漆番目の上弦   作:魔剣グラム

4 / 14
今回は原作の焼き直しが多少入ってきます。そろそろ焼き直しから抜けたいお年頃。お気に入り登録…ありがとうございます…!なんか前作をお気に入りが超えたとなるとなかなか感慨深いモノがあります。…これが鬼滅パワーか…!なんと恐ろしく、なんと素晴らしいのだ…!


上弦の鬼達との邂逅

(メシ)でも喰うか。 

そう思い立ち、夜空の天蓋の下を歩く。

 いい獲物いないだろうか?前回は結局喰い逃したし。そんなこんなで歩いていたら。

 

 

 どこからともなく琵琶の音が聞こえた。

 

またかよ…!

 

 気がつくと、畳に招待されていた。

 

「やぁ!大楽(たいらく)君じゃないか!」

コイツは確か…上弦の弐。童磨。無惨から聞いたな。

「…確か…300年振りくらいかの?」

コイツはとっくに死んでると思ってたからな。まだ生きてたか。

「317年振りだよ!懐かしいな」

「おんしが鬼になりたての頃に会って以来だからの」

ホント。きょーみねぇわ。鬼ってそんなモンだと思うが。

コイツは上弦の壱。名前は…

 

「黒死牟か。久しぶりだの」

 

「それはやめろ。俺と無惨様には不快なだけだ」

そっかー。お前たちには素の俺を知られちゃってるからねー。

 こんな爺くさい演技する必要ないな。こんな爺くさい演技は他の奴らがいる時にやるモンだ。

 

 つまり今だ。

 

「いやはや。お元気そうでなにより。九十年振りでございましょうかな?」

壺の中から声が聞こえた。どうやら、あの壺は上弦の参に絡んでいるらしい。そういや上弦の参の名前を知らねぇな…。

「しばらく会わぬ内に玉壺は数も数えられぬ事になったらしい」

アイツは玉壺って名前なのな。今知ったぜ。

「呼ばれたのは百十三年振りじゃ。割り切れぬ不吉な数字…半。奇数!!」

お前らしいな。()天狗。それに奇数とは人にとっては不吉な数字の事。

…なら鬼にとっては逆に吉兆と言えなくはないか?

それに俺は十二鬼月の拾参番目に入った。上弦の漆番目だ。

西洋の方では七は幸運な数字らしい。十三は死神の数字として知られてる。つまり俺は鬼としては運が良くて、人としては死神の様なものらしい。

 

まさに俺にふさわしい数字と番号だと思わねえか?

 

…思わねえか。まあいいさ。だが素晴らしい数字と番号だ。(漆番目)としても、人が俺を表す(拾参番目)としてもな。

 

「無惨様のおみえだ」

黒死牟の声が耳に入る。

慌てて頭を垂れ、膝をついた。

…上にいるとはね。

予想外だったよ。

 

何かを調薬しながら無残は口を開く。

「妓夫太郎が死んだ。上弦の月が欠けた」

恐ろしく冷たい言葉であった。

あ。コイツ機嫌悪いんだな…。

なんとなく俺は察したが特に知らねぇからな…。慰めようもない。

「それは真でございますか!?」

上弦の弐は能天気に答えた。

マジかよ…。こんな機嫌悪い無惨の相手すんの俺はゴメンだぞ。

「妓夫太郎は私が紹介した者。目玉でもほじくりだしましょうか?」

「要らぬ。貴様の目玉など。案の定堕姫が足手まといであった。初めから妓夫太郎が闘えば勝っていた。それに…」

無惨が一度言葉を切る。

「…くだらぬ。人の部分を多く残した者から死んでいく。…だがもう、それもいい。私はお前たちには期待しない」

「その様な悲しい事をおっしゃる。私があなたの期待に応えなかった事があるでしょうか?」

無惨の顔に青筋が浮かび上がる。

マジで!?こんな機嫌悪いの?クソほどめんどくさいんだけど…。

「産屋敷一族を未だに葬っていない。青い彼岸花はどうした?」

 こんな機嫌悪いの一回とか二回しか見た事ねぇよ。こうなると解消されるまで長いんだよな…。

それぞれ返す言葉もない様だがな。まぁそりゃあそうだろうな。俺も何十回か柱には遭遇した事あるし、それを喰ってるが。

 

 産屋敷の連中には1人たりとて会った事(・・・・・・・・・・・・・・・・・・)ねぇからな(・・・・・)

 

壺のヤツは何かを言いかけていたが、それを遮って。いつの間にか壺の首を持っていた。

え。マジでいつの間に?

