いつの間にかハイスクールD×Dの木場君?   作:ユキアン

10 / 37
第10話

グレモリー家が所有する別荘はとある山の山頂にあるらしく、体力を鍛える為にも麓から昇っていくことが決まった。荷物は僕と白音さんと兵藤君の三人で分担して運ぶことになった。内訳は5:3:2と言った所だ。今回の合宿は眷属全員とルゥとヴァレリーの8人で行うことになっている。とは言ってもルゥとヴァレリーはレーティングゲームに参加することは無いので主に家事などを手伝うだけだ。ヴァレリーは神滅具を使ってもいいと言っているが命の危険が有る訳でもないので丁寧に断っておいた。

 

「兵藤君、無理しないで。荷物持とうか?」

 

登山を開始して半分程登った所で兵藤君の体力が限界に来ていた。

 

「はぁ、はぁ、い、いや、大丈夫だ。これ位、部長の処女を守る為なら」

 

「それで倒れたら意味が無いでしょう。ほら、この後も特訓が待っているんですから」

 

そう言って強引に背中に背負っているリュックを奪い、僕の身体より大きなリュックの上に座っているルゥに投げ渡します。

 

「なんで、そんなに持っているのに平気そうなんだ?」

 

「魔力による肉体強化を施していますから。エクソシストの基本中の基本の術です」

 

「そう言えば、木場は元エクソシストだったんだよな。なんで今は悪魔になったんだ?」

 

「僕は周りの評価を気にしない性格だったのが原因の一つですね。周囲の評価を意図的に操作されて、逃げ出すしか生き残る道が無かったんですよ。直属の上司には理解してもらえていたのだけが救いです」

 

「教会の人もあまり普通の人と変わらないんだな」

 

「ですね。アーシアさんも話を聞く限り、僕と似た様な境遇ですよ。聖女と呼ばれていたアーシアさんの元に悪魔が近づける訳が無い。誰かが手引きしたのは間違いないですね」

 

「あんなに良い子なのにな。なんでそんなことをするんだろうな」

 

「それが人間らしさとしか言えませんね」

 

そこで会話が途切れ、しばらく無言で山を登り続けているとルゥが飽きたのか足をばたつかせている。

 

「ますたー、おかし食べてもいい?」

 

「いいですよ。ゴミはちゃんと持っているんですよ。そこらに捨ててはいけませんよ」

 

「は~い」

 

自分の鞄からお菓子を取り出して食べ始めるルゥを兵藤君が羨ましそうに眺めている。

 

「兵藤君も要りますか?」

 

ポケットから同じ物を取り出して差し出す。

 

「サンキュー。見たこと無い包装だけど、何処の奴だ?」

 

「僕の手作りですよ。大量に作って収納の魔法陣で保存している物です」

 

「へっ?手作り?この如何にも高級品っぽい物が?」

 

「手作りですよ。今回の合宿でも洗濯以外の家事は僕が担当することになってますから」

 

「……やっぱり家事が出来るのがモテる秘訣なのか?」

 

「兵藤君の場合、その性欲を隠せばなんとか、まだ希望は持てるんですが。もう少し抑えれません?幾ら悪魔だと言っても、もうちょっと功績とか立ててからの方がいいですよ」

 

「無理だな」

 

「ならとにかく将来性を見せないと。ライザー様とのレーティングゲームで活躍しないといけませんね」

 

「分かってるよ」

 

「頑張って下さいね。前にも言いましたけど、対価さえ払ってくれるなら、どんな魔剣だって用意してあげますから。さすがに死者蘇生とかは今の兵藤君では払いきれませんけど」

 

「逆に聞くけど何を払ったら何処までの物を用意してくれるんだよ」

 

「その時の感情次第ですね。僕の心を動かせればそれだけレートは下がります。本気の覚悟って、色々と動かす物ですよ。あのロリコンへっぽこホームズみたいに」

 

「何その不名誉な名前!?」

 

「大丈夫ですよ。探偵としては良くて二流でも、魔術師としては一流ですから。ロリコンと言ってもお相手の見た目がそうなだけで、実年齢は年上ですから」

 

「おねえちゃんのことだよね、ますたー」

 

「お姉ちゃん?ルゥって魔導書の精霊だよな。それのお姉ちゃんってことは」

 

「魔導書の精霊です。名前はアル・アジフ。最強の魔導書のオリジナルですよ。ちなみにルゥはアル・アジフと同じ魔導書の写本三冊が融合した精霊です。本来なら化身するまで長い年月と莫大な魔力に触れる必要があったのですが、三冊が融合するイレギュラーによって化身が早まったみたいですね」

