いつの間にかハイスクールD×Dの木場君?   作:ユキアン

18 / 37
第17話

聖剣事件が終わり、エクソシストとしての権限を返上して悪魔稼業に戻ってしばらく経ったある日、サーゼクス様に呼ばれて冥界に戻る。グレイフィア様に案内されてサーゼクス様の執務室に通される。

 

「よく来てくれたね」

 

「いえ、なんとなく用件は予想していますから。おそらくは三勢力間での停戦、もしくは同盟と言った所でしょうか?」

 

「うん、その通りなんだ。前回のコカビエルの一件の時も例外とは言え、悪魔である君をエクソシストとして活動させる位には前から話が進んでいる。だがこれに反対する者が多いのも確かだ」

 

「そうですね。でなければ聖剣が、特に天界で保管されていたエクスカリバーが盗まれる訳がありませんから」

 

「ミカエルも嘆いていたよ。それでも今回の一件で同盟を組む事になったのだが、別の問題が出て来た」

 

「僕、正確に言えば無限の剣製でしょうか?」

 

「それもある。アレだけの力を見せつけてしまった以上、今の状況に置いておく事も出来ない。契約に基づいて保護したいのだが、それが許される状況では無くなってしまった」

 

「仕方ないでしょうね。それで、僕はどういう扱いになるのですか?」

 

「先日の通信での会談の結果、三勢力の同盟と同時に各勢力から独立した部隊の王となってもらう事になる」

 

「独立した部隊の王ですか?」

 

「独立部隊は三勢力の同盟を邪魔に思う者を相手に戦うことになる。人員と物資や資金は各勢力から平等に出し合う事になっている。それらを纏める王として君が選ばれた。君は相手の種族がなんであろうと気にしないだろう。それが出来て独立部隊を引き入れる人材は君しか居ない。これは三勢力の総意でもある」

 

そこまでの評価がされていたとは知らなかった。

 

「正式に部隊が設立された際に君には悪魔の駒と、悪魔の駒と人工神器を元に開発された転生天使を作るトランプが支給される。だが、会談の最中、もしくは終了と同時に襲撃も予想されるのでね、先に人員を選出しなければならない。希望はあるかい?」

 

「そうですね。とりあえず白音さんとギャスパー、ヴァレリーさんですね。あの三人なら性格的にも能力的にも問題無いでしょう。教会側からは前回の任務を共にしたゼノヴィアさん達と、後衛タイプの人を一人。聖剣はこちらで用意するので必要ありません。堕天使側からは前衛と後衛、それからサポートタイプを一人ずつ。前提条件としては集った同僚に対して敵対しないことです。それから出来ればで良いんですが、出来るだけ能力の高い人材を出す様にして貰いたいんです。悪魔側の三人の詳細は報告してある通りですし、教会側は聖剣使いの二人です。ここで堕天使側だけ能力の低い者を出すと不満がでますから」

 

「分かった。ミカエルとアザゼルに伝えておこう。それからしばらくの間、同盟に向けた調整に付き合ってもらう事になる」

 

「分かりました。またしばらくの間、通常の悪魔稼業は休んで時間を作っておきます」

 

「すまないがそうしてくれるとありがたい」

 

サーゼクス様との話を終えた僕は、これからのことを考えて冥界中を移動して色々と魔術道具を購入したり、素材を回収する。

また徹夜で薬の調合や符を製作しなくちゃね。

 

 

 

 

 

 

休日、僕とイッセー君は駒王学園のプール掃除を行っている。そろそろプール開きの時期に掃除を受け持つ代わりに一番に使用する権利を部長が会長から取って来たのが始まりだ。女性陣が着替えに時間がかかっている中、僕とイッセー君は男ということですぐに着替え終わり、先に終わらせてしまうことにしたのだ。

 

「木場、わざと言語を変えたり音程を外してまで聖歌を歌おうとするのは止めろよ。気になるじゃねえか」

 

プールに浮かんでいるゴミを網で掬い上げて捨てながらイッセー君が文句を言ってきました。

 

「僕なりに気を使ってるんだよ。僕が本気で聖歌を歌うとイッセー君、死ぬよ」

 

「あ~、もしかしなくてもその十字架の所為か?」

 

「いえいえ、僕の癖みたいなもので、聖歌を歌う際に光力を込めちゃうんですよ。テンションによっては込めすぎてしまいます。それはもう悪魔達の地獄絵図を作り出してしまう位に」

 

一度冥界でやってしまい、白音さん達が死にかけてましたから。僕にもダメージがあったのですが、聖歌によるダメージで光力のダメージだとは気付かなかったのが原因です。あの頃はルゥも居ませんでしたから白音さん達が倒れていることに気付けずに居ましたから。

