割かれることになる。

 

しかし、その程度では収まらない問題が存在するのだ。

 

「連邦政府の予算はとっくに限界なのです。戦時経済に移行し、受注をカンフル剤に回しているに過ぎません。ですが……」

「これ以上の損害が発生すると、予備役や志願兵のみの動員では済まなくなる。先行して訓練だけ行っている徴兵に手を付け、更に債権を発行せざるを得ない。違いますかな?」

 説明すべきことを次々口にされ、思わず面食らってしまう。

これから何を話しても、先回りされてしまうのではないかという気がしてくる。

 

もっとも原作知識に加えて、色々と情報入手経路があるのだ。

察せないという方が嘘であろう。

 

「問題なのはその件をゴップ閣下に伝えても、自分は最善の準備をするだけで関与しないとおっしゃられたのでしょう? 制服組の中でも話が通じそうな閣下に断られてしまった」

「その通りです。そこで我々はジャミトフ准将にコリニー中将を説得していただこうと」

 先々口にされて驚いたが、断られるならば最初から面談できていないだろう。

そのことを察したのか、頷きながら最初の推論に話が戻る。

 

「私も軍人ですからな。上層部には従わねばなりません。ですが……そうですな。一つだけお尋ねできれば、コリニー閣下に伝えるまでは構いませんとも」

「なんでしょうか? 守秘義務がある内容でなければ構いませんが」

 回答を求めているのではなく、尋ねてみたい。

そういわれて嫌な予感がしない訳はない。ましてここまで先手を打たれているのである。

 

訪れた職員は有望視されてこそいるが、まだ部課長級ではなかった。

だからこそ根回しにアフリカまで派遣されたのだが、そのことを盾に断るしかないだろう。それがどれだけ無意味だと知っていても。

 

「先ほどから勝敗の問題を口になさらないが、容易く勝たれても困る。ましてサイド3を丸抱えしては破産してしまうとお思いではありませんか?」

 つまり政府が欲しているのは、根回しよりも戦争の落とし処であった。




 という訳で状況は見えてませんが、秘かに事態は進行しました。

08小隊のユーリ暗殺 → アスタロス関連の抹殺。
に変更。

イヤー危なかったですね。
もうちょっとで地球が悲鳴を上げ、花は枯れ鳥は空を捨てるところでした。
しかし、あれが最後のアスタロスとは限りません。
きっと第二・第三の窮地がジオンによってもたらされ、それを解決するエリート部隊が必要なのです。

●親衛軍
 公宮の飾り人形。役立たず、装備だけはご立派な連中。
……とは別に、まともに戦える親衛隊が居るものとしています。
0:完全なお飾り
1:要人警護部隊(ザビ家付き特殊部隊)
2A:首都防衛大隊(ムンゾ防衛隊)
2B:近海艦隊(サイド3全体を守る艦隊)
3:直属のコマンド(いざという時の火消し部隊)
 こんな感じのイメージでしょうかね?
今回出てきたのは火消し用のコマンドという感じです。
名前がいまいち人名ポクないのは、偽名だから適当な物語から借用。
作戦ごとに適当に帰るので、黄金聖闘士とか護廷十三隊の隊長とかの場合もあるでしょう。

●天田・愛那
 適当に考えた偽名。
悪いなシロー、お前の嫁さん勝手に使ってるぜ。
とか書くとNTR臭がするのは気のせいだろうか。

●ギニアス・サハリン
王大人『死亡確認!』状態。

●今回のメカ
・ジムコマンド、局地適応仕様
 とりあえず完成させた先行型に、色々とバージョンUPしたのが後期型。
一から組上げたのを、ジムコマンドや適応仕様としています。
後のジムⅡやジムⅢで、強い奴と弱い奴が居るのとを同じ扱い。

・ジムライトアーマー[ヤザン・ゲーブル専用機]
 ヤザンの能力をフルで発揮可能な機体。
特に凄い能力はないが、彼の好む戦術を一通り可能なように仕上げてある。
もちろん軽いので、Gファイターに搭載することも可能。

・MS-07B3[無頼」
 グフの装備だけでなく内部パーツを一通り質の高い物に変更したもの。
バランスがおかしくなっているが、乗れる者は全員が乗りこなすことができるエリートのみ。
今回の組み上げではドムの炉心が使われ、出力や推力がキメラ化した。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。