いつの間にかハイスクールD×Dの木場君?   作:ユキアン

37 / 37
第34話

side プロフェッサー

 

 

「こんなものだな。ミッテ、そっちはどうだ?」

 

「いつも通りのものは抑えたっすよ。あと、変わり種も」

 

ミッテと二人で大量のお菓子を抱えて卸問屋から出る。かなり特殊なフレーバーや海外から特殊なルートで輸入している品も取り扱っているためか一般人が立ち入りづらい歓楽街近くに店を構えているために昼間からミッテを連れて歩いていると注目されるが気にしない。

 

「相変わらずだな。作る奴も作る奴だな」

 

「たまにあたりがあるっすからねー。楽しみなのが、んまい棒青春シリーズ、甘酸っぱい青春、灰色の青春時代、血湧き肉躍る青春、リア充爆発しろっすね」

 

「なんだよ、それ?開発者は青春に恨みでもあるのか?明らかに女に振られてるだろう、これ」

 

「さあ?味は、名前の通りな感じがしてすごいっすけどね」

 

ミッテが投げ渡してきた灰色の青春時代を受け取って一口齧ってみる。

 

「ああ、うん、灰色の青春ってこんな感じになりそうな味。苦くて渋いのに止められそうにない味だな」

 

「一念発起して大ゴケして灰色から真っ黒になったのも出そうで怖いっすね」

 

「よくこんな味を再現できたよ。いろんな意味で天才だな、この開発者」

 

「師匠に天才と言わせるとはすごいっすね。ところで師匠はどんなのを?」

 

「オレか?オレはなつかしの再販品、きのことたけのこの兄弟、すぎのこを発見したな。それからアイスで在庫になってた発売最初期のガリガリ野郎とか果物の里、版権問題で回収されたはずのたい焼きボーイのアイスだな。お隣の国で未だに製造されてるらしい」

 

「相変わらず変わった物を探し当てれるっすねー。ウチとは別の方向のネタっぷりっす」

 

「こんなのは楽しんだ物勝ちだ。うん?おい、あそこにいるのは兵藤と姫島じゃないか?」

 

「本当っすね、二人してこんな時間にこんな場所を歩いてるなんてやっぱあれなんすかね?ウチらみたいに変わったお菓子目当てって訳じゃなさそうっす」

 

「面白そうだから付けるぞ。遮断結界を起動させろ」

 

「遮断結界、起動っす」

 

遮断結界で完全に隠れたオレ達は二人の後を付ける。二人はどんどんとホテル街の方へと歩いていく。これはやっぱりそういうことか?オレとしてはグレモリーとの方が先だと思ってたんだがな。何かのネタにできるだろうと携帯のカメラを構えていたのだが、突然堕天使が二人に怒鳴り込んできたために場が混乱し始めた。とりあえず様子を伺いながら耳をすますと、怒鳴り込んできたのはバラキエルという堕天使で姫島の父親なようだ。さらにそこにアザゼルとオリジナル、かなり強い力を持ったスケベジジイに銀髪の苦労人みたいな女が集まって混沌と化していった。

 

「誰っすか?あの爺さん」

 

「オーディンらしいな。ヤバイな、情報屋から爺さんに狙われてるから気をつけろって忠告されてんだけど」

 

「後ろの?」

 

「さすがにあの体で勃つのか?いや、受けだったとしてもホモはNG。じゃなくてだな。聞いたことがあるだろ、あのジジイ、左目を代償に世界の全てを知ったって」

 

「有名っすね」

 

「その知識に俺の術式はほとんど存在しない。全てを知って女以外に興味を失ったジジイだぞ。関わればおもちゃにされるのが目に見えてやがる。だから逃げるぞ」

 

「それってウチもヤバイってことっすよね?」

 

「オレよりはマシだろうが、久遠よりはヤバイだろうな。なんだかんだでオレの劣化版みたいな存在だから」

 

「げぇ、大人しく逃げるっす」

 

「そうするぞ。楽しいのは好きだが転がされるのは大っ嫌いだからな。痕跡を残さないように走って逃げるぞ」

 

「すたこらさっさっす」

 

気づかれないうちにその場から逃げ出して屋敷まで走って帰る。

 

 

side out

 

 

 

side オリジナル

 

 

プロフェッサーが露骨にオーディン殿を避けているが、万全を期すためにはプロフェッサーがいてくれた方が確実だ。嫌がるプロフェッサーとミッテルトさんを簀巻きにして連れてきたんだけど失敗だったかな?

