いつの間にかハイスクールD×Dの木場君?   作:ユキアン

15 / 37
第15話

二人の訓練で最初に始めたのは簡単な座学です。とりあえず自分の得物の詳細位は知っておかないといけませんからね。二人はやはり僕が解析する前の古い伝聞のことしか教えられていませんでした。

 

次に行うのは効率的な聖剣の力を引き出す訓練です。聖剣の担い手に一番必要なのは聖剣の力を引き出す事です。聖剣の力を引き出せば肉体にも勝手に補正が入りますから、それだけでも十分な訓練になります。

 

「そういうわけでゼノヴィアさんはこの水銀の入った壷に破壊の聖剣(エクスカリバー・デストラクション)を突き刺して壷が壊れるまで水銀を破壊し続けて下さい。気絶するまで休む事は許しません。紫藤さんはこの紙に書いてある通りの順番に擬態の聖剣(エクスカリバー・ミミック)を変形させ続けて下さい」

 

「本当に効果があるのか?こんな訓練、聞いた事も無いが」

 

「文句を言わずにやってみて下さい。すぐに意味が分かりますから」

 

ぶつぶつと文句を言いながらも二人は訓練を開始して、1分も経たないうちに表情が変わります。

破壊の聖剣(エクスカリバー・デストラクション)で液体を破壊すると周囲に飛び散るのですが、水銀は聖剣の力を吸収しますから威力が下がり壷を軽く叩くだけで終わります。一定以上の力を溜めてから一瞬の内に出せれば壷を壊せるのですが気付くのは何時になるのでしょうね。

擬態の聖剣(エクスカリバー・ミミック)の変形で最も効率がいいのは鞭と言うか蛇腹剣というか、流体が一番良いんですよね。その為には連続且つ高速で変形させるのがコツなのですがこちらも何時気付くんでしょうか?

 

「くっ、これは、中々、きつい」

 

「ふっ、ほっ、なっ、もう」

 

「はいはい、二人とも頑張って下さい。100%まで引き出せとは言いませんが80%位までは引き出せる様になって下さいよ」

 

見た所聖剣の力を引き出せているのはゼノヴィアさんは4割、紫藤さんは3割に届いていません。その程度でも一般のエクソシストの肉体強化よりも強力な物が発動しているのでエクスカリバーの凄さがよく分かります。

 

まあ、肉体強化だけに限れば僕の体内にある魔剣の半分以下の性能なんですけどね。一つの剣に複数の能力を持たせるより、一つだけの方が強力ですからね。それを複数持てばエクスカリバー以上の力を持つなんて簡単です。魔力が足りればですが。

 

昼食までにゼノヴィアさんは4回程気絶し、その度に僕が強制的に薬と魔法で魔力や疲労を回復させて訓練を続けさせます。紫藤さんも途中で飽きたのか逃げ出そうとしたので見た目が危なそうな妖刀で周囲を囲んで無理矢理訓練をさせました。

 

昼食を終えてから二人が手本を見せてみろとエクスカリバーを突き出して来たのでお望み通り手本を見せます。聖剣を扱うには才能が必要だと言われていますが、別に必須ではありません。莫大で純粋な魔力を注ぎ込めば力を引き出すのは誰にでも出来ます。二人には教えませんけどね。ちょっとした裏技ですし、効率が悪いですし。とりあえず身体を一度悪魔に変えてから右手に破壊の聖剣(エクスカリバー・デストラクション)を左手に擬態の聖剣(エクスカリバー・ミミック)を構えて二人に課した訓練をやってのけます。破壊の聖剣(エクスカリバー・デストラクション)は先端を浸けただけで壷を粉砕し、擬態の聖剣(エクスカリバー・ミミック)は指定した順に高速で変形しつつ、最終目標である流体にまで変化させる。それを腕の動きとは全く別の動きをさせてターゲットとして作った剣を切り裂いていく。その後、ルゥにも持たせて同じ事をさせる。

 

「今ので90%と言った所です。これ以上は僕の身体の方が持たないので出せませんが」

 

「「……悪魔と子供に負けた」」

 

昨日の様に膝を抱えて部屋の隅に移動する様な事はありませんでしたが、ぶつぶつと何かを言いながら訓練を始める二人の監視は要らないと思い、地上に上がってアーシアさんとルゥと一緒にお菓子を焼いたりして時間を潰し、時折様子を見に降りたりしながら時間を潰す。

 

夕食が終わってからは仕上げとしてルゥのページモンスターと戦ってもらう。とりあえず最初は半分程の頁で用意したアトラック・ナチャだ。危険度は低いながらもそこそこの戦闘力はあるのでこういう特訓には重宝するんだよね。

 

「ゼノヴィア、何また捕まってんのよ!!」

 

「仕方ないだろう。って、うわ、首に!!」

 

イッセー君が戦ったのはグラウンドだったのでアトラック・ナチャの糸は躱し易かったのですが、ここは地下なので糸が三次元から襲ってくるので脅威度は上がっています。

 

二人してアトラック・ナチャを倒したのは30分程してからでした。60点ですね。次回も同じ様なら評価は下がりますが対策位練れるでしょう。

 

「少し休憩したらもう少し強い個体と戦ってもらいますから」

 

2回目の戦いはちゃんと対策を練ったのか、ゼノヴィアさんと紫藤さんの位置が逆になり、紫藤さんがアトラック・ナチャの糸を切り払い、出来た穴にゼノヴィアさんが飛び込んでアトラック・ナチャを切り捨てました。それでも20分程戦っている上に被弾も目立ちます。それに一つ気になった事があります。

