いつの間にかハイスクールD×Dの木場君?   作:ユキアン

6 / 37
第6話

現在僕はルーマニアの地に足を踏み入れている。

 

「どうやらあの城にギャスパーの幼なじみが居るのは間違いない様ですね。ハーフで利用出来る神器を持っているというだけで不遇な生活を強いる愚者共には、聖職者として天罰を与えなくてはなりませんね」

 

探知用の魔剣を折り、収納用の魔法陣から死霊秘法(ネクロノミコン)の写本を取り出す。目的の頁を開き、魔力を通す。

 

「ニトクリスの鏡よ。汝の力を僕に」

 

虚空に映し出す幻像を僕自身に纏わせて正体がばれない様にする。見た目は前世の記録にあるアレクサンド・アンデルセン神父の姿をとり、聖書に十字架を装備し、銃剣を作り出す。全身が聖書と十字架に焼かれるのを感じながら、魔力は全て肉体強化と体内の魔剣の活性化に回して問題無い様にします。そして準備が整った所で城に向かって歩みを進み始め、門番達がこちらに気付いた所で銃剣を彼らに対する十字架の様にクロスさせて構える。

 

「貴様、何者だ!!」

 

「我らは神の代理人、神罰の地上代行者。我らが使命は我が神に逆らう愚者を、その肉の最後の一片までも絶滅すること。AMEN!!」

 

名乗りと共に一気に懐まで飛び込み、首を切り落として城の入り口まで駆け、蹴りやぶる。目標の人物が囚われている場所は地下なので襲いかかって来る相手を皆殺しにしてからゆっくりと下に降りる階段を見つけるとしましょうか。

 

襲いかかって来る相手の首を刎ねたり、心臓に銃剣を突き立てて苦しまない様に殺しながら少しずつ城の探索を始める。それにしてもこの世界の吸血鬼は弱いですね。FateやHELLSINGの吸血鬼とは比べようが無い位に弱いですね。折角術式を満載した聖書も用意して来たのに無駄になってしまいましたね。アンデルセンごっこをするためだけに頁をバラまいたりする術式を新しく作ったというのに。少しは楽しませて

 

「ふっ!!」

 

「甘い!!」

 

今まで気配を消していた誰かが背後から斬り掛かって来たので、それを銃剣で受け止めて弾きます。振り返ると既に襲撃者は姿を隠し、けれども空間全体に殺気が満ちています。

 

「少しは手練の様です、ね!!」

 

再び背後からの斬撃を弾いて壁を背にします。やはり襲撃者の姿が見つかりません。何かの術を使った様な痕跡も無し。となれば神器でしょうね。どんな神器か分かりませんが、厄介ですね。仕方ありません。周囲全てを爆破しましょう。

 

鎖で繋いだ銃剣を廊下の端から端まで突き刺し、壊れた幻想で一気に爆破します。爆煙の中、不自然な揺らぎを見つけ、そこに銃剣を大量に投擲する。

 

「そこか!!」

 

姿は見えないまでも殺った手応えがあった。現れたのは鍛えられた身体を持った中年位の吸血鬼だった。おそらくは誰かから奪った神器と思われる脚甲を付けているが、それも消え去った。今のがこの城で一番強かった男なのだろう。しばらく経っても誰も襲いかかって来なくなった。部屋の片隅で気配を消して見つからない様にしている。襲って来ないのなら見逃しましょう。

 

おや、転移で逃げようとしている様ですね。死霊秘法(ネクロノミコン)を再度開き、隔離結界を発動します。これで逃げるには死霊秘法(ネクロノミコン)を破壊するしかありません。破壊出来ると良いですね。さて、今の魔力のおかげで大体の道は分かりました。そちらに向かう道すがら罠によって身体はボロボロになりながらも再生を続けているので全く問題はなく、目的の場所まですんなりと来れた。

 

「さあ、化け物達よ滅される時が来たぞ」

 

ドアを蹴破った先には未だに転移を試みようとする奴らと僕の目的の人を見つけた。目的の人物以外が何かをする前に銃剣を突き立てて首を刎ねる。

 

「ヴァレリー・ツェペシュで間違いないな?」

 

「私を殺しに来たんですか?」

 

「いや、救いに来た。ギャスパーに頼まれてな」

 

聖書を開き、転移の術式を発動させる。聖書の頁が飛び散り、僕と彼女を包み込む様に飛び交う。次の瞬間には冥界にある僕の屋敷に到着する。ニトクリスの鏡を解除して本来の姿を曝す。

 

「さて、改めて自己紹介をしよう。僕は木場祐斗、ギャスパーに頼まれて君を攫わせてもらったよ。ちなみにギャスパーは部屋を出て左の一番奥にある部屋に居るよ」

 

そう言うとヴァレリーは部屋から駆け出していった。

 

さて、そろそろ今回のことについての説明をしよう。

 

