エグザマクス・クライシス   作:アインスト

2 / 3
というわけで第二話です(土下座)

早速ほんへ、どぞー。


chapter2 "邂逅"

 

時を少し戻して数十分前。

 

地球連合軍日本支部、その食堂で一人の男が一人ぼやいていた。

 

 

 

「だぁーもう、ピクルスは抜いてくれって言っただろうがよ‥‥‥ったくぅ」

 

「どうしたの、そんなにぼやいて」

 

「あー‥‥‥ハリエットか」

 

 

ぼやいていた矢先に相席でハリエットと呼ばれた女性が座る。

 

 

「聞いてくれよ、俺はここの調理場の奴等にハンバーガーを頼んだんだ。もちろんピクルスは抜いてくれってな。んで意気揚々と出来上がったハンバーガーを受け取ってさぁ食うかってところでピクルスが入ってやがったんだぞ?ひどくねぇか?」

 

「はいはい、なら私が食べるわよ。ほら、お皿に置いて」

 

「サンキュー、ハリエット。やっぱ美人だとお優しいのが相場か?」

 

「貴方がぐちぐち言いながらハンバーガーを食べてるのを見るのがちょっとね。それでブレン?"フォース"はどう?」

 

「あぁ‥‥‥あのじゃじゃ馬アルトか。まぁ使ってわかったがちとピーキーだな。あれじゃ乗り手を選んじまう。そういうハリエットこそ、"ハーピー"はどうなんだ?」

 

「あらおあいにく様、ハーピーはお利口で素直だから良く動けるわよ?」

 

「見せつけてくれるじゃねぇのよ‥‥‥んでハリエット、ここに来たのはそれだけじゃねぇだろ?」

 

 

ブレンと呼ばれた男がそう問いかけると、ハリエットは書類をケースから取り出し、こう続けた。

 

 

「例の新入り君の話、聞いてる?」

 

「あー‥‥‥そういやそうか。確か俺たちの部隊に一人来るんだったか。どんな奴だ?見せてくれ」

 

「はいこれ。"早乙女悠"中尉、年齢は22歳。その若さで中尉までこぎ着けた期待のルーキーって所ね」

 

「ほー‥‥‥自分から率先して仕事をねぇ‥‥‥中々面白そうな奴だな。それに日本人とか珍しいな。何か狙いが?」

 

「それについては私も知らないわ。ただ、もしかしたら貴方のじゃじゃ馬アルトよりもじゃじゃ馬な"アレ"に乗るかもしれないって事だけはわかってるの」

 

 

 

その言葉でブレンは飲んでいたコーラを吹き出した。

 

 

 

「ゲッホゴホゴホッ、それマジで言ってる?」

 

「本当。でなきゃそんな書類来ないでしょ」

 

「マジかぁ‥‥‥あの"ローレンス"に、ねぇ」

 

「‥‥‥ねぇ、その"ローレンス"はどういう機体なの?」

 

「あー‥‥‥ざっくばらんとしか聞いてねぇが何でも"敵機の動力炉を利用したハイスペック機"らしい」

 

「つまり出力はダンチってこと?」

 

「そうなる。見た目はアルトなんだがなぁ‥‥‥だいぶヒロイックだが」

 

 

 

その方が都合が良いのかもしれないな、と付け加えてブレンはコーラを飲み干す。

 

軽い食事を終えたハリエットも、プレートを返しに行こうとしていた。

 

その時だった。

 

 

 

《beeeeep!!》

 

 

 

「ッ!」

 

「警報‥‥‥敵か!」

 

「急ぎましょう」

 

「ああ!」

 

 

二人はテーブルに食器を置いたままに、整備ドックまで走り出した。

 

 

「あ、ちょっとお二人さーん!食器置いてかないでー!あー行っちゃった‥‥‥」

 

 

厨房の職員が少々泣きを見たが。

 

 

 

───────────────────

 