 

「お二人とも、なぜ術式を使わないんですか?」

 

「「術式?」」

 

エクソシストが使う術式を一切使わないので話を聞いて見るとそんな物知らないと答えられてしまった。仕方ないので二人には座学を受けてもらう事にしました。

 

「という訳です。分かりましたか?」

 

「分からない事が分かりました」

 

紫藤さん、そんなお約束みたいな答えを返さないで下さい。ゼノヴィアさんもそんな机に突っ伏さないで。まだ基本の部分しか説明してないんですから。最低でも肉体強化と光弾と光刃は覚えてもらわないと話にならないんですから。遠中近、全ての距離に置いて最低限の力を持っていないと完封負けする可能性が発生しますから。時には背中を見せて逃げる事も重要です。その為の力は必要ですから。

 

 

二人の訓練が終われば今度は自分の訓練を始めます。相手の持つ聖剣は天閃、夢幻、そして僕の作ったエクスカリバー。この中で一番危険なのは夢幻の聖剣(エクスカリバー・ナイトメア)です。最も力を引き出すのが難しい聖剣ですが、その力は一つの街を滅ぼす事すらも可能な程の力を秘めている物です。こう言ってはあれですが、どちらかと言えば魔剣の性質を持っている聖剣です。そしてこれに対応出来るのはルゥだけです。遥か昔に一度だけ解析した事がある物が相手では、それに対応する物を用意する事が難しい。それゆえに用意するのは対幻術、対精神攻撃などの精神面に関する防御。

 

それらの研究は最も進んでいない項目である。精神汚染に関しては命に関わるので最優先で研究を行ったのだが、精神攻撃に関しては魔眼が一般的であり、目を合わせなければ良いという解決策がある為に殆ど進んでいない。以前、作った物でどれだけの事が出来るのかは未だに不明だ。相手が聖剣の力ともなればどうなるか分からない。それに対抗する為に僕自身の抵抗力を上げる為に幻術を見せたりする聖剣を作り出してルゥに使わせる。その結果を元に改良を加えていきます。

 

 

 

翌日からも似た様な訓練を続けながら、色々なページモンスターと戦わせて経験を積ませます。まあ完全に頁を使うのはアトラック・ナチャだけですが。鬼戒神を平気で傷つけるバルザイの偃月刀やロイガー&ツァールはもちろん、どんな物でも出せるニトクリスの鏡や旧支配者であるイタクァとクトゥグアなんて危険な物はページモンスター化させれませんよ。

 

とりあえず一通り倒し終わった後は僕との模擬戦です。敵であるのははぐれエクソシストと聖剣使い、そしてコカビエル。コカビエルは聖書にもなが記される程有名な相手なのでどのような戦法で戦ってくるのかも分かっているのでそれを想定した戦い方で二人と戦います。

 

天井付近に浮遊し、光弾と光槍を二人目掛けて降り注がせ、隙が出来た所に高速で接近して光槍を振るう。

二人はここ数日のページモンスターとの戦いの経験によってそれらを的確に回避していく。連携も初日の時よりも上手くなっているのですが、大戦期を生き延びた熟練者を相手にするとなると不安です。それでもなんとか食い付けると言った所でしょう。聖剣の力は70%と言った所ですが、これなら任務を最低限果たす事は可能ですね。防御面は僕が防護服を用意すれば心配もありませんね。それにゼノヴィアさん、他に何か隠している様ですしね。

そろそろ本来の聖剣奪還に移りましょうか。

 

「二人とも、明日からは聖剣奪還に向けての行動を始めます。後で戦闘服を一着貸し下さい。明日までに防御術式を刻んでおきますから」

 

「はいは〜い、質問」

 

「なんですか?」

 

「どうやって相手を捜すの?」

 

「ああ、言っていませんでしたね。意識すれば自分が作った剣と解析した物なら大体の居場所が分かるんです」

 

毎日の様にあちこち移動しているみたいですが、何をしているんでしょうね?拠点らしい場所も無い様ですし。紫藤さんは納得したのか質問を終えました。

 

「私も構わないか?」

 

「構いませんよ」

 

「その防御術式とはどんな性能なのだ?」

 

「今私が着ている物です。そうですね、今のゼノヴィアさんの全力の光弾位なら衝撃以外は防いでくれますよ」

 

「そんなにか!?教会では聞いた事も無いぞ」

 

「僕、どちらかと言えば戦闘職よりも研究職の人間なんですよ。色々な魔法や術式を研究して回っていますから。僕独自の技術です。任務が終わったらそのまま持ち帰ってもらって構いませんよ」

 

「良いのか?独自開発した物なのだろう?教会に持って帰った所でお前の評価にはならないぞ」

 

「他人からの評価を気にしないのが僕ですから。おかげで教会から逃げ出す羽目になりましたけど」

 

あんな失敗を犯した現在はある程度は気にしていますよ。ある程度はですけど。

 

「他に質問はありますか?」

 

「いや、大丈夫だ」

 

「では、今日はゆっくり休んで下さい」

 

 




ちょっと短いけど、キリがいいので今回はここまでです。
次回はエクスカリバー編の終了までやりたいと思います。
その次にエピローグと言うか、次回の停止教室のヴァンパイアの為に三勢力での裏会合を挟もうと思います。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。