 

「……木場でもそんなミスするんだな」

 

「若さ故の過ちという奴です」

 

「ふ~ん」

 

ゴミが掬い終わった所でプールの底に空間接続の魔剣で次元の狭間に穴を繋げて排水を行い、悪魔の力を全開にしてイッセー君と二人でモップで苔を落としてそれも次元の狭間に捨て、綺麗になったのを確認してから浄化の魔法をかけて更に綺麗にしておきます。

 

「おい、ちょっと待て木場。そんなのがあるのなら最初から使えよ!!」

 

「ゴミや苔がある状態で使っても意味がないですからね」

 

「ああ、そうなんだ」

 

イッセー君が納得してくれた様なので再度浄化の魔法を使ってプールを綺麗にする。それが終わってから水を溜め始めるのですが、暇なので先日サーゼクス様が訪れた時のことを尋ねることにしました。

 

僕はその時、ちょうど長期契約で不在だったので詳しいことは分からないんですよね。白音さん達からは三勢力の会談が駒王学園で行われるということしか聞いていませんが、その後サーゼクス様とグレイフィア様がイッセー君の家に泊まったということは聞いています。

 

「サーゼクス様か。その、なんて言えば良いんだろうな。とにかくオレが持ってたイメージを壊されたな」

 

「まあ、プライベート時の魔王様達はかなり軽いからね。セラフォルー・レヴィアタン様なんて特に凄いよ。たぶん、今度の授業参観にやってくるはずだから、見て見ると良いよ。魔王のイメージが完全に壊されるから」

 

「うわぁ~、見たい様な見たくない様な。あれ、授業参観に来るってことは会長の身内なのか?」

 

「そうだよ。会長のお姉さん。ただ、二人の仲は良いんだけど、そのね、会長が苦労していることだけ覚えておいてあげて欲しいんだ。出来れば、お姉さんの話題は出さないであげて欲しいんだ」

 

「仲が良いのにか?」

 

「うん。お姉さんであるセラフォルー様を見れば、理解できるから」

 

「よく分からんが覚えておくよ」

 

それから半分程水が貯まった所で塩素を放り投げて、魔法で水を出して一気に一杯にまで張る。

 

「だから最初から魔法を使えよ!!」

 

「魔法で産み出される水は完全な純水だからね。成分的に水道水と割った方が良いんだよ」

 

イッセー君に説明が終わった所でオカルト研究部の女性陣とルゥがプールにやって来ました。部長はかなり布面積の少ない赤い水着を、副部長はやはり布面積が少ない白い水着を着ていました。白音さんは学校指定のスクール水着で、ヴァレリーさんは肌を隠す様に長袖のラッシュガードにレギンスを履いています。ルゥは先日白音さん達にお金を渡して買いに行って貰ったフリルがたっぷりの蒼いワンピースタイプの水着と浮き輪を装着していました。そしてギャスパー、貴方は水着も女性物を着るのですね。花柄のブラにデニム地のパンツ、貴方はそれでも吸血鬼で男なのですか?

 

「木場、オレ生きてて良かった」

 

僕の隣で涙を流して神に祈りを捧げ、激痛に転げ回る。部長がそれを見てイッセー君に駆け寄ったので面倒を任せて白音さん達の方に移動します。準備運動をしてから泳ごうとした所で白音さんに呼び止められた。

 

「どうかしましたか?」

 

「あの、祐斗さんは泳げますか?」

 

その一言で事情は分かりました。ちなみに普通の泳ぎ方は普通ですが、戦場で必要な特殊な泳ぎ方はアーチャーの記録のおかげで得意です。

 

「ええ。なんなら泳ぎ方を教えましょうか?水泳部の様に速く泳ぐ方法は知りませんが、ちょっと特殊な泳ぎ方は得意ですから」

 

「お願いします」

 

とりあえず基本の浮かび方からですね。肺に出来る限り空気を取り込むだけでも結構変わってきます。日頃から呼吸を意識する様に言ってありますから肺活量はかなりの物になっているので、浮かぶだけならすぐに出来るでしょう。それが終われば基本的な足の使い方と息継ぎを教えると、白音さんは一人でも十分に泳げる様になりました。

 

途中で部長と副部長がイッセー君を取り合ったりしていましたが、基本的には平和な一日でした。日頃はあまり遊んであげられないルゥと一緒に遊んであげ、とても楽しんでくれたみたいです。

 




次回、魔王少女襲来。


今気付いたけど、イベントの大半を潰してた。
オリジナルの会談調整の話がメインになりそう。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。