 

「いや、それは置いておいても、魔導書相手だろう?上級者過ぎるだろ」

 

「そんな事を言っては駄目ですよ。他にも似た様な人が居るんですから。それからその二人、兵藤君なんて目じゃない程強いですからね。下手すれば二天龍相手に完勝とかしますよ」

 

レムリア・インパクトとかハイパーボリア・ゼロドライブとかだけでも軽くオーバーキルですよ。シャイニング・トラペゾヘドロンになるとどうすることも出来ませんし。

 

「どんだけ強いんだよ」

 

「50mのロボットを素手で殴り飛ばす位」

 

「ちょっ、50mのロボットってマジかよ」

 

「本当ですよ。僕も2機程持ってますよ。暇な時に家に来てもらえばお見せできますよ」

 

「……操縦は?」

 

「命がけでいいなら。操縦者の魔力で動きますから、しかも1機は操縦者の力量が足りないなら命すら削って無理矢理稼働します。兵藤君だと起動だけで全魔力が底を付いて一気に命が削られます」

 

「くぅ、一度は巨大ロボットを動かしてみたいのに」

 

「魔力が増えてから頑張って下さい。僕が生きている限りはちゃんと保管していますから」

 

くだらない話をしながらもこっそりと疲労回復の魔法を兵藤君にかけながら山を登り、とうとう別荘にたどり着く。

 

「それじゃあ、荷物を置いたら服を着替えて集合よ」

 

 

 

 

 

 

 

そして始まった合宿なのだが、所詮は現場を知らないお嬢様という意見しか出なかった。この程度ではライザー様に勝てない。基礎固めはもう遅い。10日で劇的な変化が生まれる訳が無い。基礎固めは常日頃からやっておく物ですから。兵藤君の場合は赤龍帝の篭手があるので本番までに出来る限り力を付けると言うのは間違いではありませんけどね。

 

今の状況で行わなければならないのは僕達の連携の確認、ライザー様の眷属の能力の把握、そして戦闘方針の設定だろう。夕食を終え、兵藤君と露天風呂に向かう。ギャスパーは疲れたので明日の朝に入ると言って自室の戻った。

 

「うおっ、木場って結構鍛えてるんだな。服の上からじゃ全く分からなかった。というか十字架なんて付けてて大丈夫なのか?」

 

「鍛えているのは当たり前です。健全なる魂は健全なる肉体に宿る。健全なる魂は上質の魔力を産み出しますから。十字架に関しては触ってみると面白いですよ」

 

「どれどれって、痛ったああああああああああああああああ!!!!」

 

「聖剣を芯にした特別製の十字架です。聖なる力を封じ込めることは不可能でしたが触れない限りは無害なようになる術式を織り込んであります。悪魔が聖なる物に弱いのがよく分かるでしょう」

 

「ああああああ、爛れてる爛れてる。やばい、痛い痛い痛い」

 

「はいはい、治療しますよ」

 

治療の魔剣で十字架に触れた右手を斬って治療する。

 

「ちなみに今は夜ですから聖剣の力が弱まっています。太陽が昇っている時間帯では今の数倍の威力になります」

 

「なんで木場は無事なんだよ!!」

 

「無事じゃないですよ。全身に激痛は走っていますし、身体が破壊されるのと同時に高速で治癒しているので表面上は普通に見えるだけです。悪魔になろうとも僕は聖職者ですから」

 

「何でそこまでするんだよ」

 

「僕は捨て子でしてね。拾われたのが教会で、教会が無ければ死んでいたからでしょうね。だから教会の教えを捨てることが出来ないんです。それを捨てると言うことは僕の人生の否定ですから」

 

十字架を触りながら兵藤君の問いに答える。

 

「兵藤君にはありませんか?自分の全てを賭けてでも成し遂げたい何かは?」

 

「……急に言われてもな」

 

「ええ、そうでしょうね。それが普通です。部長もそうでしょう。だから、今回のレーティングゲームに勝つことは出来ない」

 

「なっ!?じゃあ、この合宿は無駄だって言うのかよ!!」

 

「合宿自体が無駄だとは言いませんよ。だけど、この程度じゃあ無理ですね。ライザー様はそれだけの強さがある。フェニックスの不死性は強力です。どんなダメージからでも復活出来る。再生の度に精神が摩耗しますが、それも訓練次第では強くすることが出来る。このレーティングゲームで僕らが勝てると思っている人は殆ど居ませんよ」