 

 

場所は変わって、整備ドック。

 

ここでは警報を聞いた整備員たちがせわしなく動いており、その中でも褐色の青年が慌ただしくキーボードを叩いて何かを打ち込んでいた。

 

 

 

「どうだジード、"カリギュラ"は動かせそうか?」

 

「いえ‥‥‥一応動きはしますがステルスモードが機能しません。これじゃただのアルトですよ」

 

「参ったな‥‥‥事実動かせるのはフォースとハーピーだけか。他のアルトも出払っちまってるからこりゃ不味いな」

 

「なんとかステルスモードが使えるように調整します」

 

「いやいい、お前さんは職員の避難誘導にあたってくれや。ステルスについてはまた後でゆっくりやりゃあいい」

 

「すいません、お役に立てず‥‥‥」

 

「気にすんな、良くあることだ。とりあえず職員は頼むぞ」

 

「わかりました、おやっさん」

 

「よーしお前らぁ!急げよ!フォースとハーピーの整備は万全にしとけ!」

 

「アイサー!!」

 

 

その直後、警報を聞いた二人がドックに到着する。

 

既にパイロットスーツに着替えており、準備は万全だということがうかがえる。

 

 

 

「おやっさん!準備は!?」

 

「おう出来てるぞ、さっさと乗り込んじまえ!」

 

「了解!」

 

 

 

即座に機体まで向かい、乗り込む二人。

 

直ぐ様システムを立ち上げ、エンジンに火を入れる。

 

そして出撃シーケンスを無視して整備ハンガーから出ようとする。

 

 

「あぁおいバカバカ、備品を壊すなっての!あぁクソッ、お前ら!ハッチ開け!」

 

「うっす!」

 

『悪いなおやっさん、ブレン フォッカー、アルト"フォース"出るぞ!』

 

『あとでちゃんと謝るわ。ハリエット ミューゼル、アルト"ハーピー"、行くわ!』

 

「まったく‥‥‥頼むぞ、二人とも」

 

「おやっさん!"ローレンス"はどうします?」

 

「あー‥‥‥あれも使えるかもしれねぇ、一応火を入れとけ!」

 

「了解っす!」

 

 

 

視点は変わって戦場。

 

今ようやく出撃した二機のアルトが複数の敵機‥‥‥単眼の機体"ポルタノヴァ"と対峙する。

 

しかしその中で一機だけ救難信号を発していたことにハリエットは気づいた。

 

 

 

『ねぇ、あのポルタノヴァから救難信号が出てるんだけど助ける?』

 

『当たり前だろ、助けを求めてんなら敵だろうが味方だろうが関係ない。行くぞ、援護頼む』

 

『了解、安心してインファイトに持ち込んじゃいなさい』

 

 

 

その言葉を皮切りに、緑のアルト"フォース"がバトルアックスを構えて6機のポルタノヴァに向かっていく。

 

当然黙っている訳ではないポルタノヴァはレーザーライフルを構え、的確に射撃を開始する。

 

 

 

『クソ、やっぱレーザーか!信じるぞお前の装甲を‥‥‥!』

 

 

 

咄嗟にシールドを構えたフォースに向かってレーザーが殺到するも、軽いフットワークで回避する。

 

その際数発シールドに直撃したが、大した損傷にはならなかったようだ。

 

 

 

 

『よし、流石新型!やっぱそうこなくっちゃなぁ!』

 

『おバカ!右よ!』

 

『あん?』

 

 

 

その瞬間、フォースの右肩にポルタノヴァが繰り出したスマッシュナックルの一撃が食い込む。

 

その衝撃でぐらりとバランスを崩しかけるが、すぐに立て直して戦闘態勢を取る。

 

 

 

『んなろぉ‥‥‥よくもやりやがったな!』

 

『気をつけなさいな、敵機の方が数が多いのよ?』

 