事の始まりはリアス様が新しく眷属として連れて来たギャスパー・ヴラディの生涯を聞いて、少しイライラしていたのだ。軟禁するならそれなりの対応という物があるからね。そして停止世界の邪眼という神器を暴走させてしまうギャスパーもグレモリー家は軟禁すると言うから、ついつい軟禁されている部屋から攫って僕の屋敷に招かせてもらった。

 

ギャスパーの停止世界の邪眼を調査した所、僕が頑張ればどうにか出来そうだったので彼を外に出す為に一人残った幼なじみの少女ヴァレリー・ツェペシュを救う対価に研究に付き合ってもらうことにしてルーマニアに殴り込みに行っていたのだ。ギャスパーを攫った件に関しては僕の方でなんとかするとサーゼクス様に報告しておいたので問題無い。

 

いやぁ、それにしても疲れました。全身を焼かれる感覚は何時になっても慣れないですね。ある程度の耐性は付き始めていますが、普通の悪魔よりはマシ程度ですからね。それはともかく、今日奪った命達の為に祈りを捧げるとしましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴァレリーを拉致して来てから半年、ギャスパーの神器を制御することに成功した。とは言ってもON/OFFを完璧に行えるだけなのだが、それでもギャスパーは何時か自分だけしか動けない世界が来るのではないのかという恐怖に怯えなくて済むと、泣いて喜んだ。

 

僕にはその恐怖がどんな物なのかは分からないけど、それでも目の前に居るギャスパーが救えて良かったと思う。ヴァレリーも一緒に喜んでいた。彼女の方もかなり難しい事情を抱えている。

 

実は彼女が軟禁されていた理由が判明した。彼女もギャスパーと同じく神器を宿していたんだけど、『幽世の聖杯』と呼ばれる神滅具だったんだ。しかも亜種。幽世の聖杯は命を司る能力を持っていて、生命に関わることなら大抵のことは出来るという強力すぎる物だ。やろうと思えば新たな神を産み出すことも出来るだろうね。まあ使いすぎると精神が汚染されて見えてはいけない物とか見える様になるらしい。

 

クトゥルー関連の精神汚染とは別の意味で怖いね。根は同じだから処置は出来るから怖くないけどね。そして亜種としての特性は三つで一つという変わった特性を持っている。そしてその内の一つが盗まれている。うん、どれか一つでもあれば能力の発動が可能なんだ。もちろん精神汚染は使った人に発生する仕様だ。盗んだ相手に心当たりは無し、というか三つで一つというのに気づいたのが僕の研究によって初めて知ったそうだ。本格的に彼女の身柄の安全を確保する必要がある。ここはリアス様よりサーゼクス様に伺った方が良さそうだ。話が大き過ぎますからね。

 

 

報告の結果、二人は僕に任せると言われた。いやいやいや、ただでさえ世渡りに失敗して教会から逃げ出さなければならなかった僕に預けられても困るんですけど。とりあえず二人とちゃんと話し合う必要が、えっ、僕を信用しているから好きにしてくれって。

 

……ああ、もう、分かりましたよ。面倒を見れば良いんでしょう!!

幸い神滅具所有者も神器を持っているということしか分からないんですから出さなければ良いだけの話です。それからギャスパーも一緒に住みたいというので再び屋敷を改築して二人がちゃんと生活出来る様にして、訓練とかが出来る場所も用意して、危険な物が置いてある部屋には僕しか入れない様に結界を敷いて、二人の将来に関して取れる道も出来るだけ考えて掲示して、それから、えっ、白音さんも一緒に暮らしたいって?一人だと寂しいから?ごめんなさい、増築お願いします。予算はジャンジャン使っていいですから。

 

それから白音さん、その抱えている白猫はどうしたんですか?使い魔ですか。ちょっと撫でさせてもらって良いですか?おおぅ、中々良い毛並みですね。ちょっと軽い気がしますが、今まで野生だったのなら仕方ないのでしょうか?白音さん、どうかしましたか?何でもないと言われてもそう不機嫌な顔をされたらって痛いですから脛を全力で蹴るのは止めて下さい。肉体強化してなかったら折れてますから。まあ折れても5秒程で治療出来るんですけどね。伊達に日々身体を聖剣に焼かれてないですから。自然治癒力とかも昔に比べるとかなり上がってますよ。魔力量もかなり増えてますしね。

 

最後に敵意を持った人が入って来れない様に結界を敷いて、魔力源は獅子の心臓に設定してついでに機械言語版、冥界言語版、天界言語版の写本を獅子の心臓に置いておけば大丈夫でしょう。さすが平行世界からエネルギーを引っ張って来る無限機関なだけはあります。燃費が最悪なこの結界を常時発動させれるんですから。これで鬼戒神同士の戦いになるとパワー不足ってどう言うことなんでしょうね?たかが一人の魔術師から引き出した魔力の方が大きいって。大導師は邪神とのハーフだからまだ分からないでもないけど。まあ気にしない方が身の為かな?

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。