理不尽、不条理、この世界では当たり前だ。

 盲目だった少女は、大切な幼馴染と引き換えに色彩を得た。

 夏休みが始まる直前のその日、二人は旅に出る。

 これは送る旅。

 生者が死者をあの世に、死者が生者を未来に送る旅である。
 ▲ページの一番上に飛ぶ