 

「私が嫌いなのは変化だ。状況の変化や肉体の変化。感情の変化」

お前も産屋敷の一族の全滅(・・・・・・・・・)という状況の変化や青い彼岸花(・・・・・)っていう肉体の変化を求めてるじゃねえか。求め続けてるって事は不変だかな。

「私が好きなのは不変。完璧な状態でなにも変わらない事」

俺は不変としては月を推すがね。満ち欠けを繰り返しながらも。この千年一度も月が満ちたら欠けぬ月はなかったし、その逆もなかったからな。十二鬼()()ってついてる事は欠ける事前提って事じゃって危な!!!

無惨の攻撃を慌てて避ける。喋りながら攻撃してくんじゃねえよ!!

「私が喋っているときに別の事を考えるな!」

ムチャ言うなよ…。

「新しく良い事があった直後に上弦が欠けて(たたきおとされて)私は不快の絶頂だ。状況の変化は私は好まぬが、この変化は良い変化だ。…新しく作った上弦の漆番目だ」

あ。俺は自己紹介しないとダメか。めんどくさいな。

「新たな上弦の漆番目。大楽じゃよ。よろしくお願いするのじゃ」

「この鬼は私とは真逆の価値観を持ってる。だが、強い。私と同じ年月を(けみ)しているのだからね」

それを聞いて鬼達は驚いたようだった。

「変化大好きな鬼の大楽じゃよ。変化とは実に良い。なぜなら変化しないと飽きてしまうからの。自分に、全てに飽きてしまうからの」

肉体だって、状況だって、感情だって。

全ての変化は良い方に転がる事も悪い方に行く事もある。

それを全てまるっと含めて。楽しめてこそ。好転する様に力を注げてこそ。生き方を楽しむ(・・・・・・・)ってヤツだ。完璧など。俺にはつまらん。完璧ではないからこそ(・・・・・・・・・・)生きていて楽しいのだから。

 もし、完璧という存在がいたらさぞ味気ないだろう。

なぜなら完璧という存在は自分がどんな(・・・・・・・・・・・・・・・・・・)命令を出して、その結果どうなるのかと(・・・・・・・・・・・・・・・・・・)いう事が完璧になった瞬間にわかってし(・・・・・・・・・・・・・・・・・・)まうという事なのだから。(・・・・・・・・・・・)

俺の名前の通り、「大きく楽しむ」ためにも変化は必須なのだ。

 

 

「私にはよくわからんし、わかりたくもないが」

わかってもらうつもりもないしな。

「玉壺!情報が確定したら(・・・・・・・・)半天狗と大楽と一緒にいけ」

あ。壺の情報聞いてたんだな。

「おい!そこの琵琶女。俺も壺や天狗と同じ場所に飛ばしてくれ」 

琵琶の音が響き。

俺はある事を思い出した。

 

 

 

 

 

人、また喰いそびれた…!また無惨のせいで…!無残のバカヤロー!!

 




この鬼。無惨によく殺されなかったよな…。大楽という名前。凄く単純なネーミングセンスです。誰か僕にKBTIT並みのネーミングセンスをください。あ。半天狗の言う不吉な数字。原作では丁となっていますが、この作品では半になっております。コレは丁半博打がベースなのではないかと考えた結果です。
        ・・       ・ ・・
 丁半博打で2で丁度割り切れるのが丁。半端が出るの
 ・
が半です。つまりこの場合は奇数になりますので半になります。お間違いのないよう。…原作の誤植か…?まっいっか。

私の前作を読んだという人

  • はい
  • いいえ

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。