 

「寄るなクソジジイ!!オレのケツはやらんぞ!!」

 

「何処からそんな話に飛躍した!?」

 

「ジジイがオレに興味津々だって裏じゃ有名だぞコラ!!セクハラとか視察という名の女遊びは擬態だったか!!」

 

「オーディン様、まさかそこまで堕ちて」

 

「嫌がるオレを何度も何度も指名して金とかルーン魔術を積んできやがったんだぞ!!身の危険しか感じない!!助けてくれ!!」

 

「擬態のためにウチまで狙われてるんっす!!まだ処女散らしたくないっす!!助けてほしいっす!!」

 

こんな感じでオーディン殿を煙に巻き続けているのだ。本気で言っている感じはしないが拒絶の意思だけは明確だ。何がそこまでオーディン殿を拒否するのだろう?そんな時、馬車が激しく揺れて急停止し、プロフェッサーがドアを突き破って車外に飛び出した。

 

「あら~~!?」

 

「置いてかないで~~!!」

 

それを追ってミッテルトさんまで車外に飛び出していった。簀巻きにされたままで。敵襲だったら不味くないかな?慌てて外を見てみると、簀巻きにされているくせに綺麗な五接地転回法で着地している。ミッテルトさんも同様だ。あの二人、変なところも器用だよね。

 

「アザゼルさん、敵は見あたりますか?見つけ次第殲滅の方向で」

 

「おいおい、話を聞かないのか?」

 

「いらないです。敵対した時点で殲滅ですよ。証拠は適当に人偏師に揃えさせますから」

 

「はっきりと不正宣言すんなよ」

 

「どうせ相手はロキでしょうし、プロフェッサーも対策を積んで来てますから」

 

「それは、簀巻きにされてる状態でなんとかなるのか?」

 

予想通りロキを挑発している所を見るとたぶん大丈夫でしょう。とりあえず様子を見るために人数分の双眼鏡を準備して手渡します。

 

「……生半可な殺し方じゃあ死にませんから」

 

「まあ、簀巻きの状態でロキ相手にケンカ売ってるからな。おい、フェンリルに上半身丸々食われたぞ!?」

 

「でもフェンリルが血を吐いてのたうち回ってるってことは食われるのを前提にして毒を用意しておいたんでしょうね。たぶんそろそろ何事もなかったかのように何処からともかくやってきてミッテルトさんと一緒に微妙なフレーバーのアイスを投げ始めますから。というか、ミッテルトさん縄抜けとか出来るんだ。久遠さんもいつの間にか混ざってるし」

 

フェンリルは完全に動かなくなっているところを見ると完全に死んだみたいだね。久遠さんが剥ぎ取りを始めてるけど、ロキは完全にミッテルトさんしか見えてないみたいだね。ミッテルトさんは既に結界を張って領域を確保してプロフェッサーの下半身を釜に放り込んで材料を追加してかき混ぜ、すぐにプロフェッサーが復帰する。そしてプロフェサーがバインダーから術式を書き込んだ紙を飛ばして簡易魔術工房を組み立て始めた。

 

完全に籠城戦をするつもりだ。新しく釜とか、実験器具を次々取り出してるし。既に調合を始めている。ミッテルトさんはいつの間にか魔術工房から抜け出してフェンリルの死体を簡易魔術工房で覆っていく。挑発を兼ねるのか大工みたいに金槌を振り回して家を建てるように作っていく。

 

「あいつらの余裕はどこから出てくるんだよな?」

 

「それだけの努力と準備を怠っていないという自信からでしょう。解体が終わったフェンリルの肉でバーベキューなんか始めてますよ。変な煙が出て咳き込んでますけど」

 

「ロキの野郎、更に頭に血が上ってるな。完全にオレ達のことを忘れてやがる。一口食って捨ててるけど、あれってあいつが仕込んだ毒のせいじゃないのか?」

 

「それ以外に気づいてます?ロキを逃さないようにビル丸ごとを覆う結界を片手間に構築してるのを。外からは入れるけど、中からは逃げ出せないタイプの結界ですね。さあ、どうなんでしょうね?元気そうにしているので毒の所為ではないと思いますが」

 

「あやつ、ふざけていた割には用意周到じゃな。ロスヴァイセ、今のお主であのスピードであれだけのことをやれるか?あの金髪の小娘の方をだ」

 

「……無理です。一度に複数のことを並行して行っています。どれか一つだけならあの速度には達せるでしょうが」

 

「ふぅむ、実に興味深い。才は感じられなかった。つまりあれは適切な指導と努力の成果ということか。いや、煽りは天性の物じゃな。あの男は演じておるが、小娘にはそれが感じられん。小物っぽさがそのまま煽りの才になっておるのぅ」

 

「あの、オーディン様。それって実力が足りなかったら一番最初に死んでいくってことですよね」

 