 

「諦めるのかよ!!」

 

「なぜ諦める必要があるんですか?僕は負けるだなんて思っていませんよ。部長が王としての資質を見せてくれれば、フェニックスごときに負けはしませんよ。僕はね」

 

「どういう意味だよ」

 

「そのままですよ。レーティングゲームに勝つだけならただ僕に命じれば良い。全てを倒せとね。だけど部長はその命令を出すことは絶対に無い。僕より自分の方が強いと思っているから。朝にも言ったけど、僕は50mのロボットを2機所有している。普通に考えて個人でそれを倒せるとでも思うかい?ちなみに悪魔で鬼戒神、50mのロボットを所有しているのは僕だけだ」

 

「そんなに強くないからじゃないのか?」

 

「いや、扱えないんだよ。鬼戒神を動かすのに必要なのは力のある魔導書と魔力だ。そして力ある魔導書は才能や適正を持たない者を喰らいつくす。欠片だけでも味わえば分かりますよ」

 

収納の魔法陣から、エロ本から再び回収したギリシャ語版の写本の断片を少しだけ取り出してすぐに収納する。一瞬だったのにも関わらず兵藤君は顔を青ざめて震えています。仕方ないので首を掴んで露天風呂に投げ込みます。風呂に投げ込まれたのにも関わらず兵藤君は文句も言えずに未だに震えています。

 

「どうです、力ある魔導書の威力は?ルゥはこの力を自分で抑えていますから普通に接していても問題ありませんが、全力を出せば今のよりも強力な力を発揮します。分かったでしょう?グレモリー眷属内で一番危険なのがルゥだってことが」

 

かけ湯をしてから僕も湯に身体を沈めて兵藤君に説明を続けます。

 

「今のは例の一つです。僕が負けない理由は他にも在ります。兵藤君は僕の神器が何か知っていますか?」

 

「…………部長が言うには、色々な魔剣が作れる魔剣創造だって」

 

「その時点で間違っているんですよ。自分の眷属のことをまともに理解していないのにその力を十分に発揮させれると思いますか?ちなみに僕の神器は無限の剣製、ありとあらゆる剣を作ることが出来る神器です。なまくらから名剣、聖剣から魔剣に妖刀。僕に作れない剣は存在しません。不死であるフェニックスであろうと不死殺しの剣を作ればそれだけで事足ります」

 

防御に関しても前世の記録にある鎧の魔剣を装備すれば雷撃以外は無効に出来ますしね。それに油断してるでしょうから腕の一本も切り落とせばそれだけで勝てるでしょう。

 

「僕はレーティングゲームにおいては王の指示を完璧にこなすことしかしませんよ。時間を稼げと言うのなら試合終了まで稼ぎましょう。サクリファイスが必要なら大勢を巻き込みましょう。敵を倒せと言うのなら全てをなぎ払いましょう。だけど使い方を間違えても僕はそれを正す気は無い」

 

「……何でそんな事言うんだよ」

 

「僕は部長を王と見てないですからね。リアス部長の兄君で魔王の一人であられるサーゼクス・ルシファー様との契約によって僕はリアス部長に仕えているだけですから。契約が果たされているうちは従いますよ」

 

「知らなかったぜ、お前がそんなに薄情な奴だったなんて」

 

「薄情?それはお互い様なんですよ」

 

そう、お互い様なんですよ。グレモリーは情に厚い?何処がだ。三年だ、三年もの間、僕は燻り続けた。リアス・グレモリーは僕の価値を見ようともしてくれなかった。見せる機会をくれなかった。普通の主従関係のデメリットは存在しなかったがメリットも存在しなかった。無知は罪であり、知ろうとしないのもまた罪である。彼女は僕の隣人足りえない。

 

「兵藤君も王を目指すのなら覚えておくと良いよ。眷属を引き連れる為に必要なのは眷属の欲を満たすことだ。それは人によって全く異なる。それを見抜いて適度に与えるのが重要なんだよ。その点で言えばリアス部長は最低だ。何も分かっていないんだから。僕も白音さんもギャスパーも本当に必要な物を与えられたことが無い」

 

「それは、それは……」

 

「僕達から言う物ではないのは分かるよね。部長がそれを知ろうとすれば僕達も少し足を残して、それで知って貰うのが一番なんだけど。部長はそういった仕草を見せたことが一度も無い」

 

「……」

 

とうとう反論する言葉が無くなり兵藤君は黙り込んでしまう。存分に悩むと良い、それも主の思し召しでしょうから。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。