『悪い、助かる‥‥‥だがこのままじゃジリープアーだな』

 

『そんな言葉どこで覚えたのよ‥‥‥!』

 

 

 

悪態をつきつつも確実に狙撃を繰り返すハリエットとその機体、ハーピー。

 

どうにか一機は撃破まで追い込めたが、それでも不利な状況は変わらない。

 

さらには救難信号を発している機体を守りながら戦わねばならないのだから、なおのことだ。

 

 

 

『せめてあと一機‥‥‥いてくれれば‥‥‥!』

 

『無いものねだったって仕方ねぇだろ。セイバー2はそのままその機体を護衛してやってくれ。その間に何とかする』

 

『セイバー1、本気で言ってるの?こんな不利な状況で単機で何とかできるわけ‥‥‥』

 

『できるわけない、じゃない。やるんだ。でないとせっかく日本に来たのになにもできませんでした、で済まねぇだろ?』

 

『‥‥‥わかったわ。でも、私の狙撃圏内からは絶対に離れないでね』

 

『了解だ。さぁ、異星人ども!パーティーの時間だ!』

 

 

 

そう言って再度攻撃を仕掛けるフォース。

 

それに次いで狙撃による援護を開始するハーピー。

 

そしてその時、味方である二機や敵である彼らにとっても予想外のカードが切られていた。

 

 

 

『──待って、新たな反応!』

 

『何ッ!?』

 

『これは‥‥‥嘘、じゃあ動かしてるのは‥‥‥!』

 

『おいどうした、ハッキリ言えよ!』

 

『わかったわ、とりあえず落ち着いて聞いて‥‥‥"ローレンス"が動いてる』

 

『──何だって!?』

 

 

その刹那白いアルトがハーピーの横を通り過ぎ、フォースの前に出た。

 

特徴的なヒロイックな見た目のアルトから、一つの通信が入る。

 

 

「───マジで来ちまったよ」

 

『‥‥‥は?』

 

 

 

そんな間の抜けた第一声だったのだが。

 

 

 

『そこの"ローレンス"のパイロット君?聞こえてる?』

 

「え、あ、はい聞こえてます」

 

『とりあえず聞いておくわ。貴方は味方なの?』

 

「──とりあえずは、味方ですよ。でなきゃここにいないでしょ。それで俺はどうしたらいいんです?」

 

『‥‥‥その答えで十分だ。今の状況は此方が完全に不利だ。救難信号発信機体を護衛しながら五機の一つ目野郎どもと戦ってる。で、今お前がしなきゃならん仕事は──』

 

「‥‥‥一機でも多く、撃破すること」

 

『そこまでわかってりゃOKだ。名前は?』

 

「悠。早乙女悠中尉であります!」

 

『オーライ、ユウ。今から臨時的にお前をセイバー小隊の指揮下に入れる。コールサインは"セイバー4"だ』

 

「‥‥‥了解、セイバー4、行動を開始します!」

 

 

 

その言葉に呼応するように、白いアルト──ローレンスのツインアイが輝いた。

 

今この瞬間を、生き抜くために。

 

 

 

To be continued.




《次回予告》

混沌とした戦場に降り立った機体、ローレンス。

青年はローレンスを駆り、敵と対峙する。

覚悟を決めた青年の弾丸が、敵を貫く。

次回、"トリガー"

この蒼き惑星に、救済を。



───────────────────



というわけで第二話でした。

戦闘描写を書くのが随分と久しぶりなもので読みづらかったかと思われます‥‥‥( ;∀;)

次回からはどうにか改善に向けてちょっとずつ直していきますのでどうかご容赦を──ああ待って、ゴミを投げないで!ちゃんと直しますから!(汗)

で、では次回の更新でお会いしましょう。

ではでは( ´-ω-)ノシ

貴方は地球連合軍?それともバイロン軍?

  • 地球連合軍
  • バイロン軍
  • その他第三勢力

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。