「それを見極める目をあの男は持っておる。曲者じゃな。時間をかければかけるほど、奴に隙は無くなっていく。成長性という意味ではあの男は化け物じゃろう。存在そのものが神滅具と言っても良いな」

 

「まあ、僕もプロフェッサーもアーチャーも頭のネジが何本か抜けてるような存在だからね。アーチャーも存在そのものが神滅具のような存在だしね。存在としては僕が一番普通かな?」

 

「あの二人を取り込める器を持っている時点でお前も普通とは言えねえよ」

 

「あまりそういうのを気にしないだけなんですけどね。それとオーディン殿、このままどうされますか?放っておいてもプロフェッサーが適切に処理してくれますけど」

 

「ふむ、このままでも安全なら見ておきたいのだが」

 

「いや、あれは見せても問題のない物で時間稼ぎをしているだけですよ。オーディン殿から逃げたい一心でしょうね。そうじゃなかったらもっと派手にやってる筈ですから」

 

「ほう、さらに派手にか」

 

「魔術関連以外にも錬金術に科学、魔術と科学を合わせた魔科学、研究できる物は片っ端から研究していますから。屋敷の防衛機構の管理は全てプロフェッサーに任せていますからね。僕らの中で唯一、邪悪に対する一振りの剣の領域にまで足を踏み込める存在なんですから」

 

僕とアーチャーではルゥの力を引き出すことはできない。扱う才能はプロフェッサーが全て持っている。そして、その負荷をも全てその身に引き受けている。あの吐き気を催す黒い何かに頭の中をめちゃくちゃに掻き回されながらもそれを表に見せずに笑って戯けて少し変わった変人程度に見せる。それが出来るだけの何らかの強固な信念を持つ男。それがプロフェッサーだ。

 

欲望に対する理性が働きにくいのは汚染の影響だ。だから、やりたいことは何でもやるし、自分の成果を評価してもらいたくて色々と派手な演出を行う。それをしないということはとことんオーディン殿から逃げたいのだろう。

 

「あ~あ~、ミドガルズオルムっぽいのが一撃でやられて工房内に転移で取り込まれて蒲焼にされ始めたぞ。やっぱり変な煙が出て咳き込んでるけどよ」

 

「不味かったみたいですね。ミッテルトさんが買っている微妙な味のアイスとかお菓子を食べている時以上になんとも言えない顔をしてますから」

 

「釜に突っ込んで、あれは、カレー粉か?やっぱりダメみたいだな」

 

「日本のカレー粉が負けるなんて食べ物じゃない判定を下すしかないですね。あっ、ようやくロキが逃げられないことに気づいたみたいですね」

 

「さて、巻き返せるといいな。本格的に籠城戦をするつもりなのか居住性を整え始めたぞ」

 

「2階部分を作って個室を作り始めましたね。ちゃんと壁紙やカーペットでプライバシーの保護をやってますね。ああ、念話で完全に持久戦をやるから帰れ、オーディン殿が帰った後ぐらいに決着がつくように調整するからだって」

 

「とことん嫌われてるな爺。ほれ、馬車を出せ。あそこまでやると梃子でも動かないぞ」

 

「完全に休養モードに入りましたね。はまっているカードゲームの制限が改定される直前で新しいデッキを作り始めましたね」

 

「仕方あるまいな。まああれだけの物が観れたのだ。今日のところはこれぐらいでよかろう」

 

 

 

 

 

 

 

side プロフェッサー

 

 

「スタンバイにマジエク、ライフチェンジャーでチェーンは?」

 

「ないっすね。チェンジャーで3000になってマジエクで4800で死んだっす。やっぱり永久投獄っすね。7割の確率で1キルっすから」

 

「ちぇっ、クソ猿も禁止行きになったから良しとするが辛いな。次は何を組むか」

 

「映画のおかげで強化決定の青眼か、潰すために破壊竜にするか、ナンバーズハンターお兄ちゃん混合ネタデッキも楽しそうっすね」

 

「お前もネタが大好きだよな。今だにメインがアロマ幼女デッキなんだろう?思い切って超量子なんてどうだ?」

 

「いやいや、ここはいつか新規が来るはずのD-HEROも捨てがたいっす。サイバー・ガール?知らない子ですね」

 

「機械天使はそろそろ来てもいいよな。コロシアム張ってブレイダーを立てる。フュージョン・ウェポンを装備でガン伏せ」

 

「サタンクロースで」

 

「サレンダーいいっすか?」

 

「なぶり殺しっす。便乗発動」

 

「さて、ズシンの運用法を考えるか」

 

「アンチ、ブレイクスルー、禁じられた三種、ズシンをサーチできそうなのは無いっすね。やりくりに強謙積んで無理やり引っ張ってくるしかないっすか」

 

「キツイな。キツイがロマン溢れるカードだ。なんとかして使いたいな」

 

「ハイランダーレベル1フルモンもロマンだらけっすよ」

 

「さっきから二人とも何を話してるのか理解できないんだけど」

 

久遠がコーヒーを持ってきてくれたのでテーブルの一部を整理してスペースを空ける。

 

「見ての通りカードゲームの話だ。TCGとしては古株に当たるものでな、莫大な量のカードが存在し、今も増え続けているし、年に何度か使用制限が変わる。その度にプレイヤーを失意のどん底に突き落としてくれる。また、世界一難読な言語、通称コンマイ語を習得する必要がある」

 

「世界大会でジャッジが効果の裁定を判断することがある恐ろしい言語っすよ。おかげで迷言が続出っすよ。『ルールは一見複雑そうに見えて複雑だぜ』とか特にそうっすね。ライフコスト系のカードにチェーンを組んでライフゲイン系が乗った時の最終ライフとか、薔薇とルートを立てた時の攻撃力計算とか」

 

「初心者が陥りやすいミスはカードを破壊するだけではカードの効果は発動したままとか、後出しと先出しの際の判定の違い、レベルとランクの違い、対象をとるとらないの違い、効果とコストの違い」

 

「『なにぃ!?発動したカードをサイクロンで破壊したのだから効果は不発ではないのか!?』『なにぃ!?アルティメット・ファルコンは他のカードの効果を受け付けないのだからスキドレ発動下で出しても効果を使えるのではないのか!?』『なにぃ!?レベルがないのだからレベルは0ではないのか!?』『なにぃ!?トリシューラはカードを選択しているのだから対象をとる効果ではないのか!?』『なにぃ!?カードガンナーの効果は無効になっているのだからデッキからカードを墓地に送ることはできないのではないのか!?』」

 

「今のが初心者が間違えやすいミスの例だな。セリフから分かる通り『ルールは一見複雑そうに見えて複雑だぜ』だな。小学生だと混乱必須。大人でも間違えることが多々有る。公式サイトよりもwikiを見ろが常識だからな」

 

受け取ったコーヒーをすすりながらロキたちの様子を見る。既に4日経過しているが、諦めずに頑張っている。だが、絶対に攻撃がこちらまで届くことはない。なにせ、籠城してると見せかけて既に逃げ出してるからな。今は、屋敷に戻ってオレの部屋に篭っている。オーディンの糞爺は早く帰って欲しいものだ。テレビの向こう側で頑張っているロキたちのスタミナに呆れる。

 

「そういえば、白音から聞いたんだけど、あのお付きの戦乙女、研究室の本の写本をやってるみたいだけどいいの?」

 

「見られて困るようなものは片付けてあるから問題はないな。というか、冥界の本屋で普通に買えるのにな」

 

「売れてないんだっけ?」

 

「これがもうほとんど売れなくて。自費出版だけど懐に痛くも痒くもないから次々出してるしな。ソーナ・シトリーの学校に協力した際には教材に指定してやる」

 

「考えがセコイにゃ~」

 

「勝てば官軍、負ければ賊軍、最終的に勝てばいいんだよ」

 

「後ろに向かって全速前進っす。相手が隙を見せたら回れ右」

 

「トリックだよ」

 

「もっかい回れ右っす」

 

「ふはは、弾幕だ」

 

「弾幕濃いっすよ、なにやってんすか」

 

「はいはい、ネタの応酬合戦はそこまで。そろそろロキを処理しちゃいなさいよ」

 

久遠に止められたので渋々ロキを仕留めにかかる。

 

「ミッテ、よく見ておけ。この領域が超一流だ。術式変換、狂乱屈折!!」

 

次の瞬間、画面の向こうでロキたちが一瞬にして粉々のバラバラの無残な姿に成り果てる。それを見て、ミッテと久遠が唖然とする。しばらくしてようやくミッテが復帰する。

 

「し、師匠、何を、やったんすか?」

 

「簡単に説明すれば、藁人形の呪いを知っているだろう?」

 

「丑の刻に呪いたい相手の髪を編んだ藁人形を神社の木に打ち付けるって奴っすよね」

 

「そうだな。藁人形を相手に見立て、屈折させて重ねる。それが藁人形の呪いだ。さっきのはそれの応用だな。あの結界内の全てを屈折させて重ね合わせる。つまりは一は全であり、全は一である。そういう結界だ」

 

「取り込まれたら、どうすることもできないっすよね、それ。術式そのものを解除すれば、それは自分の存在の否定に繋がるっすから」

 

ミッテの質問に口角を上げて応えてやる。

 

「強引な世界改変。それが超一流だ」

 

コーヒーを飲み干して席を立つ。さてと、後片付けに向かうか。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。